「分散型台帳技術」とは?

関連ニュース

bitFlyerが全銀協ブロックチェーン実証実験でNTTデータら大手3社と競争へ - 09月15日(金)07:18 

bitFlyerが、全国銀行協会(全銀協)が推進する実証実験プラットフォームを提供するベンダーの1社に選ばれた(発表資料)。同社のブロックチェーン製品「Miyabi」を、新たな決済・送金サービスや本人確認・取引時確認(KYC)、金融インフラの分野での実用化に向けた実証実験に投入していく。今回選ばれた選ばれた他のベンダーはNTTデータ、日立製作所、富士通の各社で、日本の最大手システムインテグレータとスタートアップ企業が並ぶ形となった。 全銀協は日本の銀行のほとんどが加盟する団体で、銀行間ネットワーク「全銀システム」や電子債権記録「でんさいネット」の運営主体としても知られている。全銀協は銀行間ネットワークを視野に入れた実証実験のための「ブロックチェーン連携プラットフォーム」をこの10月にも立ち上げようとしている(発表資料)。今回、このプラットフォームに実証実験環境を提供するパートナーベンダーのとしてbitFlyerが選ばれた。この分野の有力スタートアップとして米Rippleと米R3がある。全銀協に選ばれた時点で、彼らのプロダクトと同等以上の評価を受けたといってもいいだろう。 今後、複数の国内銀行がMiyabiを用いた新たな金融プラットフォームの実証実験に乗り出す見こみだ。それに伴い、銀行の開発パートナーとなる開発会社もMiyabiに基づく環境構築やアプリケーション構築の経験を積むことに...more
カテゴリー:

ブロックチェーン技術を活用した顧客確認業務の実証実験を開始 - SBIやNEC - 09月14日(木)16:56 

SBIホールディングス、SBI BITSと日本電気(NEC)は14日、共同で日本取引所グループが提供している「ブロックチェーン/分散型台帳技術に関する業界連携型の技術検証」を用いた顧客確認業務の実証実験を行うことを発表した。
カテゴリー:

ブロックチェーン技術を活用した顧客確認業務の実証実験を開始 - SBIやNEC - 09月14日(木)16:56 

SBIホールディングス、SBI BITSと日本電気(NEC)は14日、共同で日本取引所グループが提供している「ブロックチェーン/分散型台帳技術に関する業界連携型の技術検証」を用いた顧客確認業務の実証実験を行うことを発表した。
カテゴリー:

「分散型台帳技術」の画像

もっと見る

「分散型台帳技術」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる