「出題傾向」とは?

関連ニュース

【中学受験】栄光ゼミ、小4-6対象「公立中高一貫オープン」6/17・18 - 04月18日(火)16:45 

 栄光ゼミナールは6月17日と18日、小学4年生から6年生を対象に適性検査を体験する模試「公立中高一貫オープン」を実施する。保護者説明会も同日開催。参加は無料。 「2017年第2回公立中高一貫オープン」は、東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・茨城・栃木・宮城・京都・滋賀・北海道の栄光ゼミナールの各教室で実施する。教室や志望校、学年により、開催日や時間が異なる。 適性検査は公立中高一貫校の入学者選抜の合否を判定するための検査で、算数や社会などの単独の教科知識だけではなく、複数の教科知識を活用して考える力や、それを表現する力が問われる。制限時間に対して問題量が多いため、日ごろから適性検査の形式に慣れ、対応できる応用力を身に付けることが必要になるという。 模試では過去の出題傾向に合わせて作られたオリジナル問題を出題。小学6年生の希望者には、理系内容を中心とした適性検査IIIも実施する。答案は採点後に面接にて返却。返却する教室は複数教室から選択できる場合もある。 模試当日は、保護者説明会を同時開催。4年生と5年生の保護者には「今から始める適性検査対策」、6年生の保護者には「合格力を高める夏休み以降の学習法」などについて、栄光ゼミナール教師が説明する。 模試、保護者会ともに、参加は栄光ゼミナールWebサイトより受け付ける。◆2017年第2回公立中高一貫オープン日時:2017年6月17日(土)・1...more
in English
カテゴリー:

「出題傾向」の画像

もっと見る

「出題傾向」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる