「出題傾向」とは?

関連ニュース

【中学受験2018】新6年生対象、四谷大塚「開成・桜蔭本番レベルテスト」4/29 - 03月23日(木)15:15 

 四谷大塚は4月29日、新6年生を対象とした「開成・桜蔭本番レベルテスト」を実施する。今の自分の志望校対策がしっかりと進んでいるのかをチェックできる無料のテストで、今の「合格可能性」と「弱点」、今からやるべき「学習方法」の3つを知ることができる。 「開成・桜蔭本番レベルテスト」は、算数・国語・理科・社会の4科目で実施される。科目別の出題傾向は四谷大塚Webサイトに掲載されている。たとえば、開成の算数は「計算の量も多く、計算も複雑」で正確に計算して正解を求める緻密さを、「条件整理の問題」にて論理的に粘り強く思考する力を要求されることが特徴。また、最近の傾向として、出題数は大問3~4題、頻出単元は「条件整理・調べる問題」「速さ」「割合と比」「平面図形」「立体図形」で、これらの単元を複合した問題も出題されるという。 四谷大塚では、入試当日に100%の実力を出しきれる受験生はいないため、少しでも緊張状態の中でのテストに慣れておくことが受験において有利だとしている。「開成・桜蔭本番レベルテスト」は、問題形式も本番そのままのため、入試本番の緊張感をシミュレーションできる。 実施会場は、開成はお茶の水校舎、津田沼校舎、南浦和校舎、横浜校舎。桜蔭はお茶の水校舎、津田沼校舎、あざみ野校舎。受験料は無料で、四谷大塚学校別対策コースの受験資格判定を兼ねている。申込みは、四谷大塚Webサイトの申込みフォー...more
in English
カテゴリー:

一日のはじまりに読んで気分をリフレッシュ「朝読むと元気をくれる56の言葉」 - 03月23日(木)10:20 

株式会社エムディエヌコーポレーションは、世界の名だたる偉人や各界の著名人によるポジティブな名言と美しい風景写真をコラボさせた名言集「朝読むと元気をくれる56の言葉」を3月14日に発売した。四六判/128P/オールカラー/1300円(税抜)。本書は、日々ストレスや悩みを抱えて学校や会社に出かける人たちに贈る名言集。「朝」にサラリと読んで元気が沸いてくる「56」の名言が収められているほか、それぞれの名言にプラスして世界中の美しい風景写真が一体化しているのが特徴だ。名言に潜む裏話や、風景写真のあらましとともに読んでみると、いつの間にか、心が軽くなること間違いなし。 気分が軽くなる言葉/明石家さんま勇気づけられる言葉/林真理子 「つい愚痴ってしまう」「他人の目が気になる」「一歩を踏み出す勇気が出ない」「何をやっても続かない」などといった、日ごろ抱えがちな具体的な悩みから、それに応えるように、気持ちを和らげる言葉が探せるインデックスも使いやすい。気分が重くネガティブ思考な朝でも、本書の名言を読み解き&きらびやかな景色を眺めることで、ポジティブなスイッチへの切り替えができる。そんな、ほんわかとやさしさにあふれる1冊となっている。 勇気づけられる言葉/アインシュタイン希望が持てる言葉/立川談志 <目次>■気分が軽くなる言葉 「つい愚痴ってしまう」、「他人にイライラする」、「心配ばかりしてしまう」...more
in English
カテゴリー:

【高校受験2017】大阪府公立高校入試<数学C>講評…難度の高い出題 - 03月11日(土)16:18 

 平成29年度(2017年度)大阪府公立高等学校入学者選抜の学力検査が3月9日に行われた。近畿圏で多数の塾を展開する第一ゼミナールの協力を得て、実施された学力検査より数学C問題を講評する。◆<数学C問題>講評(第一ゼミナール 提供) 大問3題の問題構成は例年通りで、大問1は小問集合、大問2は平面図形、大問3は空間図形が出題されました。記述問題は2題で、1題は昨年同様「証明」でしたが、もう1題の解法記述は、昨年までの「関数」ではなく、「整数問題」となりました。 出題傾向はおおむね従来通りですが、全体的に少しずつ視点が変えられていることもあり、かなり難度の高い問題となっています。また、時間的にも余裕がなく、焦ってしまった生徒が多かったと思われます。一つ一つを丁寧に解くというよりは、自分が解けそうな問題を見極める力が求められる問題であったといえるでしょう。大問1【計算、各分野の小問集合】・(1)~(4)計算問題:やや複雑ですが、確実に得点しておきたい問題です。(4)の二次方程式はそのまま展開すると計算が大変なので、置き換えを使った工夫が必要です。・(5)方程式の文章題:問題文がやや複雑なため、題意が把握できるかがポイントとなります。・(6)確率:カードを選ぶ定番問題ですが、条件を絞って考えないとかなり時間がかかってしまいます。・(7)関数とグラフ:例年記述問題として出題されますが、今年は...more
in English
カテゴリー:

【社会】看護師試験、ネット炎上 受験者、出題傾向変化に猛批判 - 02月22日(水)08:38 

■「勉強しても無理」「くたばれ厚労省」 「くたばれ厚労省」「文句と涙しか出てこない」-。19日に全国で実施された看護師の国家試験が例年と出題傾向が異なり、受験者がツイッターなどで次々と批判している。 厚生労働省は「難しくしたわけではない」と釈明するが、関係者からは、読解力を問う問題が急増し、来年度の改革に向けた「予行演習」との声も上がっている。 看護師不足から厚労省が合格点を下げるという観測も広がっている。 19日に行われた第106回看護師国家試験は、東京、大阪など全国11都道府県で実施された...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【社会】看護師試験、突然難しくなった 「くたばれ厚労省」受験生不満爆発★2 - 02月21日(火)00:41 

2017年の看護師の国家試験について、例年と出題傾向が違い、難易度がかなり高かったと、ツイッターなどで受験生らの悲鳴が上がっている。厚労省では、難易度を上げたことは否定している。 「めっちゃ難しかった」 「尋常じゃない手汗で答案がべちゃべちゃ」 「あんなの勉強してても取れないよ」 「日本は看護師減らしたいんか」 第106回の看護師国家試験は2月19日に東京や大阪など11都道府県で行われたが、直後からこんな嘆きや不満の書き込みがネット上で相次いだ。 書き込みによると、今回の出題では、過去問をたくさん解い...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

ほぐしたい部分を即直撃!「働くあなたの疲れをほぐす すごいストレッチ」 - 03月23日(木)10:30 

株式会社エムディエヌコーポレーションは、心身ともに効率よくほぐせるテクニックをまとめたストレッチ本「職場で、家で、学校で、働くあなたの疲れをほぐす すごいストレッチ」を3月14日に発売した。B5判/128ページ/1200円(税抜)。 世の中にはさまざまな職業があり、過ごし方や体の動かし方のクセは千差万別。年を重ねれば誰だって「腰が痛い」「肩コリがひどい」など、どこかしらに体の不調が出てくるものだ。しかしそれらの解消にいたるまでには時間もお金もかかる……。と慢性的に快方にいたらずお悩みの方にオススメしたいのがコチラの本。 日々の肩コリには簡単「ながらストレッチ」眼精疲労対策に「疲れ目」ツボ押しテク 本書は人気のWebサイト「gooいまトピ」で連載された記事の中で、SNSやtwitter上でとくに高い支持を集めたストレッチ26本プラス新作ストレッチ1本を収録。著者・崎田ミナ氏の実体験と多数の読者による選別から生まれた「ほんとうに効く」と呼び声の高いストレッチ集である。肩コリ、眼精疲労、腰痛、背中痛、足の痛みといったカラダの不調。寝不足による仕事中の眠気や、ストレスからくる集中力不足といったココロの不調。そんな心身両面の不調とその解消法を、イラストエッセイでオモシロおかしく紹介している。気楽に、時間ができたときにピンポイントで、忙しいなかでもちょっとしたタイミングがあれば、本書のストレッ...more
in English
カテゴリー:

【高校受験2017】大阪府公立高校入試<理科>講評…問題数が増加 - 03月11日(土)16:25 

 平成29年度(2017年度)大阪府公立高等学校入学者選抜の学力検査が3月9日に行われた。近畿圏で多数の塾を展開する第一ゼミナールの協力を得て、実施された学力検査より理科の問題を講評する。◆<理科>講評(第一ゼミナール 提供) 例年通り大問4題の構成で、物理・化学・生物・地学それぞれの分野から出題されています。総問題数は昨年度よりさらに増加した45問で、問題文や図表も多く、かなりの速さで問題を解くことが求められます。時間が足りなかった受験生も多かったのではないでしょうか。学年別の出題傾向を見ると、昨年度は、中1~中3の学習内容からほぼ均等に出題されましたが、今年度は、中1内容が約40%、中2内容が約10%、中3内容が約50%と偏りが見られました。大問1『生物の観察』(中1・中3)/『動物の体のつくりと働き』(中2) 『生物の観察』では、単細胞生物や水生生物の性質や特徴についての問題が出題されました。このテーマの出題は珍しく、さらに実験における観察から仮説と結果を考察する問題もあり、知識を活かした科学的な思考を問う形式になっています。 『動物の体のつくりと働き』では、反射の実験に関しての問題で、基本的な用語の空欄補充および実験結果の読み取りが出題されました。大問2『地層の傾き』(中1)/『地震』(中1) 『地層の傾き』の前半部分の問題は、地層のでき方や示準化石を問う基本的な内容の問題...more
in English
カテゴリー:

【社会】「くたばれ厚労省」「涙しか出てこない」…看護師試験の問題激変でネットに批判続々 厚労省「難しくしてない」 - 02月22日(水)12:01 

 「くたばれ厚労省」「文句と涙しか出てこない」-。19日に全国で実施された看護師の国家試験が例年と出題傾向が異なり、受験者がツイッターなどで次々と批判している。厚生労働省は「難しくしたわけではない」と釈明するが、関係者からは、読解力を問う問題が急増し、来年度の改革に向けた「予行演習」との声も上がっている。看護師不足から厚労省が合格点を下げるという観測も広がっている。  19日に行われた第106回看護師国家試験は、東京、大阪など全国11都道府県で実施された。問題数は全240問で、試験時間は午前と...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【今年の流行語はくたばれ】 看護師試験、突然難しくなった「くたばれ厚労省」受験生不満爆発へ - 02月22日(水)00:29 

2017年の看護師の国家試験について、例年と出題傾向が違い、難易度がかなり高かったと、ツイッターなどで受験生らの悲鳴が上がっている。厚労省では、難易度を上げたことは否定している。   「めっちゃ難しかった」   「尋常じゃない手汗で答案がべちゃべちゃ」   「あんなの勉強してても取れないよ」 ■「日本は看護師減らしたいんか」  第106回の看護師国家試験は2月19日に東京や大阪など11都道府県で行われたが、直後からこんな嘆きや不満の書き込みがネット上で相次いだ。  書き込みによると、今回の出題では、過...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【社会】看護師試験、突然難しくなった 「くたばれ厚労省」受験生不満爆発 - 02月20日(月)21:16 

2017年の看護師の国家試験について、例年と出題傾向が違い、難易度がかなり高かったと、ツイッターなどで受験生らの悲鳴が上がっている。厚労省では、難易度を上げたことは否定している。 「めっちゃ難しかった」 「尋常じゃない手汗で答案がべちゃべちゃ」 「あんなの勉強してても取れないよ」 「日本は看護師減らしたいんか」 第106回の看護師国家試験は2月19日に東京や大阪など11都道府県で行われたが、直後からこんな嘆きや不満の書き込みがネット上で相次いだ。 書き込みによると、今回の出題では、過去問をたくさん解い...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「出題傾向」の画像

もっと見る

「出題傾向」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる