「出題傾向」とは?

関連ニュース

TOEICスキルを上げるために必要な3つのこと - 12月15日(金)08:20 

 “グローバル化”が進み、日本ではビジネスにおいて重要度を増している、世界共通のテスト「TOEIC(Test of English for International Communication)」。実用的なビジネス英語力を測ることができ、年々受験する人が増えている。 【TOEICテスト対策】ひっかけ問題でスコアを獲得するコツ  とはいえ、受験準備をしようと思っていても、仕事が忙しく手がつけられない人も多い。しかし、TOEICはテストなので出題傾向がある。傾向があれば必ず対策を立てられる。TOEIC熟練講師の早川幸治先生に、実力を引き出すスキルを上げるために必要な3つのことを教えてもらった。  「1つ目は当然のことながら“英語力”。2つ目は“情報処理能力”。3つ目は“対策力”です。直前になってからでも対処できるのは、“情報処理能力”と“対策力”です。 “英語力”は知識なので、すぐに伸びるものではありません。しかし、知識があるレベルまでスキルを上げることは可能です」。  では自分の持つスキルを上げるために、限られた時間でできることは何だろうか。  「TOEIC受験者の多くは、知識はあるのに、それを発揮するスキルが追いついていない。そのスキルを引き出すために、模擬テストの問題を大量に解いて、解いた問題を必ず復習すること、さらにその素材を使って反復トレーニングをすることも大切で...more
カテゴリー:

【大学入学共通テスト】センター後継試験「試行調査問題」発表 2021年1月から - 12月04日(月)17:10  newsplus

http://www.asahi.com/articles/ASKCX44YVKCXUTIL02C.html  2021年1月から始まる「大学入学共通テスト」について、大学入試センターは4日、第1回試行調査の問題を公表した。国語と数学で記述式問題が導入されたほか、複数の資料を読み解いたり、探究活動を重視したりする問題が各教科で出され、現在の大学入試センター試験と比べて出題傾向が変わった。入試センターは採点途中のマークシート式問題の正答率も公表したが、「分析中」だとして、センター試験との難易度比較はしていない。  試行調査は11月、英語を除く5教...
»続きを読む
カテゴリー:

京進ぷれわん 2月11日に京都教育大学附属京都小中学校の受験報告会を開催します - 12月05日(火)13:00 

京進が運営する幼児教育京進ぷれわんは、2018年2月11日、京都教育大学附属京都小中学校の受験報告会を開催します。 京都教育大学附属小中学校の受験を検討されている方を対象に開催するもので、2018年度の入試結果と出題傾向、今後の対策等について解説します。会場は京進高校部TOPΣ京進 京都駅前校で、事前申込みが必要です。 受験報告会に参加された方には、特典として、ぷれわんの体験授業を1回無料で受講していただけるほか、2017年度の出題領域表、出題された課題の復元プリントをプレゼントいたします。 京進では、小学校受験のサポートを通じて子どもたちの可能性を開花させ、夢・実現を応援してまいります。
カテゴリー:

「出題傾向」の画像

もっと見る

「出題傾向」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる