「出版社」とは?

関連ニュース

【道徳教科書検定問題】文科省がネット上の批判に反論 「パン屋が和菓子屋に変更になったのは出版社の判断」 - 03月28日(火)23:31 

「パン屋」は「和菓子屋」に、「アスレチック」は「和楽器店」に――3月24日に発表された小学生向け道徳教科書の検定結果に、ネットが騒然としている。国や郷土を愛する心を育む上で不適切とされ、変更になったというものだ。朝日新聞などが報じ、ネットでは「戦前かよ」「さっぱり意味が分からない」など、批判と驚きの声が相次いでいる。 いったい何がどうなっているのか。キャリコネニュースでは、文部科学省初等中等教育局の教科書課に取材を申し込んだところ、担当者からこうした声が返ってきた。 「色々なことが言われていますが...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「文章力がない」人こそ磨くべき、たった一つのスキルとは? - 03月28日(火)18:46 

「論理的に伝わる文章の書き方」や「好意と信頼を獲得するメールコミュニケーション」「売れるキャッチコピー作成」等の文章力向上をテーマに執筆・講演活動を行う山口拓朗さん。そんな山口さんに「ビジネスパーソンのための文章術」について伺うこのコーナー。今回は「文章力を上げるために磨くべきスキル」についてです。 いい文章を書く人と、ダメな文章を書く人の決定的な違い 筆者は20年以上に渡って、編集者やライターとして活動してきました。そのなかで確信していることがひとつあります。それは、優れた記者やライターほどインプットの能力に長けている、ということ。つまり、情報収集がうまいのです。もちろん、書き方のうまいヘタがまったく無関係というわけではありません。しかし、どれだけ書き方がうまくても、書く情報の質が低ければ、いい文章にはなりません。一流の記者やライターは、良質な情報を仕入れる能力が高いゆえ、魅力的な文章、情報価値の高い文章を紡ぐことができるのです。これは何も記者やライターに限ったことではありません。ビジネスパーソンでも、いい文章を書く人は、意識するしないにかかわらず、上手に情報をインプットしています。 インプットの主戦場は現場 では、情報はどこから仕入れればいいのでしょうか?最も情報が転がっているのは現場です。工場の視察のリポート文を書く人であれば「工場」が現場ですし、お客様に案内...more
in English
カテゴリー:

どれも同じじゃない。たい焼きの世界へようこそ - 03月28日(火)17:00 

そんなにいつも食べるというものでもないが、なんとなく食べたくなるときがあるのが「たい焼き」だ。 僕はもともと甘いものが好き。特にあんこ系のものが好きなので、年に数回、あんみつやたい焼きといったものが無性に食べたくなることがある。 僕のたい焼きの思い出 僕自身、たい焼きにそれほど思い入れがあるわけではない。一番思い出に残っているのが、編集プロダクションにいた20年くらい前のこと。よく仕事をお願いしていたカメラマンの方が、事務所に来るときにたい焼きを買ってきてくれた。 そのたい焼きは、四谷の「わかば」のもの。 有名店ということで、ありがたがって食べていた記憶があるが、ほかのたい焼きと比べてどうこう言えるほど、たい焼きをいろいろ食べているわけではないので、「おいしいなー」と思って食べていた程度だ。 わかばのたい焼きは「静かなる巨人」 以前はショッピングセンターのフードコートなどで見かけるくらいだったが、今は繁華街などにたい焼き専門店があるのをよく見かける。 気が向いたときに買って食べることがあるのだが、やはり「おいしいなー」と思うくらいで、厳密に味の分析をしたりはしない。僕にとって、たい焼きはそういう食べ物なのだろう。見た目もほぼ一緒だし、皮にあんこという組み合わせも一緒。基本、どのたい焼きを食べてもおいしい。 しかし、『東京のたい焼き ほぼ百匹手帖』(イワイサトシ・著/リットーミュー...more
in English
カテゴリー:

【漫画】『マンガ大賞2017』は異色の文芸マンガ「響~小説家になる方法~」に決定 「東京タラレバ娘」は受賞ならず - 03月28日(火)16:04 

マンガに精通する書店員らが「その年一番の面白いマンガ」を選ぶ「マンガ大賞2017」(実行委員会主催)の授賞式が28日、ニッポン放送本社ビル(東京都千代田区)で開かれ、柳本光晴さんのマンガ「響~小説家になる方法~」が大賞に選ばれた。 2015年に「かくかくしかじか」で大賞を受賞している東村アキコさんは、前回に続き「東京タラレバ娘」で史上初の2度目の大賞受賞を狙ったが、届かなかった。 「響~小説家になる方法~」は、小学館のマンガ誌「ビッグコミック スペリオール」で連載中のマンガ。 ある文芸編集部に革新的な内...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

青林堂社長の組合脱退勧奨は不当 「ガロ」発行、都労委 - 03月28日(火)12:56 

東京都労働委員会は28日、かつて漫画誌「ガロ」を発行していた出版社「青林堂」(渋谷区)の社長が、社員に「組合が嫌い...
in English
カテゴリー:

【忖度】道徳教科書の検定問題、文科省がネット上の批判に反論 「パン屋が和菓子屋に変更になったのは出版社の判断」 - 03月28日(火)19:02 

https://news.careerconnection.jp/?p=33419 「パン屋」は「和菓子屋」に、「アスレチック」は「和楽器店」に――3月24日に発表された小学生向け道徳教科書の検定結果に、 ネットが騒然としている。国や郷土を愛する心を育む上で不適切とされ、変更になったというものだ。 朝日新聞などが報じ、ネットでは「戦前かよ」「さっぱり意味が分からない」など、批判と驚きの声が相次いでいる。 いったい何がどうなっているのか。キャリコネニュースでは、文部科学省初等中等教育局の教科書課に 取材を申し込んだところ、担当者からこうし...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【今週はこれを読め! SF編】無限に反復される抽象画、均質な空間に宿る悪夢 - 03月28日(火)17:38 

『時間のないホテル』は、建築SFであり、21世紀版の幽霊屋敷小説ともいえる。ホテルという人間のつくりだしたシステムが、あるときから人知を超えて自律してしまう構図は、まさに本格SFの味わいだ。また、そのホテル全体が異空間となって人間を呪縛していくところは、伝統的な怪奇小説の展開である。ところが、物語の発端はきわめて平板なビジネスの光景だ。主人公のニール・ダブルは、商業イベントに代行参加するプロフェッショナル。彼は大きな会場で数日にわたって開催されるイベントのなかから、依頼人が必要とする情報をすくいあげて報告書にまとめる。コスト・パフォーマンスの高さを売り物にする無機質なホテルに泊まり、嘘くさいプロモーションで固めたブースが居並ぶコンヴェンション・センターを歩きまわる仕事だ。  この舞台設定が、この作品の大きな特徴である。味も素っ気もない均質な空間、行き交うひとびとも匿名的な存在になってしまう領域。それは、ゴシックホラーが好んで描いた城や館の対極にあるものだ。J・G・バラードは『クラッシュ』『コンクリート・アイランド』『ハイ・ライズ』という1970年代半ばの三部作で、こうした都市空間に宿る欲動を鮮烈に描いた。ウィル・ワイルズは、本書の「謝辞」でバラードへのリスペクトを示している。  ニール・ダブルが泊まるホテル「ウェイ・イン」と、イベントが開かれるコンヴェンション・センターは地図上...more
in English
カテゴリー:

沖縄出身の写真家・石川真生による写真集『Red Flower, The Women of Okinawa』が刊行 - 03月28日(火)17:00 

ニューヨークの出版社 Session Press (セッション・プレス) から、沖縄出身の写真家・石川真生による写真集『Red Flower, The Women of Okinawa (赤花 アカバナー、沖縄の女)』が […]
in English
カテゴリー:

都労委:青林堂社長の組合脱退勧奨は不当 「ガロ」発行 - 03月28日(火)15:50 

 東京都労働委員会は28日、かつて漫画誌「ガロ」を発行していた出版社「青林堂」(渋谷区)の社長が、社員に「組合が嫌い」などと組合からの脱退を勧めたのは不当労働行為に当たるとして、救済命令を出した。
in English
カテゴリー:

なぜジャニーズJr.は「世界に一つだけの花」を歌ったか - 03月28日(火)09:02 

<ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ>  3月24日~26日、横浜アリーナで“ジャニーズJr.祭り”が開催されました。  これは、人気のジュニアがそろい踏みした、ジャニーズJr.たちの単独コンサートです。  公演本編のラスト、「みなさんも知っている曲だと思うので、一緒に歌ってください」と紹介されたのは、「No.1にならなくてもいい」という胸打つフレーズから始まるあの曲。  そう、SMAPの「世界に一つだけの花」でした。  次代を担うジュニアたちが、なぜおのが公演のシメにこの曲を選んだのでしょうか?  それは、誰が消そうとしても褪(あ)せることなく輝く5人に敬意を表して、また、読み解くと“今のジャニーズJr.事情”を赤裸々に描いたように思える歌詞に由来するのかもしれません。 ◆今はジュニア百花繚乱期  今から20年近く前になりますか、かつて、ジュニア黄金期”と呼ばれた時代がありました。今をときめく嵐、タッキー&翼、関ジャニ∞らのメンバーがCDデビュー前のころで、まだジュニアなのに類まれなスター性を備えた少年たちが、ドラマやバラエティに、先輩たちを食う勢いで活躍していました。  この“ジュニア黄金期”に対し、今は“ジュニア百花繚乱期”と呼べる時代です。  ジャニーズJr.祭りでは、Mr.KING、prince、HiHi Jet、、東京B少年、Six...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「出版社」の画像

もっと見る

「出版社」の動画

Wikipedia

出版社(しゅっぱんしゃ)とは、書籍や雑誌などを発行し、広く読まれるために書店などの販売者に働きかけたり、広告宣伝を行い、国会図書館などの図書館書誌的なデータを送り、知識などをパッケージ化して社会に届ける会社

概説

新規性など商業的な交換価値のある情報を社会で公共化することを主な目的とする。創業者や経営者の経営方針により、文芸書、学術書総合雑誌漫画など様々な専門がある。日本の出版社の多くは東京一極集中の傾向にあるため、それ以外の地方を本拠とする出版社を地方出版社と呼ぶこともある。

印刷会社が受注生産であるのに対し、出版社は原則的に見込み生産である。

角川書店のように出版社が他業種へと進出する場合や、NHK、ソフトバンクスクウェア・エニックスなどのように他業...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる