「出版刊」とは?

関連ニュース

一流は当たり前のように実践している! 地味だけど成果が出る仕事のコツ - 11月19日(日)20:00 

「一流」「エリート」と呼ばれる人の仕事は、何がスゴイのか?それは、特別なスキルやセンスを身につける以前に「仕事のキホン」がしっかりと押さえられているところにある。ところが、世に出回るビジネス書にはそうした地味な部分があまり書かれない。それもそのはず、「地味なノウハウ」では目新しさがないからだ。『誰でもできるのに、1%の人しか実行していない仕事のコツ48』(西谷信広著、フォレスト出版刊)は、そんな「地味だが、一流が絶対にやっている仕事のキホン」に焦点を当てた一冊だ。著者は「一流の人が凡人に見せるのは派手なところばかり」「派手な実績や成功の裏で、当たり前のように実践していることがある」と述べている。では、彼らが当たり前にやっていることとは一体どんなことなのだろうか。その一部を紹介しよう。■一流が身につけている3つの「S」一流と呼ばれる人たちは、「瞬発力」「集中力」「執着力」という3つの「S」を備えているという。では、どうすればこれらのチカラを伸ばすことができるのだろうか。「瞬発力」を高めるには、たとえば「せっかく〇〇なのだから」と考えてモチベーションを上げる方法がある。顧客とのトラブルで謝罪が必要なときに「せっかく“トラブルが起きた”のだから」と考えると、次に続く言葉は「しっかり対応して信頼を勝ち取ろう」となり、プラスの目標が見えてくる。このように考えるクセをつければ、面倒臭さやネガテ...more
カテゴリー:

「伊藤潤二『コレクション』」に三ツ矢雄二、下野紘、名塚佳織の出演が決定 - 11月17日(金)23:30 

 ホラー漫画の大家・伊藤潤二氏が、2011年から13年にかけて上梓した「伊藤潤二傑作集」(朝日新聞出版刊)をテレビアニメ化する「伊藤潤二『コレクション』」の出演キャスト第1弾が発表された。双一役で「タッチ」の三ツ矢雄二、押切役で「進撃の巨人」の下野紘、夕子役で「交響詩篇エウレカセブン」の名塚佳織が出演する。  三ツ矢は「久しぶりにおもしろい役でワクワクしています。ホラーの中にコミカルな要素もあり、そこをどう演じるかが問題ですね。不気味でちょっと弱々しい役なので、そんな声に初挑戦といった感じです」と意気込みを語る。また、下野は「いろんなジャンルのホラー作品が好きなので、参加できることが本当にうれしいです。伊藤さんの作品は、マンガも実写も見させていただいていました。今からとても楽しみです!!」と興奮を隠せない様子。対照的に、ホラーが苦手だという名塚は「イラストにかなりインパクトのある作品なので、ビクビクしておりますが、この独特な雰囲気を壊さないまま収録に挑み、ホラー好きなみなさま、さらには私のような怖がりな方にも見ていただき、脳内に残るような作品にしたいと思っております」と勇気を振り絞る。  なお、原作となる全11巻の「伊藤潤二傑作集」には、肉体をバラバラに切り刻まれて殺されても再生・増殖するという絶世の美少女を描き、実写映画化もされた伊藤氏の代表作「富江」のほか、「死びとの恋わず...more
カテゴリー:

一生他人に振り回されてしまう「自己肯定感」が低い人の特徴とは? - 11月05日(日)18:53 

仕事でもプライベートでも、人と接していると、「理解力が足りないと思われていないだろうか」「面白くないと思われているかも」「使えないヤツだと思われたらどうしよう……」と思ってしまうことはないでしょうか?そんな人は「敏感すぎる人」なのかもしれません。敏感すぎる人は、自分がどう思われているかを過度に気にします。そのため、自分の「言いたい」「やりたい」という気持ちよりも、他人の考えや価値観を優先し、他人を基準に自分の言動を決めてしまうのです。それは、「他人軸」で生きているとも言えるでしょう。他人軸で生きていると、さまざまな人の価値観や考えに翻弄され続け、身も心も苦しい生活を送ることになります。『敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法』(根本裕幸著、あさ出版刊)では、そんな「他人軸」で物事を考えることから脱却し、過度に他人の目を気にせずに生きていくための方法が説かれています。■「自己肯定感」を高めて「自分軸」をもつ著者は、「他人軸」ではなく、「自分軸」で考えるほうが、毎日を生き生きと過ごすことができると言います。そのためには「自己肯定感」を高めることが必要です。「自己肯定感」とは、「ありのままの自分を認める」こと。不完全で不器用で思い通りにならない自分を否定せずに「それも自分」だと受け入れ、その一方で、できることや自分に備わっている良さも「それも自分」と受け入れる。そんな自分の全部...more
カテゴリー:

「伊藤潤二『コレクション』」に三ツ矢雄二、下野紘、名塚佳織の出演が決定 - 11月17日(金)23:30 

ホラー漫画の大家・伊藤潤二氏が、2011年から13年にかけて上梓した「伊藤潤二傑作集」(朝日新聞出版刊)をテレビアニメ化する「伊藤潤二『コレクション』」の出演キャスト第1弾が発表された。双一役で...
カテゴリー:

中小企業にはびこる「人が育たない」問題 その根深い原因とは - 11月13日(月)18:00 

経営者にとって、「社員が自分の考えを理解し、自発的に動き売上を立て、定められた経営戦略を実行してくれる」という状態は、一つの理想だろう。会社の進むべき未来への準備をするという、経営者が本来やるべき仕事に集中できるからである。しかし、多くの経営者はその状態を作ることができず、未来どころか現在起きている問題の対処に奔走することになる。これは特に中小企業で顕著だろう。『小さな会社は経営計画で人を育てなさい!』(あさ出版刊)の著者、山元浩二さんは、経営計画を従業員と共有することで、経営者の考えが浸透する組織づくりのスキームを開発し、大きな成果を収めているコンサルタント。今回はその山元さんに、世の中小企業経営者を悩ませる問題と、その解決法についてお話をうかがった。――『小さな会社は経営計画で人を育てなさい!』では、主に中小企業の経営者を対象に、経営計画を起点にした会社を成長させる仕組みづくりが解説されています。まずは、こうした層の方々が日々感じている悩みについて教えていただきたいです。山元:一番に来るのが人材の育成ですよね、特にリーダーの育成で悩んでいる方は多いと感じます。経営者である自分と従業員をつなぐポジションの人材をいかに作るかが、成長を目指すうえで課題になりやすいんです。そして、規模の小さな会社ですと、その人材を経営者が自ら育てないといけません。――中小企業でリーダーが育ちにくい要因...more
カテゴリー:

「出版刊」の画像

もっと見る

「出版刊」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる