「出版」とは?

関連ニュース

推理作家協会賞に古処誠二さんら - 04月26日(木)19:14 

 第71回日本推理作家協会賞は26日、長編および連作短編集部門が古処誠二さんの「いくさの底」(KADOKAWA)に決まった。短編部門は降田天さんの「偽りの春」(野性時代2017年8月号)、評論・研究部門は宮田昇さんの「昭和の翻訳出版事件簿」(創元社)。賞金各50万円。贈呈式は5月28日、東京都港区の第一ホテル東京で。 【時事通信社】
カテゴリー:

限られた時間で最大の結果を出すために知るべき「仕事の捨て方」 - 04月26日(木)19:00 

誰にとっても有限で、平等に与えられている時間。仕事で大きな成果を出せるかどうかも、一度きりの人生を自分の納得のいくものにできるかどうかも、結局は自分に与えられた時間をどう使うかにかかっている。実際、働き方改革の後押しもあり、生産性向上や時短に関するノウハウ本は世に溢れている。にもかかわらず、先進国最下位クラスである日本人の時間生産性は一向に高まる気配が無い。このことは、この問題の根深さを物語っている。根本的解決を図るためには、小手先の時短テクニックではなく、我々の時間に対する意識そのものを抜本的に見直す必要がありそうだ。今回は、時間生産性を高める方法について、『仕事ができる人の最高の時間術』(明日香出版社刊)の著者、田路カズヤさんにお話をうかがった。――はじめに、田路さんがご自身の時間の使い方に疑問を持ったきっかけはどんなことだったのかを教えていただきたいです。田路:20代後半の頃、僕はリクルートグループで営業をしていたのですが、とにかく忙しく、常に仕事に追われている状態でした。一方、当時、同じ部署にすごく仕事のできる先輩がいたのですが、その先輩はそんなに大変そうに仕事していないんですよ。――涼しい顔で結果を出していた。田路:本当にそうで、しかもその先輩の営業成績は頭一つ抜けている印象でした。ある時、その先輩に、時間管理の方法について相談してみたんです。先輩からは「とことん仕事を詰...more
カテゴリー:

どんでん返しの帝王が社会福祉制度の限界に挑んだミステリー小説 - 04月26日(木)15:50 

 新聞やテレビなどのメディアでもたびたび話題となる生活保護の受給問題。高収入を得ているテレビタレントの母親が不正に受給していたという話のいっぽうで、生活保護を止められた男性が「おにぎり食べたい」と書き残して餓死したという事件もありました。生活保護は健康で文化的な最低限度の生活を送るために国が保障している国民の権利でありながら、現在そこにはさまざまな問題点やひずみが浮き彫りとなっています。  そんな日本の社会福祉制度の限界に挑んだミステリー小説が『護られなかった者たちへ』です。あらすじを簡単にご紹介すると......。  舞台は震災から復興しつつある仙台市。保健福祉事務所の課長・三雲忠勝が、手足や口の自由を奪われた状態の餓死死体で発見されます。三雲は公私ともに人格者として知られるだけに怨恨の線も薄く、捜査は暗礁に乗り上げることに。さらに続いて、県議会議員の城之内猛留が死体となって見つかりますが、同様に餓死状態にさせられたことがわかります。この二人をつなぐ接点はどこにあるのか、誰が何のためにこのような無残な殺し方をしたのか。宮城県警捜査一課の笘篠誠一郎たちはその謎を追い、犯人につながる手がかりを必死で探し、ついに切なすぎる真実へとたどり着くこととなります。  物語のキーパーソンとなるのは、警察官として捜査をおこなう笘篠と交錯する形で登場する利根勝久という男性。三雲の死体が発見され...more
カテゴリー:

会いに行けるアイドルの元祖ーー独自の進化を遂げるレースクイーン35年史 - 04月26日(木)15:00 

モータースポーツの最高峰、F1がグリッドガールを廃止しても「独自の進化を遂げた日本のレースクイーン(以下、RQ)が消滅することは決してない」。 そう断言するRQジャーナリストの矢沢隆則氏に「約35年の歴史を持つ」(矢沢氏)日本のRQ文化を語ってもらった。 * * * 矢沢氏は「F1が廃止するのはRQではなくレース主催者に雇われたグリッドガール。スポンサーの広告塔であり、レーシングチームの応援団でもある日本のRQとは似て非なるものです」と語り、“RQがいるのは日本だけ”と強調する。現在、RQは主にスーパーGT、スーパーフォーミュラなどのレースカテゴリーで活躍している。 「その起源には諸説ありますが、最も有力なのが、84年の二輪の鈴鹿8耐レースが最初という説です」 そして、矢沢氏はRQが世間一般に知られる存在となった、80年代後半から90年代初頭を第1次RQブームと位置づける。 「当時はハイレグ水着がはやっていて、RQのコスチュームはハイレグのVラインをさらに強調した刺激的なものでした。日本はバブル景気に向かっていて、広告代理店は競ってモデル事務所から、RQをやるきれいな女のコを集めていました。RQの日当は7、8万円が当たり前。えり...more
カテゴリー:

100人以上のお部屋を見てきた著者が語る! 賃貸でもできるお部屋づくりトークショーを6月1日開催決定 〜『真上から見た 狭くて素敵な部屋カタログ』出版記念! 〜 - 04月26日(木)14:00 

お部屋探しアプリ・サイト『goodroom(グッドルーム)』を運営するグッドルーム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小倉弘之 以下「グッドルーム」)は、初の書籍「真上から見た 狭くて素敵な部屋カタログ」の出版を記念して、賃貸でもできるお部屋づくりのトークショーを2018年6月1日(金)に開催いたします。
カテゴリー:

推理作家協会賞:古処誠二さん「いくさの底」に - 04月26日(木)19:12 

 第71回日本推理作家協会賞(同協会主催)の各部門の受賞作が26日に決まり、長編および連作短編集部門で古処誠二さんの「いくさの底」(KADOKAWA)が選ばれた。同作は毎日出版文化賞に続くダブル受賞。他の受賞作は以下の通り。
カテゴリー:

出版社:KADOKAWAがレストラン開業へ 飯田橋に - 04月26日(木)16:50 

 出版大手のKADOKAWA(東京都千代田区)は26日、東京・飯田橋でレストラン「イヌア」を6月29日にオープンすると発表した。デンマークの世界的な人気レストランからシェフを迎え、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて外国人観光客にもアピールする。
カテゴリー:

ハル・ベリー、法廷サスペンス『白と黒のナイフ』リメイクで主演 - 04月26日(木)15:15 

 映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』や『チョコレート』のオスカー女優ハル・ベリーが、女優グレン・クローズ&俳優ジェフ・ブリッジス共演の1985年の法廷サスペンス『白と黒のナイフ』のリメイクに出演するという。The Hollywood ReporterやVarietyなどの海外メディアが報じた。【写真】セクシーなハル・ベリー 『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』のリチャード・マーカンド監督がメガホンを取った『白と黒のナイフ』。出版王の孫娘である妻の殺人容疑をかけられた夫のジャック(ジェフ)と、彼を弁護する敏腕弁護士のテディ(グレン)の危険な恋愛と事件の真相をサスペンスフルに描く。同作で私立探偵のサムを演じた俳優のロバート・ロジアが、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。 現在、米ソニー・ピクチャーズでリメイク企画が進んでいるという。初期段階にあり、脚本家の選定が始まっているとのことだ。女優のブレイク・ライヴリーが主演を務めた映画『ロスト・バケーション』のマッティ・レシェムと、コメディ映画『もしも昨日が選べたら』のダグ・ベルグラッドが製作に名を連ねる。ハル以外のキャストは未定となっている。 ■関連記事ハル・ベリー&ジェニファー・ロペスの完璧ボディ<フォトギャラリー>48歳ジェニファー・ロペス&51歳ハル・ベリー 衰え知らずの美魔女たち知的!豊満!セクシー!!ハリウッドを...more
カテゴリー:

伝わるための総仕上げ!「●●で直す」と文章はグッとわかりやすくなる――山口拓朗の『そもそも文章ってどう書けばいいんですか?』 - 04月26日(木)14:46 

得意先に電話をしたら「その内容をメールでもいただけますか?」と言われた。上司に企画のアイデアを出したら「そのアイデアをA4一枚の企画書にまとめといて」と言われた。以前までは口約束が慣習化していたが「文面として残っていないのはマズイだろう」と、最近は書面でやりとりするようになった。 あなたも似たような経験をしたことがあるのではないでしょうか。このように、近年、文章で情報のやり取りをしたり、コミュニケーションを図ったりする機会が増えてきました。「文章に残すこと」や「文章で伝えること」の重要性が高まってきたのです。そんな“文章による見える化時代”のなかで、次のような悩みをもつ人が少なくありません。 ・「文章を書くことがストレスです」・「文章を書くことが苦手です」・「文章を書くのに時間がかかりまくります」・「支離滅裂な文章を書いてしまいます」・「『この文章はどういう意味だ?』と上司に怒られます」・「そもそも頭のなかにあることを、文章にすることができません」 このような悩みを抱えている人たちにとって一筋の光明となるのが、新刊『そもそも文章ってどう書けばいいんですか?』が話題を呼んでいる山口拓朗さんがお届けする短期連載です。報告書からメール、企画書、ブログまで、これまでの学校教育で“教わっていそうでいて、実は教わっていない「文章作成の基本」”を学んでいただきます。最終回となる今回のテーマ...more
カテゴリー:

今週の警視庁・捜査一課長:第3話 “出版詐欺”犯の遺体発見 大岩らが… - 04月26日(木)12:20 

 俳優の内藤剛志さん主演の連続ドラマ「警視庁・捜査一課長シーズン3」(テレビ朝日系、木曜午後8時)の第3話が26日、放送される。スクランブル交差点で、元出版社勤務の星川草介(中林大樹さん)が刺され、…
カテゴリー:

もっと見る

「出版」の画像

もっと見る

「出版」の動画

Wikipedia

出版(しゅっぱん、英語:publishing)とは、販売・頒布する目的で文書や図画を複製し、これを書籍や雑誌の形態で発行することで、上梓(じょうし)、板行(はんこう)とも呼ばれる。上梓の「梓(し)」とは、カバノキ科ミズメのことではなくノウゼンカズラ科キササゲのことで、古く中国で木版印刷の版材にキササゲが用いられたことに基づく。書籍や雑誌など出版されたものを出版物(しゅっぱんぶつ)と呼び、出版を事業とする企業を出版社と呼ぶ。 出版(複製)は一般に印刷によって行われる。新聞も同様の方法で発行されるが、流通経路が異なり、普通は出版とは呼ばない。ただし、現在ほとんどの新聞社(またはそのグループ会社)では雑誌、書籍の出版も手がけている。

出版(書籍、雑誌)は新聞やラジオテレビに比べて情報伝達の速報性などの点で劣っているが、一方で正確性、蓄積性などに優れたメディアで...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる