「出版」とは?

関連ニュース

[ブックレビュー]的を絞った画期的な指南書--「ネットで『女性』に売る」 - 11月25日(土)08:00 

ウェブでモノを売る場合のマーケティングについての本は数多く出版されているが、その中でも「女性」に的を絞った画期的な指南書。文章に関するアドバイスがとくに実用的で、一度読めば、違いがはっきりわかるはずだ。
カテゴリー:

震災構造、地質で解説 日本学会が「東北編」刊行 - 11月25日(土)06:05 

東北の地質に関する研究成果から、東日本大震災の発生メカニズムを詳しく解説した「日本地方地質誌 東北地方」(日本地質学会編)が出版された。地震や津波、噴火など自然災害の理解に欠かせない資料となっている。
カテゴリー:

【エロ本】〝衝撃〟コンビニから成人雑誌が消える!街の声は? ★2 - 11月25日(土)00:12  newsplus

世の中が大きく変化しています。コンビニの雑誌売り場から成人誌が消えてしまうかもしれません。 コンビニから成人雑誌が消えてしまう?21日、コンビニエンスストアの「ミニストップ」が来月1日から千葉市内で、来年からは全国にある約2200のミニストップ全店で成人誌の販売を中止すると発表しました。会見には千葉市の熊谷俊人市長とミニストップの藤本明裕社長が並んで出席しました。 ミニストップでは現在、女性客が2割を占めていて、主に主婦層から「子どもに見せたくない」など成人誌の取り扱いを控えてほしいとの声が多くあ...
»続きを読む
カテゴリー:

丸山ゴンザレスが出版社の激務の中で「初めての本」を出版できた理由とは - 11月24日(金)22:00 

(©ニュースサイトしらべぇ)中途入社で編集者になって2年が経過した。ここからどういう時期に入っていくかというと、裏社会がメインのフィールドになっていく。■「本を書けば?」と誘いがとくにこの頃になるとmixiの友人などとは関係なく、新宿二丁目の大箱で私と友人がパーティをやっているとの噂が(ある種の裏っぽい界隈に)広まっていった。おかげでヤクザとかプッシャーの方とか人体改造マニアの方とか、まっとうな社会人だったら接することのない人たちと出会う土壌ができあがっていたのだ。それもごくごく自然なかたちで。交友関係が異様に拡大していく様子を見ていたデビュー作とは別の出版社の人から「裏社会の本を書いてみたら?」と言われたのもこの頃のことだった。■限られた時間で文字を書く力ただ、駆け出しとはいえ、中小の出版社の編集者には、こなさねばならない仕事は山のように積み上げられていたので、執筆時間にも限りがでてきてしまっていた。(こんな状況で書けるのか?) などと、弱気になりそうなこともあったが、無駄にエネルギーと不満が溜まっていたこともあって、「やってやる!」と、裏社会の本を書くことを決意したのだった。そして、同時にその頃から私は早く書くことを意識するようになった。■出版社勤務時代の実態(©ニュースサイトしらべぇ)勤めていた出版社は朝10時出社で、最低でも17時か18時くらいまでは居る...more
カテゴリー:

【母乳育児】おっぱいが出すぎる、どうしたらいい? - 11月24日(金)20:45 

source:http://www.scn.jp/ja/store/ ママと赤ちゃんの数だけ、母乳ストーリーがあり、母乳の悩みは十人十色です。 母乳の出が少なく悩んでいるママがいる一方、反対に出すぎて悩んでいるママたちもいらっしゃいます。 周囲からは「母乳が出てうらやましい」と思われがちですが、母乳の出過ぎで乳房のトラブルが続きストレスを感じていることもあります。 今回は、そんな母乳の出過ぎで悩むママが母乳育児を楽しく続けてもらえるよう、助産師の筆者が対処法についてお伝えします。 母乳が出過ぎて心配なママへ「自由に飲ませて大丈夫」 母乳は、赤ちゃんの成長とともに飲む力や回数の変化に応じて、分泌量も変化していきます。 はじめの頃は、母乳をあげる回数や飲ます時間は、あまり神経質にならず、赤ちゃんが飲みたいだけ自由に飲ませてあげることを著者はおすすめしています。 母乳の回数が多くて心配になるママもいますが、母乳は、ミルクと比べて消化吸収が早いので、母乳を飲んで1〜2時間ぐらいするとお腹が減ってきます。(※1) 基本的には“泣いたら飲ませる”の繰り返しで大丈夫ですよ。 赤ちゃんが飲んだ母乳が胃の中で半分になるのに47分しかかかりませんが、ミルクだと65分かかります。つまり、夜中に2〜3回起きておっぱいをほしがるのは、おっぱいが足りないのではなく、赤ちゃんとしてごくあたりまえのことなので...more
カテゴリー:

【話題】<伊藤詩織さん明かす>“レイプ告白”の反響!「女性からの非難も…」《事実だったとしても男性がかわいそう》 - 11月25日(土)06:55  mnewsplus

「レイプって聞くと、すごく異常な人がする行為だという認識があると思うんです。でも、私が被害を警察に相談しに行ったとき、『よくある話だ』と言われて、驚きました。本当は、よくある話であってはいけないのに」 そう話すのは、自身が受けたレイプ被害について記した著書『Black Box』(文藝春秋)を先月、出版したジャーナリストの伊藤詩織さん(28)。詩織さんは、アメリカの大学でジャーナリズムを学んだあと、日本の通信社でインターンをしていた。 '15年4月3日、アメリカ滞在時に面識のあった元TBSワシントン支局長の山口敬...
»続きを読む
カテゴリー:

11月25日。今まで手が出せなかったことにチャレンジ!【ラッキーカラー占い】 - 11月25日(土)06:00 

  CanCam.jpで毎日更新中のこの連載「今日のラッキーカラー占い」では、人気カラーセラピストの佐々木仁美さんが、その日にぴったりなラッキーカラーを教えてくれます。 今日は、今まで手を出さずにいたことへチャレンジするのに最適な日。 詳しい診断内容はこちら。   【11月25日のラッキーカラー】ワインレッド 土曜日の今日は、ワインレッドを取り入れて大人の時間を過ごしてみましょう。 数秘術の考え方では「1」のエネルギーが巡る日。知識を増やしたり、見識を広げるような習い事を始めてみるのがおすすめです。 今まで「少し早いな」と思っていたことにも少し背伸びをして入り口に立てるようにサポートをしてくれるのがワインレッドが持つパワー。 今日の学びはすぐに身につかずとも、ワインが熟成して芳醇な美味しさに変わっていくように、将来とても重要な意味をもたらすことになるかもしれませんよ。   <佐々木仁美プロフィール> ソウルカラーセラピー代表・スピリチュアル☆カラーコンサルタント。 色・数秘等を融合し、自分色100%で仕事も恋愛も豊かに生きるためのセミナー、カウンセリングなどの活動をしている。 著書『色の心理学』『バースデーカラー入門』『色の性格診断書』(共に枻出版社) http://ameblo.jp/radiant-colors/ 監修/佐々木仁美 構成/わださ...more
カテゴリー:

紗倉まなの原作小説『最低。』が映画化、今までになかった戸惑いで時間が増えた毎日のアレとは… - 11月25日(土)00:00 

CM出演やコラム執筆など幅広い活躍を続ける紗倉まなが『週刊プレイボーイ』本誌で連載中のコラム『白目むいちゃいました。』。 佐倉まなの小説『最低。』の映画版が、なんと東京国際映画祭にノミネート! 今回はその反響について語ってくれた。 ■『最低。』がAVに ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、私の小説が原作となった映画『最低。』が「東京国際映画祭」のコンペティション部門にノミネートされました(パチパチ!)。神かよ。すべては瀬々敬久監督やスタッフ、出演者の皆さまのおかげです。私にまでお祝いの言葉をたくさんかけていただき、静かに感動しております。 コンペティション部門は、世界から応募された約1500本の映画作品の中から15作品が選ばれ、日本からは『最低。』と、芥川賞作家の綿矢りささん原作の映画『勝手にふるえてろ』の2作品がノミネートされたとのこと。『最低。』『勝手にふるえてろ』…なんと言いますか、タイトルだけを見たら「日本は荒れているのかな」と思われるような、やさぐれ感のある並びですよね(白目)。 ちなみに先日のAV撮影時、スタッフさんが現場に『最低。』の文庫本を数冊持ってきてくれました。ありがたいなぁと頭が下がる思いでいたのだけれど、そのときの撮影内容が私が先生役を務める「家庭教師もの」。ノートを開いて生徒に教えるシーンが何度かあったのですが、...more
カテゴリー:

【2017年・タレント写真集ランキング】乃木坂46怒涛のリリース、1位はやっぱり…? 年間ランキング発表! - 11月24日(金)21:41 

今年も残すところあとわずか。2017年も話題となった写真集が数多く出版されたが、最も売れた美女・イケメンは一体誰なのか? 2017年1月1日~11月1日まで、全国のTSUTAYAの写真集ランキングを調べてみた結果、以下の通りになった。 >1年前の2016年の写真集ランキングはこちら 2017年 タレント写真集ランキング...
カテゴリー:

【出版】文春社長の「図書館は出版の敵」発言に芸人・西野亮廣さんが反論・・・共存の道を探る - 11月24日(金)19:10  mnewsplus

文芸春秋の松井清人社長(67)が先月、「文庫本の売れ行き減と図書館は無関係ではない」と 図書館の文庫貸し出し中止を訴えた。 図書館側は「売り上げ減の要因は別だ」と反論し、お笑い芸人で絵本作家の西野亮廣(あきひろ)さん(37)も 一石を投じる試みをして話題を呼んだ。図書館と出版界が「共存」する道はあるのか。 先月13日、東京で開かれた全国図書館大会。松井社長は自身の講演で、率直な言葉を投げかけた。 「文庫は出版社の収益の柱。図書館での文庫の貸し出しをできればやめて頂きたい。これはお願いです」 ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「出版」の画像

もっと見る

「出版」の動画

Wikipedia

出版(しゅっぱん、英語:publishing)とは、販売・頒布する目的で文書や図画を複製し、これを書籍や雑誌の形態で発行することで、上梓(じょうし)、板行(はんこう)とも呼ばれる。上梓の「梓(し)」とは、カバノキ科ミズメのことではなくノウゼンカズラ科キササゲのことで、古く中国で木版印刷の版材にキササゲが用いられたことに基づく。書籍や雑誌など出版されたものを出版物(しゅっぱんぶつ)と呼び、出版を事業とする企業を出版社と呼ぶ。 出版(複製)は一般に印刷によって行われる。新聞も同様の方法で発行されるが、流通経路が異なり、普通は出版とは呼ばない。ただし、現在ほとんどの新聞社(またはそのグループ会社)では雑誌、書籍の出版も手がけている。

出版(書籍、雑誌)は新聞やラジオテレビに比べて情報伝達の速報性などの点で劣っているが、一方で正確性、蓄積性などに優れたメディアで...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる