「出版」とは?

関連ニュース

「20世紀の政治」を一望できるベルリンの建築マップ──いま「紙」の地図が見直されている - 02月24日(土)11:00 

ロンドンの出版社がユニークな紙の地図を製作している。世界各地の都市を、特徴ある建築の切り口からテーマごとにまとめたものだ。なかでもベルリンのそれは、第三帝国時代の建造物から「ベルリンの壁」崩壊後のモダンな建物までを網羅し、20世紀の政治の縮図となっている。
カテゴリー:

原作の世界観を理解したスタッフに感謝!日高ショーコ『花は咲くか』独占インタビュー - 02月23日(金)22:00 

 『嵐のあと』『憂鬱な朝』など主にボーイズラブの名作で知られる漫画家・日高ショーコ。その代表作のひとつ、『花は咲くか』実写化の提案を受けたとき、思わず「えっ、大丈夫なんですか?」とリアクションしたという日高に、仕上がった作品を観た感想を直撃。出演者・渡邉剣と天野浩成の印象、そして漫画の実写化に取り組む映画スタッフへの思いを聞いた。【写真】『花は咲くか』フォトギャラリー 仕事漬けの日々を送るサラリーマン・桜井和明(天野)と、他人に興味を持てずに生きてきた大学生・水川蓉一(渡邉)という年の差カップルを主人公に、誰もが恋で経験する胸が締め付けられるような切なさや葛藤を描いた本作。演じる天野は『仮面ライダー剣』や『HiGH&LOW』シリーズ出演で知られる39歳、渡邉は『動物戦隊ジュウオウジャー』のタスク役で知られる21歳。日高は「ビジュアルはもちろん素敵でしたが、何より主役2人の年齢が良かったです。ちゃんと年の差があって」と18歳差のキャスティングを喜ぶ。 さらに、一度だけ撮影現場を訪れた際の感想として「お二人の柔らかい雰囲気や、こちらに壁をつくらない素敵な笑顔が印象的でした。天野さんは実年齢よりお若く見えるのですが、佇まいはとても落ち着いていて、ずっとニコニコされていて。計算して出せる雰囲気ではないので、桜井役をやっていただけてよかったなと思いました。また、帰り際に渡邉さんが『頑張って蓉...more
カテゴリー:

【今週はこれを読め! ミステリー編】時代遅れの強盗が大活躍する『ダウンサイド 強奪作戦』 - 02月23日(金)20:34 

 魅力的なケイパーの多くがそうであるように、マイク・クーパー『ダウンサイド 強奪作戦』(ハヤカワ文庫NV)もまた、失敗に終わった仕事から話が始まる。リチャード・スターク『悪党パーカー/人狩り』やロジャー・ホッブズ『ゴーストマン 時限紙幣』と同様。  ニューメキシコ州の奥地にある砂漠地帯で、70両編成の貨物列車を襲撃するという作戦だった。連結された鉱石運搬貨車には70トンのモリブデナイトが積まれていた。1ポンドあたり657ドル、闇ルートで売りさばいたとしても60万ドルの収入になる。計画を立案したフィンたちが列車に取り付いたところまでは問題がなかった。無賃乗車のホーボーを1人発見したが、誤差の範疇だ。だが、その後がいけなかった。同じ列車を標的にしてメキシコの麻薬密輸団が来襲、さらに警察のヘリコプターまでが飛来したのだ。逮捕されたフィンは実刑判決を受け、長い刑務所暮らしをすることになった。  物語はその7年後、フィンが出所してくるところから始まる。服役中に稼げたカネはわずかに841ドル31セント、何もかもが値上がりしてしまった世界では屁の突っ張りにもならない額だ。おまけに貸金庫に預けていた裏金は、銀行が倒産したために取りだせなくなってしまっていた。7年間のブランクは大きく、すでにフィンの技術が通用するような時代ではない。現役引退の覚悟を決めていた彼の前にその女は姿を現した。  エミリーは...more
カテゴリー:

デビュー作で芥川賞受賞 インド人上司の反応は?――石井遊佳さんインタビュー(前編) - 02月23日(金)20:00 

出版業界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』。第95回となる今回は、『百年泥』(新潮社刊)で第158回芥川賞を受賞した石井遊佳さんが登場してくれました。『百年泥』は、「百年に一度」という大洪水に見舞われたインド南東部のチェンナイで暮らす「私」が、水が引いた後の橋の上に残された泥の中から人々の百年間の記憶にまつわる珍品(そして人間!)が掘り出されるのを目撃するというユニークなストーリーと巧みな語りが特徴的な、石井さんのデビュー作。痛快であり、時にほろりとさせるこの物語がどのようにできあがったのか、石井さんにお話をうかがいました。(インタビュー・記事/山田洋介)■芥川賞受賞、インド人上司の反応は?――芥川賞受賞おめでとうございます。まずは受賞のご感想をお願いします。石井:ありがとうございます。受賞については、まだあまり実感がないというのが正直なところです。――候補になってから受賞まではどのように過ごされていましたか?石井:自分の作品が受賞候補になったと電話で知らされたのが発表の一ヶ月くらい前で、それはチェンナイにある勤め先のオフィスで聞きました。受賞までの間、自分のことがどう取り上げられているかとか、下馬評めいたことなどを友達がメールで教えてくれたのですが、なにぶんインドにいるので他人事といいますか。――ご自身でインターネットで調べたりなどはしなかったですか?石井...more
カテゴリー:

羽生結弦が表紙の「週刊朝日」軒並み完売!2週連続の大特集が決定!! - 02月23日(金)19:52 

[株式会社朝日新聞出版] [画像: https://prtimes.jp/i/4702/380/resize/d4702-380-107543-0.jpg ] 「週刊朝日 3月9日増大号」でもカラーグラビアから特集記事まで“フィギュア”が大盛り! 現役続行を宣言した羽生結弦選手の...
カテゴリー:

西湖大学即将正式成立 预计本月底之前或教育部批准 - 02月24日(土)09:15 

  来源:知识分子 2月23日出版的《科学》杂志报道称,西湖大学即将在本月底正式成立。   撰文 | 邸利会   责编 | 李晓明   去年5月,适值浙江西湖高等研究院启动第四次学术人才招聘,施一公也在学生的围拢中度过了他50岁的生日。那时,他许了一个愿望:与一大批志同道合的....
カテゴリー:

漫画雑誌でチンギス・ハンの顔に落書き 小学館が謝罪 - 02月23日(金)20:42 

大手出版社の小学館は、少年漫画雑誌「月刊コロコロコミック」の最新号に、モンゴルの英雄、チンギス・ハンの顔に落書きをした絵を掲載し、モンゴルの国民などに不快の念を抱かせたとして謝罪しました。
カテゴリー:

ゲッターズ飯田「人生をより楽しむためには」 - 02月23日(金)20:00 

“芸能界最強占い師”といわれ、テレビ・ラジオ・雑誌など、さまざまなメディアで活躍中のゲッターズ飯田が贈る、しあわせになる、ちょっといい言葉。 [しあわせ言葉] 人生は他人に合わせるゲームだと思うと、楽しくなるもの 何かをするときに自分だけで決めていると、パターンは決まってきます。 それも悪くありませんが、他人に合わせて行動してみるのもいいものです。 「この人は、きっとこの本を読むな」と思ったら先に読んでおくといったように、 相手に合わせ、先読みするようなことを楽しみ、これを“ゲーム”だと思ってみてください。 他人に波を合せることを日々繰り返していると、 人に逆らうとか、自分だけの生き方をするより、人生はさらに楽しくなるでしょう。 紹介者のいない人は占わないゲッターズ飯田が直接あなたのお悩みに答える個人鑑定は、公式占いサイト「ゲッターズ飯田流」からご応募ください。 <ゲッターズ飯田 プロフィール> これまで約5万人を超える人を無償で占い続け、「人の紹介がないと占わない」というスタンスが業界で話題に。これまで占ってきた実績から「五星三心占い」を編み出し、芸能界最強の占い師としてテレビ、ラジオに出演するほか、雑誌やWebなどに数多く登場する。自分の占いで「顔は出さないほうがいい」からマスクを着けている。LINE公式アカウントの登録者数は100万人を超え、いま日本で最も有名...more
カテゴリー:

【平昌五輪】羽生結弦が表紙の「AERA」が異例の増刷 撮影の蜷川実花もコメント - 02月23日(金)19:59  mnewsplus

 平昌オリンピック男子フィギュアスケートで連覇を達成した羽生結弦が表紙のニュース週刊誌「AERA 2月19日増大号」(朝日新聞出版)が 売り切れ続出で大増刷され、2月22日に再び店頭で発売。それを受けて、表紙の撮影を担当したフォトグラファーの蜷川実花が、自身の インスタグラムでコメントを寄せた。  羽生結弦が表紙の「AERA 2月19日増大号」は、2月10日の発売前からすでに大反響で、ネット書店、リアル書店ともに品切れが相次いだ。 その人気ぶりは、平昌オリンピック男子フィギュアスケートで同種目66年ぶりの2連覇を達成...
»続きを読む
カテゴリー:

【ファン待望】羽生結弦、特別増刊が発売決定 平昌オリンピック含む83点の写真掲載 - 02月23日(金)19:11 

金メダルの羽生結弦選手にFRIDAY編集部が緊急増刊 写真週刊誌『FRIDAY』編集部が、平昌オリンピックで66年ぶりのフィギュアスケート五輪2連覇を達成した羽生結弦選手の特別増刊を27日に緊急出版することになった。 『FRIDAY』がこれまで撮りためてきた秘蔵写真に加え、今大会の派遣カメラマンなどが捉えた羽生...
カテゴリー:

もっと見る

「出版」の画像

もっと見る

「出版」の動画

Wikipedia

出版(しゅっぱん、英語:publishing)とは、販売・頒布する目的で文書や図画を複製し、これを書籍や雑誌の形態で発行することで、上梓(じょうし)、板行(はんこう)とも呼ばれる。上梓の「梓(し)」とは、カバノキ科ミズメのことではなくノウゼンカズラ科キササゲのことで、古く中国で木版印刷の版材にキササゲが用いられたことに基づく。書籍や雑誌など出版されたものを出版物(しゅっぱんぶつ)と呼び、出版を事業とする企業を出版社と呼ぶ。 出版(複製)は一般に印刷によって行われる。新聞も同様の方法で発行されるが、流通経路が異なり、普通は出版とは呼ばない。ただし、現在ほとんどの新聞社(またはそのグループ会社)では雑誌、書籍の出版も手がけている。

出版(書籍、雑誌)は新聞やラジオテレビに比べて情報伝達の速報性などの点で劣っているが、一方で正確性、蓄積性などに優れたメディアで...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる