「出版」とは?

関連ニュース

【糖質制限】ダイエット「糖質制限やめたほうがいい」理由 炭水化物を抜くと食物繊維の摂取量も低下する★2 - 04月26日(水)23:47 

【糖質制限 結局いいのか、悪いのか】ダイエット「糖質制限やめたほうがいい」理由 炭水化物を抜くと食物繊維の摂取量も低下する zakzak 2017.04.25 http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20170425/dct1704251530002-n1.htm  「糖尿病の患者さんが血糖値を抑えるために糖質制限がある程度必要なのはわかります。ただし、ごはんなどの炭水化物には糖質だけでなく、食物繊維も含まれています。炭水化物を抜くと、食物繊維の摂取量が減り、必然的に高脂肪や高タンパクの食事になる。腸にとってはまったくいいことがありません...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【研究】血液型と性格、研究は90年前から 厳密さ欠くニセ科学 - 04月26日(水)22:07 

「あなたB型でしょう」などと記者もよく言われるが、血液型で性格がわかるという考え方は、実は日本や韓国などごく一部の国でしか通用しない。世界で初めてこれを提唱したのは、古川竹二という日本の教育学者だった。 1927(昭和2)年、東京女子高等師範学校(現お茶の水女子大)教授の古川は「血液型による気質の研究」という論文を発表する。心理学の論文で、決して現在のような「占い」ではなかった。 古川は教え子や友人にアンケートをとり、A型は引っ込み思案、B型は陽気、など気質が類型化できるとした。 国内で血液...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

综艺节目如何去娱乐化?加强原创内容发挥明星作用 - 04月26日(水)18:55 

  Ran/文 陈夕/文   新浪娱乐讯 4月25日,大型明星美食传情感恩真人秀《熟悉的味道》节目研讨会在京召开。会议上,中国电视艺术委员会副秘书长易凯、国家新闻出版广电总局监管中心监管处处长马晶及节目制作单位相关负责人就《熟悉的味道》这档综艺展开深度讨论。   易凯就节....
in English
カテゴリー:

くりかえし「困難」に立ち向かう力、レジリエンスを鍛えよう - 04月26日(水)16:16 

私たちは人生のなかで、仕事、プライベート問わず様々な困難や逆境に出会います。「乗り越えられない」と思うほどの大きな壁にぶつかったときこそが、成長するチャンスです。人は誰しも「レジリエンス」という逆境に立ち向かう力を備えています。ここでは、15,000人以上をカウンセリングした実績を持つ金森秀晃氏の著書『凹んだ数だけ強くなれる29の法則』から、レジリエンスの育み方を紹介しましょう。失敗を失敗のままで終わらせない野村證券に入社して1年目に立てた目標は「誰よりも失敗する」でした。失敗するためには動かなくてはいけない、という自分に発破をかける意味と、失敗したほうが早く覚えるだろう、という理由だったのです。人生を実りあるものにしようとすれば、あらゆる現象から何かを学び取り、それを教訓にしていく必要があります。失敗はまさに、教訓の宝庫なのです。「不易流行」という言葉をご存知でしょうか?これは松尾芭蕉の俳諧用語で、「不易」は詩的生命の基本永遠性を有する体、「流行」は詩における流転の相で、その時々の新風の体。簡単にいうと「不易」とは時が経っても変わらない普遍的な原則、「流行」とは時とともに移ろい行くものです。つまり、人間に当てはめると、教訓としての学びは「不易」、日々起こるあらゆる現象は「流行」ということになります。流行を流行のまま終わらせてしまうということは、何も生かされずまったく成長しないとい...more
in English
カテゴリー:

伊藤英明「時効ってなんだよ!」執念の刑事を熱演『22年目の告白』特別映像が解禁 - 04月26日(水)12:00 

藤原竜也と伊藤英明が初共演を果たした映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』(6月10日公開)。このほど、伊藤が熱演する“執念の刑事”牧村航の特別映像が解禁となった。入江悠監督が手がける本作は、1995 年、残忍な手口で5人の命を奪い世の中を震撼させた連続殺人の犯人が、時効を迎えた22 年後、自身の殺人を告白した本の出版記者会見を行うという前代未聞の衝撃的な展開から始まる。「被害者に近しい者を殺人の目撃者にする」残忍な犯行を繰り返した告白本の著者・曾根崎雅人(藤原)は、出版した本「私が殺人犯です」を手に会見や握手会、TV 出演とキャンペーンを展開する。そんな犯人を22 年間追い続けてきた刑事・牧村航(伊藤)の気持ちとは裏腹に、加熱するマスコミ報道、SNS により美しい容姿とともに拡散された曾根崎は日本中から罵声と歓声を浴びながら、一躍時の人になっていく……。今回解禁されたのは、22年前の事件で全てを失った刑事・牧村にフィーチャーした映像。当時、連続殺人事件を担当したのが牧村刑事。4件目の事件が起きた時、犯人をあと一歩のところまで追いつめたが、争った末にナイフによって口を切られ、寸前で取り逃がしてしまう。犯人から目を付けられ“5人目の標的”となった牧村は命を狙われるが、牧村の代わりに尊敬する上司・滝(平田満)が殺されてしまう。大切な上司を失い、犯人への憎しみが募る牧村は「あの時捕まえ...more
in English
カテゴリー:

25万3200冊の読書から生まれた「本物の知識」が身につく読書術 - 04月26日(水)23:30 

■社会人に必要な「知性」「教養」「創造力」は読書で身につく社会人として生きている以上、「誰かから評価される」ということは避けられない。それは、新入社員だろうとトップに立つ経営者であろうと、同じだ。誰だって「社会人としてのレベルが低い」と思われたくはない。プライドの部分はもちろん、社会人としての自分の評価が下がれば、人から軽んじられ、仕事や人間関係において、不本意な状況に陥ることになるからだ。会社や他人の評価を気にすることはない、という意見もあるだろう。だが、誰だって一目置かれる存在になりたいものである。そのためには、社会人として自分を磨くことが大切だ。だが、何をどう磨けば一目置かれるような「評価される社会人」になれるのか。その答えを教えてくれる一冊が、『知的社会人1年目の本の読み方』(山口謠司著、フォレスト出版刊)だ。山口氏は「評価される社会人」とは、「知的社会人」だと述べている。では、「知的社会人」とは何か?「知性」と「教養」と「創造力」を兼ね備えた社会人のことだ。著者は、この3つの要素を持つ人を、貴重な存在であるとし、「知性」「教養」「創造力」を同時に身につけさせてくれるのは本――つまり、「読書」だと説く。たしかに、読書をすれば、知識は身につき、教養は高まり、新たなものを創り出すアイデアの源泉も獲得できるようになるだろう。文献学者としてこれまで数々の著作を上梓している山口氏は、...more
in English
カテゴリー:

【糖質制限】ダイエット「糖質制限やめたほうがいい」理由 炭水化物を抜くと食物繊維の摂取量も低下する - 04月26日(水)20:52 

【糖質制限 結局いいのか、悪いのか】ダイエット「糖質制限やめたほうがいい」理由 炭水化物を抜くと食物繊維の摂取量も低下する ごはんなどの炭水化物はバランスの取れた食事のために、やはり大切なのだ zakzak 2017.04.25 http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20170425/dct1704251530002-n1.htm  「糖尿病の患者さんが血糖値を抑えるために糖質制限がある程度必要なのはわかります。ただし、ごはんなどの炭水化物には糖質だけでなく、食物繊維も含まれています。炭水化物を抜くと、食物繊維の摂取量が減り、必然的に...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

『ゲノム編集の衝撃 「神の領域」に迫るテクノロジー』(NHK出版)が、科学ジャーナリスト賞 2017 を受賞 - 04月26日(水)16:57 

[株式会社NHK出版] 日々進化する「ゲノム編集」技術の最前線を取材した『ゲノム編集の衝撃 「神の領域」に迫るテクノロジー』が、科学ジャーナリスト賞 2017 を受賞した。 本賞の主催である日本科学技術ジャーナリスト会議は、受賞...
in English
カテゴリー:

【調査】報道の自由「悪化」 過半数 155団体 朝日新聞調査★3 - 04月26日(水)13:01 

朝日新聞は1987年に記者2人が殺傷された阪神支局襲撃事件から5月3日で30年となるのを機に、 国際ジャーナリスト連盟(IFJ、本部・ブリュッセル)の114カ国・地域の155団体の代表らを対象に報道の自由を巡る状況について尋ねた。 50カ国・地域の61団体から回答があり、暴力や圧力に迫られながらも報じ続けている実情が浮かんだ。 この10年で報道の自由がどう変化したと考えるかについて「悪くなった(「やや」を含む)」と回答したのは27カ国・地域の33団体で過半数を占めた。 身体的な攻撃や脅迫など...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

大人の女はカネで解決! 女が女に癒される時間って? - 04月26日(水)12:00 

 同世代女性から圧倒的な支持を得て、今やメディアで引っ張りだこのジェーン・スーさんが、『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』(ポプラ文庫)や『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』(幻冬舎文庫、第31回講談社エッセイ賞受賞)などの話題作に続き出版した『今夜もカネで解決だ』(朝日新聞出版)は、働く女性たちに捧げられた一冊と言っても過言ではないでしょう。  スーさんといえば作詞家、ラジオパーソナリティー、コラムニスト、音楽クリエイター集団agehaspringsでの作詞家としての活動に加え、TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」でパーソナリティーを務めるなど活躍の場は多岐にわたっています。それだけに体の疲れもまた一入の様子。そこで、「そうだ、マッサージに行こう。」(本書より)と、癒やしを求めて街を彷徨い歩きます。 一口に癒やしと言ってもその種類は実に様々! 肩こりなどをほぐす、いわゆる普通のマッサージを筆頭に、シャンプーや頭皮マッサージ、整骨院、足裏マッサージ、アロママッサージ、スパ、ホットストーン、ストレッチ、ヒノキの酵素風呂、ヨモギ蒸し、鍼、岩盤浴、スウェディッシュマッサージ、湯治、カイロプラクティック、生姜桶、灸、腸マッサージ、痩せるドライヤー、ネイルケア、さらには自宅で使う快眠グッズ、電動アシスト自転車、マッサージチェア......と、頭の先から爪...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「出版」の画像

もっと見る

「出版」の動画

Wikipedia

出版(しゅっぱん、英語:publishing)とは、販売・頒布する目的で文書や図画を複製し、これを書籍や雑誌の形態で発行することで、上梓(じょうし)、板行(はんこう)とも呼ばれる。上梓の「梓(し)」とは、カバノキ科ミズメのことではなくノウゼンカズラ科キササゲのことで、古く中国で木版印刷の版材にキササゲが用いられたことに基づく。書籍や雑誌など出版されたものを出版物と呼び、出版を事業とする企業を出版社と呼ぶ。 出版(複製)は一般に印刷によって行われる。新聞も同様の方法で発行されるが、流通経路が異なり、普通は出版とは呼ばない。ただし、現在ほとんどの新聞社(またはそのグループ会社)では雑誌、書籍の出版も手がけている。

出版(書籍、雑誌)は新聞やラジオテレビに比べて情報伝達の速報性などの点で劣っているが、一方で正確性、蓄積性などに優れたメディアである。

歴史 <...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる