「出版」とは?

関連ニュース

【今週はこれを読め! エンタメ編】感動のシリーズ最終巻〜須賀しのぶ『夏は終わらない』 - 07月26日(水)22:33 

 サブタイトルは「夏は終わらない」。イヤよ、終わって! 暑いの苦手なの! ...いや、高校球児だって暑いのがきらいな子もいるよな。それでも彼らはできる限り長く、地区大会で、甲子園で、野球をやっていたいんだよな...。と、野球を愛する若者たちの心に触れた気になる(だからといって、涼しくはならないが)。  本書はシリーズ3作目。前2作はいずれも文庫本1冊に3編が収録されていたが、この作品は初の長編。おなじみ三ツ木高校の高校野球部員+監督の活躍が1冊まるまる楽しめる。この「雲は湧き、光あふれて」シリーズは、ぜひとも第1作から順を追ってお読みいただきたいと思う。彼らの成長がより胸に迫ることは間違いない。  3作通しての主要人物である3年生エース・月谷に、彼とバッテリーを組む2年生キャッチャーの鈴江、さらには監督の生物教師・若杉などの視点から物語が語られる構成。同じ事件についても個人個人でさまざまに異なる心情が描き出されるので、お互いの言い分が食い違ってしまったりすることにも説得力が感じられる。立場や事情の違う人々の思いを丁寧にすくい取る著者の細やかさには、いつもながら感銘を受けずにいられない。  三ツ木高校野球部は万年弱小扱いのチームだったが、エース月谷が入部したことで活気づき、野球経験がないながら熱心な監督の若杉が異動してきたことなどもあって、著しい成長を遂げてきた。昨年はそれに加...more
カテゴリー:

「ムーンライト」監督、70年代ハーレムが舞台の恋愛小説を映画化 - 07月26日(水)21:30 

 第89回アカデミー賞で作品賞・脚色賞など3部門に輝いた「ムーンライト」のバリー・ジェンキンス監督が、次回作として黒人作家ジェームズ・ボールドウィンの長編小説「ビール・ストリートに口あらば(If Beale Street Could Talk)」の映画化企画を準備していることがわかった。  1974年に出版された原作は、70年代初期の米ニューヨーク・ハーレムを舞台に、若い黒人カップルの愛と信念を描いた物語。19歳の女性テイッシュは、22歳の彫刻家フォニーと婚約し幸せに暮らしていたが、フォニーが身に覚えのないレイプ容疑で逮捕され、ティッシュはお腹の子どもが生まれる前にフォニーの無実を証明しようと奔走する、というストーリーだ。98年に、この原作をもとにしたロベール・ゲディギャン監督によるフランス映画「幼なじみ」が製作されている。  米バラエティによれば、「ビール・ストリートに口あらば」の映画化を数年前から希望していたというジェンキンス監督は、13年夏に「ムーンライト」と同時進行で脚本を執筆していたようだ。その頃からボールドウィンの遺産管理財団と交渉を進めてきたとのことで、ボールドウィン・エステートも今回の企画に賛同している。  新作は、「ムーンライト」で組んだブラッド・ピットの製作会社プランBと、ジェンキンス監督の製作会社パステルがプロデュース。10月にクランクイン予定で、アンナ...more
カテゴリー:

【警告】22年後に世界から精子が尽きることが判明、人類滅亡へ! 研究者「爆速で精子が減少中」[トカナ] - 07月26日(水)19:55  newsplus

世の男性諸君にとって身の毛もよだつようなニュースが舞い込んできた。なんと、ここ40年で世界中の男性の精子数が減少し続けていることが最新の研究で明らかになったというのだ! 研究者らによると、このまま減少が続けば、人類滅亡もあり得るという――。 ■精子激減で人類滅亡へ 英紙「Daily Mail」(7月25日付)が、ヨーロッパ諸国、オーストラリア、アメリカの男性の精子数がここ40年間の生活習慣の変化により半分にまで減っていることがイスラエル・ヘブライ大学と米マウント・シナイ医科大学の研究で判明したと報じている。 研...
»続きを読む
カテゴリー:

【科学】精子の減少によって人類が絶滅する可能性、研究者によって示される - 07月26日(水)19:18  newsplus

これまでに発表された研究内容やデータから、ここ数十年で男性の精子の数が減り続けているという見方が研究者らによって示されています。 「精子の数が減っている」とする主張には懐疑的な目を向ける研究者らも存在しますが、新たな研究では、約40年の間に行われた200近い研究内容が分析され、現在の傾向が続けば「人類は絶滅する可能性」さえあることが示されました。 1973年から2011年までに行われた185の研究を分析した結果、北アメリカ・ヨーロッパ・オーストラリア・ニュージーランドで暮らす男性の精液の濃度が9900万/mlから471...
»続きを読む
カテゴリー:

『染谷俊之写真集9/0』発売!東京・大阪での出版記念イベント&初の海外ファンミーティング開催が決定! - 07月26日(水)18:00 

[株式会社KADOKAWA] [画像1: https://prtimes.jp/i/7006/3488/resize/d7006-3488-439873-2.jpg ] 『染谷俊之写真集9/0』を株式会社KADOKAWAより8月26日(土)に全国発売いたします。発売に合わせイベントや限定版の発売など5大ニ...
カテゴリー:

ビジネス書10000冊を読破した読書家が、仕事と人生に悩む若者へアドバイス - 07月26日(水)22:15 

学生から社会人となったばかりの若手社員にとって、環境の変化や人間関係、仕事のことなど悩むことは多いはずだ。壁にぶつかったときに参考になるのが本。先人たちの知見はその壁を乗り越えるための力になる。しかし、本を読む時間がない、悩みにすべて答えてもらうには何冊も本を読まないといけない…という人もいるだろう。そんな入社3年目までの若手社員に読んでほしいのが『入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました』(大杉潤著、キノブックス刊)だ。本書の著者である大杉氏は、年間約300冊のビジネス書を35年間読み続けた、ビジネス書の“プロ”というべき存在。これまで、累計10000冊以上を読破した知見を活かし、合計37の問いに最も効果的な解決策が身につくビジネス書を4冊ずつ挙げ、そのフレーズを紹介しながら、解説を加えるという内容だ。では、どのような質問に答えているのか? 本書からいくつか挙げていく。■これからのキャリアの作り方をどう考えればいい?入社数年間は毎日の仕事をこなすことに精一杯で、自分の強みや専門性、将来について不安を感じることもあるだろう。そんな不安に対して著者はまず、『その幸運は偶然ではないんです』(J.Dクラボルツ、A.Sレヴィン著、ダイヤモンド社刊)の一節を紹介して、方向性を示している。『その幸運は偶然ではないんです』では、人生には予測不可能なことが多いため...more
カテゴリー:

ヒントはSNS。褒めてもやる気を起こさない社員を奮起させる方法 - 07月26日(水)20:00 

会社の発展にとって「人材育成」は欠かせないものですが、その方法に関してはこれといった「正解」がみつけづらい、難しい課題でもあります。今回の無料メルマガ『がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!』では著者で現役コンサルタントの梅本泰則さんが、「人間は皆認められたいもの」とした上で、「ナンバーワン社員評価シート」を使い社員のモチベーションを高める方法を提案しています。 社員を育てる簡単な方法 以前、私に「いい社員が入ってこない」と嘆いておられた中小企業経営者がいました。これは、多くの中小零細企業の社長が持っておられる悩みの一つです。しかし、一方でこう言われる経営者の方もいます。 「中小企業に優秀な社員が入ってくるなどとは思わない方が良い。入ってきた社員を育てるのが社長の仕事だ」。 素晴らしいですね。きっとこの会社では、社員が立派に育っているに違いありません。とはいえ、どうしたら社員がうまく育つのでしょう。ここが問題です。世の中では、いろいろな「人の育て方」が提案されています。よく言われているのが、 ほめて育てる 叱って育てる 自分の背中を見せて育てる 自ら実行してみて育てる といった方法ですね。最近では、特に「ほめる」ことに光が当たっています。そのためのセミナーや研修も盛んなようです。「ほめる」のが難しいからです。逆に、「叱る」ことだって簡単ではありません。 ところが、「育て...more
カテゴリー:

【芸能】沢尻エリカvs松居一代 船越英一郎を巡る猛女バトル再勃発 - 07月26日(水)19:41  mnewsplus

 沢尻エリカ(31)が、松居一代(60)と船越英一郎の離婚騒動の巻き添えをモロに食っている。沢尻vs松居の“猛女バトル”に発展する可能性もありそうだ。  「7月初め、船越が松居に対し離婚調停の申し立てを行っていることが報じられて表面化。松井がブログや動画で、船越がハワイ在住女性と不倫しているなどと攻撃を始めたことで、騒動は拡大しています。ただ、松井が本当に根にもって、恨んでいるのは、沢尻エリカじゃないかと噂されているのです」(芸能記者)  実は沢尻、'12年放送の主演TBS系特番ドラマ『悪女について』で、船越と共...
»続きを読む
カテゴリー:

「インスタ投稿でお金が稼げる」新サービス開始――SNS映えをAI判定、高スコア写真を収益化 - 07月26日(水)18:02 

「Instagramに”SNS映えする”写真を投稿するだけでお金が稼げる」ーーそんなサービスの提供をSNAPLACEが開始しました。 SNAPLACEはITスタートアップです。SNSに投稿された写真を独自システムで解析し、「SNS映え度合い」が高いと想定される国内外5000スポットを紹介する観光情報サイト「Snaplace」を運営しています。 新サービスの「スナップレイス・メディア」では、Instagramに投稿された写真を、独自の「SNS映え解析システム」で分析。SNS映えすると判定した写真を、広告や出版の制作会社に販売することで、Instagramユーザーにその収益の一部を還元します。 「SNS映え」の判定には広義のAI(画像認識)を活用。画像認識によって抽出した写真の構成要素を、アルゴリズムによって分類。その結果に基づいて判定するといいます。 いわゆる「ストックフォト」のように、一般ユーザーの写真を企業が購入し、その使用料をユーザーに還元する仕組みですが、最大の違いは前述の通りAIで写真を選別した点。「SNS映えしない」と判定された写真は掲載されないため、制作会社等が写真を選ぶ手間を省ける点を売りにします。 ユーザーは、Instagramアカウントを「スナップレイス・メディア」に登録するだけ。その後は、システムが自動で写真を分析・抽出するため、写真...more
カテゴリー:

逆境を乗り越えるための本を編集した編集者に、逆境の乗り越え方を聞いた - 07月26日(水)18:00 

人間、生きていれば必ず「逆境」に立ち向かわなければいけない時が来る。そこで打ちひしがれるか、乗り越えようとあがくかによって未来は変わる。人はどのように逆境を乗り越えればいいのか。そのヒントになるのが『逆境の教科書 ピンチをチャンスに変える思考法』(集英社刊)である。著者の山口伸廣さんは、かつて一晩で資産230億円を失うなど信じられない逆風を受けながら、実業家として復活を遂げた人物だ。そんな本を担当した編集者は、やはり逆境の乗り越え方を熟知しているのか?本書の担当編集であり、集英社ビジネス書編集部の編集長である藤井真也さんに、新刊JP編集部の金井がインタビューをした!■編集者は「毎日が逆境」であるということ 金井:今日は宜しくお願いします! 藤井:宜しくお願いします! 何でも聞いて下さいね。 金井:では、さっそく。よくマンガや雑誌などでもテーマになる編集者という仕事ですが、実際に働いている中で感じる「逆境」はどんなものがありますか? 藤井:もしかしたらご期待とは違う答えかもしれないけど、毎日が逆境かもしれません。 金井:毎日が逆境!? 藤井:そうです。日常的にトラブルが起こるというかね(笑) 金井:日常がすでに逆境…。 藤井:そうなんですよ。だから、もう逆境だと感じていないかもしれない。 金井:すごいですね…。編集者を描いた創作物では、本が出版されない、企画が通らないといったところで...more
カテゴリー:

もっと見る

「出版」の画像

もっと見る

「出版」の動画

Wikipedia

出版(しゅっぱん、英語:publishing)とは、販売・頒布する目的で文書や図画を複製し、これを書籍や雑誌の形態で発行することで、上梓(じょうし)、板行(はんこう)とも呼ばれる。上梓の「梓(し)」とは、カバノキ科ミズメのことではなくノウゼンカズラ科キササゲのことで、古く中国で木版印刷の版材にキササゲが用いられたことに基づく。書籍や雑誌など出版されたものを出版物(しゅっぱんぶつ)と呼び、出版を事業とする企業を出版社と呼ぶ。 出版(複製)は一般に印刷によって行われる。新聞も同様の方法で発行されるが、流通経路が異なり、普通は出版とは呼ばない。ただし、現在ほとんどの新聞社(またはそのグループ会社)では雑誌、書籍の出版も手がけている。

出版(書籍、雑誌)は新聞やラジオテレビに比べて情報伝達の速報性などの点で劣っているが、一方で正確性、蓄積性などに優れたメディアで...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる