「出典元」とは?

関連ニュース

結局、身内のことしか考えぬ「口だけ顧客ファースト」企業の特徴 - 09月19日(火)20:00 

「お客様を最優先しますと口にする企業は多いが、実践できている社はほんの僅か」と言うのは、無料メルマガ『ビジネス真実践』の著者で戦略コンサルタントとして活躍する中久保浩平さん。今回の記事の中で中久保さんは両者の「決定的な違い」を記すとともに、真の意味での顧客ファースト実現に必要な考え方を提示しています。 顧客ファーストの矛盾 「当社ではお客様を最優先致します」と、顧客ファーストを唱えている店舗経営者からご相談を受けたときのこと。話を詳しく伺っていくと「お客さんのことを最優先で考えているようで実はそうでない」ということがありました。 「顧客満足度No.1を目指しています」とか「お客様のためにおもてなしを徹底しています」「当店はホスピタリティーを大切にしています」など、同じように顧客ファーストを掲げている会社やお店ではこのようなことは結構あります。 「いやいや、うちはちゃんと考えてますよ」と反論する方は多いのですが、実際は歯切れのいい言葉だけで現場では顧客最優先が出来ていない、ということがあるのです。 「お客様の声を大切に」「顧客視点が重要」といったようなことをいくら謳っていても、それが実際に現場でどのように反映されているのか? スタッフはその言葉を実際に受けて具体的にどのように行動に移しているのか? が見てとれるようでなければ、全く意味がありません。 たとえば、飲食店でこんなやり取りが...more
カテゴリー:

【新橋】ラーメン官僚が「良杯」の称号を贈る煮干つけ麺【月と鼈】 - 09月19日(火)18:00 

日本全国に数多あるラーメンの中でもとっておきの一品を食べ歩きながら紹介する、ラーメン官僚かずあっきぃこと田中一明さん。まぐまぐの新サービス「mine」で無料公開中の、田中さんの記事から本日ご紹介するのは、東京・新橋「月と鼈」の濃厚煮干つけ麺並盛&黒玉。今まで12,000杯のラーメンを食べ歩いたラーメン官僚が、煮干しの存在感を前面へと押し出したオリジナリティあふれる良杯だと称賛を贈る、「月と鼈」の濃厚煮干つけ麺のお味とは? オススメ!【ラーメン官僚かずあっきぃの麺遊記】月と鼈 月と鼈@新橋にて、濃厚煮干つけ麺並盛&黒玉。 昨年12月、以前の場所からやや新橋駅寄りへと移転。 この移転によって、アクセスが格段に良化した感がある。 『月と鼈』に関しては、移転前店舗のオープン当初、2回ほど足を運んで以来の訪問。 「濃厚煮干つけ麺並盛」を、黒玉トッピングでオーダーさせていただいた。 煮干しと節とが丼全体の主導権をガッチリと握るスープは、以前よりも明らかに深みが増幅。 初期のオーソドックスかつ優等生的な動物系+魚介つけ麺も好印象だったが、現在の1杯は、優等生的な味の印象はそのままに、オーソドックスさを封印。 煮干しの存在感を前面へと押し出したオリジナリティあふれる良杯に仕上がっている。 なお、同店に足を運んだ際に決して外せないアイテムがある。それはズバリ!「黒玉」。 上質な玉子の黄身に甘辛い...more
カテゴリー:

【驚愕】誰でも中年太りになれるウエストポーチがブッ飛びすぎ! - 09月19日(火)16:16 

35歳を過ぎた男なら、多くの人が気になり始める腹まわり。 一度ポコッと出てしまうと、なかなかへっこまないんですよね、これが。。。 そんな悩める男性に朗報が。なんと、太っていてもいなくても、最初から中年太りになった状態がシミュレーションできる、素敵なウエストポーチが存在するんだそうです。これさえあれば、自分の本当の腹を隠すことができそう。 その素晴らしい商品が、こちら。 中年太り型バッグ、出たよ。しゃれおつ。https://t.co/KwuvhFnlbx pic.twitter.com/gHxjmYi8Qd — Masa_Tsuka (@bladerunner1982) 2017年9月18日 なんと、最初から中年の出っ腹写真がプリントされたウエストポーチがあるらしいのです。。 これは、ある広告会社のクリエイティブディレクターであるMasa_Tsuka(@bladerunner1982)さんのツイート。 これをつければ、あなたもすぐに中年太り。危機感を覚えるもよし、これよりはマシだと開き直るもよし。 いずれにしても、外を歩く勇気がかなり要ることは間違いなさそうです。 これさえあれば、もう中年太りなんて怖くない!! いつでも来いや、出っ腹! ツイッターの反応 バリエーションまであるw pic.twitter.com/oOUFN5HwLW — G-YA(爺や) (@nocci1970) 2...more
カテゴリー:

凋落する日本の家電メーカー、なぜ「中韓台」企業に食われたのか - 09月19日(火)05:00 

日本の大手電機メーカーの衰退が止まりません。かつて高い技術力を武器に成長した勢いは見る影もありませんが、なぜ日本の大手電機メーカーはここまで落ちぶれてしまったのでしょうか? メルマガ『大村大次郎の本音で役に立つ税金情報』の著者で元国税調査官の大村さんが、台湾の鴻海精密工業によるシャープ買収を例に、電機メーカーの失墜の原因を明らかにしています。 なぜシャープは下請け会社に買収されたのか? 昨今、日本の電機メーカーの苦戦がたびたび報じられています。 つい最近も東芝が、アメリカの原子力事業で大赤字を出し、倒産寸前まで追い込まれました。 昨年は、あのシャープが台湾の企業に買収されてしまいました。 シャープは、2015年度(2015年4月~12月)に1000億円を超える最終赤字を計上し、3000億円を超える偶発債務を抱えていた。そのため、自力での再建を断念し、身売りしたのです。 近年のシャープは、経営が思わしくなく赤字が続いていたが、昔から高い技術力を誇り、かつては日本を代表する輸出企業でした。 高い技術力を持つシャープは、なぜ台湾企業に買収されるまでに至ったのでしょうか? それは一言でいえば「グローバル化の失敗」となります。 シャープは、他の日本の電機メーカーと同様に、1970年代からアジア諸国に工場をつくっていました。 台湾にも、1986年に子会社と工場をつくっています。それが台湾、シン...more
カテゴリー:

日本料理の海外進出……和食は「高級料理」としてまだまだ伸びる - 09月19日(火)04:30 

今NYで、1食20万円もする食事を提供するレストランが登場し、話題を集めているようです。世界中のセレブが集うNYならではの話ですが、NY在住で『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』の著者・りばてぃさんは、この超高級レストラン・ブームは「和食にとってチャンス」と断言。NYにおいて日本料理がいかに伸びしろがあるかをわかりやすく解説しています。 日本食の伸びしろ 先日、まさに、ニューヨークが多様であることの象徴的なお話をブログでご紹介した。 それは、北欧のレストランNomaが、1人2,000ドル(20万円)のお食事を出すポップアップレストランをニューヨークに開いたという話だ。 (ご参考)・NYファッション・ウィーク限定 高級レストラン「NOMA」のお食事、一人なんと2,000ドル(約20万円)!! これは、9月7~13日までニューヨークで開催中のファッション・ウィーク(ニューヨーク・コレクションとも呼ぶ)に合わせて1日限りでオープン。 ノーマ(Noma)は、「世界で最高のレストラン」(the Best Restaurant in the World)で4回も1位を取ったデンマークの高級レストラン。 ニューヨークには、ノーマの創業者の1人が「Agern」と「The Great Northern Food Hall」をグランドセントラル駅内にオープンしていて、ノーマ関係ということで、オープン当...more
カテゴリー:

「話しかけないでオーラ」ビンビンの客にモノを売る神ワザ接客術 - 09月19日(火)19:30 

接客で欠かせないのがお客様との会話ですが、なかには「店員と話したくない」というタイプの方もいらっしゃいます。今回の無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』では、そんな店員泣かせのお客様の攻略法を、著者の坂本りゅういちさんが、自身が感動したという実体験を交えながら、わかりやすく解説しています。 会話を求めないお客様 毎日のように接客をしていると、会話を求めないお客様が来店されることもあります。商品は欲しいんだけれども、無駄な会話は極力したくないと思っているお客様です。 そんなお客様を接客すると、雑談をしようとしてもうまく進みませんし、あまり会話も盛り上がりません。プライベートな情報を聞き出すことも難しくなります。販売員としては、なかなか苦労するお客様かもしれませんが、現実的にそういうお客様はいます。 こういったお客様は、ネットで買い物をするだろうと思われがちですが、意外と実店舗に行って買い物をする方は少なくありません。現に皆さんも、度々接客する機会があるはずです。 そんなお客様に対する応対に関しては、やはりいろんなところで悩みを聞きます。「どうやって会話をすればいいかわからない」、「どうすれば心を開いてくれるかわからない」といった話を聞くことが多々あります。 これに関しては、様々な対処法があるとは思うのですが、個人的には一つの答えがあります。 会話をきっぱり諦めることです。 ...more
カテゴリー:

売り上げを魔法のように作るエラい部署「営業」の大きな問題点 - 09月19日(火)17:00 

「営業職」をイメージできないという方は少ないと思いますが、はたして「マーケティング」がどんな職種なのか説明できるでしょうか。今回の無料メルマガ『サラリーマンで年収1000万円を目指せ。』では著者で自身もサラリーマンから起業した経験を持つ佐藤しょ~おんさんが、営業とマーケティングの違いを明確にした上で、それぞれの長所と「最強の会社の作り方」について詳述しています。 営業とマーケティングの違い 会社の売り上げを作る方法は厳密にいえば二つしかありません。ひとつは営業をするという方法で、もうひとつはマーケティングをするということです。 ところが世の中でこのマーケティングという単語ほど都合良く、広範囲に使われている言葉も無いんです。インフルエンサーと言われている人だって、著名なコンサルだってテキトーに解釈していて、中にはロジスティックの運用だってマーケティングだ、製造現場の生産性を高めることもマーケティングだって言ってたりして、もうホントに支離滅裂です。 ですからここでハッキリさせておきます。  ▼ 営業活動とはこちらから売りに行く全ての活動 をいい、  ▼ マーケティングとはお客さんに買いに来てもらう全ての活動 と定義します。モノだろうがサービスだろうが「売れる」ということは「売りに行くか」、「買いに来てもらうか」のどちらかしかないんです。このウチの後者に関する活動をマーケティングというの...more
カテゴリー:

ラジオ体操第1と第2は何が違う? 知ってるようで知らない豆知識 - 09月19日(火)15:16 

日本人なら誰でも知っているラジオ体操。ではその「第1」と「第2」の対象者やポイントの違いはご存知でしょうか。今回の無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』では著者の須田將昭さんが、そんなラジオ体操に対する豆知識を紹介しています。 ラジオ体操、みんなの体操 準備運動と聞いてすぐに思い浮かぶのはラジオ体操ではないでしょうか。「ラジオ体操」は長い歴史があり、今の体操は3代目だそうです。 ラジオ体操には第1と第2がありますが、第1の方は いつでも どこでも だれでも できるように、一般の人を対象に作られたそうです。運動強度としてもそれほど強いものではありません。それでもきちんと丁寧にやると、身体中の筋肉が無理なく、しっかり動くのを実感します。1日のはじめにやるといい、というのはよくわかります。 第2の方は私も高校生の時、体育の授業の準備運動がこれだったのですが、第1に対して運動強度も強めです。体を鍛え筋力を強化することにポイントが置かれています。 「筋肉や関節を柔軟にするダイナミックな運動が、血行を促進し内臓の動きを活性化させます」と、ラジオ体操Q&A(かんぽ生命サイト)にありました。確かに動きが激しいところもあり、またボディビルダーのようなポーズをとるのもあります。筋力強化でしょうか。 またラジオ体操に加えて、1999年には「みんなの体操」というのが加わりました。その年が国際高齢者年だっ...more
カテゴリー:

3年連続赤字、悩めるクリスピー・クリーム・ドーナツの3つの大改革 - 09月19日(火)04:45 

以前掲載した記事「閉店の嵐。なぜクリスピー・クリーム・ドーナツは日本に負けたのか?」でもお伝えしたとおり苦戦が続くクリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン。かつては大行列を誇りましたが、現在は3年連続の赤字を記録するなど、大不振に喘いでいます。無料メルマガ『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』では著者でMBAホルダーの安部徹也さんが、今年4月に就任した新社長が次々と繰り出している不振脱却アクションを紹介するとともに、同社復活の可能性を探っています。 業績不振に陥ったクリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパンの改革は成功するか? クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパンが正念場に立たされています。 もともとクリスピー・クリーム・ドーナツは、1937年にアメリカで生まれた今年で80周年を迎える老舗のドーナツチェーン。 今では全世界28ヶ国で事業を展開するグローバルファーストフードチェーンにまで成長し、日本には2006年12月に1号店を新宿サザンテラスにオープンして参入を果たしました。 オープン当初はアメリカの人気ドーナツ店が日本に初上陸したということで話題になり、購入まで7時間待ちとなるなど大ブームを巻き起こして人気が過熱。 ところが、ブームは長く続かず、コンビニの仕掛けるドーナツ戦争などもあって、顧客離れが加速して苦戦するようになります。 快進撃を続けていた時期には全国に...more
カテゴリー:

鼻と花が同じ音なのは偶然? 語源をたどって見えた「大和言葉」 - 09月18日(月)19:00 

古代より受け継がれる日本固有のことば、「大和言葉」。現代でも使われている言葉の語源をたどることで「大和言葉」の世界観が見えてきます。今回の無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』では、著者の伊勢雅臣さんが、古代日本人の世界観とはどんなものであったのかを、さまざまな例から分かりやすく解き明かしています。 大和言葉の世界観 目と芽、鼻と花、歯と葉、耳と実(み)、頬と穂(ほ)。顔と植物の各パーツが、まったく同様の音を持つ言葉で呼ばれているのは、偶然だろうか? 万葉学者の中西進氏の説によれば、これらは語源が共通しているからだと言う。漢字にすれば、まったく別の言葉のように見えるが、古代の日本人は、顔のパーツも植物のパーツも、「め」「はな」「は」「み」「ほ」と同じように呼んで、同じようなものと考えていたようだ。 たとえば、鼻は顔の真ん中に突き出ている。同様に「花」も、植物の枝先の先端に咲く。そして岬の端も「はな」と呼ぶ。薩摩半島の「長崎鼻」がその一例である、さらに「かわりばな」「しょっぱな」「寝入りばな」など、物事の最初を表す意味も持つ。 「からだ」とは、幹をあらわす「から」に接尾語の「だ」がついたものである。「から」が植物にも使われた例は、稲の茎の「稻幹(いながら)」、芋の茎の「芋幹(いもがら)」などの言葉に残っている。 古くは手足のことを「枝(えだ)」と呼...more
カテゴリー:

もっと見る

「出典元」の画像

もっと見る

「出典元」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる