「再選挙」とは?

関連ニュース

八板・新西之表市長が初登庁 - 03月22日(水)13:00 

 任期満了に伴う西之表市長選の再選挙で初当選した八板俊輔氏(63)が21日、初登庁した。米軍空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)移転計画について、「馬毛島にはふさわしくないと、国に理解してもらことから始める」と改めて反対する意向を示した。
in English
カテゴリー:

「馬毛島」解決見通せず 西之表新市長、訓練移転反対を明言 - 03月21日(火)06:00 

域内にある無人島・馬毛島への米空母艦載機離着陸訓練移転計画の受け入れ是非を争点に、異例の再選挙となった鹿児島県・種...
in English
カテゴリー:

再選挙の鹿児島 西之表市長選 米軍機訓練反対の八板氏初当選 - 03月20日(月)01:46 

ことし1月の選挙で当選に最低限必要な有効投票数の4分の1を獲得した候補者がいなかったため再選挙となった鹿児島県の西之表市長選挙は、19日に投票が行われました。開票の結果、政府が検討している、在日アメリカ軍の空母艦載機の離着陸訓練を市内にある馬毛島に移転させることに反対する新人の八板俊輔氏が初当選しました。
in English
カテゴリー:

西之表市長に八板氏 FCLP反対 再選挙制す - 03月20日(月)00:37 

 任期満了に伴う西之表市長選挙の再選挙は19日投開票があり、馬毛島への米軍空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)の移転計画受け入れに反対する元新聞記者の八板俊輔氏(63)=無所属新人=が、元市議の浜上幸十氏(66)、小倉伸一氏(64)、榎元一已氏(63)=いずれも無所属新人=の3人を退け、初当選した。FCLPについて、八板氏は改めて「馬毛島に米軍訓練はふさわしくない。地元として活用方法を考える」と述べた。
in English
カテゴリー:

西之表市長選再選挙に4人が立候補届け出 - 03月12日(日)12:19 

 任期満了に伴う西之表市長選挙の再選挙は12日告示され、正午現在、元市議の浜上幸十氏(66)、榎元一已氏(63)、小倉伸一氏(64)、元新聞記者の八板俊輔氏(63)の4人が立候補を届け出た。いずれも無所属新人。
in English
カテゴリー:

西之表市長選再選挙 FCLP移転反対、民意より明確に - 03月21日(火)13:00 

 異例の再選挙となった西之表市長選挙は、最大の争点だった馬毛島への米軍空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)移転に反対する八板俊輔氏(63)が初当選を果たした。一夜明けた20日、市民からは「訓練反対の民意がより明確になった」との声が上がり、再選挙で生じたしこりの解消を願う意見も聞かれた。一方、周辺3町のトップは、できるだけ早期に八板氏の見解を聞き、足並みをそろえてこの問題に対応したいとの考えを示した。
in English
カテゴリー:

西之表市長選 訓練受け入れ反対の新人当選 3/20 1:58更新 - 03月20日(月)01:58 

19日に行われた鹿児島県の西之表市長選挙の再選挙で、馬毛島への米軍の訓練受け入れに反対の立場の元新聞記者・八板俊輔さんが初当選した。1月の選挙に過去最多の6人が立候補したが、いずれも当選に必要な得票数に届かず、今回の再選挙となっていた。
in English
カテゴリー:

西之表市長選再選挙:元新聞記者の八板氏が初当選 鹿児島 - 03月20日(月)00:52 

 全6候補が法定得票に届かず再選挙となった鹿児島県西之表(にしのおもて)市(種子島)の市長選が19日投開票され、市内の無人島・馬毛島(まげしま)への米空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)移転に反対する元新聞記者の八板俊輔(やいた・しゅんすけ)氏(63)が、容認派1人を含む3人を破り初当選した。
in English
カテゴリー:

西之表市長に八板氏[速報] - 03月19日(日)22:39 

 任期満了に伴う西之表市長選挙の再選挙は19日投開票があり、馬毛島への米軍空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)の移転受け入れに反対する元新聞記者の八板俊輔氏(63)=無所属新人=が初当選した。
in English
カテゴリー:

「再選挙」の画像

もっと見る

「再選挙」の動画

Wikipedia

再選挙(さいせんきょ)は、当選者がいない、または得票数が足りない場合であって繰り上げ当選等の方法で補充できないために、再度選挙を行うこと。

再選挙の発生原因 総説

日本の選挙では、繰上補充で候補者が補充することができずに、法定得票に達する候補者がなく、または不足した場合、立候補者が定員に満たない場合等の事由により当選人がなく、あるいは当選人の数が定員に満たない場合、当選人が死亡した場合、当選人が当選を定められた後当選を失った場合比例代表選挙で当選人が当選が定められた後に所属政党等を他の届出政党等に異動して失格したり、その他就職禁止の職に就任して所定の期日までその職を辞さなかったり、地方公共団体において請負等の関係にあって所定の期日までその関係を解消しない場合、選挙無効や当選無効の判決、裁決、決定が確定する結果当選人がいなくなったり定員に満たなくなった場合、総括責任者等の選挙違反でいわゆる連座制により当選が無効となった場合、当選人が選挙違反をして当選人の当選が無効となった場合に行う。

ただし、衆議院比例代表選出議員、参議院比例代表選出議員、地方議会の議員の場合にあっては、選挙無効の判決、裁決、決定が確定した場合を除いて、このことによって欠ける定員が補欠選挙の事由が発生する事由と同じ定員...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる