「冊子」とは?

関連ニュース

健康経営推進へ手引き示す 東商 - 08月23日(水)05:00 

 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、中小企業における健康経営を推進するため、中小企業の取組み例や各地のインセンティブ制度(融資の金利優遇)などを掲載した冊子「健康経営ハンドブック2017」を作成した。 冊子では、中小企業での取組み項目について、「経営理念・組織体制」、「労働環境の整備とワークエンゲイジメント」、「健康づくりの具体的対策」などの4類型に分けて紹介。労働環境の整備面として、健康診断受診……[続きを読む]
カテゴリー:

国立市、旧JR国立駅舎の思い出募集 市政施行50年で記念冊子作成 - 08月22日(火)07:24 

国立市は、市政施行50年の記念事業として、旧JR国立駅舎にまつわる思い出の作文やイラストを市民に限らず広く募集し、選ばれた作品を冊子にする。
カテゴリー:

工藤阿須加&川島海荷、初共演でカップル役 - 08月21日(月)13:19 

西田敏行が主演を務める、浅田次郎ドラマスペシャル『琥珀』(テレビ東京系列、9月15日21:00~)に、鈴木京香、工藤阿須加、川島海荷が出演することがわかった。本作は、歴史小説から現代小説まで幅広く執筆し、多くの読者を魅了し続けている直木賞作家・浅田次郎の同名小説が原作。“蜃気楼”で有名な北陸・魚津を舞台に、不器用な大人たちが織りなす、サスペンスフルな展開が時に切なく、心に迫るヒューマンドラマとなっている。米田勝己(西田)は、存在感の極めて薄い巡査部長。定年を目前に控えているが、年下の上司に「退職日まで来ても来なくてもいい」と言われてしまうほど。そんな時、小冊子に掲載された富山県魚津にある「琥珀」という喫茶店の記事を見た米田は、25年前の未解決事件「吉祥寺・放火殺人事件」の資料を持ってそこへ向かう。「琥珀」のマスターは、どこか哀しげな目をした荒井敏男(寺尾聰)。さらに港の漁協で働く人妻で、唯一の常連客・平井幸子が加わり、3人でひとときを過ごすことに。そんな3人には、“ある事情”があった。それぞれが抱える闇を感じながら、3人は徐々に交流を深めていく。その米田と荒井を繋ぐキーパーソンとなる平井幸子を演じるのが、鈴木京香。役柄について「強がりで健気で、不幸な女性」と説明した鈴木は、「難しい役で心情を理解するまで時間がかかりましたが、西田さんと寺尾さんの自然なやり取りを間近で見て、学ぶことが...more
カテゴリー:

インドネシア国旗が上下逆に マレーシアの東南ア大会 - 08月20日(日)16:15 

 マレーシアで19日開幕したスポーツの地域総合大会、東南アジア大会の開会式典で、大会組織委員会が参加者に配布した大会紹介冊子にインドネシアの国旗が上下逆に印刷されていたことが発覚した。同国政府が直ちに抗議、マレーシア側が平謝りする事態となった。
カテゴリー:

研究者「パスワードは90日ごとに変更しろ!」 → 世界で定着 → 研究者「ごめん、意味なかった」 - 08月20日(日)09:16  news

パスワード「90日ごとに変更」は間違い? ルール提唱者が「後悔」 「パスワードには、大文字や小文字、数字、記号を盛り込み、定期的に変更する」――こうしたルールは 間違いかもしれない。ルールを提唱した、米国立標準技術研究所(NIST)の元研究者ビル・バー氏は 「結果的に間違いだった」と後悔しているという。米Wall Street Journalが8月7日に報じた。 バー氏が作成し、2003年に公表された「NISTスペシャルパブリケーション800-63 別表A」という冊子は、 セキュリティの世界に多大な影響を与えた。「大文字、小文字、数字...
»続きを読む
カテゴリー:

親と子の私立・都立中学高校受験相談会、都内3会場で10月 - 08月22日(火)11:15 

 東京私塾共同組合は、「親と子の私立・都立中学高校受験相談会」を10月1日に渋谷会場、10月8日に錦糸町会場、10月15日に立川会場で開催する。私立中学・高校のほか、都立中学・中等教育学校、公立高校も参加する。入場無料で予約不要。 13回目を迎える「親と子の私立・都立中学高校受験相談会」は、私立と都立の合同受験相談会。入場者数も年々増えており、2016年は渋谷会場に141校、錦糸町会場に121校、立川会場に83校の学校が参加し、3会場合わせて8,000人以上が来場したという。 会場では各校の先生に直接相談ができるほか、地方の寮を完備した私立・県立中高を紹介するコーナーや、受験や学習相談ができるコーナー、「学校別過去問題集」を販売するコーナー、通信制高校の特別相談コーナーなどが設けられる。 2016年に好評だったというミニセミナーを、2017年は全会場で実施。プロの塾長や学校の先生が高校受験や中学受験、公立中高一貫校受検などについて紹介する。ミニセミナーの詳細は、Webサイトに公開される。また、東京都私塾共同組合とTJK入試情報センターが主催する模試の申込みも受け付けている。 来場者には「相談会の活用法」冊子や「TJK合格ノート」「2017年高校受験資料」「私立中学校高等学校受験年鑑」を進呈する。さらに、スタンプラリーやアンケートでも景品が用意されている。◆第13回親と子の私立・都立...more
カテゴリー:

工藤阿須加&川島海荷、初共演でカップル役 - 08月21日(月)15:00 

西田敏行が主演を務める、浅田次郎ドラマスペシャル『琥珀』(テレビ東京系列、9月15日21:00~)に、鈴木京香、工藤阿須加、川島海荷が出演することがわかった。本作は、歴史小説から現代小説まで幅広く執筆し、多くの読者を魅了し続けている直木賞作家・浅田次郎の同名小説が原作。“蜃気楼”で有名な北陸・魚津を舞台に、不器用な大人たちが織りなす、サスペンスフルな展開が時に切なく、心に迫るヒューマンドラマとなっている。米田勝己(西田)は、存在感の極めて薄い巡査部長。定年を目前に控えているが、年下の上司に「退職日まで来ても来なくてもいい」と言われてしまうほど。そんな時、小冊子に掲載された富山県魚津にある「琥珀」という喫茶店の記事を見た米田は、25年前の未解決事件「吉祥寺・放火殺人事件」の資料を持ってそこへ向かう。「琥珀」のマスターは、どこか哀しげな目をした荒井敏男(寺尾聰)。さらに港の漁協で働く人妻で、唯一の常連客・平井幸子が加わり、3人でひとときを過ごすことに。そんな3人には、“ある事情”があった。それぞれが抱える闇を感じながら、3人は徐々に交流を深めていく。その米田と荒井を繋ぐキーパーソンとなる平井幸子を演じるのが、鈴木京香。役柄について「強がりで健気で、不幸な女性」と説明した鈴木は、「難しい役で心情を理解するまで時間がかかりましたが、西田さんと寺尾さんの自然なやり取りを間近で見て、学ぶことが...more
カテゴリー:

周年を祝う記念誌を制作するための知識満載のガイドブック「記念誌がよく分かる本~ご担当者様に役立つ10のアイデア~」を無料進呈! - 08月21日(月)12:00 

記念誌を制作することになったものの、一体何から手をつければよいか分からない―。そんな方にも役立つ、記念誌制作における10の基本ノウハウをまとめた冊子を新たにリリースしました。希望者には無料で配布しておりますのでお気軽にお申込ください。
カテゴリー:

一枚ずつ服を脱いでいく…坂上忍が女性ファンから受けた恐怖体験とは? - 08月20日(日)11:00 

8月19日放送の新番組「おしゃべりオジサンと怒れる女」(テレビ東京系)で、坂上忍が女性ファンとの間に起きた恐怖体験について明かした。 【写真を見る】恐怖と嫌悪しか感じなかったという、女性ファンからもらった「どんどん裸になっていく」写真について語った坂上忍 この日のゲストは、かわい過ぎる女子プロレスラーとしてグラビア誌にも取り上げられる木村花選手。木村は古舘伊知郎、坂上、千原ジュニアに対して「プロレスをエロ目線で見てくるヤツ」に怒りを覚えると打ち明けた。試合中の木村の股間ばかりを写真に収めてSNSなどにアップするファンがいるのだとか。 そこから話題は「変わったファンの行動」へと広がっていき、「若い時ですよ」と前置きした坂上が、ある女性ファンからもらった写真について話し始める。その写真はアルバムのような冊子になっていて、最初のページは普通に「キレイな服を着た」女性ファン本人の写真だったという。 ところがページをめくっていくと彼女が「どんどん裸になっていく」という内容で、坂上は「この人何考えてんの」と嫌悪感たっぷりの表情で当時の気持ちを振り返る。 このエピソードを聞いていたジュニアが「(その子の外見は)どうなんすか?」と質問。坂上はここでも吐き捨てるように「はっきり言えばブスだよ!」とバッサリ。外見は抜きにしても、会ったこともない女性ファンから裸の写真を見せられたという体験は、坂上にとっ...more
カテゴリー:

車田正美の“超自伝”「藍の時代」登場の作品収録した副読本がREDに - 08月19日(土)14:47 

本日8月19日に発売された月刊チャンピオンRED10月号(秋田書店)には、車田正美「藍の時代 一期一会」を特集した冊子「藍の時代 BEGIN」が付属している。
カテゴリー:

もっと見る

「冊子」の画像

もっと見る

「冊子」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 小冊子...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる