「円部北側」とは?

関連ニュース

【奈良】「大和王家と関わり深い」 ヒエ塚古墳後円部、直径70メートル…邪馬台国の女王「卑弥呼の墓」説ある箸墓古墳と同時代の築造 - 02月18日(土)01:22 

後円部北側で出土した葺石。下部の大きな石が基底石で、さらに下に周濠が見つかった(天理市で) 新たに確認された墳丘の裾を示す基底石と周濠=奈良県天理市萱生町のヒエ塚古墳で、矢追健介撮影  天理市萱生(かよう)町の前方後円墳「ヒエ塚古墳」の後円部が、想定より10メートル大きい直径70メートル規模であることが分かり16日、 同市教委が発表した。古墳の全体像の解明につながる成果という。  ヒエ塚古墳は、邪馬台国(やまたいこく)の女王、卑弥呼(ひみこ)の墓との説もある箸墓(はしはか)古墳(桜井市、...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「円部北側」の画像

もっと見る

「円部北側」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる