「円相場」とは?

関連ニュース

外為・株式:NY=17時 1ドル=107円59~69銭 - 04月21日(土)09:13 

 20日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、午後5時現在、1ドル=107円59~69銭で、前日の午後5時に比べ28銭の円安・ドル高になった。  ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は前日の終値に比べ201ドル95セント安の2万4462ドル94セントで取引を終えた。
カテゴリー:

NY外為:円安、107円後半 米金利上昇で - 04月21日(土)07:36 

 20日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、1ドル=107円後半で取引された。米長期金利の上昇を受け、金利の高いドルを買って円を売る動きが優勢となった。  午後5時現在は前日比28銭円安・ドル高の1ドル=107円59~69銭。ユーロは1ユーロ=1.2285~95ドル、132円24~34銭だった。(
カテゴリー:

外為:東京=10時 1ドル=107円45~49銭 - 04月20日(金)10:14 

 20日の東京外国為替市場の円相場は、午前10時現在、1ドル=107円45~49銭で、前日の午後5時時点と比べ17銭の円安・ドル高になった。
カテゴリー:

NY円、107円前半 米金利上昇で円売り - 04月20日(金)09:01 

 19日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、1ドル=107円前半で取引された。米長期金利の上昇を受け、ドルを買って円を売る動きがやや優勢となった。
カテゴリー:

NY外為:107円前半 米金利上昇で円売り - 04月20日(金)07:57 

 19日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、1ドル=107円前半で取引された。米長期金利の上昇を受け、ドルを買って円を売る動きがやや優勢となった。  午後5時現在は前日比12銭円安・ドル高の1ドル=107円31~41銭。ユーロは1ユーロ=1.2339~49ドル、132円50~60銭だった。(共同)
カテゴリー:

NY円2カ月ぶり円安水準、一時107円86銭 - 04月21日(土)08:13 

 20日のニューヨーク外国為替市場の円相場は一時、1ドル=107円86銭と2月21日以来、約2カ月ぶりの円安ドル高水準をつけた。米長期金利の上昇を受けて日米の金利差拡大が意識され、ドルを買って円を売る動きが優勢となった。
カテゴリー:

外為:東京=17時 1ドル=107円55~56銭 - 04月20日(金)17:53 

 20日の東京外国為替市場の円相場は、午後5時現在、1ドル=107円55~56銭で、前日の午後5時時点と比べ27銭の円安・ドル高になった。
カテゴリー:

外為・株式:NY=17時 1ドル=107円31~41銭 - 04月20日(金)09:30 

 19日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、午後5時現在、1ドル=107円31~41銭で、前日の午後5時に比べ12銭の円安・ドル高になった。  ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は前日の終値に比べ83ドル18セント安の2万4664ドル89セントで取引を終えた。
カテゴリー:

今日の為替市場ポイント:米長期金利上昇を意識してドルは下げ渋る可能性 - 04月20日(金)08:50 

19日のドル・円相場は、東京市場では107円18銭から107円52銭まで上昇。
カテゴリー:

外為:東京=17時 1ドル=107円28~30銭 - 04月19日(木)17:57 

 19日の東京外国為替市場の円相場は、午後5時現在、1ドル=107円28~30銭で、前日の午後5時時点と比べ02銭の円高・ドル安になった。
カテゴリー:

もっと見る

「円相場」の画像

もっと見る

「円相場」の動画

Wikipedia

円相場(えんそうば)は円に対する外貨の相対的価値(為替レート)のこと。通常は外貨1単位に相当する円貨額で表示する(通貨や市場によっては別の慣行もある)。

特に、米ドルやユーロとの比較によって示され、その中でも、米ドルに対する円の相対価値を示すことがある貿易取引通貨別比率(平成23年上半期) 平成23年7月21日 財務省。

概説

国際市場において、日本通貨である円の相対的価値が過去のレートや政治の目的など、何らかの意味で基準とみなされる水準よりも高い状態を「円高」、逆に、低い水準であるとき「円安」という。分かりやすくいえば、今まで1ドル80円だったが、1ドル75円になった場合には円高になっている。つまり、より少額の「円」で1ドルと交換できるようになる訳である(同じ円貨額でより多くのドルを買えるようになったと考えると、通貨価値が上がったということが理解されやすい。後述のとおり「1ドル100円」ではなく「100円1ドル」とする表記法もあり、こちらはより直感的に理解しやすい)。

現代の主な為替政策

為替レートのうち、国際的な金融取引や貿易の決済に利用されることが多いアメリカドル(米ドル)との為替レートは最も重要視されている。2007年には1米ドルは95-125円の比率で交換されていた。日本の為替レートの変遷は円を参照のこと。

円相場の影響

円高のメリットとして、輸入品が安くなる(原材料も含...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる