「内部留保」とは?

関連ニュース

お知らせ=午前11時11分配信の内部留保に関する記事を削除します - 02月20日(火)11:51 

[東京 20日 ロイター] - 午前11時11分に配信した「ロイター企業調査:内部留保は設備投資やM&Aに、賃上げは少数派」の記事は、11月調査を誤って配信したため、記事を削除します。
カテゴリー:

王者・川崎に「アジアの頂点に立ってもらいたいね」と宮澤ミシェルが期待する理由 - 02月19日(月)11:00 

サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第34回。 現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど、日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したこと、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点でサッカーシーンを語る――。 今回のテーマは、昨シーズン初めてリーグ制覇し、今シーズンは連覇を狙う川崎フロンターレ。攻撃陣に豊富なタレントをそろえるチームは、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)など、リーグ戦以外のタイトル獲得も目指して補強を敢行。今季も優勝争いの先頭を走ると目されているが…。 ****** 今シーズンのJ1リーグは川崎フロンターレが中心になって展開していくだろう。天皇杯王者とJ1リーグ優勝チームが激突するゼロックス・スーパーカップでセレッソ大阪に3対2で敗れ、ACLのグループリーグ初戦も落としたとはいえ、その力はやはり国内トップクラスだ。 シルバーコレクターと言われていた川崎が、去年ようやく攻撃的なパスサッカーで得点を奪って勝ち切りJ1で優勝した。そこで掴んだ自信は大きいはず。今年、それをどう継続しパワーアップするかが連覇のカギになるだろう。 ...more
カテゴリー:

【みなさまのNHK】NHK、チャンネル数減も 多額剰余金・業務肥大化…強まる批判 - 02月19日(月)09:45  newsplus

受信料の値下げ見送りや業務肥大化への懸念をめぐり、NHKへの風当たりが強まっている。立法と行政からは「業務・受信料・ガバナンス」の“三位一体改革”を求められる中、不祥事も相次ぐ。その状況下、肥大化への批判と前後し、NHKの会長や経営委員長がチャンネル数減を示唆し始めた。識者は事業規模・範囲の適正さについて国会などでの議論開始を訴えている。   (大塚創造) 最高裁判決後のNHKの不祥事  NHKは1月、平成30~32年度の経営計画を発表。今月9日には30年度予算案が閣議決定されたが、30年度末で...
»続きを読む
カテゴリー:

「欧州で試合に出られない日本人選手は見習うべき」セルジオ越後が長友、原口の移籍を評価した理由とは… - 02月15日(木)11:00 

さすがW杯イヤーだね。欧州主要リーグの冬の移籍市場が幕を閉じた。例年同様に多くのビッグディールが成立して盛り上がりを見せたけど、今季は日本人選手にも大きな動きがあった。 長友と原口、日本代表の主力クラスのふたりが、出場機会を求めて格の落ちるクラブへの移籍を選択した。 いつも言っているけど、プロは試合に出てなんぼ。看板(クラブの名前)にしがみついて、試合に出られないのではなんの意味もない。まして今年は6月にロシアW杯が控えている。23人の代表メンバーに生き残れるかどうかを考えれば、彼らの選択は当然。いい判断をしたと思う。 インテルに7年も在籍した長友は、クラブへの強い思い入れもあっただろうし、W杯イヤーじゃなかったら残留する道を選んでいたかもしれない。実際、昨年末以降はカップ戦にしか出られない状況が続いていたけど、“ある程度は計算の立つ選手”といった感じで、リーグ戦でもベンチに入り続けていた。決して戦力外という感じではなく、我慢を続けていればひょっとしてポジションを奪い返せたかもしれない。また、そもそも日本代表の左サイドバックは層が厚くない。インテルで出場機会が少ないままでも、ケガさえしなければW杯メンバーに入る可能性は高かったと思う。 それでも自ら移籍を志願したのだから、長友の危...more
カテゴリー:

【サッカー】ゼロックス杯で感じた寂しさ…Jクラブは賞金を内部留保しないで夢のある補強を! - 02月13日(火)21:47  mnewsplus

前年のリーグチャンピオンとカップ(天皇杯)チャンピオンによるJリーグの新シーズン最初の公式戦「スーパーカップ(FUJI XEROX SUPER CUP 2018)」が、2月10日に埼玉スタジアムで行なわれた。 今回は、川崎フロンターレ(リーグ戦チャンピオン)とセレッソ大阪(天皇杯チャンピオン)が対戦し、3対2でセレッソが勝利。 昨季まで9年連続でリーグ戦チャンピオンが勝利しているというデータを見事に覆(くつがえ)し、クラブ初となるスーパーカップのタイトルを手にすることとなった。 Jリーグが産声を...
»続きを読む
カテゴリー:

【みなさまのNHK】NHK、チャンネル数減も 多額剰余金・業務肥大化…強まる批判★2 - 02月19日(月)18:12  newsplus

受信料の値下げ見送りや業務肥大化への懸念をめぐり、NHKへの風当たりが強まっている。立法と行政からは「業務・受信料・ガバナンス」の“三位一体改革”を求められる中、不祥事も相次ぐ。その状況下、肥大化への批判と前後し、NHKの会長や経営委員長がチャンネル数減を示唆し始めた。識者は事業規模・範囲の適正さについて国会などでの議論開始を訴えている。   (大塚創造) 最高裁判決後のNHKの不祥事  NHKは1月、平成30~32年度の経営計画を発表。今月9日には30年度予算案が閣議決定されたが、30年度末で...
»続きを読む
カテゴリー:

企業の賃上げ56.4% 過去最高も「大企業だけ......」と冷めた声 - 02月19日(月)10:20 

帝国データバンクの「2018年度の賃金動向に関する企業の意識調査」によると、正社員の賃金改善が「ある」と見込む企業は56.5%(前年度は51.2%)にのぼり、過去最高を更新した。2月16日の発表。「ない」と答えた企業は18.4%にとどまった。賃上げを見込んでいる企業の割合が高い業種は、製造、運輸・倉庫、建設などで、背景には業績改善や人手不足がある。2018年度の従業員の給与や賞与は、総額で約3.7兆円(平均2.65%)増加すると試算している。 業績改善と人手不足が背景 賃金改善の具体的内容は、ベースアップが45.4%で、2017年度と比べて5.1ポイント増えた。賞与(一時金)は31.8%で、3.0ポイント増となり、ベア、賞与とも過去最高を更新した。 賃金改善の理由は、「労働力の定着・確保」が79.7%と4年連続で増加。人材の定着、確保のために賃上げを実施する傾向は一段と強まっている。また、「自社の業績拡大」が47.0%と、5年ぶりに増えた。 改善しない理由は、「自社の業績低迷」が55.6%を占めた。「人的投資の増強」は20.2%と横ばいで推移した一方、「内部留保の増強」が17.9%となり、3年連続で増えた。 とはいえ、インターネットのホームページ掲示板などには、 「連合の存在価値ってあるの? ねえ、あるの?」 「5年間で最低賃金たったの100円だもんなあ」 「まあ大企業だけだよな...more
カテゴリー:

【テレビ】NHK、チャンネル数減も 多額剰余金・業務肥大化…強まる批判 - 02月19日(月)06:18  mnewsplus

 受信料の値下げ見送りや業務肥大化への懸念をめぐり、NHKへの風当たりが強まっている。立法と行政からは「業務・受信料・ガバナンス」の“三位一体改革”を求められる中、不祥事も相次ぐ。その状況下、肥大化への批判と前後し、NHKの会長や経営委員長がチャンネル数減を示唆し始めた。識者は事業規模・範囲の適正さについて国会などでの議論開始を訴えている。   (大塚創造)  NHKは1月、平成30~32年度の経営計画を発表。今月9日には30年度予算案が閣議決定されたが、30年度末で利益剰余金(内部留保)が76...
»続きを読む
カテゴリー:

『サラリーマン川柳』優秀100選が決定 生産性向上働き方改革意識する句が多数【全句掲載】 - 02月15日(木)10:00 

 第一生命保険は15日、世の会社員たちの悲哀を謳った恒例『第31回 サラリーマン川柳コンクール』の優秀100作品を発表した。 【一覧表】昨年のサラリーマン川柳TOP10 旬のワードも  全応募4万7559句の中から選ばれた優秀100句には“生産性向上”を意識した句が多数入選。2017年11月に発足した第4次安倍内閣では、「生産性革命」の鍵となる施策として「IoT・ビッグデータ・人工知能による産業構造・就業構造変革の検討」を掲げており、内閣府の企業意識調査によると、IoT、ビッグデータ、AIなどの新規技術のうち、いずれか一つでも導入している企業・今後導入を検討している企業は、2017年2月時点で全企業のうち6割にも上る。  その影響を受けてか、今年は“AI”や“IoT”など、テクノロジーの進化を詠んだ句が昨年の2倍以上入選。「AIの登場で引退が早まるかも…」という不安が見られる一方、「家庭や職場でAIを上手く活用したい!」と期待する句も詠まれた。  また、今年は“プレフラ(プレミアムフライデー)”“テレワーク(在宅勤務)”などの働き方改革に関する句も多数入選。働き方改革により職場の生産性向上を目指すはずが「テレワークすると家で邪魔者扱いされる」などサラリーマンの苦労は絶えないようだ。  今年のサラリーマン川柳コンクールベスト10を決める投票は、きょう15日からスタート(3月...more
カテゴリー:

ゼロックス杯で感じた寂しさ…Jクラブは賞金を内部留保しないで夢のある補強を! - 02月13日(火)06:00 

前年のリーグチャンピオンとカップ(天皇杯)チャンピオンによるJリーグの新シーズン最初の公式戦「スーパーカップ(FUJI XEROX SUPER CUP 2018)」が、2月10日に埼玉スタジアムで行なわれた。 今回は、川崎フロンターレ(リーグ戦チャンピオン)とセレッソ大阪(天皇杯チャンピオン)が対戦し、3対2でセレッソが勝利。昨季まで9年連続でリーグ戦チャンピオンが勝利しているというデータを見事に覆(くつがえ)し、クラブ初となるスーパーカップのタイトルを手にすることとなった。 Jリーグが産声を上げた翌年(1994年)にスタートしたこの大会は、今回で25回目を数える由緒正しきタイトルマッチだ。これまではリーグ戦の開幕1週間前に行なわれるのが慣例だったが、2月24日にシーズンが開幕する今年は13日から始まるアジアチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ開幕戦前の開催という異例のスケジュールで行なわれた。 とはいえ、ファンにとっては新シーズンの幕開けを告げる“風物詩”的な大会であることに変わりはない。とりわけ、両チームのサポーターにとってはオフシーズンの間に加わった新戦力の存在が最大の関心事となる。 彼ら新加入選手たちが額面通りの活躍を見せてくれそうなのか? それによってチーム...more
カテゴリー:

もっと見る

「内部留保」の画像

もっと見る

「内部留保」の動画

Wikipedia

内部留保(ないぶりゅうほ、)とは、企業が経済活動を通して獲得した利益のうち、企業内部へ保留され蓄積された部分のことである。社内留保社内分配とも呼ばれることもある。過去から累積した利益の留保額全体を指す場合と、単年度ごとに生じる利益の留保額を指す場合とがあるが、本項では特に断りがない限り、前者として扱う。

概念

基本的には企業の利益金額から役員賞与、配当、役員賞与金、租税などの社外流出分を除いた部分を社内に保留することである。しかし内部留保の概念には広狭があり、具体的にどの勘定科目を内部留保の計算に用いるかをめぐって、会計学や経営分析の研究者間でも見解に相違がみられる。 狭義

利益剰余金とは、純利益から配当金や役員賞与金などの社外流出分を差し引いた金額である。必ず内部留保に含められ、貸借対照表では貸方の「資本の部」(日本では「純資産の部」)に勘定科目として表示される。

財務省・財務総合研究所の「法人企業統計調査」は、利益剰余金を内部留保として捉えている。後述するほかの科目も内部留保に加算できると考える立場から、これを「公表内部留保」と呼ぶ研究者もいる田村八十一 「トヨタ、ホンダ、日産の「内部留保」を解剖する」経済168号(2009年9月号)、新日本出版社。。

;利益剰余金の構成

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる