「内藤剛志」とは?

関連ニュース

「小さな巨人」は警察版「半沢直樹」であり、長谷川博己と安田顕のバディ刑事ものじゃないか。今夜2話 - 04月23日(日)10:00 

大ヒットドラマ『半沢直樹』のスタッフが結集して作られた新ドラマ・日曜劇場『小さな巨人』。初回の視聴率は13.7%となかなかの滑り出し。視聴者の反応もおおむね好評だったようだ。「この警視庁捜査第一課長、小野田義信の目を見て答えろ!」オープニングで長谷川博己の目のクローズアップから徐々に引いていくショットがあったが、これは『半沢直樹』のオープニングとまったく一緒。期待していた視聴者へのサービス的な意味もあるのだろう。『半沢直樹』が銀行という巨大組織の中で、上司たちの裏切りに遭いながら主人公・半沢直樹がバンカーとして自分の正義を貫く話(復讐成分多め)だとすると、『小さな巨人』は銀行よりも巨大な警察という組織の中で、長谷川演じる主人公・香坂真一郎が自分の正義を再発見してそれを貫く話、ということになる。警視庁4万人の現場警察官の最高峰・捜査一課長を目指していた香坂だが、取り調べのトラブルによって所轄に左遷されてしまう。所轄で待っていたのは出世とは無縁の泥臭い刑事・渡部(安田顕)と無気力な刑事たちだ。そんな折、ゴーンバンク(ソフトバンクっぽいネーミング)社長・中田(桂文枝)の誘拐事件が発生する。所轄の刑事たちのリーダーになった香坂は、渡部と協力して事件の解決に挑むが……というお話だった。今後、ストーリーは警察という組織内部の暗闘と、外部で発生する事件の解決を並行して描いていくことになるだろう。...more
in English
カテゴリー:

「緊急取調室」取調官を演じる天海祐希の射撃シーンを公開!! - 04月20日(木)05:00 

4月20日(木)にいよいよスタートする天海祐希主演ドラマ「緊急取調室」(毎週木曜夜9:00‐9:54※初回は夜9:00‐10:09、テレビ朝日系)。第1話冒頭の射撃シーンが公開された。 【写真を見る】密室の取調室で被疑者を取り調べる取調官・有希子(天海)が銃を構えた理由とは!?/(C)テレビ朝日 今作が連続ドラマ第2シーズンとなる同作品は、警視庁の取り調べ専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に所属する取調官・真壁有希子(天海)が可視化設備の整った特別取調室で手強い被疑者たちと対峙(たいじ)。新シーズンでもキントリ・メンバーと鮮やかに連携して、被疑者の口から真相を聞き出すべく、迫っていく。 “キントリ”といえば、最大の見どころは取調室で展開される鬼気迫るせりふ劇。有希子をはじめとする取調官たちと被疑者が、言葉という鋭い弾丸を放ちながら、攻防を繰り広げるさまは、まさに“密室の銃撃戦”。取調官の正義や被疑者のエゴなど、さまざまな理性や感情がぶつかり合う中で、浮き彫りになっていく“深い人間ドラマ”からも目が離せない。 20日に放送される第1話では、言葉を武器に戦う取調官であるはずの有希子が、登場するや本物の拳銃を構える射撃シーンが登場。一体なぜ、こんな事態になったのか――その謎の答えと、見る者の心を一発で射抜く天海のカッコいい射撃姿を、放送でチェック! 【第1話(4月20日放...more
in English
カテゴリー:

【芸能】「なぜ、ぺこを出すんだ!」硬派ドラマのキャスティングに視聴者激怒 - 04月18日(火)12:23 

内藤剛志主演ドラマ「警視庁・捜査一課長 -season2-」が4月13日スタートし、平均視聴率14.5%の好発進となった。 同ドラマは、ヒラ刑事からはい上がった“たたき上げ”の主人公・大岩純一が精鋭刑事を率いて難事件に立ち向かう姿を描く。 主な出演者は、内藤をはじめ田中圭、床嶋佳子、本田博太郎、矢野浩二、鈴木裕樹、金田明夫、斉藤由貴ら、いぶし銀の芸達者たちが脇を固める。 だが、この初回放送になぜかタレントのぺこがゲスト出演。これに驚いた視聴者たちから「楽しみにしてるんだから余計なキャストをブッ込まないでくれ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

内藤剛志捜査一課長瞬間最高16.4%の好発進! ぺこら異色ゲストも - 04月14日(金)14:34 

4月13日にスタートした内藤剛志主演の木曜ミステリー「警視庁・捜査一課長 season2」(テレビ朝日系)が、初回平均視聴率14.5%を記録。瞬間最高視聴率は犯人を突き止める終盤の2シーンで16.4%だった。(数字はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区) 【写真を見る】初回は“新妻”ぺこがまさかの姿で登場!/(C)テレビ朝日 13日放送の第1話は、警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤)が、窮地に立たされている場面からスタート。10年前に大岩が殺人容疑で逮捕し、実刑判決を受けて服役していた中谷静江(渡辺えり)が出所後に突然、再審を請求し冤罪を主張したというショッキングな事態に、マスコミが飛びつく。 大岩は静江が犯人であることに揺るぎない自信を持っていたが、マスコミは冤罪(えんざい)事件を引き起こした張本人だと決めつけ、大岩を責め立てていた。 そんな中、日本橋で殺人事件が発生。大岩は、新たに“一課長付運転担当刑事”として捜査一課に配属された刑部公平(田中圭)の操る公用車に乗って現場へ。 被害者の東田加代(安藤裕美)は、“女性初の総理候補”との呼び声も高い国会議員・松宮玲子(国生さゆり)の私設秘書で、すぐに庶務担当管理官・小山田大介(金田明夫)、現場資料班主任・平井真琴(斉藤由貴)らが捜査を始める。 現場から所持品は消えていたが、防犯カメラ映像により、加代は殺される直前までバッグとデパートの...more
in English
カテゴリー:

内藤剛志テレ朝「捜査一課長」14・5%国生ら出演 - 04月14日(金)10:31 

 俳優内藤剛志(61)主演のテレビ朝日系連続ドラマ「警視庁・捜査一課長 シーズン2」(木曜午後8時)の13日の初回2時間スペシャルの視聴率が14日、14・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と発表された。瞬間最高視聴率は事件の真相が明ら…
in English
カテゴリー:

内藤剛志の捜査一課長が上々視聴率!制作姿勢に敬服 - 04月21日(金)12:50 

 俳優内藤剛志(61)主演のテレビ朝日系連続ドラマ「警視庁・捜査一課長 シーズン2」(木曜午後8時)が、2時間スペシャルとなった13日の初回放送で、14・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と上々の視聴率を記録した。テレビ離れが進み、2…
in English
カテゴリー:

【捜査一課長】2つのドラマに出演中の田中圭「せりふの量と睡眠の量が心配ですね(笑)」 - 04月19日(水)06:30 

第1話で平均視聴率14.5%、瞬間最高視聴率16.4%を記録した内藤剛志が主演を務めるドラマ「警視庁・捜査一課長 season2」(テレビ朝日系)。(数字はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区) 【写真を見る】第2話では、アリバイを主張するタクシー運転手の由美子(森口瑤子)から大岩(内藤)が話を聞くことに/(C)テレビ朝日 今シーズンから新たに捜査一課長・大岩(内藤)の運転を担当する若手刑事・刑部公平役として、田中圭が参加。そんな田中に内藤との共演についてや、役柄などについて話を聞いた。 ――シーズン2からの出演すると聞いたときはいかがでしたか? (出演が決まり)とてもびっくりしましたね。でも、内藤さんを筆頭にお芝居をしていて居心地のいい先輩方が多いので、「楽しそう!」という気持ちが大きかったですね。 ――大岩の運転担当ということで、2人きりのシーンが多いですね。 ここの二人の関係性を一番大事にしたいと思っています。台本を読んだり、頭の中で役をこう演じたいと考えていくだけだと、結構限界があるんですね。実際に思った通りにいかないこともたくさんあります。現場で、皆さんと一緒にお芝居をしてみて、こういう奴なんだって気付くことも多いので、そこでつかんだ刑部の人間性や魅力を出していければと思っています。 ――若手刑事という役柄についてはいかがですか? 唯一不安だったのは、刑事ものの作品をやら...more
in English
カテゴリー:

【テレビ】春ドラマ初回視聴率:速報トップは「警視庁・捜査一課長」 刑事ものが上位占める - 04月15日(土)14:18 

 4月7~13日にスタートしたゴールデン・プライムタイムの民放連続ドラマの初回視聴率(以下、関東地区、ビデオリサーチ調べ)で、14.5%を記録した内藤剛志さん主演の刑事ドラマ「警視庁・捜査一課長」(テレビ朝日系、木曜午後8時)が首位を獲得した。  2位には小栗旬さん主演の「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)が13.9%で入った。3位には故・渡瀬恒彦さんらが出演している「警視庁捜査一課9係」(テレビ朝日系、水曜午後9時)が11.5%と続き、刑事ものが上位を占める結果となった。  ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【ドラマ】“連ドラの鉄人”内藤剛志主演「警視庁・捜査一課長」初回14・5%の好発進! - 04月14日(金)10:35 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-00000060-sph-ent スポーツ報知 4/14(金) 10:21配信  13日に放送された俳優・内藤剛志(61)主演のテレビ朝日系ドラマ「警視庁・捜査一課長 初回2時間SP」(木曜・後8時)の平均視聴率が14・5%の好数字だったことが14日、分かった。  同作品は2012年から「土曜ワイド劇場」でスペシャルが5作放送され、人気を集めたことから連ドラ化。かつて27クール続けて連ドラに出演し“連ドラの鉄人”と呼ばれた内藤にとって33作目の刑事ドラマだ。(数字は関東地区、ビデ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

内藤剛志主演『警視庁・捜査一課長』初回14.5%の好スタート - 04月14日(金)09:56 

 俳優の内藤剛志が主演するテレビ朝日系ドラマ『警視庁・捜査一課長 season2』(毎週木曜 後8:00)の初回2時間スペシャル(後8:00~9:48)が13日に放送され、番組平均視聴率14.5%を獲得する好スタートを切ったことが14日、わかった。分単位の最高視聴率は事件の真相が明らかになるシーンで16.4%を2度マーク(後9:33、9:38)した(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。 【画像】ぺこがゲスト出演。死体を見つけて驚くシーン  同ドラマは、今月、長い歴史に幕を下ろした『土曜ワイド劇場』で、2012年7月に誕生し、昨年4月期に連続ドラマ化。今期はその第2シーズンとなる。  物語の舞台は、警視庁の花形部署、捜査一課。400人超の精鋭刑事を統率する捜査一課長は、いわゆるキャリアが占めるほかの警察要職とは異なり、ヒラ刑事から這い上がってきた“叩き上げ”が務める、特殊なポストとなっている。都内で起きるすべての凶悪事件に臨場し、いくつもの捜査本部を同時に指揮しながら捜査方針を決め、重大な局面では自ら捜査に乗り出すなど、極めて重い責務を担っている。  そんな捜査一課長の大岩純一を、長い下積み時代を経て、主演俳優に上り詰めた“叩き上げ”の役者、内藤が演じている。シーズン2では、俳優の田中圭が一課長の側近、運転担当刑事・刑部公平(ぎょうぶ・こうへい)役で新加入。指揮官・大岩の...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「内藤剛志」の画像

もっと見る

「内藤剛志」の動画

Wikipedia

内藤 剛志(ないとう たかし、1955年5月27日 - )は、日本俳優タレント司会者大阪府大阪市中央区(かつての東区)生まれ、寝屋川市香里園育ち。大阪星光学院高等学校卒業、日本大学芸術学部映画学科中退。身長183cm、体重77kg。血液型はO型。阪口京子事務所所属。

略歴

NHK職員の父、人形製作の母の元に生まれNHKラジオ、すっぴん!、2013年5月22日放送、幼少期は両親からの強要で習い事としてピアノ教室や児童劇団に通っていた傍ら、在阪テレビ局及び映画各社製作品に子役としての出演経験がある。

サックスでジャズミュージシャンを志望し飯田ジャズスクールに入学するために上京、入学直後にその道をあきらめ日本大学芸術学部映画学科へ入学...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる