「内藤剛志」とは?

関連ニュース

「科捜研の女」通算201回目の最終回は2時間スペシャルに! - 02月24日(土)10:00 

3月15日(木)に通算放送200回を迎える「科捜研の女」(毎週木曜夜8:00-8:54、テレビ朝日系)。3/22(木)は2時間の「最終回スペシャル」を放送することが決定した。 【写真を見る】第1話に登場した江藤壱(中川大志)が、今度は協力者として再登場!/(C)テレビ朝日 「シーズン17」を締めくくる今回のストーリーは、海外から副大統領夫妻が来日。土門(内藤剛志)らが京都での警備に追われる中、現金輸送車襲撃事件が発生するところから始まる。 襲撃事件の捜査を開始するマリコ(沢口靖子)らだが、その一方で京都市内の所轄署に拘束された指紋のない謎の男(近藤正臣)からマリコが名指しで呼びつけられ、科学捜査の力量を試すかのように「自らの身元を明らかにしてみろ」と挑発される。 その後、マリコは男が犯罪のスペシャリストであったことを突き止めるが、40年前に殺害されたはずの左翼運動の天才活動家だった。突然現れた死んだはずの男。そして、かつての男の仲間が、来日中の副大統領の暗殺を計画していることが判明し、事件は謎の男との心理戦にもつれ込む。 ■ 最終回はベテラン実力派俳優が集結 沢口は「『シーズン17』では記念すべき200回も無事に突破、心身ともに健康な状態で長期の撮影を完走できたことにホッとしています」とうれしさに笑みを浮かべた。 さらに、ゲスト出演には近藤正臣をはじめ、副大統領の日系夫人役にかたせ...more
カテゴリー:

『科捜研の女』最終回、近藤正臣が沢口靖子にスリリングな頭脳戦をしかける - 02月23日(金)17:34 

沢口靖子が主演する『科捜研の女』(テレビ朝日系、毎週木曜20:00~)。3月15日放送の「第17話」で放送通算200回という金字塔を打ち立てるが、201回目となる3月22日の放送は2時間SPで、近藤正臣扮する犯罪のスペシャリストが榊マリコ(沢口)に頭脳戦をしかけるという重厚なサスペンス大作が完成。ストーリーは、海外から副大統領夫妻が来日、土門薫(内藤剛志)らが京都での警備に追われる中、現金輸送車襲撃事件が発生するところから始まる。襲撃事件の捜査を開始するマリコらだが、その一方で京都市内の所轄署に拘束された指紋のない謎の男からマリコは名指しで呼びつけられる。マリコの科学捜査の力量を試すかのように、自らの身元を明らかにしてみろと挑発する男。マリコは顔写真を照合し、男が40年前に殺害されたはずの左翼運動の天才活動家で、犯罪のスペシャリストであったことを突き止める。死んだはずの男がなぜ今現れたのか? やがて男のかつての仲間が来日中の副大統領の暗殺を計画していることが判明、現金輸送車襲撃事件との関係も浮上する。それら事件の真相のカギを握るのは謎の男……。マリコは質問をのらりくらりと巧みにかわす男の話術に翻弄されながらも、暗殺計画を阻止すべく男から情報を引き出そうと心理戦に挑む。今回、マリコとスリリングな頭脳戦を展開する天才活動家を演じるのが近藤で、ベテラン俳優が独特の語り口で、真実に迫ろうと...more
カテゴリー:

9係は「特捜9」へ!井ノ原快彦主演で4月から再集結 - 02月19日(月)05:00 

テレビ朝日系では、2006年4月に放送開始した「警視庁捜査一課9係」が一新し、井ノ原快彦主演のドラマ「特捜9(ナイン)」(毎週水曜夜9:00-9:54)として4月よりスタートすることが決定した。 【写真を見る】寺尾聰が謎多き班長として参戦! 昨年放送された12年目のシーズンでは、加納倫太郎(渡瀬恒彦)に率いられ、盤石のチームプレーで難事件を解決してきた警視庁捜査一課9係だが、係長の倫太郎が内閣テロ対策室に派遣されたことでチームは解散、9係メンバーはバラバラになった。 しかし、1年間の空白期間を経て、神田川警視総監(里見浩太朗)は、初動捜査から送検まで早期の事件解決を目指す独立した「捜査班」結成を指示。そのメンバーとして浅輪直樹(井ノ原)ら“元・9係”のメンバーが再結集することに。 井ノ原演じる直樹を中心に小宮山志保(羽田美智子)、青柳靖(吹越満)、矢沢英明(田口浩正)、村瀬健吾(津田寛治)といった個性的な元9係メンバーが再び難事件に立ち向かう。 また、元9係メンバーを特別捜査班として率いる班長・宗方朔太郎を寺尾聰が演じることに。宗方は警視庁人事課に勤務していたが、数年前のとある事件を機に退職。 今回、神田川警視総監による説得に応じて復職するが、そこには“ある理由”が隠されているなど、謎多き班長だ。 そして今回は直樹が主任となり、倫太郎の娘・倫子(中越典子)とついに結婚するなど、メン...more
カテゴリー:

沢口靖子、『科捜研の女』で犯罪抑止に自信!? 放送200回の"進化" - 02月13日(火)05:00 

女優の沢口靖子が主演するテレビ朝日系ドラマ『科捜研の女』(毎週木曜20:00~)が、3月15日の放送で200回を達成する。このほど、東映京都撮影所で共演の内藤剛志とともに取材に応じ、偉業達成の喜びとともに、この長寿シリーズを振り返った。
カテゴリー:

「科捜研の女」通算200回へ! 沢口&内藤はドモマリの関係!? - 02月12日(月)05:00 

京都府警科学捜査研究所(科捜研)の法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)を中心に、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、法医、物理、化学、文書鑑定などの専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描く「科捜研の女」(毎週木曜夜8:00-8:54、テレビ朝日系)。1999年10月から始まった同作は、3月15日(木)に放送通算200回を迎える。 【写真を見る】“ドモマリ”の沢口靖子(左)と内藤剛志(右)に話を聞いた!/(C)テレビ朝日 ■ マリコ役・沢口靖子と土門役・内藤剛志に直撃! 主人公の榊マリコを演じる沢口と、その“良き相棒”でもある京都府警捜査一課の警部補・土門薫役の内藤がその感想を語った。 沢口は「台本の表紙にあった『放送通算200話』という文字を見て思わず込み上げてくるものがありました。『科捜研の女』に出会ったのは私が30代半ばのころ。こんなにも息の長い作品になったこと、視聴者の皆さまに愛される作品になったことに本当に感謝しています」と、記念回の台本を手にしたときの喜びを明かした。 そんな沢口に対し、「200回は単なる回数の積み重ねではない」という内藤は「僕は200種類のドラマをやってきたという感じがします。というのもマリコが科学を駆使して、それぞれ違う解き方で事件を解決しているから。いわゆるシンプルな刑事ものではないんです。 200の事件を200の科学で解き明かす、というのは他の追従を...more
カテゴリー:

『科捜研の女』最終回、近藤正臣が沢口靖子にスリリングな頭脳戦をしかける - 02月24日(土)10:00 

沢口靖子が主演する『科捜研の女』(テレビ朝日系、毎週木曜20:00~)。3月15日放送の「第17話」で放送通算200回という金字塔を打ち立てるが、201回目となる3月22日の放送は2時間SPで、近藤正臣扮する犯罪のスペシャリストが榊マリコ(沢口)に頭脳戦をしかけるという重厚なサスペンス大作が完成。ストーリーは、海外から副大統領夫妻が来日、土門薫(内藤剛志)らが京都での警備に追われる中、現金輸送車襲撃事件が発生するところから始まる。襲撃事件の捜査を開始するマリコらだが、その一方で京都市内の所轄署に拘束された指紋のない謎の男からマリコは名指しで呼びつけられる。マリコの科学捜査の力量を試すかのように、自らの身元を明らかにしてみろと挑発する男。マリコは顔写真を照合し、男が40年前に殺害されたはずの左翼運動の天才活動家で、犯罪のスペシャリストであったことを突き止める。死んだはずの男がなぜ今現れたのか? やがて男のかつての仲間が来日中の副大統領の暗殺を計画していることが判明、現金輸送車襲撃事件との関係も浮上する。それら事件の真相のカギを握るのは謎の男……。マリコは質問をのらりくらりと巧みにかわす男の話術に翻弄されながらも、暗殺計画を阻止すべく男から情報を引き出そうと心理戦に挑む。今回、マリコとスリリングな頭脳戦を展開する天才活動家を演じるのが近藤で、ベテラン俳優が独特の語り口で、真実に迫ろうと...more
カテゴリー:

『科捜研』マリコの凛々しい侍姿に称賛の声「殺陣まで習うとは流石、沢口さん!」 - 02月23日(金)09:38 

沢口靖子主演の木曜ミステリー『科捜研の女』(テレビ朝日系列、毎週木曜20:00~)season17の第14話が、2月22日に放送。このシリーズでは、毎回主人公・榊マリコ(沢口)の“衝撃的なワンカット”シーンが登場し、注目を集めているが、今回の放送では、マリコが江戸に颯爽と現れ、華麗な刀さばきを披露。インターネット上でも、“男前な”マリコに対する称賛の声があがっていた。今回は、ブランド品買い取りチェーンの社長・新庄和子(大林菜穂子)が殺害され、現金が奪われる事件が発生。偶然近くに居合わせた土門(内藤剛志)と蒲原(石井一彰)が、現場から逃走する男・根岸義雄(津村知与支)を逮捕。蒲原は根岸が主張する「金は死体の上にあった、気味悪いくらいキチンと並べられてて……」という言葉にひっかかった。ある日、蒲原が科捜研に相談にやってきた。根岸の証言は事実で、犯行は別の人間によるもので、しかも連続殺人事件の一つでないかと。蒲原によると、被害者が最近頻繁に連絡をとっていた堂上克郎(ドヰタイジ)が1週間前に石段から転落して死亡したという。すでに事故死と結論づけられ堂上の遺体は荼毘に付されていたが、マリコらは遺体の近くに落ちていた折れた竹刀や浅葱色の布など遺留品の鑑定を開始した。竹刀は石段から落ちた時に折れたものではなく、何者かが折ったものと判明。さらに布は新選組の羽織の切れ端であることがわかった。竹刀を折...more
カテゴリー:

『科捜研の女』“どもマリ”に急進展!?子どもの登場に「家族やん!」 - 02月16日(金)12:04 

沢口靖子主演の木曜ミステリー『科捜研の女』(テレビ朝日系列、毎週木曜20:00~)season17の第13話が、2月15日に放送。このシリーズでは、毎回主人公・榊マリコ(沢口)の“衝撃的なワンカット”シーンが登場し、注目を集めているが、今回の放送では、マリコと土門薫(内藤剛志)が子どもと3人で仲良く歩くシーンが登場。インターネット上では「子どもがいたなんて……」とざわついていた。この作品は、沢口演じる京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・マリコを中心とした、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、法医、物理、化学、文書鑑定などの専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿が描かれている。また、“最新の科学捜査テクニック”と“豊饒な人間ドラマ”が絡みあうハイクオリティーなミステリーとして、1999年のスタート時から根強い人気を誇っており、現行のテレビドラマでは最も長く続いている長寿シリーズだ。今回は、ファイナンス会社社長・稲葉和成(山本道俊)の刺殺体が発見されるという事件が発生。遺体の周辺には歩き回ったような足跡があり、マリコは遺体の足首からバラの花弁を発見する。その後の鑑定で靴と着衣からバラの花粉が検出され、靴底には花の細胞液が多量に付着していた。どうやらバラの花を踏みつけたために付着していたいたようだ。防犯カメラの映像から事件の直前、歩いている稲葉のすぐ後をバラの花束をカゴに入...more
カテゴリー:

【ドラマ】科捜研の女:3月に放送200回 足かけ19年、沢口靖子「愛される作品になった」 - 02月12日(月)05:06  mnewsplus

2018年02月12日 科捜研の女:3月に放送200回 足かけ19年、沢口靖子「愛される作品になった」  女優の沢口靖子さんが主演する、現行の連続ドラマで最長の歴史を誇る人気シリーズ「科捜研の女」(テレビ朝日系)が、3月15日放送の第17シーズン17話で1999年10月の放送開始から数えて通算200回を迎える。沢口さんは「台本の表紙にあった『放送通算200話』という文字を見て思わず込み上げてくるものがありました。『科捜研の女』に出会ったのは私が30代半ばのころ。こんなにも息の長い作品になったこと、視聴者の皆さまに愛される作品に...
»続きを読む
カテゴリー:

沢口靖子「込み上げてくるものが…」『科捜研の女』放送200回 - 02月12日(月)05:00 

女優の沢口靖子と俳優の内藤剛志がこのほど、東映京都撮影所で、3月15日の放送で200回を達成するテレビ朝日系ドラマ『科捜研の女』(毎週木曜20:00~)の取材に応じ、偉業達成の喜びを語った。
カテゴリー:

もっと見る

「内藤剛志」の画像

もっと見る

「内藤剛志」の動画

Wikipedia

内藤 剛志(ないとう たかし、1955年5月27日 - )は、日本俳優タレント司会者である。大阪府大阪市東区(現在の中央区)生まれ、寝屋川市香里園育ち。大阪星光学院高等学校卒業、日本大学芸術学部映画学科中退。身長183cm、体重77kg。血液型はO型。阪口京子事務所所属。

略歴

NHK職員の父、人形製作の母の元に生まれNHKラジオ、すっぴん!、2013年5月22日放送、幼少期は両親からの強要で習い事としてピアノ教室や児童劇団に通っていた傍ら、在阪テレビ局及び映画各社製作品に子役としての出演経験がある。

サックスでジャズミュージシャンを志望し飯田ジャズスクールに入学するために上京、入学直後にその道をあきらめ日本大学芸術学部映画学科へ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる