「内藤剛志」とは?

関連ニュース

大阪の言葉には毒素がある?~大阪人は、他県民の大阪弁を許せない!~ - 05月26日(金)11:30 

5月25日放送の『秘密のケンミンSHOW』(読売テレビ・日本テレビ系)では後半、「ヒミツのOSAKA」と題して大阪弁を扱った。その中で司会の大阪フミン・久本雅美が「大阪弁には毒素がある」と言い放ったのだがその真意とは?筆者は大阪発の番組を通して子どもの頃から大阪弁には馴染んできたつもりだ。ある程度は喋れると自分では思っているのだが、大阪の友人の前で大阪弁のつもりの会話をすると、ムッとされてしまう。そう、意外に大阪弁は微妙な部分まで使いこなすのは難しい。詰めが甘いと大阪フミンはイラっとするらしいのだ。こちらは大阪人の楽しさに少しでも近づこうとしているだけなのだが、その壁の高さには立ちすくむしかない。この日の『ケンミンSHOW』でも街ゆく大阪人に他ケンミンの大阪弁について聞くと「ホラホラどや関西弁、という感じでキイッてなる」「とくに東京の人が使ってるのはなんか鼻につく」「絶対バカにしてる」と口々に攻撃的だ。「ちょっとの違いがイラっとくる」「喋んなて思う」「エセエセやから」と、とにかくもう散々な言い様。とくに言葉の抑揚は大きいらしい。バナナは「バ↓ナナ」ではなく「バ↑ナ↑ナ」と真ん中の「ナ」が上がる。おにぎりは「おに↓ぎり」でなく「おに↑ぎ↓り」。番組に登場した大阪マダムは、後者じゃないと「おにぎり」と認めないと言わんばかりだ。最後の方には千葉出身、大阪在住5年の青年が同僚とともに登場。...more
カテゴリー:

【ドラマ】内藤剛志主演「警視庁・捜査一課長」12・3% 前回から0・1ポイント微減 - 05月26日(金)10:40 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000075-sph-ent スポーツ報知 5/26(金) 10:26配信  25日に放送された俳優・内藤剛志(61)主演のテレビ朝日系ドラマ「警視庁・捜査一課長」(木曜・後8時)第6話の平均視聴率が12・3%だったことが26日、分かった。前回の12・4%から0・1ポイント下降した。  4月13日の初回が4月クールドラマ中、全民放2位となる14・5%の好発進を見せた同作品。第2話で9・6%と4・9ポイント大幅ダウンとなったが、第3話で10・8%に回復。第4話12・1%、第5...
»続きを読む
カテゴリー:

東山紀之演じる刑事・天樹悠ら7人のスペシャリストたちが再集結! - 05月25日(木)05:00 

テレビ朝日系の水曜夜9時枠で、7月より東山紀之主演ドラマ「刑事7人」の第3シリーズが放送されることが決定した。 【写真を見る】高嶋政宏演じる沙村康介は、警視庁捜査一課12係の長として、第11方面本部準備室を指揮する/(C)テレビ朝日 同ドラマは、2015年7月クールに第1シリーズ、2016年には第2シリーズを放送。東山紀之演じる刑事・天樹悠を中心に、個性的なスペシャリストたち7人が、難解な刑事事件に挑んできた。 第3シリーズでは、「おまえらにはまだ、やってもらわなければならない“でかい仕事”が残っている」という謎の言葉を漏らし、「別動捜査隊」を解体した刑事総務課課長・片桐正敏(吉田鋼太郎)が自ら室長となり、犯罪が激増する東京臨海エリアを専従捜査する“最強の別動隊”「第11方面本部準備室」を発足する。 警視庁捜査一課12係時代の部下だった天樹(東山)をはじめ、12係に今も所属する沙村康介(高嶋政宏)、水田環(倉科カナ)、青山新(塚本高史)、未来犯罪予測センターの山下巧(片岡愛之助)、法医学教室教授・堂本俊太郎(北大路欣也)が再び集結し、“シリーズ最強の敵”との戦いに身を投じていく。 第3シリーズでは、主人公・天樹の衝撃の過去が明かされる。12年前に、臨海エリアの一角で事故死したとされていた天樹の妻・清と娘・聖。妻子を一度に失くした天樹は心に深い傷を負ったまま、事故の詳細は一切語られる...more
カテゴリー:

主題歌を手掛けるGLIM SPANKYがドラマ初出演! 内藤剛志も最高の縁に大喜び - 05月23日(火)05:00 

5月25日(木)に放送される「警視庁・捜査一課長 season2」(毎週木曜夜8:00-8:54、テレビ朝日系)の第6話に主題歌を手掛けるGLIM SPANKYが登場し、初のドラマ出演となった。 【写真を見る】今シーズンから加入した田中圭はせりふの量と睡眠の量が心配!? 同ドラマは、2012年7月に「土曜ワイド劇場」(テレビ朝日系)からスタートし、2016年4月クールの「木曜ミステリー」枠で放送された人気シリーズの第2シーズン。一課長・大岩(内藤)を中心とした熱き刑事たちの奮闘を描くととともに、“人間”を見つめたミステリーとなっている。 ドラマを盛り上げている主題歌「美しい棘(いばら)」を手掛けるGLIM SPANKYは、松尾レミと亀本寛貴の男女2人による、大注目の新世代ロックユニット。内藤も主題歌に決定する以前からGLIM SPANKYのファンだったといい、そんな縁もあって今回のドラマ出演が実現した。 25日放送の第6話では、ビルの屋上で飛び降り自殺の寸前につまずいて死んだ資産家の遺体が発見されたところから物語が始まる。やがて、被害者は余命3ヶ月でありながら、死の1周間前にミステリアスなホステス(井上和香)と再婚していたことが発覚。大岩は“つまずいた男”の死の謎に迫っていく。 GLIM SPANKYの2人が演じるのは、なんと“本人役”。大岩らに街頭で聞き込みを受け、重要な証言を行...more
カテゴリー:

GLIM SPANKY、ドラマ初出演 内藤剛志主演『警視庁・捜査一課長』 - 05月23日(火)05:00 

 松尾レミと亀本寛貴の男女2人によるロックユニット・GLIM SPANKY(グリムスパンキー)が、テレビ朝日系ドラマ『警視庁・捜査一課長』(毎週木曜 後8:00)の第6話(25日放送)にゲスト出演し、ドラマ初出演を果たす。GLIM SPANKYの楽曲「美しい棘(いばら)」が、同ドラマの主題歌に採用されている縁で、実現。1シーンのみの出演ながら、主演の内藤剛志をはじめ、斉藤由貴、金田明夫、田中圭らメインキャストとからむ“演技”に挑んだ。 【動画】ドラマ初出演のGLIM SPANKYメイキング  GLIM SPANKYの2人が演じるのは“本人役”で、内藤演じる大岩らに街頭で聞き込みを受け、重要な証言を行う通行人。東京・西新宿の高層ビル街で行われたロケに、早朝から参加した。  松尾は「実際にせりふを言うとなるとどうやって表現したらよいか本当に難しくて、俳優さんたちはスゴイなと実感しました。内藤さんはめちゃくちゃお若くてオーラがすごかったです。豪華キャストの皆さんとお芝居しながらも、『ホンモノだー! テレビの世界だー!』と心の中は大変で、ドキドキ体験でした!」。  亀本も「いざ撮影現場に立ってみると、思っていた以上にすごく緊張しました。ライブでは、ほとんど緊張しないのですが…。普通に役を演じることが、実はとんでもなく難しいというのをリアルに学びました」と、貴重な体験を振り返った。 ...more
カテゴリー:

大阪の言葉には毒素がある?〜大阪人は、他県民の大阪弁を許せない!〜 - 05月26日(金)11:27 

5月25日放送の『秘密のケンミンSHOW』(読売テレビ・日本テレビ系)では後半、「ヒミツのOSAKA」と題して大阪弁を扱った。その中で司会の大阪フミン・久本雅美が「大阪弁には毒素がある」と言い放ったのだがその真意とは?筆者は大阪発の番組を通して子どもの頃から大阪弁には馴染んできたつもりだ。ある程度は喋れると自分では思っているのだが、大阪の友人の前で大阪弁のつもりの会話をすると、ムッとされてしまう。そう、意外に大阪弁は微妙な部分まで使いこなすのは難しい。詰めが甘いと大阪フミンはイラっとするらしいのだ。こちらは大阪人の楽しさに少しでも近づこうとしているだけなのだが、その壁の高さには立ちすくむしかない。この日の『ケンミンSHOW』でも街ゆく大阪人に他ケンミンの大阪弁について聞くと「ホラホラどや関西弁、という感じでキイッてなる」「とくに東京の人が使ってるのはなんか鼻につく」「絶対バカにしてる」と口々に攻撃的だ。「ちょっとの違いがイラっとくる」「喋んなて思う」「エセエセやから」と、とにかくもう散々な言い様。とくに言葉の抑揚は大きいらしい。バナナは「バ↓ナナ」ではなく「バ↑ナ↑ナ」と真ん中の「ナ」が上がる。おにぎりは「おに↓ぎり」でなく「おに↑ぎ↓り」。番組に登場した大阪マダムは、後者じゃないと「おにぎり」と認めないと言わんばかりだ。最後の方には千葉出身、大阪在住5年の青年が同僚とともに登場。...more
カテゴリー:

沢口靖子主演人気シリーズの新作が「日曜ワイド」に登場! - 05月26日(金)05:00 

“大人たちが落ち着いてゆったりとテレビを楽しめる日曜の朝10時から、上質なエンターテインメント作品をお届けしたい”というコンセプトで、2017年4月9日よりスタートした「日曜ワイド」。放送開始以来、傑作ミステリーを中心に放送してきた「日曜ワイド」枠だが、6月11日(日)に新作「西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官17」が登場。沢口靖子が警視庁鉄道捜査隊東京駅分駐所の鉄道捜査官・花村乃里子を演じる人気シリーズの第17弾だ。 【写真を見る】「科捜研の女」では、かわいいお姫様姿を披露した沢口靖子 この「西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官17」を皮切りに、6月18日(日)に「司法教官・穂高美子6」(主演・水野真紀)、6月25日(日)に「人類学者・岬久美子の殺人鑑定7」(主演・大塚寧々)など、「土曜ワイド劇場」で好評を博してきた名シリーズの最新作を続々放送。 その後も「終着駅シリーズ」(主演・片岡鶴太郎)、「狩矢父娘シリーズ」(主演・藤谷美紀)、「検事・朝日奈耀子」(主演・眞野あずさ)、「おかしな刑事」(主演・伊東四朗)、「京都南署鑑識ファイル」(主演・田中美里)、「再捜査刑事・片岡悠介」「ドクター彦次郎」(主演・寺島進)、「監察官・羽生宗一」(主演・中村梅雀)、「家裁調査官・山ノ坊晃」(主演・小泉孝太郎)など、ますます充実したラインアップをオンエア。 ■ 「西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官17」...more
カテゴリー:

GLIM SPANKY、主題歌を手がける「警視庁・捜査一課長」ドラマ初出演で内藤剛志も絶賛 - 05月23日(火)12:40 

GLIM SPANKYが、主題歌を歌うドラマ「警視庁・捜査一課長」。5月25日放送の本ドラマ第6話に、GLIM SPANKYの2人がゲスト出演することが明らかになった。「警視庁・捜査一課長」は、2012年7月「土曜ワイド劇場」からスタートし、2016年4月クールの「木曜ミステリー」枠で連続ドラマとして好評を博した人気シリーズのシーズン2。内藤剛志ふんする大岩一課長を中心とした、熱き刑事たちの奮闘を描くとともに、“人間”を深く見つめたミステリーは、本シリーズでも毎回、大きな感動を巻き起こしている。そんなドラマを盛り上げているのが、GLIM SPANKYが手掛ける主題歌「美しい棘」。GLIM SPANKYは業界内でも熱烈な支持者が多いことで知られており、実は、主演の内藤剛志も主題歌として決定する以前から彼らのファン。そんな“縁”もあって、今回のドラマ出演が実現した。GLIM SPANKYがゲスト出演する第6話は、ビルの屋上で、飛び降り自殺の寸前につまずいて死んだ資産家の遺体が発見されたところからはじまるストーリー。被害者は、余命3ヶ月でありながら死の1週間前にミステリアスなホステス(井上和香)と再婚していたことがわかり、捜査一課長・大岩が、“つまずいた男”の死の謎に迫っていく。GLIM SPANKYの2人が演じるのは“本人役”だが、大岩らに街頭で聞き込みを受け、重要な証言を行う通行人と...more
カテゴリー:

内藤剛志、GLIM SPANKYとの共演に「最高の縁!!」 - 05月23日(火)05:00 

内藤剛志が主演のドラマ『警視庁・捜査一課長』(テレビ朝日系列、毎週木曜20:00~)。5月25日放送の第6話に、主題歌を手がけるGLIM SPANKY(グリムスパンキー)の2人が登場し、初のドラマ出演を果たすことがわかった。この作品は、2012年7月『土曜ワイド劇場』からスタートし、2016年4月クールの『木曜ミステリー』枠で連続ドラマとして大好評を博した人気シリーズのシーズン2。内藤扮する大岩一課長を中心とした熱き刑事たちの奮闘を描くとともに、“人間”を深く見つめたミステリーで、本シリーズでも毎回、大きな感動を巻き起こしている。そんなドラマを盛り上げているのが、GLIM SPANKYが手掛ける主題歌「美しい棘(いばら)」だ。GLIM SPANKYは松尾レミと亀本寛貴の男女2人による、今、注目の新世代ロックユニット。業界内でも熱烈な支持者が多いことで知られており、実は、主演の内藤も主題歌として決定する以前から彼らのファンだったという。そんな“縁”もあって、今回のドラマ出演が実現した。GLIM SPANKYがゲスト出演する第6話は、ビルの屋上で、飛び降り自殺の寸前につまずいて死んだ資産家の遺体が発見されたところからはじまるストーリー。被害者は、余命3ヶ月でありながら死の1週間前にミステリアスなホステス(井上和香)と再婚していたことがわかって……。捜査一課長・大岩が、“つまずいた男”の...more
カテゴリー:

GLIM SPANKYが「捜査一課長」でドラマ初出演、内藤剛志も絶賛の演技 - 05月23日(火)05:00 

テレビ朝日系ドラマ「警視庁・捜査一課長 season2」の5月25日(木)放送回に、主題歌「美しい棘」を歌うGLIM SPANKYが出演する。
カテゴリー:

もっと見る

「内藤剛志」の画像

もっと見る

「内藤剛志」の動画

Wikipedia

内藤 剛志(ないとう たかし、1955年5月27日 - )は、日本俳優タレント司会者大阪府大阪市中央区(かつての東区)生まれ、寝屋川市香里園育ち。大阪星光学院高等学校卒業、日本大学芸術学部映画学科中退。身長183cm、体重77kg。血液型はO型。阪口京子事務所所属。

略歴

NHK職員の父、人形製作の母の元に生まれNHKラジオ、すっぴん!、2013年5月22日放送、幼少期は両親からの強要で習い事としてピアノ教室や児童劇団に通っていた傍ら、在阪テレビ局及び映画各社製作品に子役としての出演経験がある。

サックスでジャズミュージシャンを志望し飯田ジャズスクールに入学するために上京、入学直後にその道をあきらめ日本大学芸術学部映画学科へ入学...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる