「内田理央」とは?

関連ニュース

若手芸人がギャラ告白!企業系のおいしい仕事が入るといくらになった!? - 01月17日(水)11:05 

ヒロミ、後藤輝基(フットボールアワー)が司会を務め、俳優やタレントなど超豪華ゲストをガヤ芸人たちがおもてなしする、「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)。1月16日(火)の放送で、若手芸人が給料を明かした。 【写真】ギャラを告白したチョコレートプラネット 同回の放送では、2017年に最も活躍した芸人を決定する「2017ツメアトグランプリ」が発表。ゲストに内田理央、モデルの大川藍と共に、ノミネートされた芸人たちの過去の放送を振り返った。 IKKOのモノマネでプチブレイク中のチョコレートプラネットの松尾駿は、11月7日の放送で「こんなに働いているのに給料が18万円!」と給料が少ないと不満を叫んでいるシーンがノミネートされた。 大川藍から「“IKKOさん”は給料上りましたか?」の質問に「今月は50万円でした!」とうれしそうに報告。 後藤からその理由を聞かれると、「企業系の仕事が1本入りました」赤裸々トーク。「美味しいやつや」とガヤ芸人たちからも羨望の声が漏れていた。 最後に、ヒロミの独断で「2017ツメアトグランプリ」が発表された。 名誉ある1回目の受賞者は、ジャッキー・チェンのモノマネをしているジャッキーちゃん。 ヒロミは「芸人さんじゃないんです。元々は役者さんなの」とジャッキーちゃんの活躍を称えた。 ジャッキー・チェン公認の「拳が痛いジャッキー・チェン」のモノマネを披露し、内田...more
カテゴリー:

内田理央の『海月姫』"まやや"に称賛の声! 本人と気づかない視聴者も - 01月16日(火)19:00 

フジテレビ系月9ドラマ『海月姫』(毎週月曜21:00~)の第1話が15日に放送され、"まやや"役を演じたモデルで女優・内田理央の熱演とビジュアルが、ネット上で話題になっている。
カテゴリー:

『海月姫』まやや役を演じた女優の正体は内田理央 - 01月16日(火)17:00 

新ドラマ『海月姫』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)が、1月15日よりスタート。第1話では、主人公・倉下月海(芳根京子)が、女装美男子・鯉淵蔵之介(瀬戸康史)と衝撃の出会いを果たすエピソードが描かれた。そんな中、“尼〜ず”のメンバーで三国志オタク・まやや役の内田理央の演技が振り切りすぎていると話題になっている。本作は、東村アキコの累計発行部数440万部以上を誇る大ヒット同名コミックをドラマ化。筋金入りの“クラゲオタク女子”の月海が、蔵之介とその弟・修(工藤阿須加)の凸凹兄弟に出会ったことをきっかけに、新しい自分や生き方を発見。さらに三角関係になり、自分には一生縁がないと思っていた恋を知る様子がギャグを交えて描かれる、新感覚の“シンデレラ・コメディー”。月海と共に男子禁制アパート「天水館」で暮らし、“尼〜ず”は、それぞれ個性が強く、ひとりひとりが印象に残るキャラだが、その中でもひと際反響が大きかったのは、女優でモデルの“だーりお”こと内田。これまでは、内田のスタイルとルックスを活かし、小悪魔的な役柄が多かったが、今回の役では前髪が常に顔に覆いかかり、赤ジャージをインしたビジュアルは、視聴者を驚かせた。SNS上では、「え、赤ジャージってだーりお!?」「まややが原作通りすぎるww」「だーりおが最高に面白い」「まやや、だーりおだったのかよ! 一番マンガ通りだった気が...more
カテゴリー:

『海月姫』まやや役を演じた女優の正体は内田理央 - 01月16日(火)14:47 

新ドラマ『海月姫』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)が、1月15日よりスタート。第1話では、主人公・倉下月海(芳根京子)が、女装美男子・鯉淵蔵之介(瀬戸康史)と衝撃の出会いを果たすエピソードが描かれた。そんな中、“尼〜ず”のメンバーで三国志オタク・まやや役の内田理央の演技が振り切りすぎていると話題になっている。本作は、東村アキコの累計発行部数440万部以上を誇る大ヒット同名コミックをドラマ化。筋金入りの“クラゲオタク女子”の月海が、蔵之介とその弟・修(工藤阿須加)の凸凹兄弟に出会ったことをきっかけに、新しい自分や生き方を発見。さらに三角関係になり、自分には一生縁がないと思っていた恋を知る様子がギャグを交えて描かれる、新感覚の“シンデレラ・コメディー”。月海と共に男子禁制アパート「天水館」で暮らし、“尼〜ず”は、それぞれ個性が強く、ひとりひとりが印象に残るキャラだが、その中でもひと際反響が大きかったのは、女優でモデルの“だーりお”こと内田。これまでは、内田のスタイルとルックスを活かし、小悪魔的な役柄が多かったが、今回の役では前髪が常に顔に覆いかかり、赤ジャージをインしたビジュアルは、視聴者を驚かせた。SNS上では、「え、赤ジャージってだーりお!?」「まややが原作通りすぎるww」「だーりおが最高に面白い」「まやや、だーりおだったのかよ! 一番マンガ通りだった気が...more
カテゴリー:

芳根京子主演『海月姫』初回平均視聴率8.6% - 01月16日(火)09:32 

 女優の芳根京子が主演するフジテレビ連続ドラマ『海月姫』(毎週月曜 後9:00)第1話が15日に送され、初回平均視聴率が8.6%だったことが16日明らかになった。(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。 【放送前から話題】女装美男子の瀬戸康史  同ドラマは人気漫画家・東村アキコ氏による累計発行部数440万部超えを誇る大ヒット漫画を実写化。クラゲを愛しすぎてしまった筋金入りの“クラゲオタク女子”倉下月海(芳根)が女装美男子・鯉淵蔵之介(瀬戸)と童貞エリート・修(工藤阿須加)兄弟に出会い、ややこしい三角関係を展開するラブコメディー。  第1では熱帯魚店でピンチを救ってくれたスタイルバツグンの美女と打ち解けた月海。うっかり月海のほか、オタク女子“尼~ず”が集まって暮らす男子禁制の『天水館』に泊めると翌日、目覚めた月海の横には上半身裸の男が寝ていた。美女は女装が趣味のれっきとした男性・蔵之介だった。びっくり仰天、声をあげた月海のもとへ、枯れ専・ジジ様(木南晴夏)、鉄道オタク・ばんばさん(松井玲奈)、まやや(内田理央)、和物オタク・千恵子(富山えり子)らが集まってくる。 【関連記事】 【画像】リアルに再現!オタク女子4人組“尼~ず 最上もが『海月姫』で月9初出演「まず家族に報告」 瀬戸康史に恋する後輩役 (18年01月15日) 芳根京子、来年1月期“月9”『海月姫』主演 重圧感じるも「め...more
カテゴリー:

スタイルは岸明日香似!? 新人グラドル麻亜子「女の人にも好かれる存在に…」 - 01月16日(火)21:42 

川崎あや、葉加瀬マイら人気グラビアアイドルを多数輩出してきた、“グラドルの登竜門”「ミスFLASH2018」のグランプリ3人がお披露目され、小島瑠那、保崎麗、麻亜子が、会見・囲み取材に登壇した。 【写真】グラマラスボディーの麻亜子ら「ミスFLASH2018」グランプリの純白水着ショット 3人は、それぞれ「ミスFLASH2018に選んでいただいて、うれしいです。一生懸命頑張るのでよろしくお願いします」(保崎)、「業界初心者で右も左も分からないのですが、選んでいただいたので、ファンの皆さんにここまで連れてきていただいたので、期待を裏切らないように精いっぱい頑張りたいのでよろしくお願いします」(麻亜子) 「最初のときからずっと『グランプリしか見えて(想定して)いない』と言っていたのですが、実際のところは不安で、でも今回、グランプリに選んでいただけて。ミスFLASH2018としてもっと飛躍できるように、グラビアのポーズとかももっと頑張りたいです。今年からグラビアデビューなので、ぜひ応援よろしくお願いします」(小島)と、自分の言葉で受賞のあいさつ。 囲み取材では、受賞の感想を聞かれ「こんなに大きな賞を頂いたことはないので本当にうれしいです。ここまで連れてきたファンの方に感謝してもしきれません。ミスFLASH2018として、グラビア初挑戦ですが頑張っていきたいです」と保崎は明かす。 一方、小島...more
カテゴリー:

内田理央:赤ジャージーでオタク女子熱演 「海月姫」まやや役に原作ファ… - 01月16日(火)17:08 

 女優の芳根京子さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「海月姫(くらげひめ)」の第1話が15日に放送され、三国志オタクのまややを演じる内田理央さんの演技が話題となっている。まややは自ら「尼~ず」と称す…
カテゴリー:

『海月姫』まやや役を演じた女優の正体は内田理央 - 01月16日(火)17:00 

新ドラマ『海月姫』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)が、1月15日よりスタート。第1話では、主人公・倉下月海(芳根京子)が、女装美男子・鯉淵蔵之介(瀬戸康史)と衝撃の出会いを果たすエピソードが描…
カテゴリー:

内田理央の“振り切った演技”に反響 - 01月16日(火)13:29 

1月15日にスタートした新月9ドラマ「海月姫」(フジテレビ系)で、“尼〜ず”のメンバーで三国志オタクのまやや役として出演した女優・内田理央(26歳)の演技が、「振り切りすぎている!!」と話題を呼んでいる。
カテゴリー:

芳根京子の“オタク女子”っぷりがリアル…新ドラマ『海月姫』スタート - 01月15日(月)12:17 

芳根京子主演の新ドラマ『海月姫』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)が、1月15日より15分拡大でスタート。第1話では、主人公・倉下月海(芳根)が、女装美男子・鯉淵蔵之介(瀬戸康史)と衝撃の出会いを果たすエピソードが描かれる。本作は、東村アキコの累計発行部数440万部以上を誇る大ヒット同名コミックをドラマ化。筋金入りの“クラゲオタク女子”の月海が、蔵之介とその弟・修(工藤阿須加)の凸凹兄弟に出会ったことをきっかけに、新しい自分や生き方を発見。さらに三角関係になり、自分には一生縁がないと思っていた恋を知る様子がギャグを交えて描かれる、新感覚の“シンデレラ・コメディー”だ。第1話は、男子禁制のアパート「天水館」で暮らしている月海が、ある朝自室のベッドで目覚めると、隣に上半身裸の男が寝ている場面からスタート。「なぜ男が?」と焦る月海は、昨晩のことを思い起こす……。それは10時間前、夜9時頃のこと。月海は、久しぶりに近所の熱帯魚店に「クララ」と名前までつけているクラゲを見に行った。月海は、その水槽にタコクラゲ・クララと一緒に、飼ってはいけないミズクラゲが一緒に入っていることに気づいた。熱帯魚店の店員に注意しようと思う月海だが、相手はオシャレな男性店員。月海には大苦手の人種だ。それでもクララのためと、月海は勇気を振り絞って注意するのだが、店員に気味悪がられて追い出され、店の前で倒れてしまう...more
カテゴリー:

もっと見る

「内田理央」の画像

もっと見る

「内田理央」の動画

Wikipedia

内田 理央(うちだ りお、1991年9月27日 - )は、日本の女優、ファッションモデルグラビアモデル。MORE専属モデル(2015年10月 - )。

東京都出身。レプロエンタテインメント所属。日本大学鶴ヶ丘高等学校日本大学法学部経営法学科卒業。

略歴

2010年4月、日本テレビアイドルの穴〜日テレジェニックを探せ!〜でデビュー。同年6月、「日テレジェニック2010」に選ばれる。同年9月、雑誌B.L.T.の企画「B.L.TRAVELファンイ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる