「内田康夫」とは?

関連ニュース

休筆宣言の内田康夫さん、未完小説の「完結編」を“公募” - 03月22日(水)11:30 

「浅見光彦シリーズ」で知られる人気作家の内田康夫さん(82)が、21日付で小説の休筆を宣言した。2015年7月に脳梗塞で倒れ、毎日新聞夕刊で連載していた「孤道」…
in English
カテゴリー:

「僕の代わりに、浅見を事件の終息へと導いて」内田康夫さんが休筆発表 「孤道」完結編は一般公募へ - 03月21日(火)10:00 

「浅見光彦シリーズ」などで知られる作家の内田康夫さんが、“小説を書き続けることが難しくなった”として、休筆を発表しました。 【拡大画像や他の画像】  現在82歳の内田さんは、1980年に自費出版した「死者の木霊」が朝日新聞の読書欄で紹介され話題となり、1982年に「後鳥羽伝説殺人事件」で商業デビュー。多くのミステリー作品の中でも、「後鳥羽伝説殺人事件」にも登場したフリーのルポライター、浅見光彦を主人公とする「浅見光彦シリーズ」は、テレビドラマとしても人気を博しました。  同シリーズの最新作「孤道」は2014年12月から毎日新聞で連載されていましたが、2015年の夏に内田さんを脳梗塞が襲い、左半身に残ったまひのため休載となっていました。  未完となっている「孤道」は5月12日に単行本が出版予定で、そのあとがきで内田さんは休筆を報告しています。また、自身が「死者の木霊」を見いだされたことを振り返り、“世に眠っている才能の後押し”をするため、「孤道」の完結編を一般公募すること、そして自身も短歌という凝縮した世界でならまだ創作できるとしており、しばらくは短歌でリハビリする考えを示しています。  なお、完結編の一般公募は3月21日に特設サイトがオープン。自身の情報発信は講談社BOOK倶楽部のWebサイト「内田康夫と早坂真紀の夫婦短歌」で行うとしています。 僕が休筆すると聞いて、浅見光彦は「こ...more
in English
カテゴリー:

【文化】「浅見光彦シリーズ」の著者、内田康夫さんが休筆宣言。脳梗塞の影響で、小説を書き続けることが困難に - 03月21日(火)05:25 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170321/k10010918411000.html 人気ミステリー、「浅見光彦シリーズ」で知られる、作家の内田康夫さんが 脳梗塞の影響で、小説を書き続けることが難しくなったとして、休筆を宣言しました。 内田康夫さん(82)はコピーライターなどを経て、昭和55年に「死者の木霊」で、 作家としてデビューしました。 フリーのルポライター、「浅見光彦」が事件の謎を解くミステリーシリーズが 大ヒットして、シリーズはこれまでに100作を超え、累計の発行部数は 9600万部に達しています。 内...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

内田康夫さん:「世に眠る才能を後押し…」完結編に期待 - 03月21日(火)05:05 

《内田康夫氏から皆様へメッセージ》  2015年夏、僕は脳梗塞に倒れて、左半身にマヒが残りました。以降リハビリに励みましたが思うようにはいかず、現在のところ小説を書き続けることが難しくなりました。そこで思いついたのが、未だ世に出られずにいる才能ある方に完結させてもらうということでした。
in English
カテゴリー:

内田康夫さん:未完の「孤道」完結編を一般募集 - 03月21日(火)05:00 

“休筆”、連載分を5月に刊行  著者の病気のため中断した内田康夫さん(82)の連載小説「孤道」の単行本が5月12日、未完のまま毎日新聞出版から刊行されることになった。内田さんは21日、小説の“休筆宣言”をするとともに、続編となる完結編を一般募集することを発表する。
in English
カテゴリー:

未完の小説「続き」を公募 内田康夫さん休筆 「眠っている才能、後押しできれば」 - 03月21日(火)12:48 

脳梗塞の後遺症で執筆が難しくなったとし、作家の内田康夫さんが、浅見光彦シリーズ最新作「孤道」の続きを書いてくれる作家を公募している。
in English
カテゴリー:

完結編を公募=内田康夫さん、未完小説刊行 - 03月21日(火)06:40 

 毎日新聞出版は20日、毎日新聞夕刊での連載が2015年8月で中断した内田康夫さん(82)の小説「孤道(こどう)」を未完のまま、5月に単行本として刊行すると発表した。連載は再開せず、完結編となる長編小説を一般から募集する。 同作は人気サスペンス「浅見光彦」シリーズ最新作。14年12月に連載が始まったが、翌年7月に内田さんが脳梗塞で倒れ、連載は第204回で中断した。続編募集は来年4月末まで。内田さんは「世に眠っている才能の後押しができれば」とコメントしている。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

【文芸】内田康夫さんが休筆宣言 15年7月に脳梗塞で倒れリハビリ中 - 03月21日(火)05:24 

2017.3.21 05:01  「浅見光彦シリーズ」で知られる作家、内田康夫氏(82)が21日付で小説の休筆を宣言した。2015年7月に脳梗塞で倒れ、現在は、短歌を作りながら、復活を目指してリハビリを続けているという。  毎日新聞夕刊で連載していた「孤道」は15年8月12日、204回で中断していたが未完のまま出版し、同時に同作の完結編を公募することも発表した。「孤道」は浅見光彦シリーズ114作目(短編除く)で、不動産会社の社長が殺害される事件が起き、謎が提示されてこれから解決というところで中断していた。 ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

人気ミステリー作家 内田康夫さん休筆宣言 脳梗塞の影響で - 03月21日(火)05:01 

人気ミステリー、「浅見光彦シリーズ」で知られる、作家の内田康夫さんが脳梗塞の影響で、小説を書き続けることが難しくなったとして、休筆を宣言しました。
in English
カテゴリー:

「内田康夫」の画像

もっと見る

「内田康夫」の動画

Wikipedia

内田康夫(うちだ やすお、1934年11月15日 - )は、日本の推理作家西村京太郎山村美紗とともに、旅情ミステリー作家の代表的人物として知られる。代表作(シリーズ)に浅見光彦(テレビドラマ版は「浅見光彦シリーズ」参照)岡部警部(テレビドラマ版は「岡部警部シリーズ」参照)信濃のコロンボ(テレビドラマ版は「信濃のコロンボ事件ファイル」参照)など。

特に浅見光彦シリーズは、テレビ会社各局の2時間ドラマ帯にて長期シリーズを獲得するなど人気を博しており、その中の一作天河伝説殺人事件は映画にもなった。後述における「初期三作」のうち、商業デビュー作とされる第三作後鳥羽伝説殺人事件は浅見光彦シリーズの第一作でもある。

近年は...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる