「内田康夫」とは?

関連ニュース

お父さん犬・海斗くん、刑事ドラマで名演技披露 - 04月24日(月)11:31 

CMの「お父さん」役としておなじみの北海道犬・海斗くんが、4月24日(月)20時より放送される月曜名作劇場『内田康夫サスペンス「信濃のコロンボ4」』(TBS系列)に出演し、名演技を披露する。本作は、「浅見光彦シリーズ」などで知られる国民的推理作家・内田康夫による「信濃のコロンボ」シリーズのドラマ化第4弾。寺脇康文演じるちょっと風変わりな田舎刑事・竹村岩男が、高橋克典演じる超エリート刑事・岡部警部とタッグを組み活躍する本格サスペンス。今回は、竹村が妻の陽子(麻生祐未)と友人の丸山(温水洋一)と共に軽井沢へ旅に出ると、殺人事件に居合わせてしまう。その数日後、東京・本郷でも同じような殺人事件が発生。すると、それぞれの事件は繋がっていることがわかり……。海斗くんが演じるのは、劇中に登場する雑貨店「オリーブ」の飼い犬・コタローだ。知らない人が来るとすぐに吠えてしまうコタローは、番犬としては良いのだが、客にも吠えてしまうという少し困った犬だ。事件の発端は、「オリーブ」の前で別の場所で毒殺された遺体が発見されたことなのだが、知らない人が来ると必ず吠えるはずのコタローが、死体が運ばれてきた時には吠えなかった……。そんな、台本の登場人物にもきちんと表記されている重要な役どころを演じた海斗くん。役者に演技を付けるように、海斗くんにも監督が「はい!ここで吠えて!!」と演技(?)を付ける様子に、思わずスタ...more
in English
カテゴリー:

ソフトバンクCMのお父さんがドラマに!? 物語のカギとなる名演技を披露 - 04月21日(金)18:35 

ソフトバンクのCMで「お父さん」役を演じている北海道犬の海斗くんが24日放送の月曜名作劇場『内田康夫サスペンス「信濃のコロンボ4」』(TBS)に物語のキーパーソンならぬキードッグとして出演することが明らかになった。
in English
カテゴリー:

【文化】「浅見光彦シリーズ」の著者、内田康夫さんが休筆宣言。脳梗塞の影響で、小説を書き続けることが困難に - 03月21日(火)05:25 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170321/k10010918411000.html 人気ミステリー、「浅見光彦シリーズ」で知られる、作家の内田康夫さんが 脳梗塞の影響で、小説を書き続けることが難しくなったとして、休筆を宣言しました。 内田康夫さん(82)はコピーライターなどを経て、昭和55年に「死者の木霊」で、 作家としてデビューしました。 フリーのルポライター、「浅見光彦」が事件の謎を解くミステリーシリーズが 大ヒットして、シリーズはこれまでに100作を超え、累計の発行部数は 9600万部に達しています。 内...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

お父さん犬・海斗くん、刑事ドラマで名演技披露 - 04月24日(月)11:10 

CMの「お父さん」役としておなじみの北海道犬・海斗くんが、4月24日(月)20時より放送される月曜名作劇場『内田康夫サスペンス「信濃のコロンボ4」』(TBS系列)に出演し、名演技を披露する。本作は、「浅見光彦シリーズ」などで知られる国民的推理作家・内田康夫による「信濃のコロンボ」シリーズのドラマ化第4弾。寺脇康文演じるちょっと風変わりな田舎刑事・竹村岩男が、高橋克典演じる超エリート刑事・岡部警部とタッグを組み活躍する本格サスペンス。今回は、竹村が妻の陽子(麻生祐未)と友人の丸山(温水洋一)と共に軽井沢へ旅に出ると、殺人事件に居合わせてしまう。その数日後、東京・本郷でも同じような殺人事件が発生。すると、それぞれの事件は繋がっていることがわかり……。海斗くんが演じるのは、劇中に登場する雑貨店「オリーブ」の飼い犬・コタローだ。知らない人が来るとすぐに吠えてしまうコタローは、番犬としては良いのだが、客にも吠えてしまうという少し困った犬だ。事件の発端は、「オリーブ」の前で別の場所で毒殺された遺体が発見されたことなのだが、知らない人が来ると必ず吠えるはずのコタローが、死体が運ばれてきた時には吠えなかった……。そんな、台本の登場人物にもきちんと表記されている重要な役どころを演じた海斗くん。役者に演技を付けるように、海斗くんにも監督が「はい!ここで吠えて!!」と演技(?)を付ける様子に、思わずスタ...more
in English
カテゴリー:

寺脇康文「『この役は寺脇じゃない』という意見はよく見た」 - 04月14日(金)06:00 

4月24日(月)夜8時から、月曜名作劇場「内田康夫サスペンス『信濃のコロンボ4~軽井沢追分殺人事件~』」(TBS系)が放送される。 【写真を見る】本作ではすっかりおなじみ! 3人の掛け合いも見どころだ/(C)TBS ドラマは「信濃のコロンボ」の異名を持つ、長野県警捜査一課・警部の竹村(寺脇康文)の活躍を描く物語だ。 今作は軽井沢を舞台に、そこで起きた殺人事件と東京で起きた殺人事件、2つの謎を竹村が解き明かしていく。 今回、主人公・竹村を演じる寺脇康文にインタビューを行い、シリーズ4作目となる今作の見どころや、自身が演じる竹村のキャラクターについて語ってもらった。 ――第4弾の見どころを教えてください。 もちろん、事件を推理していくという面白さは毎回ありますけれども、それとは別に親子のドラマも入っています。 竹村が、仲が悪いけれど本当はお互い心配し合っている親子の橋渡しをしていくというのも一つの見どころです。あと冒頭、麻生(祐未)さんと温水(洋一)くんの3人で軽井沢旅行をするシーンが始まるんですが、軽井沢に行ってみたいなぁって思ってもらえればうれしいですね。 ――おなじみの共演者である、麻生さんと温水さんとの掛け合いはいかがでしょうか? 本当に芝居のやりやすい方々です。現場で台本を基にして膨らませて、楽しく撮影していくことができています。 センスが似ている人たちだなぁと感じるので、関...more
in English
カテゴリー:

【文芸】内田康夫さんが休筆宣言 15年7月に脳梗塞で倒れリハビリ中 - 03月21日(火)05:24 

2017.3.21 05:01  「浅見光彦シリーズ」で知られる作家、内田康夫氏(82)が21日付で小説の休筆を宣言した。2015年7月に脳梗塞で倒れ、現在は、短歌を作りながら、復活を目指してリハビリを続けているという。  毎日新聞夕刊で連載していた「孤道」は15年8月12日、204回で中断していたが未完のまま出版し、同時に同作の完結編を公募することも発表した。「孤道」は浅見光彦シリーズ114作目(短編除く)で、不動産会社の社長が殺害される事件が起き、謎が提示されてこれから解決というところで中断していた。 ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「内田康夫」の画像

もっと見る

「内田康夫」の動画

Wikipedia

内田康夫(うちだ やすお、1934年11月15日 - )は、日本の推理作家西村京太郎山村美紗とともに、旅情ミステリー作家の代表的人物として知られる。代表作(シリーズ)に浅見光彦(テレビドラマ版は「浅見光彦シリーズ」参照)岡部警部(テレビドラマ版は「岡部警部シリーズ」参照)信濃のコロンボ(テレビドラマ版は「信濃のコロンボ事件ファイル」参照)など。

特に浅見光彦シリーズは、テレビ会社各局の2時間ドラマ帯にて長期シリーズを獲得するなど人気を博しており、その中の一作天河伝説殺人事件は映画にもなった。後述における「初期三作」のうち、商業デビュー作とされる第三作後鳥羽伝説殺人事件は浅見光彦シリーズの第一作でもある。

近年は...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる