「内場勝則」とは?

関連ニュース

「わろてんか」61話。ボンクラ夫には愛人がいて、正妻がないがしろにされているように見えちゃう - 12月12日(火)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第11週「われても末に」第61回 12月11日(月)放送より。 脚本:吉田智子 演出:保坂慶太61話はこんな話ゆう(中村ゆり)は団真(北村有起哉)の元から出ていってしまい、てん(葵わかな)は藤吉(松坂桃李)から寄席の仕事をしなくていいと言われてしまう。 繰り返される伝書鳩パターンゆうに出て行かれて、ふて寝する団真の傍らに、折れた扇子が置いてある。それによって、落語なんてほんとならとっくに辞めていたという彼の言葉は本心ではないのだろうと、感じさせる。てんと藤吉にもそういう象徴的な小道具があればいいのに(てんはたまに小鳥の根付を握りしめているが)。てんと藤吉の、言葉にならない言葉を代弁するのは、トキ(徳永えり)と亀井(内場勝則)だ。喧嘩すると口を利かなくなるのがお決まりらしい夫婦の伝書鳩になる。でも、この伝書鳩たちは優秀なのかそうでないのか、藤吉はだんだんイライラして、「もうええわ」と一喝。口利かないふたりの間を、伝書鳩が行き来するパターンは、てんと藤吉夫婦のお約束として、楽しい。いつの間にやら、すり替わり夫を日本一の席主にしたい一心で5年もがんばってきたのに、しばらく休めと言われて、悲しくなるてん。なぜか突如として、藤吉がよくできた人で、てんが足手まといキャラのようになっている。こ...more
カテゴリー:

内場勝則「ウルッと」主演舞台のDVD発売をPR - 12月10日(日)19:28 

 吉本新喜劇座長、内場勝則(57)が10日、大阪市内で今年7月に主演した舞台「FILL-IN ~娘のバンドに親が出る~」のDVD発売記念イベントを出席した。DVDを上映しながらトークを繰り広げた内場は「おっちゃんたちがウルッとくるかも」…
カテゴリー:

「わろてんか」別のドラマがはじまったかと思った。重厚だった60話 - 12月11日(月)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第10週「笑いの神様」第60回 12月9日(土)放送より。 脚本:吉田智子 演出:保坂慶太60話はこんな話寄席の出演者が急に出られなくなったため、てん(葵わかな)は団真(北村有起哉)に出てもらうことにするが・・・。 繰り返されるモチーフ予定していた人が急に来られない、どうしよう→藤吉(松坂桃李)さんは? いま出かけていない→ちょうど、いい人が!これ、57話にもそっくり同じ流れがあった。モチーフを繰り返すのは、作劇上のテクニックでもあり、吉田智子師匠は好んでそれを用いているように感じる。「ひよっこ」で岡田惠和もやっていた。大事なことは2回繰り返す、じゃないが、二度三度、出すと、印象に残るのだ。でも、今回の場合、大事なことではなく、どちらも、ゆうと団真に活躍させるためのふりなので、ご都合主義としか受け止められず、あまり効果的に使用されてないように思う。良いふうに解釈すれば、ゆうと団真、夫婦で対にしてみた、ということか。とにもかくにも、団真が代わりに出ることになる。 なかなかうまくいきませんところが、団真、なんだか様子がおかしい。久々の高座で武者震いか・・・と思ったが、いざ、本番となったとき、偽団吾じゃないかという客席からの声が気になって、途中で辞めてしまう。これ、芸人として最悪である...more
カテゴリー:

「わろてんか」58話。北村有起哉の名演に片眉を上げる葵わかな - 12月08日(金)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第10週「笑いの神様」第58回 12月7日(木)放送より。 脚本:吉田智子 演出:保坂慶太58話はこんな話団吾(波岡一喜)の偽物(北村有起哉)は、ゆう(中村ゆり)の夫で、噺家だった。てん(葵わかな)は、藤吉に、彼のネタを見てやってほしいと頼む。 まだ名が出てこない「笑いの神さんなんかこの世におるかい」とニヒルなことを言う男(北村有起哉)は、タイトルバックにはまだ「ゆうの夫」としかなってない。公式のニュースなどを見ると、団真という名前であることがわかるが、毎日ドラマだけ見ている者にはまだ謎のままだ。団吾とゆうとこの夫がどういう関係なのか、物語の進行に予測がつかないところは楽しい。「神さんおったら団吾やのうていまごろ俺が天下とってるわ」という男の言葉が気にかかる。天才・団吾と思わせて、実は・・・がありそうだ。 と思わせて、実は・・・だったら藤吉も、無能の極地と思わせて、実は・・・が最後にあるといいのだが。58話も順調にダメ夫ぶりを発揮した(もうそれはそれで安定の域)。「女房のいうことなんか当てにならん」などと言って、てんをムッとさせる。このときの葵わかなの片方の眉毛の上げ方に注目したい。彼女の所属するスターダストは、山田孝之や窪田正孝など、表情を作ることが巧い男の俳優がたくさんいる。...more
カテゴリー:

「内場勝則」の画像

もっと見る

「内場勝則」の動画

Wikipedia

内場 勝則(うちば かつのり、1960年8月22日 - )は、日本お笑いタレント喜劇俳優俳優であり、吉本新喜劇座長。愛称は、うっちーうっちゃんかっちゃん

大阪府大阪市西成区出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。妻は同じ新喜劇の女優の未知やすえ(お笑い芸人としての立場では、やすえの後輩にあたる)で、1児の父でもある。大阪府立東住吉工業高等学校卒業。ダウンタウン、トミーズ、ハイヒールと同じ大阪NSC1期生。

来歴

1982年、NSCに入学。翌年卒業した後は、演劇ユニット「...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる