「具志堅用」とは?

関連ニュース

フジモン「小峠のフラッシュの数多い」全方位フォロー記者会見「ドキュメンタル」シーズン2配信開始 - 04月27日(木)10:00 

司会「それではFUJIWARAの藤本敏史さんから一言ずつお願いします」宮川大輔「としふみ?」バイきんぐ小峠「としふみって言うんですか」FUJIWARA藤本「としふみやって」ノブコブ吉村「名前ダサくないすか?」下の名前を呼ばれるだけで散々な言われよう。都内で行われた『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』シーズン2の完成披露試写会。本編に参加した10名から、藤本敏史(FUJIWARA)、宮川大輔、小峠英二(バイきんぐ)、大島美幸(森三中)、吉村崇(平成ノブシコブシ) の5名が記者会見を行った。頼りになるフジモンの合いの手『ドキュメンタル』は芸人10人による「密室笑わせ合いサバイバル」。同じ部屋で過ごしながら、あの手この手で相手を笑わせるのがルール。笑ったものから部屋を去り、最後の1人まで残れば賞金1000万円を獲得できるのだ。Amazonプライム・ビデオのオリジナルコンテンツであり、地上波ではギリギリアウトな笑いも余すところなく残されている。シーズン1は吉本芸人10名によって行われたが、今回はバナナマン日村(ホリプロ)、アンジャッシュ児島(人力舎)、バイきんぐ小峠(SMA)と他事務所の芸人も参加。さらに初めて女芸人・森三中大島も乗り込んだ。大島「ずっと考えてました。女性として何ができるかなと……」藤本「なんでもできるやん……」大島「呼ばれたからには。やっ...more
in English
カテゴリー:

井岡、自己採点は50点=ボクシング - 04月24日(月)14:57 

WBAフライ級チャンピオンの井岡一翔が、5度目の防衛を遂げた試合から一夜明けた24日、大阪市内で会見した。具志堅用高に並ぶ日本選手最多の世界戦14勝となったが、自己採点は「50点くらい」と厳しかった。
in English
カテゴリー:

井岡 世界戦の通算勝利数「14」 日本記録に並ぶ - 04月23日(日)22:50 

WBA=世界ボクシング協会のフライ級チャンピオン、井岡一翔選手が、23日夜、大阪市で行われたタイトルマッチでタイの選手に判定で勝ち、5回目の防衛に成功しました。井岡選手は世界戦の通算勝利数が「14」となり、具志堅用高さんの日本記録に並びました。
in English
カテゴリー:

ボクシング:井岡判定で5度目防衛 大森はTKO負け - 04月23日(日)21:41 

 プロボクシングのダブル世界タイトルマッチ各12回戦が23日、エディオンアリーナ大阪で行われた。世界ボクシング協会(WBA)フライ級王者の井岡一翔(28)=井岡=は世界初挑戦の同級2位、ノクノイ・シットプラサート(30)を3-0の判定で退け、5度目の防衛に成功。世界戦通算勝利数をWBAライトフライ級元王者の具志堅用高に並ぶ国内男子歴代最多の14に伸ばした。世界ボクシング機構(WBO)バンタム級6位の大森将平(24)=ウォズ=は同級前王者(前日計量で体重超過により王座剥奪)のマーロン・タパレス(25)=フィリピン=に十一回16秒TKOで敗れ、世界初挑戦での王座獲得はならなかった。同級王座は空位のまま。戦績は井岡が22勝(13KO)1敗、大森は18勝(13KO)2敗。国内の現役男子世界王者は10人のまま。
in English
カテゴリー:

井岡、5度目の防衛に成功=大森は王座獲得ならず-ボクシング世界戦 - 04月23日(日)21:28 

 ボクシングの世界タイトルマッチ12回戦2試合が23日、エディオンアリーナ大阪で行われ、世界ボクシング協会(WBA)フライ級はチャンピオンの井岡一翔(井岡)が同級2位のノクノイ・シットプラサート(タイ)を3-0の判定で下し、5度目の防衛に成功した。世界戦は14勝目となり、WBAライトフライ級元王者の具志堅用高が持つ日本選手の最多記録に並んだ。 井岡は序盤から上下に打ち分け優勢。3回にローブローで減点1を科されたが、手数と有効打で上回り完勝した。 世界ボクシング機構(WBO)バンタム級は、同級6位の大森将平(ウォズ)がマーロン・タパレス(フィリピン)に11回16秒TKOで敗れ、王座を獲得できなかった。チャンピオンだったタパレスは前日計量で体重超過のため失格となっており、王座は空位のままとなる。 大森は10回、左アッパーから右フックを浴びてダウン。11回は防戦一方となって敗れた。 日本のジムに所属する現役男子世界王者は10人で変わらない。 [時事通信社]
in English
カテゴリー:

ボクシング:防衛一夜明けて井岡「これにとどまらず…」 - 04月24日(月)18:12 

 世界ボクシング協会(WBA)フライ級王者の井岡一翔(井岡)が5度目の防衛から一夜明けた24日、大阪市内の所属ジムで記者会見した。具志堅用高と並ぶ国内男子歴代最多の世界戦通算14勝に到達し「気持ちとして大きく変わることはない。これにとどまらずやっていきたい」と更新に意欲を見せた。
in English
カテゴリー:

井岡、自己採点は50点=WBAフライ級 - 04月24日(月)14:54 

 世界ボクシング協会(WBA)フライ級チャンピオンの井岡一翔(井岡)が、5度目の防衛を遂げた試合から一夜明けた24日、大阪市内の所属ジムで記者会見した。ノクノイ・シットプラサート(タイ)を大差判定で退け、具志堅用高に並ぶ日本選手最多の世界戦14勝としたが、自己採点は「50点くらい」と厳しかった。 多彩なコンビネーションで相手を支配しながら、決定打を欠いた内容。「仕留め切れなかったこと、もらったなというパンチがあり、そこは課題」と反省した。他団体王者との統一戦を期待する声もある今後について、父の一法会長は「チャンスがあればやらせたい」と話した。 [時事通信社]
in English
カテゴリー:

井岡一翔、進化するボクシング 防御に前回防衛戦生かす - 04月23日(日)21:56 

(23日、WBAフライ級タイトルマッチ) 37年前に具志堅用高さんが記録した世界戦14勝に並んだ井岡は淡々と、穏やかに勝利を受け止めた。4戦連続KO勝利がならなかったのは「少し悔しいところ」。ただ静か…
in English
カテゴリー:

ボクシング、井岡が5度目の防衛 - 04月23日(日)21:38 

ボクシングのダブル世界戦各12回戦が23日、エディオンアリーナ大阪で行われ、世界ボクシング協会(WBA)フライ級王者の井岡一翔(井岡)は同級2位のノクノイ・シットプラサート(タイ)に3―0で判定勝ちし、5度目の防衛に成功した。世界戦通算勝利数が「14」となり、具志堅用高の日本記録に並んだ。 井岡はダウンを奪えなかったが、右ストレートなどを的確に打ち込み、危な...
in English
カテゴリー:

【ボクシング】WBA世界フライ級王者・井岡一翔がノックノイ・シッチパラサートに大差の判定勝利で5度目の防衛に成功 - 04月23日(日)21:13 

◆プロボクシング ダブル世界戦 ▽WBA世界フライ級タイトルマッチ12回戦  王者・井岡一翔―同級2位・ノクノイ・シットプラサート WBA世界フライ級王者・井岡一翔(28)が、同級2位のノクノイ・シットプラサート(30)=タイ=を下し、 5度目の防衛に成功した。 元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高氏(61)=白井・具志堅スポーツジム会長=の 国内世界戦最多勝利数14に並んだ。 井岡は61連勝中とキャリアを積んで世界初挑戦の相手に粘られながらも、着実にポイントを重ね、 判定勝利となった。 戦績は井岡が22勝(13KO...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「具志堅用」の画像

もっと見る

「具志堅用」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる