「具志堅用」とは?

関連ニュース

【ボクシング】“神の左” 山中慎介TKO負け喫するもメキシコでルイス・ネリにリベンジの可能性 - 08月18日(金)14:27  mnewsplus

8月15日にWBC世界バンタム級王者の山中慎介が同級1位ルイス・ネリ(メキシコ)に4ラウンド2分29秒TKO負けを喫し、13度目の防衛に失敗した。 2011年11月から保持してきたタイトルを失い、具志堅用高の持つ世界王座13連続防衛の日本記録に並ぶことはできなかった。 「山中は、左利きのボクシング選手が参考にするスタイルでこれまで防衛を重ねてきただけに、ボクサーに与えたショックは大きい。 山中が繰り出すパンチは、全国のジムでVTRを教科書として使っているほどで、今後は、山中のパンチを基準に、左利きのボクサーの攻撃は組み...
»続きを読む
カテゴリー:

【ボクシング】<山中慎介>V13具志堅超えに失敗...タオル投入の暴走がなければ勝てていたのか? - 08月16日(水)16:23  mnewsplus

ボクシングのWBC世界バンタム級王者の山中慎介(34、帝拳)が15日、京都の島津アリーナ京都で同級1位のルイス・ネリ(22、メキシコ)との13度目の防衛戦に臨んだが、4ラウンド2分29秒にTKOで敗れ、元WBA世界ライトフライ級王者、具志堅用高氏が持つ13度の連続日本記録に37年ぶりに並ぶことができなかった。  ネリが入念に練った作戦の罠に嵌っての敗北だったが、4ラウンドのTKOは、山中陣営のセコンドが暴走してタオルを投入したことが発端となっていた。帝拳の本田明彦会長は「最悪のストップ。ビックリした。山中も納得していないだ...
»続きを読む
カテゴリー:

山中、進退「落ち着いて考える」=防衛失敗から一夜明け-ボクシング - 08月16日(水)11:50 

 世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチで、13度目の防衛に失敗した山中慎介(帝拳)が試合から一夜明けた16日、京都市内のホテルで記者会見し、自身の進退について「大事なことなので落ち着いて考えたい。そんなに長くないうちに決めたい」と語った。 34歳の山中は具志堅用高が持つ日本男子歴代最多記録の世界王座13度連続防衛に挑んだが、ルイス・ネリ(メキシコ)に4回TKO負けし、プロ初黒星を喫した。4回に相手の連打を浴びると、トレーナーからタオルが投げ入れられた。「出し切ってないから悔しいという思いもある。体は大きなけがもないし、いけると思う。ただここ最近の試合は危なっかしい場面もあった」と話した。 防衛に成功していた場合に引退する考えがあったことも明かし、「納得のいく勝ち方であればもういいのかなと思ってた。でもこういう内容なので、逆に悩んでいる」と迷いを口にした。 [時事通信社]
カテゴリー:

【ボクシング】V13具志堅超えに失敗した山中はタオル投入の暴走がなければ勝てていたのか - 08月16日(水)05:06  mnewsplus

ボクシングのWBC世界バンタム級王者の山中慎介(34、帝拳)が15日、京都の島津アリーナ京都で同級1位のルイス・ネリ(22、メキシコ)との13度目の防衛戦に臨んだが、 4ラウンド2分29秒にTKOで敗れ、元WBA世界ライトフライ級王者、具志堅用高氏が持つ13度の連続日本記録に37年ぶりに並ぶことができなかった。 ネリが入念に練った作戦の罠に嵌っての敗北だったが、4ラウンドのTKOは、山中陣営のセコンドが暴走してタオルを投入したことが発端となっていた。 帝拳の本田明彦会長は「最悪のストップ。ビックリした。山中も納得していない...
»続きを読む
カテゴリー:

【ボクシング】山中慎介4R・TKO負け!具志堅の13連続防衛に並ぶ日本記録ならず、WBC世界バンタム級★4 - 08月16日(水)00:18  mnewsplus

山中慎介TKO負けでV13ならず [2017年8月15日20時39分] <プロボクシング:WBC世界バンタム級タイトルマッチ12回戦>◇15日◇京都・島津アリーナ京都  WBC世界バンタム級王者山中慎介(34=帝拳)が挑戦者の同級1位ルイス・ネリ(22=メキシコ)に4回TKOで敗れ、初黒星を喫した。  80年に樹立した具志堅用高氏の日本記録の13度目の防衛に並ぶことが出来なかった。 山中慎介 (34=帝拳、王者) ● 4回TKO ○ ルイス・ネリ (22=メキシコ、同級1位) 【4回】 ネリの連打を山中は上体...
»続きを読む
カテゴリー:

【ボクシング】<TKO負け・山中慎介>いったい、どういうことなのか?「予期せぬ決着」「タオル投入」の深層! - 08月17日(木)12:29  mnewsplus

まさかの連続だ。WBC世界バンタム級タイトルマッチ(15日、島津アリーナ京都)で、王者の山中慎介(34=帝拳)は同級1位ルイス・ネリ(22=メキシコ)に4回2分29秒、TKOで敗れた。元WBA世界ライトフライ級王者の具志堅用高氏(62)が持つ世界王座の国内連続防衛記録「13」に並ぶことはできなかったが、セコンドのタオル投入で決着したことに帝拳ジムの本田明彦会長(69)が激怒する意外な展開に…。いったい、どういうことなのか?「予期せぬ決着」の深層に迫った。  2011年11月に始まった長期政権は...
»続きを読む
カテゴリー:

【ボクシング】V13具志堅超えに失敗した山中はタオル投入の暴走がなければ勝てていたのか ★2 - 08月16日(水)13:40  mnewsplus

ボクシングのWBC世界バンタム級王者の山中慎介(34、帝拳)が15日、京都の島津アリーナ京都で同級1位のルイス・ネリ(22、メキシコ)との13度目の防衛戦に臨んだが、 4ラウンド2分29秒にTKOで敗れ、元WBA世界ライトフライ級王者、具志堅用高氏が持つ13度の連続日本記録に37年ぶりに並ぶことができなかった。 ネリが入念に練った作戦の罠に嵌っての敗北だったが、4ラウンドのTKOは、山中陣営のセコンドが暴走してタオルを投入したことが発端となっていた。 帝拳の本田明彦会長は「最悪のストップ。ビックリした。山中も納得していない...
»続きを読む
カテゴリー:

山中慎介、具志堅用高の日本記録V13ならず WBC世界タイトルマッチ - 08月16日(水)07:29 

15日、京都の島津アリーナ京都でボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチ12回戦が行われた。
カテゴリー:

【ボクシング】山中と一問一答 まだまだやれるというのはあった。セコンドを心配させたのが原因 - 08月16日(水)01:18  mnewsplus

ボクシングのWBC世界バンタム級タイトルマッチ12回戦は15日、京都市の島津アリーナ京都で行われ、 王者・山中慎介(34=帝拳)が挑戦者の同級1位ルイス・ネリ(22=メキシコ)に4R途中TKOで敗れ、 具志堅用高(元WBA世界ライトフライ級王者)の日本記録に並ぶ13連続防衛を果たすことができなかった。 ――結果を受けて。 「負けておいてこんなことを言うのもなんですけど、向かい合って、大したことないと思って戦ったんですけど。 ビデオを見てみないと分からないですけど、4回の場面は自分的にはもちろん...
»続きを読む
カテゴリー:

具志堅さん「彼は強い人間」 山中のTKO負け見届ける - 08月15日(火)23:34 

 2012年4月から12連続の防衛を積み重ねてきた山中慎介(34)=帝拳=が15日、4回TKOで負けた。日本のジム所属の男子選手の最多13連続防衛という記録を持つ具志堅用高さん(62)は、リングサイド…
カテゴリー:

もっと見る

「具志堅用」の画像

もっと見る

「具志堅用」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる