「共謀罪」とは?

関連ニュース

【森友】維新・足立康史「籠池容疑者夫妻とつるんで謀議を繰り返してきた野党4党は、なんかコメントしないんかな?」 - 08月21日(月)18:01  newsplus

http://www.buzznews.jp/?p=2110438 森友学園の籠池前理事長夫妻が補助金をだまし取ったとして逮捕された問題で、大阪地検特捜部が8月21日にも詐欺の疑いで再逮捕する方針、と伝えられたことに対し、日本維新の会・足立康史議員が野党にコメントするよう求めています。 籠池前理事長らの再逮捕については8月19日にも報じられていましたが、この時と8月21日に再び扱った記事のそれぞれについて足立議員はこのように繰り返しています。 足立(8月19日)「この容疑者夫妻とつるんで謀議を繰り返してきた野党4党は、なんかコメント...
»続きを読む
カテゴリー:

二人は似た者同士!? 高須克弥院長がワイドナショー降板騒動の松本人志にエール - 08月19日(土)01:00 

『Twitter』上で「しゃべっても。謎の事情でカットされ。。。」と意味深な投稿をしたことから“『ワイドナショー』(フジテレビ)降板をにおわせているのではないか”と話題の松本人志さん。 そんな松本さんに同番組スポンサーで高須クリニック院長の高須克弥さんが 「おいおい 君が気に入ってるからスポンサーやってるんだぜ。 やめないでよ松ちゃん。なう」 とエールを送った。 高須さんは松本さんのことを気に入って番組スポンサーになっていると明言したわけだが、たしかに過去に放送された『ワイドナショー』での論調から判断するに、憲法9条に否定的で安保法制や共謀罪に迎合するなどこの二人の政治的な論調はほとんど一致している。 2015年に松本さんが「日韓合意は日本は受け付けないでいい」と主張した際も高須さんは「筋を通す正直者」、「松本人志、いいこと言う。彼が報道ステーションのキャスターになったらすぐにスポンサーする」と激賞している。 二人にいかほどの交流があるのかはわからないが、高須さんにとって松本さんは”自らの主張をそのまま流布してくれる”またとない逸材なのだろう。 もし降板騒動が実際のものになったら、高須さんがバックアップした新しい情報バラエティ番組が誕生するかもしれない。 ※画像は『Twitter』より https://twitter.com/ka...more
カテゴリー:

【敗戦記念日】国民意識も変わってきた。中国、北朝鮮を敵視する排外主義が横行しネットや雑誌では「反日」や「売国奴」と罵詈雑言★2 - 08月15日(火)22:06  newsplus

2017年8月15日 07:10 長い戦争がようやく終わりを告げ、平穏な暮らしが戻ってきた。人々が平和の尊さを実感したのは、戦時下の生活の制約から解放され、日常を取り戻した時であった。  作家の永井荷風は終戦の日から3日後、日記にこう書いている。「朝おも湯を啜(すす)り昼と夕とには粥に野菜を煮込みたるものを口にするのみ。されど今は空襲警報をきかざる事を以て最大の幸福となす」(『断腸亭日乗』)  戦後、生活雑誌「暮しの手帖」を創刊した花森安治は著書『一戔五厘の旗』で「夜になると 電灯のスイッチをひねる」「ね...
»続きを読む
カテゴリー:

沖タイ「平和・民主主義・人権と聞いただけでアレルギー起こし、忌避するような動きが広がっている」 - 08月15日(火)12:13  news

長い戦争がようやく終わりを告げ、平穏な暮らしが戻ってきた。人々が平和の尊さを実感したのは、戦時下の生活の制約から解放され、日常を取り戻した時であった。 作家の永井荷風は終戦の日から3日後、日記にこう書いている。「朝おも湯を啜(すす)り昼と夕とには粥に野菜を煮込みたるものを口にするのみ。されど今は空襲警報をきかざる事を以て最大の幸福となす」(『断腸亭日乗』) 戦後、生活雑誌「暮しの手帖」を創刊した花森安治は著書『一戔五厘の旗』で「夜になると 電灯のスイッチをひねる」「ねるときには ねまきに着...
»続きを読む
カテゴリー:

答弁迷走の金田・前法相、自民幹事長代理に「横滑り」 - 08月08日(火)18:26 

 自民党は8日の総務会で、金田勝年・前法相を幹事長代理に充てるなどの人事を了承した。金田氏は通常国会で「共謀罪」法の審議で答弁が迷走。内閣改造で交代していたが、党幹部への「横滑り」となった。 二階俊博…
カテゴリー:

【日越/社会】日本のベトナム反戦運動、ヘルメットは語る 現地で展示 [朝日新聞デジタル] - 08月21日(月)16:22  newsplus

日本の1960~70年代にベトナム反戦などを訴えた学生運動についての展示が20日、ベトナム・ホーチミンの戦争証跡博物館で始まった。反戦デモに集まった市民の写真や、学生らがかぶったヘルメット、ポスターなどを展示している。  67年10月8日、佐藤栄作首相(当時)の南ベトナム訪問を阻止しようと集まった学生らが警官隊と衝突し、京都大の山崎博昭さん(当時18)が死亡してから50年の節目にと、山崎さんの同窓生や、当時学生運動に関わった人たちが企画し、実現した。  ベトナムでの展示プロジェクトの発起人代...
»続きを読む
カテゴリー:

【小林よしのり/三浦瑠麗】「共謀罪」肯定の詭弁【すしとも】[08/15] - 08月15日(火)23:56  seijinewsplus

2017年08月14日 19:52 http://blogos.com/article/240399/ 三浦瑠麗が、8月12日の東京新聞で、「共謀罪」法の成立などによって「今の社会に、戦前のかおりがしないか」という問いを全面否定している。 三浦瑠麗は、「大日本帝国が本当の意味で変調を来し、人権を極端に抑圧した総動員体制だったのは、一九四三(昭和十八)-四五年のせいぜい二年間ほどでした」と言い切っているが、わしはこの無知にあきれ果てた。 三浦瑠麗は、小林多喜二が治安維持法違反の容疑で逮捕され、特高警察の拷問によって惨殺されたのが1933年(昭和8)...
»続きを読む
カテゴリー:

【敗戦記念日】国民意識も変わってきた。中国、北朝鮮を敵視する排外主義が横行し、ネットや雑誌では「反日」「売国奴」などの罵詈雑言 - 08月15日(火)18:59  newsplus

2017年8月15日 07:10 長い戦争がようやく終わりを告げ、平穏な暮らしが戻ってきた。人々が平和の尊さを実感したのは、戦時下の生活の制約から解放され、日常を取り戻した時であった。  作家の永井荷風は終戦の日から3日後、日記にこう書いている。「朝おも湯を啜(すす)り昼と夕とには粥に野菜を煮込みたるものを口にするのみ。されど今は空襲警報をきかざる事を以て最大の幸福となす」(『断腸亭日乗』)  戦後、生活雑誌「暮しの手帖」を創刊した花森安治は著書『一戔五厘の旗』で「夜になると 電灯のスイッチをひねる」「ね...
»続きを読む
カテゴリー:

汚い八重山「核にはノーでも自衛隊は良いとする市長は偽善者!同じ戦争の道具なんだぞ!!」 - 08月11日(金)12:07  news

被爆72年に当たって先週「石垣市核廃絶平和都市宣言」をした中山市長と宣言の整合性について指摘した。 その後市長が9日の長崎の平和祈念式典や平和首長会議に参加しているので、再度同宣言を取り上げることにした ▼同宣言は中山市長が就任2年目の2011年12月、革新の内原市長時代の1984年に制定された「石垣市非核平和都市宣言」に屋上屋を架す形で、野党の反対を押し切って制定した ▼その宣言は「私たち石垣市民は、広島と長崎で原爆の恐ろしさ、悲惨さ、残酷さを知りました」と何十万人という沖縄戦や八重山戦争マラ...
»続きを読む
カテゴリー:

【第三次安倍内閣/改造と晋三】「消えた面々」 改造直前に辞任に追い込まれた稲田朋美元防衛相は、“疑惑隠し”改造の象徴 [08/06] - 08月06日(日)15:16  seijinewsplus

2017年8月6日(日)  第3次安倍再々改造内閣では、1年前の再改造で初・再入閣、留任した14人(辞任閣僚を含む)が去りました。閣僚から消えた面々を見ると、今回の改造は“疑惑隠し”となっています。  数々の閣僚失格の言動を繰り返しても安倍晋三首相が最後までかばい続け、改造直前に辞任に追い込まれた稲田朋美元防衛相は、“疑惑隠し”改造の象徴です。 ●世論に背  南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の「日報」問題で稲田氏は、組織的な隠ぺいを了承していた疑惑を抱えています。野党側は10日に開かれる閉...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「共謀罪」の画像

もっと見る

「共謀罪」の動画

Wikipedia

、自身の権限の範囲において書簡を送付した。

  • 報道によれば「プライバシーや表現の自由を不当に制約する恐れがある」「人権に有害な影響を及ぼす危険性がある」等の懸念が示されている。
  • 特にプライバシー関連の保護と救済に関する5点の懸念事項がある。
  • 提案されている法改正及びその潜在的な日本におけるプライバシーの権利への影響に関する情報
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる