「共和党」とは?

関連ニュース

【税金】トランプ米大統領、法人税の税率を今の35%から15%に引き下げ指示…大幅減税で財政赤字拡大を懸念する声も - 04月25日(火)18:08 

トランプ大統領 法人税15%に引き下げ指示 米紙報道 4月25日 7時45分 アメリカのトランプ大統領は、企業の競争力を増して雇用の創出を促すため、法人税の税率を今の35%から15%に引き下げる方針を、今月26日に公表する予定の税制改革案に盛り込むようホワイトハウスの側近に指示したと、アメリカのメディアが伝えました。 トランプ大統領は先週、「水曜日に税制改革に関わる大きな発表を行うつもりだ。改革の手続きは、ずっと前から始まっていたが、正式には水曜日に始まる」と述べ、26日に税制改革案を公表する考えを明ら...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

トランプ氏、法人税を15%に引き下げへ 党内にも懸念の声 - 04月25日(火)17:04 

トランプ米大統領は26日に発表する税制改革案の中で、大統領選での公約通り、法人税を現行の35%から15%に引き下げる方針を示す見通しだ。この案に対しては与党・共和党内部からも問題を指摘する声が上がっている。 大規模な減税は、共和党主流派が削減を主張してきた財政赤字を、逆に拡大させる恐れがあるからだ。 米シンクタンク、税政策センター(TPC)が昨年11月に試算したところによると、トランプ氏が公約...
in English
カテゴリー:

米大統領、法人税15%に下げ指示=財政赤字拡大の恐れ - 04月25日(火)08:28 

 【ワシントン時事】24日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は、トランプ米大統領が、26日に打ち出す税制改革案に公約である法人税率の15%への引き下げを盛り込むよう指示したと報じた。景気浮揚や雇用拡大を優先するためで、税収不足により財政赤字が膨らむ恐れがある。 トランプ政権は、法人税引き下げや中間所得層の税制簡素化に取り組む方針。同紙によれば、政権案をめぐり、ムニューシン財務長官とコーン国家経済会議(NEC)委員長が25日、議会指導部と協議する予定。 政権は、税制改革などにより米経済は「3%超の成長が可能」(ムニューシン氏)で、税収も増えると主張。ただ、与党共和党内では減税に伴う税収の落ち込みで財政赤字の拡大を懸念する声も根強く、調整が難航する可能性もある。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

【仏大統領選】マクロン氏が24.01%、ルペン氏21.30%=仏大統領選最終集計 - 04月25日(火)02:29 

http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPL4N1HW4TJ [パリ 24日 ロイター] - 仏内務省が24日発表した、大統領選第1回投票の最終集計結果によると、得票率は中道系独立候補のエマニュエル・マクロン前経済相が24.01%、極右政党・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首が21.30%だった。 中道右派・共和党のフィヨン元首相が20.01%、極左候補のメランション氏は19.58%となった。 2017年 4月 25日 1:48 AM JST ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【仏大統領選】マクロン氏が仏大統領決選へ、ポピュリズムの波は消滅か - 04月24日(月)18:35 

http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKBN17Q02E [パリ 23日 ロイター] - 英国と米国を昨年襲ったポピュリズム(大衆迎合主義)の津波は23日、フランスの海岸で消滅したのかもしれない。 同日のフランス大統領選第1回投票では、極右政党・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首と中道系独立候補のエマニュエル・マクロン前経済相が決選投票に進むことになった。マクロン候補はグローバリゼーションや移民受け入れ、欧州連合(EU)への支持という、最近の潮流に反するような政策を打ち出して成功を収めた。 世論...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【経済】山積する円高要因、かすむ日米金利差 - 04月25日(火)18:01 

http://jp.mobile.reuters.com/article/topNews/idJPKBN17R0NB [東京 25日] - 年初118円台を記録したドル円は、米連邦準備理事会(FRB)が昨年12月と今年3月に利上げを実施したにもかかわらず、108円台まで下落した。日米金利差の拡大という上昇材料はあったものの、その効果を打ち消すほど多くの下落材料が存在していたということだ。 よく指摘されるように、リスク回避の円買いはドル円下落の一因だろう。ただ、MSCI新興国株価指数を見ると、4月に入ってからも昨年来の高値圏で踏みとどまっていた。リスクオ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

決選投票へ反ルペン氏の動き、大統領も表明 仏大統領選 - 04月25日(火)11:03 

 フランスの最大野党・共和党は24日、5月7日の大統領選の決選投票で、前経済相エマニュエル・マクロン氏(39)を支持することを表明した。オランド大統領も同日、同様の考えを明らかにした。右翼・国民戦線(…
in English
カテゴリー:

第1回投票の結果確定=仏大統領選 - 04月25日(火)07:07 

 【パリ時事】フランス内務省は24日、大統領選第1回投票の各候補の確定得票率を発表した。主要5候補のうち、中道系独立候補のマクロン前経済相(39)が24%で首位、極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首が21.3%で2位となり、この2氏が5月7日の決選投票に進んだ。 右派野党・共和党のフィヨン元首相(63)は20%、急進左派・左翼党のメランション共同党首(65)は19.6%、左派与党・社会党のアモン前教育相(49)は6.4%だった。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

【仏大統領選】マクロン氏が仏大統領決選へ、ポピュリズムの波は消滅か ★2 - 04月24日(月)23:09 

http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKBN17Q02E [パリ 23日 ロイター] - 英国と米国を昨年襲ったポピュリズム(大衆迎合主義)の津波は23日、フランスの海岸で消滅したのかもしれない。 同日のフランス大統領選第1回投票では、極右政党・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首と中道系独立候補のエマニュエル・マクロン前経済相が決選投票に進むことになった。マクロン候補はグローバリゼーションや移民受け入れ、欧州連合(EU)への支持という、最近の潮流に反するような政策を打ち出して成功を収めた。 世論...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

仏大統領選は「左右」ではなく「上下」の戦いである――ルペンとマクロン決選投票を在仏ジャーナリストが分析 - 04月24日(月)15:53 

◆史上稀に見る大激戦となった大統領選  フランス大統領選挙の第一次投票が終わった。これから2週間、中道左派のエマニュエル・マクロン(前進!)対極右のマリーヌ・ルペン(国民戦線)の一騎打ちが展開される。  史上稀に見る大激戦となった今回の選挙だったが、じつは、1年前はまったくの無風であった。オランド大統領のあまりの不人気に、所属政党の社会党に目はなく、世論調査では右派の有力候補ジュペ元首相が第1回投票では35%で第2位ルペン氏(27%)を大きく離し、決選投票でも65%で圧勝であった。  ジュぺ氏はシラク元大統領の後継者と自他共に認められていたが、シラク氏のパリ市長時代のスキャンダルを当時の副市長として一身にかぶって立候補できず、ようやく復活したベテランである。いわばサルコジ元大統領のアンチテーゼで中道派から社会党右派まで引き込む力があった。  ところが、昨年11月の右派の予備選で当選したのは、3番手と見られていたフィヨン氏であった。 ◆フィヨンはいかにして有力候補になったか?  アメリカと違って、フランスには本来予備選はない。そもそもいま共和党と訳されている「ラ・レピュブリカン」は正確には政党連合であるが、このように左右の2勢力に分かれるものの、それぞれの陣営にはいくつもの党があり、そこから第1回投票に出るのが通例であった。それを、サルコジ元大統領が中道候補を第1回投票か...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「共和党」の画像

もっと見る

「共和党」の動画

Wikipedia

共和党(きょうわとう)は世界各国でよく使われる政党名の一つ。共和主義者(君主国における君主制廃止論者)や、歴史のある共和国国家主義者、連邦国家の中央集権主義者、あるいはそれ以外の意味で使われることが多い。

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる