「共同研究」とは?

関連ニュース

雄安北京副中心明确产业发展方向 避免同质竞争 - 08月21日(月)21:46 

  新华社北京8月21日电(记者 孔祥鑫)记者21日从北京市发展改革委获悉,北京市日前与津冀两省市协同办共同研究制定了《关于加强京津冀产业转移承接重点平台建设意见》,明确了河北雄安新区、北京城市副中心产业发展方向,细化了曹妃甸协同发展示范区等4个战略合作功能区产业承....
カテゴリー:

理研、記憶を思い出す神経回路を発見- 海馬の2つの局所回路が役割を分担 - 08月21日(月)17:45 

理化学研究所(理研)は、脳科学総合研究センター理研-MIT神経回路遺伝学研究センターの利根川進センター長、ディラージ・ロイ大学院生らの共同研究チームが、マウス脳の海馬支脚を経由する神経回路が、記憶の想起に重要な役割を果たすことを発見したことを発表した。
カテゴリー:

理研、プライミング処理後の種子寿命を減少させる場合がある原因を解明 - 08月21日(月)12:56 

理化学研究所(理研)は、同所環境資源科学センター適応制御研究ユニットの瀬尾光範氏、佐野直人氏、セルロース生産研究チームの持田恵一氏らの共同研究グループが、「プライミング」と呼ばれる種子処理後の種子寿命の減少には、植物ホルモンの一種である「ブラシノステロイド」が関与することを明らかにしたことを発表した。
カテゴリー:

TMDU、日本人に多い上大静脈起源の心房細動の遺伝的リスク因子を同定 - 08月21日(月)09:36 

東京医科歯科大学(TMDU)は、同大学医学部附属病院遺伝子診療科の江花有亮講師と難治疾患研究所生体情報薬理学分野の古川哲史教授の研究グループが、さいたま赤十字病院、土浦協同病院、国立災害医療センターとの多施設共同研究において2,170人の心房細動症例を対象に臨床研究を実施し、上大静脈起源の異所性興奮が原因で起こる心房細動患者で共通する臨床パラメーターや一塩基多型を特定したことを発表した。
カテゴリー:

音波を用いて銅に磁気を生じさせる研究 新たな磁気デバイスに応用可能か - 08月20日(日)17:35 

慶應義塾大学、東北大学、日本原子力研究開発機構先端基礎研究センターの共同研究グループは、銅に音波を注入することによって「スピン流」という電子の持つ磁気の流れを生じさせることに成功したと発表した。
カテゴリー:

理化学研究所、空間反転対称性の破れた結晶構造を持つ物質でp-n接合形成せずに光起電力の発生を実証! - 08月21日(月)17:53  news

理化学研究所(理研)創発物性科学研究センター 強相関界面研究グループの中村優男上級研究員(科学技術振興機構さきがけ研究者)、 川﨑雅司グループディレクター(東京大学大学院工学系研究科教授)、動的創発物性研究ユニットの賀川史敬ユニットリーダー、 強相関物性研究グループの十倉好紀グループディレクター(東京大学大学院工学系研究科教授)らの共同研究グループ※は、 シフト電流[1]と呼ばれる量子力学的な光電流の発生を、有機分子性結晶のtetrathiafulvalene-p-chloranil(TTF-CA)において実証することに成功しました...
»続きを読む
カテゴリー:

早大、直径100mの気球で天体からの硬X線の偏光情報を高い信頼性で検出 - 08月21日(月)14:16 

早稲田大学は、同大学理工学術院先進理工学研究科片岡淳教授、広島大学大学院理学研究科の高橋弘充助教、宇宙科学センターの水野恒史准教授、東京大学大学院理学系研究科釡江常好名誉教授、名古屋大学宇宙地球環境研究所田島宏康教授ら、日本とスウェーデンのPoGO+(ポゴプラス)国際共同研究グループが、2-16万電子ボルトのX線(硬X線)で、天体からの偏光を高い信頼性で検出検出したことを発表した。
カテゴリー:

電源開発とNICT、ドローン用無線伝送システムの共同研究を開始 - 08月21日(月)12:55 

電源開発(以下、Jパワー)と情報通信研究機構(以下、NICT)は、「ドローンを活用した電力設備点検のための無線伝送システムの共同研究」のため、契約を締結したと発表した。
カテゴリー:

遺伝子検査キット販売のパイオニア、ジェネシスヘルスケアが楽天を引受先とする第三者割当増資を実施 - 08月21日(月)05:02 

[ジェネシスヘルスケア株式会社] [画像: https://prtimes.jp/i/8653/42/resize/d8653-42-565443-1.jpg ] ジェネシスヘルスケアは、長年の自社による遺伝子解析と同分野における共同研究による実績に加え、遺伝子解析サービスの提供を通じて国内...
カテゴリー:

無精子症マウスのiPS細胞使い子孫誕生に成功 「理論上は卵子でも可能」男性不妊症の治療に光 - 08月18日(金)14:32 

 染色体異常が原因で無精子症となっている不妊マウスの人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って正常な生殖細胞を作り、人工授精で健常な子を出産させることに成功したと、京都大大学院医学研究科の斎藤通紀教授(細胞生物学)らと英国の研究所の共同研究グループが17日、米科学誌「サイエンス」電子版に発表した。斎藤教授は「将来的には、染色体異常による人の不妊治療法の開発につながる可能性がある」と話している。
カテゴリー:

もっと見る

「共同研究」の画像

もっと見る

「共同研究」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる