「共同研究」とは?

関連ニュース

世界の「葉の面積」が増えているが、それは温暖化の兆候だった:研究結果 - 06月27日(火)07:00 

過去30年で、地表の葉の面積が大きく増えていることが欧州委員会共同研究センターの研究により明らかになった。緑が増えているのは一見いいニュースに思えるが、実は温暖化が進んでいることを示す兆候だった。
カテゴリー:

ボーイングと川崎重工業、協力強化に合意 - 06月26日(月)14:03 

ボーイングと川崎重工業は、パリ・エアショーで、先進生産技術や将来航空機事業における共同検討を含む協力強化に合意した。 ボーイングの将来民間航空機事業における協力のあり方を検討するほか、既存事業にかかわるコスト削減活動の推進によるボーイング民間航空機の市場競争力強化、先進的な生産技術を含む共同研究開発、共通の関心事となる分野における共同開発や協業などが含まれている。 両社は40年以上に渡り、767型機、777型機、787型機、777Xなどで協業している。この合意により、「両社の市場競争力を一層強固にするものと確信している。」としている。
カテゴリー:

【実は謎だった】「汗をかく」仕組みがついに解明される!!!! - 06月23日(金)17:27 

本格的な暑い夏が近づいてきたが、人間はなぜ汗を流すのか、実はよくわかっていなかったらしい。 大阪大学と男性化粧品マンダムの共同研究チームは2017年6月22日、世界で初めて汗を分泌する汗腺の3次元構造の可視化に成功したと発表した。 汗腺は複雑な構造をしており、これまでは2次元画像でしか調べられなかったため、汗が出る仕組みがよくわからなかった。 これでやっと熱中症など発汗による病気の解明に取り組めるという。 汗腺は糸くずが絡まるような超複雑構造 大阪大学とマンダムの共同発表資料によると、この研究は米...
»続きを読む
カテゴリー:

 「飲食店舗向けの賃料推定システム」を7月3日から試験運用開始  - 06月23日(金)15:20 

[株式会社ABC店舗] ■共同研究の経緯と目的 弊社は2002年の創業より、飲食店の「居抜き」物件に特化した不動産会社のパイオニアとして、インターネットや蓄積してきた豊富なデータを基にした営業手法で、出店・開業のサポートを...
カテゴリー:

「バベルの塔」がもう1枚!? タブーを超え実現した「クローン文化財」制作秘話 - 06月22日(木)08:00 

東京芸術大学がオランダとの共同研究で「バベルの塔」のクローンを制作。最先端テクノロジーと伝統技術のコラボで実現した。
カテゴリー:

電解水素水の飲用効果、メカニズムの解明を目指し日本トリム 理化学研究所との共同研究を開始 - 06月26日(月)15:30 

[株式会社日本トリム] 電解水素水整水器は、胃腸症状改善の効果が認められた管理医療機器に指定されております。当社では、1995年から20年以上に亘り国内外の研究機関と電解水素水(※1)に関する産学共同研究を実施し、胃腸症状改善以...
カテゴリー:

「自動運転レベル4」以上の自動車保険はどうあるべきか、損保ジャパン日本興亜と東大が共同研究 - 06月26日(月)11:51 

損保ジャパン日本興亜が東京大学が進める自動運転技術の研究に参画。レベル4以上の自動運転に対応した新たな損害保険商品の開発に向けた共同研究を実施する。
カテゴリー:

スパコン「京」また快挙、Graph500ランキング5期連続首位 - 06月23日(金)16:00 

 九州大学と東京工業大学、理化学研究所(理研)、バルセロナ・スーパーコンピューティング・センター、富士通、フィックスターズによる国際共同グループは6月23日、最新のビッグデータ処理に関する世界的なランキング「Graph500」において、スーパーコンピュータ「京(けい)」が5期連続1位を獲得したと発表した。 スーパーコンピュータ「京(けい)」は、文部科学省が推進する「革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI)の構築」プログラムの中核システムとして、理研と富士通が共同で開発を行っている計算速度10ペタフロップス級のスーパーコンピュータ。2012年に共用を開始した。 京は20日、性能指標ランキング「HPCG(High Performance Conjugate Gradient)」で2期連続の1位を獲得。21日には、ビッグデータ処理(大規模グラフ解析)に関するスーパーコンピュータの国際的な性能ランキングである「Graph500」でも第1位を獲得した。 京に係る国際共同研究グループは、京は正式運用開始から5年以上が経過しているが、「今回のランキング結果によって、現在でもビッグデータ解析に関して世界トップクラスの極めて高い能力を有することが実証されました」とした。 国際共同グループは今後、実社会の課題解決や科学分野の基盤技術へ貢献すべく、スーパーコンピュータ上でさまざ...more
カテゴリー:

【発達心理】発達期のセロトニンが自閉症に重要 脳内セロトニンを回復させることで症状が改善/理化学研究所など - 06月22日(木)23:52 

発達期のセロトニンが自閉症に重要 -脳内セロトニンを回復させることで症状が改善- 自閉症は、対人関係を築くことが苦手、視線を合わせない、ヒトの話したことをオウム返しするなどの“社会的コミュニケーション能力の欠如”、毎日決まった行動をし予定外の行動はとれないなどの“繰り返し行動”が特徴的な発達障害の一つです。また、音や光、触られることに対して過敏に反応するなどの“感覚異常”の症状があります。 自閉症の罹患率は年々増加しており、最近の米国の調査では、約68人に1人の割合で発症すると報告されています。自閉症...
»続きを読む
カテゴリー:

5歳がタイムリミット!? 子どもの将来を決める「非認知能力」の育て方 - 06月22日(木)07:00 

前回は「子どもの脳にいいこと、悪いこと - 脳科学者が教える頭のよい子に育てる習慣」として、主に記憶力や頭の回転といった学力につながる「認知能力」を紹介した。ここでは近年、幼児教育の観点で注目を集めている「非認知能力」の育て方について紹介したい。 非認知能力は社交性、意欲、忍耐力といった特性のことで、将来の社会的な成功にも大きく影響する大切な能力なのだが、脳科学者・川島隆太教授は、その非認知能力が5歳までに決まってしまうと語る。では、どのようにして育めばいいのか? 同氏にその方法を伺った。 世界的にヒットしたゲーム"脳トレ"こと『脳を鍛える大人のDSトレーニング』の開発者でもある川島教授は、日本における脳研究の第一人者。今年4月に刊行した著書『頭のよい子に育てるために3歳から15歳のあいだに今すぐ絶対やるべきこと』(アチーブメント出版)では、現代社会で陥りがちな子どもの脳への悪影響、それを回避するために親がすべきことを提唱しており、同書では「非認知能力」の育み方も解説している。 ○「非認知能力」の重要性 「脳科学の観点で"頭のよい子"とは、『認知能力』と『非認知能力』が優れていることを指します。頭の回転や記憶力など学力に影響する『認知能力』に対し、『非認知能力』は主に人との繋がりに関係する"脳の心"とも言える能力です。これまでの研究により、この非認知能力は5歳までの間に決ま...more
カテゴリー:

もっと見る

「共同研究」の画像

もっと見る

「共同研究」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる