「六角精児」とは?

関連ニュース

「season16」がスタートした『相棒』 今後についてファンはどう見ている?  - 10月21日(土)19:00 

18日から新シーズンがスタートした、テレビ朝日系の人気刑事ドラマ『相棒season16』(以下、「season16」)。寺脇康文・及川光博・成宮寛貴と受け継がれた「相棒」の座を、今は反町隆史が務め、3年目となる。■「season16」第1話の評判は…「season16」第1話へのネット民の反応を見ると、やはり『相棒』人気は根強く健在することが伺える。また、水谷豊・榎木孝明・中村俊介と、かつて「浅見光彦」を演じた俳優3人が登場したことも話題に。肝心のストーリーも特命係が告訴され、検察と警察が特命を解散させようと暗躍する…という重厚なもの。また、スペシャル版としては異例の2週に渡るストーリーになっており、出演者の豪華さや意外性などが評価されているようだ。『土曜ワイド劇場』のスポット番組として2000年にスタートした「相棒」シリーズは、放送開始から17年目。出演者の変更や衝撃的なストーリーで賛否両論となることもあるが、やはり人気は高い。その一方で、かなり長期間の放送となっているだけに、「そろそろ終わってしまうのでは?」という声も存在する。視聴者は「相棒」シリーズの今後について、どのように感じているのだろうか。■現在の「相棒」についてどう思う?そこでしらべぇ編集部では全国の20代~60代の「相棒」シリーズを観たことがある人932名に、今後について意識調査を実施。&c...more
カテゴリー:

【テレビ】『おんな城主 直虎』、もはや消化試合?効果のない指導を繰り返す直虎の存在意義とは - 10月16日(月)19:39  mnewsplus

柴咲コウが主演するNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の第41回が15日に放送され、視聴率が11.8%だったことがわかった(ビデオリサーチ調べ、関東地区平均)。 今回は家康の草履番として仕える万千代(菅田将暉)に部下が与えられた。その者を一人前にしたら小姓に取り立てると言われて張り切る万千代だったが、やってきたのは冴えない中年の男。 だが、その男こそかつて一向一揆に加勢して家康に歯向かい、許されて徳川家に戻ってきた本多正信(六角精児)だった。同じ頃、武田軍による遠江侵攻が始まっていた。 家康(阿部サダヲ)は...
»続きを読む
カテゴリー:

「正信はものの考え方が柔軟で、半分亡霊みたいな人」六角精児(本多正信)【「おんな城主 直虎」インタビュー】 - 10月15日(日)20:50 

 草履番としての働きを家康(阿部サダヲ)に認められた万千代(菅田将暉)の下に、後釜として“ノブ”と名乗る中年男がやってきた。自分が小姓になるためには、一人前の草履番に育ってもらわなければと、動きの鈍いノブにいら立つ万千代。だがこの男こそ、かつて一向一揆に加担して主君・家康に背いた本多正信だった…。多彩な徳川家臣団の中でも特に異彩を放つ男を演じる六角精児が、役に込めた思いを語った。 -「武蔵 MUSASHI」(03)に続いて二度目の大河ドラマ出演となりますが、感想はいかがでしょう。  二度目と言っても、前回は町侍みたいな役で一瞬出ただけなので、あまり覚えていないんです。だから、これが初めての大河ドラマだと思っています。今回改めて感じたのは、スタッフの動きが迅速で物語もしっかり作ってあるので、役者にとってはありがたいということですね。とはいえ、他の作品も大河ドラマも仕事という意味では違いはないので、同じように精一杯取り組ませていただくという気持ちでやっています。 -本多正信という人物を、どのように捉えていますか。  一般的な武将のイメージとは少しかけ離れているような気がします。戦国武将には、“剛”とか“武”とか強いイメージがありますが、それとは違って、力を使わずに“柔”を持って物事を解決する。そんな人間だったのではないでしょうか。 -正信は草履番として万千代、万福の下で働くことに...more
カテゴリー:

[明日のおんな城主 直虎]第41回「この玄関の片隅で」 是が非でも小姓になりたい万千代 さらなる好機も“暴走”? - 10月14日(土)13:50 

 女優の柴咲コウさん主演のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第41回「この玄関の片隅で」が15日に放送される(NHK総合で午後8時ほか)。是が非でも小姓(こしょう)になりたい万千代(菅田将暉さん)は、自分の後釜として謎の中年男・ノブ(六角精児さ……
カテゴリー:

『おんな城主 直虎』 家康はついに武田との長篠決戦へ 留守居を命じられた万千代は… - 10月21日(土)12:30 

 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』にて先週放送の第41話「この玄関の片隅で」。草履番の後釜を育てることになった万千代(菅田将暉)らは、やってきたノブ(六角精児)の振る舞いに失望するが、ノブは徐々に持ち味を発揮し始める。直虎(柴咲コウ)は松下家から帰還した六左衛門(田中美央)を近藤(橋本じゅん)の家臣とするため尽力。そんななか武田軍の遠江侵攻が始まる。家康(阿部サダヲ)が戦支度のため大量の材木を必要としていると聞きつけた万千代は、初陣を飾るため材木の切り出しを井伊に要請。それを聞き直虎は家康に書状を届ける。材木は近藤家のものであるため万千代の申し出に乗らず、役目を近藤に託してほしいとの内容に家康は納得する。【関連】『おんな城主 直虎』第42話フォトギャラリー 今週放送の第42話「長篠に立てる柵」では、家康はついに武田との決戦地・長篠へと出陣する。直虎がその動きを阻んだため、万千代は家康から留守居を命じられることになる。 長篠では家康と合流した信長(市川海老蔵)が、鉄砲を用いた奇策を披露していた。この戦に徳川勢として参戦していた直之(矢本悠馬)と六左衛門は不足していた材木を調達した功が認められ、信長と対面することになるが…。 今回の注目は、家康と瀬名(菜々緒)の間に生まれた嫡男の信康(平埜生成)。勇猛な武将であるだけではなく、跡継ぎとしても優れた素養を身につけており、家康にとっては...more
カテゴリー:

【芸能コラム】クランクアップの現場で感じた作品を取り巻く数々の愛 「おんな城主 直虎」 - 10月16日(月)17:51 

 「愛を感じながら撮影することができて、とてもうれしく思っています」  これは、主演の柴咲コウが10月11日、静岡県浜松市内でNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」のクランクアップを迎えた際にあいさつで語った言葉だ。季節外れの夏日となったこの日、全編の撮影を終えた柴咲は、多くのスタッフに囲まれた温かな雰囲気の中、共演者の市原隼人、小松和重らと共に花束贈呈とくす玉割りのセレモニーに臨んだ。当日は「まだ1年ぐらいできそう」という意気揚々としたコメントを中心に報道されたが、それとは別に印象的だったのは、取材に応じる柴咲が何度も「愛」という言葉を口にしたことだ。  例えば、森下佳子の脚本の魅力を尋ねられ、「一人一人の思いをちゃんとくみ上げてくれるところに、“愛情”をすごく感じました」  演じた井伊直虎という人物については「こういうふうに私は生きるべきだというものの根底に、“愛する心”というものがあって…」  また、ファンの熱気をどう受け止めていたかという質問に対しては「SNSでかなり盛り上がっている印象を受けました。皆さん漫画を描いて下さったり、お手紙を書いて下さったり、“愛情”がすごく深い」と答えている。  これらの発言からは、作品を取り巻く全方位的に愛を感じていた様子がうかがえる。冒頭の言葉は、その全てに対する思いを集約した一言とも受け取れる。  しかもこの日、「愛」という言葉を使ったの...more
カテゴリー:

[明日のおんな城主 直虎]第41回「この玄関の片隅で」 是が非でも小姓になりたい万千代 さらなる好機も“暴走”? - 10月14日(土)13:50 

 女優の柴咲コウさん主演のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第41回「この玄関の片隅で」が15日に放送される(NHK総合で午後8時ほか)。是が非でも小姓(こしょう)になりたい万千代(菅田将暉さん)は、自分の後釜として謎の中年男・ノブ(六角精児さ……
カテゴリー:

『おんな城主 直虎』、小姓になるため草履番の後釜を育てることになった万千代だが… - 10月14日(土)12:30 

 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』にて先週放送の第40話「天正の草履番」では、井伊の家名を再び立てる代わりに草履番の役目を申し付けられた万千代(菅田将暉)。慣れない仕事に悪戦苦闘していたが、草履棚を作るなどの工夫で次第に評価を上げていく。一方、井伊家の再興を望まない直虎(柴咲コウ)は浜松城で万千代と対峙。それを見た家康(阿部サダヲ)は直虎を呼び、本心を明かす。草履番に起用したのは万千代が「叩かれれば叩かれるほど奮い立つ」性格であると判断したからで、武将として大きく育てたいという。その後、直虎は万福(井之脇海)から井伊家再興にかける万千代の思いを聞く。【関連】『おんな城主 直虎』第41話フォトギャラリー 今週放送の第41話「この玄関の片隅で」では、小姓になるための条件として草履番の後釜を育てることになった万千代と万福の元にやってきたのは、見た目さえないノブ(六角精児)という中年男だった。一方、直虎は松下家から帰還した六左衛門(田中美央)を近藤(橋本じゅん)の家臣とするため尽力していた。 そんな中、武田軍の遠江侵攻が始まる。家康が戦支度のため大量の材木を必要としているという情報を聞きつけた万千代は、初陣を飾るため材木の切り出しを井伊に要請するが…。 甲斐の虎と恐れられた信玄(松平健)がこの世を去り、勝頼(奥野瑛太)が跡を継いだ武田家。勝頼は父の遺志を継いで攻め上り、ふたたび三河、遠...more
カテゴリー:

「六角精児」の画像

もっと見る

「六角精児」の動画

Wikipedia

六角 精児(ろっかく せいじ、本名:山地 克明〈やまじ かつあき〉、1962年6月24日 - )は、日本俳優兵庫県高砂市出身(出生は兵庫県姫路市出会いの旅 六角精児 在来線と「明石焼き」 JR西日本「Blue Signal」で、神奈川県相模原市育ち1962年6月24日「六角精児が生まれた日」 日本テレビDON!公式サイト、2010年6月24日)。劇団扉座所属で、マネジメントは舞プロモーションに依頼している。血液型はO型。

来歴

厳密には「姫路市で生まれ、幼少期を高砂市で育っている」という。小学生の時に高砂市から相模原市へ引越す。このため関西弁も話せるが、日常生活では関東弁を話す。実家は居酒屋経営であった。

最初、芝居は好きではなかったと発言し、「中学生の時に演劇部を見たが、あれをやる人の気持ちがわからない」とも語っている...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる