「六角精児」とは?

関連ニュース

「ファイブ」出演中の水田航生が初の本格時代劇!「何かが変わるキッカケになると思う」 - 08月14日(月)22:20 

時代小説の巨匠・山本周五郎の哀感あふれる町人・庶民の人生物語を1話完結で描く火曜ドラマ「山本周五郎時代劇 武士の魂」(毎月前半火曜夜8:00-8.54、BSジャパン)。 【写真を見る】1カ月の稽古を行い挑んだ殺陣シーンに注目!/(C)BSジャパン 最終話では山本作品の中でも人気の高い「失蝶記」を放送し、主役はドラマ「ファイブ」(毎週月曜夜2:40-3:10、フジ)やミュージカル「テニスの王子様」(2009、2010年)などで活躍する水田航生が務めることが分かった。水田は青年藩士・谷川主計(かずえ)役として、若い武士のプライド、友情、そして移り行く時代の流れへの葛藤を色濃く演じる。 本作について水田は、「初の時代劇主演ドラマという事もあり、自分では覚悟を持ってこの役を演じました。その覚悟は武士として生きた谷川の覚悟にも反映させていきたいと強く感じて臨みました。 また、幕末の細やかな時代背景など改めて勉強する機会にもなり、人間が何かを失ってでも必死に存在価値を見出しそれぞれの信念のために生きようとする武士の魂は、純粋に今を生きる僕たちの心を打つと思います。今を生きる人たちの心に必ず響くと確信しています。自分の中で何かが変わる、開けるキッカケになると思います」と明かした。 さらに、「演じるにあたり、時代特有の言葉使いが難しかったです。あと、体のある機能を失ってしまう役なので、その表現も難...more
カテゴリー:

山崎賢人、大人に食ってかかるヤンチャな小学生時代 - 08月05日(土)19:30 

映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」で主演を務める山崎賢人が、8月4日放送の「A-Studio」(TBS系)にゲスト出演。小中学校の頃に所属していたサッカークラブでの思い出を語った。 【写真を見る】ヤンチャエピソードも飛び出した山崎賢人 山崎が芸能界入りしたのは、中学校時代に東京・原宿のサッカーショップで買い物をしていた時のスカウトがきっかけ。 「初めて原宿へ行ったんですけど、(スカウトは)その日だった」と当時のことを振り返る。司会の笑福亭鶴瓶は「スカウトしたヤツもうまいこと選んだんやな」と感心する。 子供の頃からサッカークラブで活躍していた山崎は、小学校高学年になるとレフェリーに対して「ファールだろ!」「レッド(カード)だろ!」と食ってかかるヤンチャな一面も。そんなエピソードを思い出して「負けず嫌いだったんですよね」と苦笑する山崎。 その後、サッカークラブを移ることになったが新しいチームの監督は、かつて自分が「ファールだろ!」と詰め寄ったレフェリーだったとか。チームに入ってからは監督にも認められて、エースナンバーの10番を背負うことに。山崎は「監督はめっちゃいい人」「監督からはサッカー以外のこともいろいろ教えてもらった」と当時を懐かしんだ。 次回、8月11日(金)放送予定の「A-Studio」のゲストは六角精児。 【関連記事】 ・山崎賢人「僕が悪かった」...more
カテゴリー:

ギャンブル好きの六角精児、駄菓子くじを箱買いする幼稚園時代 - 08月12日(土)10:30 

8月11日放送の「A-Studio」(TBS系)に六角精児がゲスト出演。ギャンブル好きの六角が、賭け事にハマった原点ともいえる幼少期の体験を語った。 【写真を見る】次回のゲストは関ジャニ∞/(C)TBS 番組では六角の姉が「幼稚園の時から家の金を抜いてました」と証言。六角は隠していたはずの事実を姉が知っていたことに驚きながら、お金を持っていった理由を「駄菓子屋が好きだったんですよ」「どうしても駄菓子屋のくじをやりたくて」と語る。 さらに、くじを1回ずつ引くのではなく「箱ごと買いましてね」と告白。司会の笑福亭鶴瓶は「そんな幼稚園児いますか!?」と驚きの声を上げた。 そんな体験を経た六角は、大学生の頃になるとギャンブルで借金まみれになってしまった。高利貸しばかりが入っているビルがあり、六角は「そのビル全部の階から借りてたことがあった。1階から8階くらいまで」と振り返る。 また、ギャンブルで大金を浪費してきた六角は、現代の若者がお金をあまり使わなくなっている風潮について「なんでそんなにちんまりしてんのやろ、と思うんですよ」と興奮気味にアピール。 マイホームの35年ローンを組んでしまったら、35年かけてローンを払うことが目的になってしまい、「それ以上の金はたまりませんて!」と六角。「体ガッタガタ震わせていろんなことしたらええんですよ!」と若者たちに独自のアドバイス送った。 次回、8月18日...more
カテゴリー:

山崎賢人、大親友・岡山天音の誕生日に大失態「僕が悪かったですね…」 - 08月05日(土)18:30 

俳優の山崎賢人が、8月4日放送の「A-Studio」(TBS系)にゲスト出演。同世代の俳優・岡山天音に対してやってしまった大失態について明かした。 【写真を見る】映画「ジョジョの奇妙な冒険―」では主演を務める山崎賢人 同世代の岡山と山崎は映画「Another アナザー」(2012年)で共演して以来の大親友で、普段から一緒に遊ぶことも多いという。 ある日、岡山の誕生日を祝おうとメールで呼び出した山崎は、当日マッサージを受けるために出掛けてしまう。そのマッサージが予想以上に長くなって3時間もかかってしまい、山崎を待っていた岡山は諦めモードに。 約束を忘れてしまったのかもと思い、岡山は「今日はやめとこうか」と申し出ると、逆に山崎から「なんでだよ!」と言われて怒られてしまったとか。 この大失態を司会の笑福亭鶴瓶に暴露された山崎は、自分の行動について「(3時間もマッサージなんて)なんでですかね…」と首をひねり、「僕が悪かったですね…」とポツリとつぶやいた。 次回、8月11日(金)放送予定の「A-Studio」のゲストは六角精児。 【関連記事】 ・【ジョジョ連載】新田真剣佑「髪を染める時には頭が脱皮するんじゃないかと思うほど痛かったです」 ・【ジョジョ連載】岡田将生「絶対的な悪ではない形兆だから、 ビジュアルもセリフもらしさを出したいと思っていた」 ・【ジョジョ連載】山崎賢人「いつの間にかワ...more
カテゴリー:

「六角精児」の画像

もっと見る

「六角精児」の動画

Wikipedia

六角 精児(ろっかく せいじ、本名:山地 克明〈やまじ かつあき〉、1962年6月24日 - )は、日本俳優兵庫県高砂市出身(出生は兵庫県姫路市出会いの旅 六角精児 在来線と「明石焼き」 JR西日本「Blue Signal」で、神奈川県相模原市育ち1962年6月24日「六角精児が生まれた日」 日本テレビDON!公式サイト、2010年6月24日)。劇団扉座所属で、マネジメントは舞プロモーションに依頼している。血液型はO型。

来歴

厳密には「姫路市で生まれ、幼少期を高砂市で育っている」という。小学生の時に高砂市から相模原市へ引越す。このため関西弁も話せるが、日常生活では関東弁を話す。実家は居酒屋経営であった。

最初、芝居は好きではなかったと発言し、「中学生の時に演劇部を見たが、あれをやる人の気持ちがわからない」とも語っている...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる