「六平直政」とは?

関連ニュース

初監督の水谷豊「俳優としては駄目ですか」 北乃きい「ダンスで涙が出たのは生まれて初めて」 - 06月17日(土)14:56 

 映画『TAP ―THE LAST SHOW―』の初日舞台あいさつが17日、東京都内で行われ、監督、主演の水谷豊、出演者の北乃きい、六平直政、岸部一徳、前田美波里ほかが登場した。 本作は、水谷が初の映画監督として、40年越しの思いをかなえた作品で、タップダンスをテーマに、ショービジネス界の光と影を描く。 水谷は「よく映画関係者が、公開初日はわが子を旅に出すような気持ちになると言いますが、今そういう気持ちになっているところです。ただ、わが子は反抗期がなかったものですから、よもや旅に出て反抗期を迎えないだろうかと心配にはなりますが、どのような旅になろうと、わが子を見てくださった皆さんには感謝いたします」と語った。 本作の構想については「ある時、ブロードウェーで見たダンスのショーで、涙が止まらなくなって別世界に連れて行かれたことがあるんです。タップダンスの映画の中のショーで、その時の感動した世界へ、見ている方を連れて行くことができたらとずっと思ってました」と長年の熱い思いを明かした。 タップダンサーの恋人を支える役を演じた北乃は、タップダンスの魅力について「ダンスで涙が出たのは生まれて始めてで、タップダンスは本当に情熱的ですごいなと思いました。現場がない日も見に行きたくなるぐらい素晴らしかったです」と話した。 水谷とは長い付き合いの岸部は、水谷の監督ぶりについて聞かれると「新人監督という...more
カテゴリー:

水谷豊、構想40年の初監督作公開に万感 次回作期待も「すぐに相棒始まる」 - 06月17日(土)14:00 

 水谷豊が映画監督に初挑戦し、主演も兼ねた「TAP THE LAST SHOW」が6月17日、全国88スクリーンで封切り。水谷をはじめ共演の北乃きい、清水夏生、岸部一徳、前田美波里、六平直政、監修・振り付けのHIDEBOHらが、東京・TOHOシネマズ日比谷シャンテでの舞台挨拶に立った。 ・【フォトギャラリー】水谷豊、北乃きい、岸部一徳らが参加した舞台挨拶の様子、その他の写真はこちら  水谷が約40年間にわたり、構想を温め続けてきた悲願の企画。公開初日を迎え、水谷は「ついにこの日がやってきた、という思いです」と感激の面持ちだ。ステッキをついて登場したが「普通に歩けるのですが」と笑い、「今日1日ばかりは、映画のキャラのまま、過ごしていきたい」と真摯に話した。  壇上では水谷に、「夢かなう」「奇跡」の花言葉を持つ青いバラが贈られた。北乃と前田から構想年数にちなんだ40本の花束を受け取り、「ずいぶん長いこと、夢を見ていました。もし次に夢を見ることができたら、もう少し短い夢を見たい」と次回作に期待を込めた。その一方で「(具体的には)今日、ここが初日ですから、これが落ち着きましたらまた思いを馳せたい。でも、すぐに『相棒』が始まるんですよね」とぼやき、場内を沸かせていた。  さらに盟友の岸部は、監督・水谷に対して「新人監督という感じはせず、ベテラン。水谷さんは長い間のなかで、優秀な監督た...more
カテゴリー:

水谷豊、監督デビューで次回作に意欲も「すぐ相棒が始まる」 - 06月17日(土)13:21 

 俳優の水谷豊(64)が17日、都内で行われた初監督作品で主演映画『TAP -THE LAST SHOW-』初日舞台あいさつに登壇した。20代の頃から40年の時を経て構想を練っていたという同作で監督デビューを飾った水谷は、記念すべき公開初日を迎え、はやくも次回作への意欲を聞かれると「きょうここが初日なので落ち着いたらいろいろと思いを馳せてみようかと思いますが、すぐ『相棒』が始まるんですね」とボヤいて笑いを誘った。 【写真】岸部一徳、北乃きいらも初日舞台あいさつに登壇  水谷の監督ぶりについて、普段から親交のある岸部一徳(70)は「誰もやっていない、思いつかなかったことを映画の中でやってみようと思う気迫を感じられて、出来上がった時に撮影中よりすごいものが生まれた」と感心。「監督の方がいい」とぶっちゃけると、「そんなに俳優としてダメですか?」と冗談めかしてツッコミ。ベテランながら水谷から「毎日怒られていた」という六平直政(63)は「厳しくも優しいナイスな監督でした」と絶賛した。  同作は大けがを負って引退した天才タップダンサー・渡真二郎(水谷)が若いタップダンサーと出会い、彼らの指導を請け負うことで新たな夢へと挑戦していく姿を描く。舞台あいさつで、共演の北乃きい(26)から“夢、かなう”という意味を持つ青いバラの花束を贈呈された水谷は「もう少しはやくもらっていれば40年もかからな...more
カテゴリー:

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(6月15日付) - 06月15日(木)21:00 

ガジェット通信です。 『Yahoo!映画』さんより情報提供いただいて、6月15日付のユーザーが選ぶ「今週末見たい映画ランキング」をお届けします。本ランキングは、週ごとに、その週の月曜から日曜に劇場公開される作品を対象とし、『Yahoo!映画』のユーザーの投票数の総合計によるもので、『Yahoo!映画』独自のランキングです  【6月15日】「今週末みたい映画ランキング」 対象:6月12日(月)〜6月18日(日)劇場公開作品 アーサー王の伝説を描いた『キング・アーサー』が第1位! ジャン・デュジャルダン主演のラブストーリー『おとなの恋の測り方』や、ライアン・ゴズリング主演のヒューマンドラマ『ハーフネルソン』など、見ごたえのある洋画がランクイン。 1位 『キング・アーサー』(https://yahoo.jp/TEc0Ia) ■公開日 :2017年6月17 日(土) ■監督  :ガイ・リッチー ■キャスト:チャーリー・ハナム、ジュード・ロウ、アストリッド・ベルジュ=フリスベ、ジャイモン・フンスー、エイダン・ギレン、エリック・バナ、キングズリー・ベン=アディル、クレイグ・マクギンリー、トム・ウー、ニール・マスケル、フレディ・フォックス、アナベル・ウォーリス、ブルー・ランドー、ミカエル・パーシュブラント、ポッピー・デルヴィーニュ、デヴィッド・ベッカム 他 ■作品概要:アーサー王をめぐる伝説を...more
カテゴリー:

水谷豊、構想40年の初監督作公開に万感 次回作期待も「すぐに相棒始まる」 - 06月17日(土)14:00 

水谷豊が映画監督に初挑戦し、主演も兼ねた「TAP THE LAST SHOW」が6月17日、全国88スクリーンで封切り。水谷をはじめ共演の北乃きい、清水夏生、岸部一徳、前田美波里、六平直政、監修...
カテゴリー:

岸部一徳、俳優・水谷豊に引導をわたす!?「監督の方がいいかな」 - 06月17日(土)13:42 

水谷豊が監督に初挑戦した映画『TAP -THE LAST SHOW-』の初日舞台挨拶が6月17日にTOHOシネマズ日比谷シャンテで開催され、出演の岸部一徳が「監督の方がいい」と水谷の監督としての手腕を絶賛。水谷が「そんなに俳優としてはダメですか」と答え、丁々発止のやり取りで会場を笑わせた。 【写真を見る】北乃きい、総レースのシースルーワンピで登場!おじさまたちのやり取りに笑顔 水谷が約40年温めてきた物語を映像化した本作。「ついにこの日がやってきました」と心を込めた水谷に、前田美波里と北乃きいから“夢が叶う”という花言葉を持つ、40本の真っ青なバラの花束がプレゼントされた。 水谷は「俳優でいるときはストーリー、キャラクターをどう生きるかにすべてのエネルギーを使うもの。監督は全スタッフ、キャストにすべての方向性、イメージを伝えなければならない。それは僕にとってうれしい、楽しい経験でした」と新たな経験に充実の表情。「監督をやると、それぞれがどれほどの才能を持っているかに改めて気付かされた」と発見を語るとともに、周囲に敬意を表していた。 岸部は「水谷さんが最初の映画監督をやるということで、僕も緊張して臨んだ」と告白。「新人監督という感じはほとんどなく、ベテランの感じ」と“水谷監督”の印象を明かし、「『今まで思いつかなかったことをやってみよう』という気迫を感じられた」と刺激的な現場を振り返...more
カテゴリー:

六平直政が衝撃“黒髪ツインテール”に - 06月16日(金)13:30 

“ICONIQ”こと女優の伊藤ゆみ(32歳)が6月15日、自身のInstagramで、俳優の六平直政(63歳)の黒髪ツインテール姿を披露している。
カテゴリー:

「六平直政」の画像

もっと見る

「六平直政」の動画

Wikipedia

六平 直政(むさか なおまさ、本名:同じ、1954年4月10日 - )は、日本俳優。アトリエM所属。身長175cm、体重85kg。血液型はB型。

東京都中野区出身週刊現代2011年9月10日号76頁、講談社東京都立国立高等学校を経て、武蔵野美術大学彫刻科卒業、同大学大学院修士課程中退。

プロフィール

珍しい「六平」姓は、父親が秋田県由利本荘市で代々続く真宗大谷派寺院の出で「平家の落人が六つの赤旗を立てた」というこの土地の言い伝えから「むつあか」が縮まって「むさか」になったという。現在も親族が当地で住職を務める他、全国に7 - 8軒ある「六平」...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる