「六平直政」とは?

関連ニュース

【舞台】ユーミン 荒井由美時代の楽曲軸に主演舞台「今の歌い方で最大限に表現できる」 - 08月17日(木)17:52  mnewsplus

ユーミン 荒井由美時代の楽曲軸に主演舞台「今の歌い方で最大限に表現できる」 2017年8月17日 15:29 http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/08/17/kiji/20170817s00041000192000c.html 舞台「朝陽の中で微笑んで」の製作発表に臨んだ(左から)松任谷正隆氏、斎藤洋介、寺脇康文、松任谷由実、宮澤佐江、六平直政 Photo By スポニチ  シンガーソングライターの松任谷由実(63)が主演し、歌と芝居が融合する舞台「朝陽の中で微笑んで」(11月27日~12月20日、東京・帝国劇場)の製作発表が17日、都内で行...
»続きを読む
カテゴリー:

松任谷由実、難曲「朝陽の中で微笑んで」で帝劇コラボ! 宮澤佐江と歌唱も? - 08月17日(木)16:17 

シンガーソングライターの松任谷由実が17日、ユーミン×帝劇 vol.3『朝陽の中で微笑んで』製作発表に、寺脇康文、宮澤佐江、六平直政、斉藤洋介、脚本・演出の松任谷正隆と共に登場した。
カテゴリー:

宮澤佐江、松任谷由実との共演に歓喜 「私と同じぐらい母が喜んでくれた」 - 08月17日(木)16:03 

 ユーミン×帝劇 vol.3「朝陽の中で微笑んで」の制作発表会が17日、東京都内で行われ、歌とストーリーテリングを担当する松任谷由実、出演者の寺脇康文、宮澤佐江ほかが登場した。  本作は、松任谷の生歌と俳優の演技、劇場空間が一体となった新しい音楽劇の第3弾で、500年後の世界を舞台にした純愛物語。  松任谷は、本作について「『永遠』とか『宇宙』というワードを初めて日本のポップスに持ち込んだのは私だと自負してるんですけど、その『永遠』の中のうたかたというのを、今回のメンバーで最大限表現できると思っています。ご期待ください」とアピールした。  ヒロインを演じる宮澤は「出演が決まった時は本当にうれしくて、私と同じぐらい母が喜んでくれました。ユーミンさんの曲で母は育ってるので、今回親孝行ができる気がします。ユーミンさんの楽曲の中でお芝居をさせていただける機会はもう一生ないと思うので、一瞬一瞬をかみしめて頑張ります」と意気込みを語った。  松任谷の楽曲で「思い出の曲は?」と聞かれると、宮澤は「以前、AKB48で紅白歌合戦に出させていただいた時に、ユーミンさんが『春よ、来い』をピンク色の着物を着て歌っていて、その後ろで皆で合唱させていただいて。私としては、その時が一番テレビに映りたかった瞬間で、ユーミンさんと一緒に歌ってる自分が、どう映り込めるかなっていうのを考えちゃってた自分がいたのが、すご...more
カテゴリー:

間宮祥太朗、胸割りタトゥー姿解禁! 初主演作『全員死刑』公開日決定 - 08月13日(日)09:00 

 俳優・間宮祥太朗の初主演映画『全員死刑』の公開日が決定し、さらに最新スチールが解禁となった。本邦初公開となるのは、背中から胸に掛けてパックリと割れた見事なタトゥー姿の間宮。憂いを帯びた表情には色気とヤバさが漂い、本作の狂気性が露わになった一枚となっている。また、リアルなタトゥーを書き入れるメイキング写真も解禁となった。【関連】映画『全員死刑』場面写真 フォトギャラリー 2004年に福岡・大牟田で発生し、被告である家族4人全員に死刑判決が下った異例の事件「大牟田4人殺害事件」。本作は、自らの殺人を武勇伝として語り、現在も死刑囚として投獄中の次男が記した手記をモチーフに、わずか3日間のあまりにも無謀で狂気じみた衝撃の物語を描く。 主演の次男・タカノリ役には『帝一の國』(17)や『トリガール』(17)など数々の話題作に出演中の人気若手俳優・間宮が務める。長男・サトシ役には『ケンとカズ』(16)で 2016年スポニチグランプリ新人賞を受賞した毎熊克哉、その父に六平直政、母に入絵加奈子、タカノリの彼女役に清水葉月と新旧実力派俳優が並ぶ。監督は、『孤高の遠吠』(15)で本物のヤンキー を出演させるという驚きの手法で映画界を揺るがせた弱冠26歳の小林勇貴が務める。 家族想いの主人公タカノリ(間宮)は、借金を抱えた組長の父・テツジ(六平)とヒステリックな母・ナオミ(入絵)、愛する彼女・カオリ(清...more
カテゴリー:

間宮祥太朗、胸割りタトゥー姿披露 初主演映画『全員死刑』11・18公開 - 08月07日(月)11:00 

 俳優の間宮祥太朗が初主演を務める映画『全員死刑』の公開日が11月18日に決定し、併せて、最新スチールがお披露目された。背中から胸にかけて、パックリと割れたタトゥーが目を引く間宮の姿を収めている。 【メイキング写真】リアルなタトゥーを描き入れる様子  2004年に福岡・大牟田で発生し、被告である家族4人全員に死刑判決が下った「大牟田 4人殺害事件」。自らの殺人を武勇伝として語り、現在も死刑囚として投獄中の次男が記した手記をモチーフに、26歳の新鋭・小林勇貴監督が、『冷たい熱帯魚』(11年)、『凶悪』(13年)の製作陣と共に映画化した。  家族思いの主人公タカノリ(間宮)は、借金を抱えた組長の父・テツジ(六平直政)とヒステリックな母・ナオミ(入絵加奈子)、愛する彼女・カオリ(清水葉月)を守るため、姑息な兄サトシ(毎熊克哉)と共に、近所の資産家一家の現金強奪を計画する。しかし、あまりにもお粗末な強盗の末、資産家の息子を殺害して事態はエスカレートしていく。  公開されたスチール写真は、憂いを帯びた表情と色気を漂わせた間宮の姿を収めたもの。タトゥーの入れ方には、実際にヤンキーを出演させる手法で驚かせた『孤高の遠吠』(15年)など、これまで数多くのヤンキーに取材を重ねてきた小林監督のこだわりが詰まっており、リアルなタトゥーを描き入れるメイキング写真も披露された。 【関連記事】 映...more
カテゴリー:

ユーミン、荒井由美時代の楽曲軸にした舞台に意欲「今の実力で丁寧に歌いたい」 - 08月17日(木)16:30 

 シンガーソングライターの松任谷由実の楽曲と芝居が融合する東京・帝国劇場の舞台「朝陽の中で微笑んで」の製作発表が8月17日、都内で行われた。  由実と帝劇のコラボレーションは3年ぶり3度目。夫の松任谷正隆氏が荒井由美時代の1976年に発表したアルバム「14番目の月」に収録した楽曲をタイトルに脚本を書き下ろし、演出も担当する。  由実は同曲について、「永遠の中で一瞬の巡り合う2人を、バラードのメロディに乗せたかったのを覚えている。歌唱力を無視して作ったので、私の作品の中で最も歌うのが難しい曲」と苦笑い。それでも、「永遠や宇宙といったものを、初めて日本のポップスに取り入れたのは私だと自負している。歌を作った時の自分に戻れるよう、今の実力で丁寧に歌いたい」と抱負を述べた。  由実はストーリーテラーの役割も担い、生歌唱をバックに500年後の未来を舞台にした寺脇康文と宮澤佐江のラブストーリーを軸にしたファンタジックな物語が展開する。寺脇は「世界観が素晴らしくて、心が躍る。宇宙、死生観が大きなテーマとしてあって、設定は突飛なところもあるが差し引いても現実感がもてる。寺脇康文の新しい、ダークな側面が見ていただけると思う」と意欲を見せた。  宮澤はAKB48時代の2011年、NHK紅白歌合戦で由実が「春よ来い」を歌った際にバックで歌ったことがあり、「あの時が、一番テレビに映りたかった瞬間だ...more
カテゴリー:

松任谷由実、難曲「朝陽の中で微笑んで」で帝劇コラボ! 宮澤佐江と歌唱も? - 08月17日(木)16:17 

シンガーソングライターの松任谷由実が17日、ユーミン×帝劇 vol.3『朝陽の中で微笑んで』製作発表に、寺脇康文、宮澤佐江、六平直政、斉藤洋介、脚本・演出の松任谷正隆と共に登場した。
カテゴリー:

松任谷由実、41年前発表の最難曲を舞台で歌唱「今の私の声で歌うのは楽しみ」 - 08月17日(木)15:30 

 シンガーソングライターの松任谷由実が17日、都内で行われた帝国劇場の公演『ユーミン×帝劇vol.3「朝陽の中で微笑んで」』(11月27日~12月20日)の制作発表会見に参加。舞台のタイトルでもある「朝陽の中で微笑んで」は41年前に発表した難曲であり、公演で披露することに不安を語りつつも「今の私の声で、今の表現力でこの歌をテーマとして歌うのは楽しみ」と前を向いた。  この曲は、荒井由実時代の1976年に発表したアルバム『14番目の月』に収められた名曲。「私の作品の中でも最も歌うのが難しい。カバーしてくれる方もスーパー歌唱力の人のみ。私は『この人は歌唱力以上の曲を書く』と評価されていたんですけど、窮鼠(きゅうそ)猫を噛んだというか、その切実さがこの歌に反映されている」と語った。作曲に込めた思いを改めて問われると「バラードにしたかったぐらいしか覚えていない」としつつも「永遠の中の一瞬というか、その感じをメロディーに載せたのを覚えている」と振り返った。  一方で、その高い難易度には不安があるようで、「こんなにレンジが広くて難しい歌になるとは思わずに歌唱力を無視して作った。あらためて聞いて『うわっ、難しいな』と思ってます」とぽつり。それでも「キャリアの中で鍛えられてきたところもある。今の私の声で、今の表現力でこの歌をテーマとして歌うのは楽しみですね」と意欲を見せた。「永遠とか宇宙という...more
カテゴリー:

間宮祥太朗の色気漂うタトゥー姿を初披露!小林勇貴監督「全員死刑」は11月18日公開 - 08月07日(月)11:00 

 「孤高の遠吠」の小林勇貴監督が商業映画デビューを果たす「全員死刑」が、11月18日に公開されることが決定。あわせて“胸割りのタトゥー”が強烈なインパクトを放っている主演・間宮祥太朗らを写した劇中カットや、メイキング写真もお披露目された。 ・【フォトギャラリー】「全員死刑」場面写真  本作は、2004年9月に発生し、被告である家族4人に死刑判決が下りながらも未だに事件の全容が解明されていない「大牟田一家4人殺害事件」に迫った鈴木智彦氏の著作「我が一家全員死刑」(コアマガジン刊行)を原作とする物語。借金を抱え困窮した生活を送っていた4人のヤクザ一家が、近所の資産家の大金強奪計画を実行。やがて無謀な計画が原因となり、連続殺人事件へと発展していくさまを、実行犯の次男・タカノリ(間宮)の視点で描く。  背中から胸にかけてぱっくりと割れたタトゥー姿の間宮が憂いを帯びた表情を浮かべている劇中カットは、色気と危険なオーラがムンムンと漂っている1枚。そのほか、借金を抱えた組長の父・テツジ(六平直政)、ヒステリックな母・ナオミ(入絵加奈子)、姑息な兄・サトシ(毎熊克哉)といったヤクザ一家の面々、タカノリの恋人・カオリ(清水葉月)の姿が確認できる。  メイキング写真では、間宮の肉体にタトゥーをデザインしている光景を活写。「孤高の遠吠」では本物のヤンキーたちを出演させるという驚きの手法で映画界を...more
カテゴリー:

「六平直政」の画像

もっと見る

「六平直政」の動画

Wikipedia

六平 直政(むさか なおまさ、本名:同じ、1954年4月10日 - )は、日本俳優東京都中野区出身週刊現代2011年9月10日号76頁、講談社。身長175cm、体重78kg。血液型はB型。。

プロフィール

東京都立国立高等学校を経て、武蔵野美術大学彫刻科卒業、。

珍しい「六平」姓は、父親が秋田県由利本荘市で代々続く真宗大谷派寺院の出で「平家の落人が六つの赤旗を立てた」というこの土地の言い伝えから「むつあか」が縮まって「むさか」になったという。現在も親族が当地で住職を務める他、全国に7 - 8軒ある「六平」家は全て親戚という。

祖父は...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる