「六価クロム」とは?

「六価クロム」の画像

もっと見る

「六価クロム」の動画

Wikipedia

六価クロム(ろっかクロム、)は、クロム化合物のうち、酸化数が +6 の Cr(VI) を含むものの総称である。

概要

単体のクロムは安定した極めて錆びにくい無害の金属で、との合金がステンレスとして広く利用されている。クロムの化合物を価数で分類したとき、Cr(III) 化合物と Cr(VI) 化合物がそれぞれ一般に「三価クロム」「六価クロム」と呼ばれる。

クロムは地球上の土中にクロム単体または三価クロムの形で広く存在する。人体を構成する必須元素の一つでもあり、体内に約2ミリグラム存在している。サプリメントの成分として使われる場合は三価クロムの形(おもにピコリン酸クロムとして)で添加される。

一方、六価クロムは極めて強い毒性を持つ。代表的な六価クロムの二クロム酸カリウ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる