「公立病院」とは?

関連ニュース

入院時の同部屋トラブル!患者同士で気を付ける事と困った時の対処法 - 12月13日(水)20:00 

長期入院した際、なるべく避けたいのが同部屋の患者さんとのトラブルですよね。 しかし、トラブルには一体どのようなものが多いのでしょうか? 今回は、病室の同部屋患者さん同士のトラブルについて、医師に詳しく教えてもらいました。是非、参考にしてみてください。 病室の同部屋患者さんで多いトラブルと対処法 就寝中のトラブル ・いびき ・歯ぎしり ・寝言がうるさい ・就寝中のトイレが頻繁で眠りを妨げられる ・消灯後もテレビを消さない ただでさえ環境が変わって眠れないのに、2〜6人程度の同室者がいるとゆっくり眠れずにイライラします。耳栓が便利です。 お見舞い・面会時のトラブル ・大人数で長時間うるさく騒ぐ ・自分には見舞いが来ないのに周囲がいつも賑やか 動ける場合は面会スペースに移動したり、見舞い人が帰った後で「うるさくして申し訳ありません」と一言かけましょう。 臭いのトラブル ・間食や食事の匂い ・排泄物の臭い ・タバコの臭い 自分は絶食なのに横で食べられると気になります。カーテンを閉めたり、ある程度我慢するしかないかもしれません。 コミュニケーションのトラブル ・しゃべりかけられてうっとおしい ・こちらがしゃべりかけているのに無視される ・病気...more
カテゴリー:

赤字体質公立病院を立て直す…独立行政法人化の成功例も - 12月07日(木)16:00 

「公立病院の赤字のほとんどに、税金が投入されています。総額で年間5,000億円にもなります。じつは2年前に同様の調査をしたときより増えている。病院数や病床数が減っているのに、税金投入額が上がっていることに、疑問を感じざるをえません」 こう語るのは、平成27年度の総務省「地方公営企業年鑑」を基に算出した、全国自治体病院の純医業収支額、同収支率をWEBサイト「病院情報局」に掲載している、ケアレビュー代表の加藤良平さんだ。調査対象は全国の公立病院(独立行政法人を除く)793施設。このうち、純医業収支で黒字を計上したのは、わずか27施設しかなかったのだ。97%が赤字という驚くべき数字になる。 「公立病院は、昔から赤字が多いと言われていましたが、税金が投入されるため、実際の経営状態は“見えづらかった”といえます。『純医業収支ランキング』は、病院収入から一般会計負担金等(税金など)を差し引いた純医業収支を独自に算出しています。純医業収支は弊社の造語ですが、純粋に医療だけの収入で、どれだけ病院が“自立”できているかを可視化できます」(加藤さん) もちろん、過疎や僻地などで、不採算部門である救急や小児科、周産期医療を担っていくのは、公立病院の使命であり、ある意味“必要な赤字”とも言える。だが、医療ガバナンス研究理事長で、...more
カテゴリー:

年間5千億円もの税金投入…公立病院が赤字に陥る理由とは - 12月07日(木)16:00 

「公立病院は、昔から赤字が多いと言われていましたが、税金が投入されるため、実際の経営状態は“見えづらかった”といえます。『純医業収支ランキング』は、病院収入から一般会計負担金等(税金など)を差し引いた純医業収支を独自に算出しています。純医業収支は弊社の造語ですが、純粋に医療だけの収入で、どれだけ病院が“自立”できているかを可視化できます」 こう語るのは、平成27年度の総務省「地方公営企業年鑑」を基に算出した、全国自治体病院の純医業収支額、同収支率をWEBサイト「病院情報局」に掲載している、ケアレビュー代表の加藤良平さんだ。調査対象は全国の公立病院(独立行政法人を除く)793施設。このうち、純医業収支で黒字を計上したのは、わずか27施設しかなかったのだ。97%が赤字という驚くべき数字になる。 「赤字のほとんどに、税金が投入されています。総額で年間5,000億円にもなります。じつは2年前に同様の調査をしたときより増えている。病院数や病床数が減っているのに、税金投入額が上がっていることに、疑問を感じざるをえません」(加藤さん) もちろん、過疎や僻地などで、不採算部門である救急や小児科、周産期医療を担っていくのは、公立病院の使命であり、ある意味“必要な赤字”とも言える。だが、医療ガバナンス研究理事長で、内科医の上...more
カテゴリー:

「公立病院」の画像

もっと見る

「公立病院」の動画

Wikipedia

公立病院(こうりつびょういん)とは、地方公共団体が経営する医療機関をいう。自治体病院ともいう。地方独立行政法人へ移行した医療機関や公立大学法人の付属病院等も、慣習上、公立病院と呼ばれる場合が多い。行政不服審査法・行政事件訴訟法が適用可能で証明書類は、可及的速やかに発給しなければならない。 職員には、地方公務員法が適用されるが外部委託や人材派遣社員には、適用されない。また公立病院を設置しなければならない根拠法令は、存在しないため地域住民サービスのための医療事業という位置付けになっている。そのため全く病院がない自治体が存在する。

厚生労働省によると、都道府県市町村などの自治体が運営する医療機関病院診療所)は、全国で4,578施設となっている平成23年5月末時点自治体病院400施設減 統廃合・民間譲渡相次ぐ 日本経済新聞 平成23年8月20日朝刊 経済1面。

概要

自治体病院は、外科、内...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる