「公正取引委員会」とは?

関連ニュース

不当減額5000万円で再発防止勧告 「久世」が下請法違反 公取委 - 04月27日(木)17:50 

 公正取引委員会は27日、レストランや居酒屋へ食料品などを販売する「久世」(東京)が、商品の製造を委託した下請け業者への支払代金から、総額5043万円を不当に減額したのは下請法違反に当たるとして、同社に再発防止を勧告した。
in English
カテゴリー:

下請法違反で「久世」に勧告=5000万円不当減額-公取委 - 04月27日(木)15:14 

 外食産業向けに食品などを卸販売する「久世」(東京都、ジャスダック上場)が、製造委託業者への下請け代金を不当に減額したとして、公正取引委員会は27日、下請法違反で同社に再発防止を勧告した。不当と認定された金額は約5043万円。 公取委によると、久世は同社が独自ブランドで販売する加工肉や調味料、洗剤などの製造を外部委託。2015年6月~16年11月、52業者への下請け代金を「特別条件」や「年間リベート」などの名目で不当に減額していた。 久世は指摘を受けた全額を、既に業者に返金したという。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

公取委:独禁法見直し 研究会が報告書に裁量型導入盛る - 04月25日(火)19:51 

 有識者らでつくり、独占禁止法の見直しを検討してきた公正取引委員会の「独占禁止法研究会」が25日、談合やカルテルを自主申告した企業の課徴金を減免する制度で「裁量型」の導入などを盛り込んだ報告書をまとめた。公取委はこれを基に改正法案を作成、早ければ来年の通常国会に提出する。
in English
カテゴリー:

公取委:製缶3社に立ち入り 食品缶詰販売でカルテル疑い - 04月20日(木)13:27 

 食品缶詰用の缶の販売で実質的なカルテルを結んだ疑いが強まったとして、公正取引委員会は20日、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで、東洋製缶(東京都品川区)などメーカー3社に立ち入り検査に入った。
in English
カテゴリー:

食品缶の取引で談合か 公取委、製造3社に立ち入り - 04月20日(木)11:26 

 食品缶詰に使われる「食品缶」の取引で談合をしていた疑いがあるとして、公正取引委員会は20日、独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑で、缶製造大手3社に立ち入り検査をした。取引先を奪い合わないよう調整し…
in English
カテゴリー:

食料品販売の「久世」下請法違反 公取委、不当減額5千万円で勧告 - 04月27日(木)16:18 

公正取引委員会は27日、レストランや居酒屋へ食料品などを販売する「久世」(東京)が、商品の製造を委託した下請け業者...
in English
カテゴリー:

クラレ社長ら報酬自主返上 戦闘服談合で責任明確化 - 04月26日(水)18:40 

 クラレは26日、伊藤正明社長らが役員報酬の一部を5月から3カ月間、自主的に返上すると発表した。自衛隊員の戦闘服などの納入を巡って談合したとして、3月に公正取引委員会から排除措置命令を受けた責任を明確化する。
in English
カテゴリー:

缶詰用缶納入で談合容疑 公取委、業界大手立ち入り - 04月20日(木)13:28 

食品缶詰用の缶の納入を巡って談合した疑いが強まったとして、公正取引委員会は20日、独禁法違反(不当な取引制限)の疑...
in English
カテゴリー:

食品缶販売でカルテルか=東洋製缶など3社立ち入り-公取委 - 04月20日(木)12:29 

 食品缶詰用の缶の販売をめぐりカルテルを結んでいた疑いが強まったとして、公正取引委員会は20日、独禁法違反(不当な取引制限)の疑いで、東洋製缶(東京都)など大手メーカー3社の関係先を立ち入り検査した。 他に立ち入りを受けたのは、北海製缶(東京都)と大和製缶(同)。 関係者によると、3社は果物や魚介類などの缶詰に使われる缶の販売に関して、他の会社の顧客である缶詰製造業者との取引や勧誘をしないなど、顧客獲得競争を制限するような実質的なカルテルを結んでいた疑いが持たれている。 食品缶詰用の缶の販売では、業界トップの東洋製缶をはじめ、3社で市場シェアの大半を占めているとされる。 経済産業省の統計によると、食品缶詰用に多く使われる鉄製の缶の販売量は、2011年の45万トンから15年には27万トンに減少している。 東洋製缶の親会社と大和製缶は「検査に全面的に協力する」とコメント。北海製缶は「調査が入っており、コメントは差し控える」と述べた。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

国会で取り上げられた「朝日新聞」押し紙 新聞各紙は報じず - 04月19日(水)05:59 

 天網恢恢疎にして漏らさず。これまで大新聞が頑として認めてこなかった「押し紙」問題が、ついに国会で取り上げられるに至った。とりわけ、詳細な数字とともに実態を論(あげつら)われたのが朝日新聞である。これに一体、どう応えるのか。  ***  新聞社が部数水増しのため、販売店に買い取りを押し付ける新聞が「押し紙」。その存在は公然の秘密とされ、各社とも従来「残紙」「予備紙」といった言い回しを用いてきた。が、3月30日、衆議院消費者問題特別委員会で質疑に立った共産党の清水忠史代議士は、 〈昨年3月24日に公正取引委員会は、朝日新聞社に対して独占禁止法違反に繋がる恐れがあるとして、違法行為の未然防止を図る観点から注意を行なっております。しかし、その後も押し紙問題は解決しておりません〉  そう切り出し、現状を詳らかにしていった。 「清水議員は、その前日に判決の出た『佐賀新聞押し紙訴訟』に言及。同社が販売店の注文数に2割上乗せした部数を供給している実態を公にしました。また読売の販売店では残紙が混入し、前日の新聞が誤って届けられる事例があったこと、さらに毎日が現在、販売店との間で2件の訴訟を抱えている事実など、次々明かしたのです」(政治部記者)  瞠目すべきは、朝日についての“暴露”であった。 〈私が直接伺った朝日の奈良の販売店は、読者数が約2000人に対し、予備紙が700部。読者のいない新聞が。こ...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「公正取引委員会」の画像

もっと見る

「公正取引委員会」の動画

Wikipedia

公正取引委員会(こうせいとりひきいいんかい、)は、日本の行政機関の一つ。内閣府外局として、内閣総理大臣の所轄の下に設置される、合議制行政委員会。略称は、公取委(こうとりい)、公取(こうとり)。行政機関としては外務省(1869年設置)、会計検査院(1880年設置)に次いで古くから名称変更されずに続いている。

主な任務

自由主義経済における競争政策の促進を目的として、「経済の憲法」ともいわれる私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(いわゆる独禁法。日本における独占禁止法)を運用するため、委員長及び4名の委員が独立して職権を行使する。なお、独占禁止法の特別法である...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる