「公営住宅」とは?

関連ニュース

岩手・災害公営住宅:自治会、復興の扉 サークル活動次々 - 09月19日(火)10:51 

 岩手県内にある災害公営住宅(復興住宅)の中で最大の「栃ケ沢アパート」(陸前高田市)に自治会が設立されてから約半年がたつ。東日本大震災で失われたコミュニティーを再生するため、岩手大の船戸義和特任研究員(39)を中心に県などが自治会の設立を支援。住民主体の運営を心がけ、住民の発案でサークル活動が行われるなど、着実に独り立ちしつつある。【中川友希】
カテゴリー:

にぎわいを港町に再び 気仙沼・南町共同店舗プレオープン - 09月16日(土)06:05 

東日本大震災で被災した気仙沼市内湾地区の商店主らが、災害公営住宅と併せて同市南町に建てた共同店舗が15日、プレオープンした。理髪店1店が開店し、16〜18日の連休中はさらに4店が営業を始める。震災前、
カテゴリー:

災害公営住宅 家賃据え置きを 上昇例)高収入(月収17万円)の人は月3万2700円から最終的には7万3300円に、月収7万円だと1100円up・仙台 - 09月13日(水)06:23  newsplus

災害公営住宅 家賃据え置きを *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/sendai/6003842381.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 仙台市の災害公営住宅で暮らす住民らが、入居して6年目から行われる家賃の引き上げについて、 事前に説明がなかったとして、据え置くように求める署名を市に提出しました。 家賃の据え置きを求める署名を提出したのは、仙台市内の災害公営住宅の住民らおよそ10人で、 署名は、ことし7月に提出した分と合わせて2700人余りにのぼるというこ...
»続きを読む
カテゴリー:

【茨城】鬼怒川決壊から2年 生活再建が課題に - 09月10日(日)09:28  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170910/k10011133701000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002 関東・東北豪雨で鬼怒川の堤防が決壊してから10日で2年です。茨城県内の被害が大きかった地域では、今もおよそ100人が自治体から無償で提供された公営住宅などで避難生活を続けていますが、入居できる期間の終了期限が迫っていて、被災者の住宅確保や生活再建が課題となっています。 おととし9月の関東・東北豪雨では、茨城県常総市で鬼怒川の堤防が決壊し、多くの住宅が水に押し流されました。 茨城県内では、3...
»続きを読む
カテゴリー:

【アベノミクス/安心につながる社会保障?】年金75歳なら支給前に生活保護受けざるを得ない世帯多数【一億総活躍?】[08/29] - 08月29日(火)19:44  seijinewsplus

NEWSポストセブン2017年08月29日 16:00 http://blogos.com/article/242952/ 総務省の家計調査では高齢者世帯(2人以上)の1か月の平均支出は約27万6000円。政府・自治体や日銀が支援する金融広報中央委員会が毎年実施している「家計の金融行動に関する世論調査(平成28年)」でも、60歳以上の世帯が最低必要と考える生活費は平均約30万円で、「老後の生活資金」として年金支給時に準備しておきたい最低の金融資産は平均2016万円と回答(20代~70歳以上の全世代)している。  退職後は自給自足を目指し、憧れの移住生活をする人も近...
»続きを読む
カテゴリー:

【震災/宮城】仮設住宅の不適正使用250戸 石巻市「再建済んだら返還を」 物置にするケースが多く - 09月16日(土)23:47  newsplus

不適正使用の仮設住宅。入り口にはカーテンがあり、タイヤもそのままになっている=石巻市開成  東日本大震災で被災した住民が、再建を果たしても居住していたプレハブ仮設住宅を明け渡さない不適正使用が、石巻市内で後を絶たない。  8月末現在で約250戸が、退去手続きをしていない。物置にしているケースが多いという。  市の集約化計画に伴い、4~9月の退去は56団地。10月から順次解体予定だが、不適正使用の戸数は再び増えると見込まれる。  市生活再建支援課は「再建済みの人は仮設住宅を返還してほしい」...
»続きを読む
カテゴリー:

気仙沼・南町「共同店舗」 あすプレオープン - 09月14日(木)09:16 

東日本大震災で被災した宮城県気仙沼市内湾地区の商店主らが、災害公営住宅と併せて同市南町に建てた共同店舗が15日にプレオープンすることが13日、分かった。14日に施工業者から共同店舗の運営会社に鍵が引き
カテゴリー:

阪神大震災:復興住宅の22年、映像に 神戸のNPO法人 - 09月12日(火)14:00 

被災者の人生残したい  神戸市のNPO法人「よろず相談室」の牧秀一理事長(67)が、阪神大震災の災害公営住宅(復興住宅)に住む高齢者や震災障害者22人の証言を映像に記録した。「復興は『家を建てたら終わり』じゃない」と話す牧さん。本人の了解を得てアーカイブ化し、被災者支援団体などを対象に公開することを目指している。【井上元宏、栗田亨】
カテゴリー:

【原発事故/福島】双葉郡の住民調査「約6割が無職」 - 09月06日(水)20:16  newsplus

原発事故からまもなく6年半になるのを前に、福島大学などの研究グループは、福島第一原発が立地する双葉郡の住民を対象にアンケート調査を行い、その結果をまとめました。無職の人がおよそ6割に上るなど、生活再建が進んでいない実態が浮き彫りになり、専門家は「住民ごとの“復興格差”が拡大しており、ニーズに応じた対策が重要だ」と話しています。 調査を行ったのは、福島大学や立命館大学の専門家などで作る研究グループで、協力を得られなかった広野町を除く双葉郡の7町村に原発事故当時に住んでいた2万6582世帯を対象に、...
»続きを読む
カテゴリー:

「公営住宅」の画像

もっと見る

「公営住宅」の動画

Wikipedia

公営住宅(こうえいじゅうたく)は、地方自治体等が低所得者向けに賃貸する住宅

イギリスの公営住宅

イギリスでは第一次世界大戦の勃発により労働者住宅の家賃が高騰し、1915年にはグラスゴーで家賃ストライキが発生するなど住宅難が社会不安を生じさせていた「公営住宅・居住者運動の歴史と展望」1989年、法律文化社、17頁。

1919年には住宅及び都市・農村計画法(アディソン法)が制定され、地方自治体が公共住宅を建設する場合の政府補助金の制度を創設した。

1930年には住居法(グリーンウッド法)が制定され、地方自治体がスラムを撤去する場合の補助制度や地方自治体の家賃割引の権限を定めた「公営住宅・居住者運動の歴史と展望」1989年、法律文化社、19頁。

1949年には住居法が制定され公的住宅供給の条件であった労働者階級という要件を撤廃し、すべての国民に公営住宅への入居権を認めた「公営住宅・居住者運動の歴史と展望」1989年、法律文化社、21頁。

日本の公営住宅

日本では、公営住宅法(昭和26年法律193号)によって定められている。

地方公共団体の中には「市民住宅」などの名で中堅所得者などを対象とした賃貸住宅を運営しているものもあるが 東京都府中市の例、これらは公営住宅とは別個のものである。

歴史

日本では大正中期から昭和初期にかけて公営住宅に関する実験的な取り組み...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる