「八重樫東」とは?

関連ニュース

【ボクシング】元世界3階級王者の八重樫東が現役続行を発表 目指すは4階級制覇 - 10月11日(水)20:45  mnewsplus

元世界3階級王者の八重樫東(大橋)が11日、横浜市内のジムで現役続行を表明した。八重樫は5月にIBF世界ライトフライ級王座防衛戦で、 同級暫定級王者のミラン・メリンド(フィリピン)に1回2分45秒TKO負けし、去就が注目されていた。 八重樫は「前の試合が終わって、すごく長く考える時間があったけど、ようやく答えが出ました。自分自身の気持ちと正直に向き合ったとき 納得がいかない、後悔したくなかった」とリングへの思いを明かした。 会見に同席した大橋秀行会長は、現役続行には慎重だった。メディカルチェ...
»続きを読む
カテゴリー:

八重樫、現役続行を表明=ボクシング - 10月11日(水)18:23 

世界3階級制覇を果たしたIBFライトフライ級前王者の八重樫東(34)が11日、横浜市内の所属ジムで記者会見し、現役続行を表明した。「一番は自分の気持ち。まだ納得できていない部分がある」と話した。
カテゴリー:

ボクシング:八重樫が現役続行表明 初の4階級制覇目指す - 10月11日(水)20:27 

 5月に国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級王座から陥落し、去就を保留としていた八重樫東(34)=大橋=が11日、横浜市内のジムで記者会見し、「前回の負けで終わり(引退)にするのは後悔すると思った。やめる時は、後悔したくない」と述べ、現役続行を表明した。スーパーフライ級に転向し、日本人男子初となる4階級制覇を目指す。
カテゴリー:

八重樫、現役続行を表明=4階級制覇目指す-ボクシング - 10月11日(水)18:13 

 世界3階級制覇を果たした国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級前王者の八重樫東(34)=大橋=が11日、横浜市内の所属ジムで記者会見し、現役続行を表明した。「一番は自分の気持ち。まだ納得できていない部分がある」と話した。 八重樫は5月21日のIBF王座統一戦でミラン・メリンド(フィリピン)に1回TKO負け。その後は練習を続けていたが、進退については態度を保留していた。「あの試合でボクシングを終わりにしたら後悔が残る」と心境を語った。 今後は階級を二つ上げ、スーパーフライ級で日本男子初の4階級制覇を目指す。「ボクシング人生最後の大勝負になる。向かう目標があるのは幸せなこと」と意気込みを口にした。 [時事通信社]
カテゴリー:

「八重樫東」の画像

もっと見る

「八重樫東」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる