「八津弘幸」とは?

関連ニュース

今夜放送「1942年のプレイボール」の主人公は元祖・二刀流。4兄弟と野球と戦争と - 08月12日(土)10:00 

夏の甲子園、昨日の第1試合では中京大中京(愛知)が、広陵(広島)に敗れた。中京大中京は、中京商業学校だった戦前からの強豪校で、戦後、名称を中京商業高校、中京高校、現在の中京大学付属中京高校と変えながら、夏の大会ではこれまでに優勝7回、春のセンバツも含めると11回を数え、全国最多を誇る。なかでも1931年から33年にかけて達成した夏の甲子園3連覇は、いまなお大会唯一の記録だ。この記録が達成された1933年の大会は、明石中学(兵庫)との準決勝で、中京商業のエース吉田正男が延長27回を投げ切り、決勝進出を決めたことで記憶される。このとき捕手として出場し、吉田とバッテリーを組んだのは野口明という後年プロでも活躍した選手である。中京商業が次に夏の甲子園で優勝したのは1937年。翌38年春の選抜大会にも優勝する。この2大会ではエース野口二郎が快投、とりわけ38年春は全4試合4完封という活躍ぶりを見せた。ここにあげた野口明と野口二郎は兄弟である。彼らにはさらに昇、渉という弟がいた。4人はいずれも中京商業出身で、プロに進んでいる。今夜7時半からNHK総合で放送される土曜スペシャルドラマ「1942年のプレイボール」(名古屋放送局制作)では、この野口兄弟の青年時代が、次男の二郎を主人公にして描かれる。この記事では、二郎と明を中心に、彼らの横顔を紹介してみたい。ドラマのネタバレになるような記述もあるかも...more
カテゴリー:

忽那汐里、同い年の太賀と共演「ものすごく熱くて真面目な方」 - 08月09日(水)16:00 

8月12日にNHK総合で放送する土曜ドラマスペシャル『1942年のプレイボール』(19:30~20:43)の完成試写会が9日、東京・渋谷の同局で行われ、勝地涼、忽那汐里、脚本を担当した八津弘幸が出席した。
カテゴリー:

勝地涼&忽那汐里、主役不在のイベントである共演者を発見! - 08月09日(水)17:40 

NHK総合にて8月12日(土)に放送される、土曜ドラマスペシャル「1942年のプレイボール」(夜7:30-8:45)の完成試写会が行われ、出演する勝地涼、忽那汐里の他、脚本を務めた八津弘幸らが登壇した。 【写真を見る】美脚! 忽那汐里がミニスカートで登場 本作は、戦争という時代の荒波に翻弄(ほんろう)されながらも青春を野球に燃やした、4兄弟の物語。実在した野球選手・野口二郎の史実を基に作られている。 クランクイン前には“野球合宿”が行われたそうで、勝地は「30歳にもなって、“まじかー!”と思いましたよね」と苦笑い。だが、「敬語禁止」を掲げるなど、兄弟役の太賀、斎藤嘉樹、福山康平と親交を深めたという。 一方、勝地の婚約者・喜美子を演じる忽那は、「共演者の方と、ご飯に行ったのが楽しかったです」と名古屋での撮影を満喫した様子。 イベントには不在だった本作の主演・太賀とは14~15歳の時に共演しているといい、「その時と印象は全く変わらないですね。ものすごく熱い人です。シーンの合間にも、芝居の話をしていました」と明かした。 また、観客席に三男・昇役の斎藤が紛れ込んでいるというサプライズも。 質疑応答の場面で「斎藤嘉樹さんの印象は?」と自ら質問した斎藤に、勝地は「彼は僕らと話している時と、忽那さんと話している時でテンションが違うんです」と、真剣なまなざしで回答。 すると斎藤は「すみません! お...more
カテゴリー:

太賀、勝地涼、忽那汐里等が共演! NHKスペシャルドラマ『1942年のプレイボール』 - 08月09日(水)12:21 

8月12日に放送するスペシャルドラマ『1942年のプレイボール』(NHK)に、太賀、勝地涼、忽那汐里が出演する。 次男・野口二郎/太賀 同ドラマの脚本は八津弘幸。主人公の野口二郎役を演じるのは、NHKドラマ初主演となる太賀。二郎の兄・野口明役を勝地涼、明の婚約者・喜美子役を忽那汐里が演じる。 戦前か...
カテゴリー:

「八津弘幸」の画像

もっと見る

「八津弘幸」の動画

Wikipedia

八津 弘幸(やつ ひろゆき、1971年9月1日 - )は日本漫画原作者小説家脚本家日本大学芸術学部卒業。sacca(株)所属。

経歴 受賞歴 主な作品 テレビドラマ脚本

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる