「八千草薫」とは?

関連ニュース

「やすらぎの郷」第14週。元妻&元カノからのツッコミに鑑定団ネタまで石坂浩二いじめフルコース! - 07月10日(月)10:00 

老女たちが熱狂する若手人気俳優・シノこと四宮道弘(向井理)が遂に「やすらぎの郷」にやって来たと思ったら、ホントに何しにやって来たのか分からないまま終わってしまった『やすらぎの郷』(テレビ朝日・月〜金曜12:30〜)第13週。さすがに今週も引き続きシノの話が継続するのかと思いきや、シノ&映画の話はすっかり終わって、今度は濃野佐志美原作の舞台の話。最後の手紙を書く相手が思いつかない女性の人生においての3つのターニングポイント。・誰かに処女を捧げるとき・男にお金で買われるとき・もう誰からも振り返られなくなって、自分がお金を出して男を買うとき三井路子(五月みどり)が舞台化を提案していたものの、濃野佐志美こと井深涼子(野際陽子)が先に『流されて』というタイトルの小説として発表してしまったこの話が、実際に舞台化されることになったようだ(濃野佐志美原作として)。姫(八千草薫)のトラウマな過去をモチーフにした小説『散れない桜』がドラマ化したり、秀サン(藤竜也)がモデルのシワフェチ小説『夕暮れの女』が芥川賞の候補になったり、「やすらぎの郷」での生活を書いた『老女たちの春』が本屋大賞にノミネートされたり……。エンタメから純文学まで書き分ける濃野先生、小説家としての能力は高いんだろうけど、周りの人に迷惑をかけすぎ!今回も『流されて』の舞台化で「やすらぎの郷」の老女優たちは大騒ぎとなる。三井路子は話をパク...more
カテゴリー:

「八千草薫」の画像

もっと見る

「八千草薫」の動画

Wikipedia

八千草 薫(やちぐさ かおる、1931年(昭和6年)1月6日 - )は、日本の女優。所属事務所は柊企画大阪府出身。プール女学院出身。愛称はヒトミ、ヒトミちゃん(本名に由来)。公称身長154cm。

人物・来歴

幼少時に父を亡くし、母一人・子一人で育つ。思春期がちょうど戦時中であり、自宅も空襲で焼け、「色のある」「夢のある世界」に飢えていたことから華やかな世界にあこがれたエッセイ「優しい時間」より。

プール女学院在学中に宝塚音楽学校に合格し、1947年に宝塚歌劇団入団(同期には淀かほる、百ちとせらがいる)。宝塚入団時の成績は50人中19位監修:小林公一宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、P43。ISBN 9784484146010。入団当初は分福茶釜の狸などコミカルな役を当たり役としたが、1952年源氏物語の初演で可憐で無垢な若紫(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる