「八千草薫」とは?

関連ニュース

【芸能】阪急グループ創業者・小林一三の事業を振り返る展示が大阪で、各界著名人100人とのゆかりの品々も[18/01/09] - 01月09日(火)18:24  mnewsplus

小林一三の事業を振り返る展示が大阪で、各界著名人100人とのゆかりの品々も 2018年1月9日 13:17 ステージナタリー https://natalie.mu/stage/news/264361 1918年(大正7年)に創刊された「歌劇」。 展覧会「小林一三ワールドII『阪急電車・阪急百貨店・宝塚歌劇・東宝~一三ネットワークの100人~』」が、明日1月10日から大阪・阪急うめだ本店 阪急うめだギャラリーにて開催される。 阪急電鉄や宝塚歌劇団、東宝などの創業者として知られる小林一三。小林の没後60年を記念した本展では、彼が手がけた事業を年表、地図、映像を...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】<桂文技>最後の愛人の告白!“寂しがらないように電話を一日3回”“階下で弟子が稽古中に…” - 01月09日(火)06:35  mnewsplus

「桂文枝」芸の肥やしは最後の愛人(上) 「将来は一緒に住んで、俺の介護をしてほしいんや」。そんな男の言葉を、女はつい本気にしてしまった。だが、所詮“女遊びは芸の肥やし”とばかりに、身体を弄ばれただけだったのか。「最後の愛人」が明かす関西落語界の大御所・桂文枝師匠(74)との愛憎8年間――。  ***  桂文枝師匠の創作落語に「湯けむりが目にしみる」という一題がある。  ある日のこと、夫が海外出張すると言っていそいそと外出する。実は出張というのは嘘で愛人と由布院に旅行に出かけたのだ。ところが、折悪...
»続きを読む
カテゴリー:

「八千草薫」の画像

もっと見る

「八千草薫」の動画

Wikipedia

八千草 薫(やちぐさ かおる、1931年(昭和6年)1月6日 - )は、日本の女優。所属事務所は柊企画大阪府出身。プール女学院出身。愛称はヒトミ、ヒトミちゃん(本名に由来)。公称身長154cm。

人物・来歴

幼少時に父を亡くし、母一人・子一人で育つ。思春期がちょうど戦時中であり、自宅も空襲で焼け、「色のある」「夢のある世界」に飢えていたことから華やかな世界にあこがれたエッセイ「優しい時間」より。

プール女学院在学中に宝塚音楽学校に合格し、1947年に宝塚歌劇団入団(同期には淀かほる、百ちとせらがいる)。宝塚入団時の成績は50人中19位監修:小林公一宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、P43。ISBN 9784484146010。入団当初は分福茶釜の狸などコミカルな役を当たり役としたが、1952年源氏物語の初演で可憐で無垢な若紫(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる