「全日空」とは?

関連ニュース

ANA、隈研吾氏監修新千歳空港のラウンジを9月13日オープン 見学会に10名招待 - 08月18日(金)23:06 

全日空(ANA)は、新千歳空港のリニューアル工事中の「ANA LOUNGE(ANAラウンジ)」と新設する「ANA SUITE LOUNGE(ANAスイートラウンジ)」を9月13日にオープンする。 「ANA LOUNGE」のコンセプトは「一期、一会」。「大空の玄関」と「翼につつまれる空間」をテーマに新デザインを展開する。面積は現在の約2倍に拡大し、3階エリアに移転する。滑走路に面した東側は全面ガラス張りの大きな窓を設け、遠くには北海道の山々を望むことができる。ユニバーサルデザインに配慮した、高さの低いカウンターや、ラウンジに直結する「ANAプレミアムチェックインカウンター」も新設する。 最上級ラウンジとなる「ANA SUITE LOUNGE」も3階エリアに新設し、ワインやプレミアムビール、パン、スープなど既存のサービスに加え、北海道にまつわるメニューも提供する。いずれのラウンジも、建築家の隈研吾氏が監修した。 オープンを記念して、ANAのFacebookページ、Twitterの「ANA旅のつぶやき」のファン・フォロワーを対象とした、両ラウンジの見学会に10名を招待する。ラウンジで提供する軽食や飲み物なども楽しむことができる。集合場所までの交通費や宿泊費は当選者負担となる。申し込みは8月23日午後5時30分まで受け付ける。 ■関連記事 ANA、国内4空港のラウンジをリニューアル 建築...more
カテゴリー:

全日空商事、チャンギ国際空港に日本食飲食モール新設--共同で新会社設立 - 08月18日(金)10:13 

全日空商事はこのほど、合弁会社「SG RETAIL PARTNERS PTE LTD.(以後、SGRP)」を設立し、11月にシンガポール・チャンギ国際空港のターミナル2内の搭乗ゲート前ロビーエリアに日本食飲食モール「JAPAN GOURMET HALL SORA」を開業する。 「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録されるなど、世界中で日本の食文化への関心が高まっている中、東南アジアにおいても日本食がブームとなっていることから、「JAPAN GOURMET HALL SORA」では日本食でも人気の高いラーメンや丼物など6店舗を構える予定となっている。 1981年に開港したシンガポール・チャンギ国際空港は、航空業界の格付け会社であるSKYTRAXが発表した2017年の世界空港ランキングで、5年連続で1位を獲得している。また、2016年には5,870万人(チャンギ・エアポート・グループ調査より)が利用する、東南アジア最大の国際空港となっている(2016年度 国際線旅客数: 成田空港 約3,241万人(成田国際空港調査より))。 2017年7月現在、ターミナル1~3が稼働しており、2017年後半にはターミナル4がオープン予定となっている。空港内には360店以上の店舗、140店以上の飲食店があり、映画館、プールなどがある。また、ターミナル1の隣接地には2019年開業予定の総合商業施設「...more
カテゴリー:

日中の「政冷経熱」の壁に挑んだ全日空、成都・武漢路線開通の道のり - 莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見 - 08月17日(木)05:00 

炎天下の8月に、“3大ボイラー”と呼ばれる成都、重慶、武漢を回る旅に出かけた。全日空が飛ぶ中国内陸部路線を見るためだ。開通までの道のりは、「政冷経熱」の壁に阻まれ険しいものだった。
カテゴリー:

空港や機内番組で観光名所など紹介=全日空徳島支店〔地域〕 - 08月16日(水)10:10 

 全日本空輸徳島支店は8月から、観光振興や移住促進などを目的とした徳島県との包括協定の一環で、徳島空港や国際線および国内線の機内で、県内の観光名所や食、文化を紹介する番組の上映を始めた。 25分にまとめた自主制作番組で、タイトルは「スカイアイ~空からのメッセージ~アワにアイして徳島編」。日本語のほかに英語の字幕入りでも配信する。同空港と国内線の機内では8月いっぱい、国際線は10月まで上映する。 番組では空港スタッフの女性が案内役として出演し、鳴門海峡の渦潮や世界三大土柱の「阿波土柱」などの名所のほか、阿波踊りや藍染め工場などの伝統文化、鳴門鯛や地酒などを紹介している。 同徳島支店の鈴木敦副支店長は「海外の人たちが番組を見て、羽田経由で徳島に足を運んでもらい、地域振興につなげていきたい」と話している。 【時事通信社】
カテゴリー:

【ネット】全日空機の緊急着陸で「御巣鷹」思い出す人続出 日航機事故と同じ羽田発、18時発、さらに… - 08月14日(月)20:44  newsplus

「偶然にしても怖すぎる」「オカルト系信じたくないけどガチで背筋凍った」――2017年8月12日、羽田発伊丹行きの全日空(ANA)37便が見舞われた「緊急着陸」騒ぎをめぐり、ネット上がざわついている。 というのも、8月12日は1985年の「日航ジャンボ機墜落事故」が起こった日だったからだ。ほかにも複数の共通点があり、「偶然の一致」に驚きが広がった。 ■トラブルが発生した地点も近い ANA37便は12日18時に東京・羽田空港を出発し、19時10分に大阪・伊丹空港に到着する予定だった。 各社の報道を総合すると、異変が起こったのは18...
»続きを読む
カテゴリー:

全日空商事、チャンギ国際空港に日本食飲食モール新設--共同で新会社設立 - 08月18日(金)10:13 

全日空商事はこのほど、合弁会社「SG RETAIL PARTNERS PTE LTD.(以後、SGRP)」を設立し、11月にシンガポール・チャンギ国際空港のターミナル2内の搭乗ゲート前ロビーエリアに日本食飲食モール「JAPAN GOURMET HALL SORA」を開業する。
カテゴリー:

全日空商事、チャンギ国際空港に日本食飲食モール「JAPAN GOURMET HALL SORA」11月開業 - 08月17日(木)18:09 

全日空商事は、シンガポール・チャンギ国際空港ターミナル2の搭乗ゲート前ロビーエリアに、日本食の飲食モール「JAPAN GOURMET HALL SORA」を11月上旬にグランドオープンする。 広さは721平方メートル。ラーメンや丼ものなどを提供する6店舗が出店する。席数は約290席。ターミナル2は全日空(ANA)を含む31社が発着しており、利用者数は年間2,040万人。 全日空商事では、現地パートナーとともに、JAPAN GOURMET HALL SORAの運営を行うSG RETAIL PARTNERS社を設立している。資本金は150万シンガポールドル(約1.2億円)。全日空商事が60%、現地パートナーが40%を出資する。 全日空商事は2015年より、シンガポール市内の商業施設「SUNTEC CITY」で日本食の飲食エリア「Eat at 7」を合弁会社を通じて運営しており、チャンギ国際空港の「JAPAN GOURMET HALL SORA」の運営を通じてノウハウを蓄積し、海外でのリテール事業の展開を加速する。
カテゴリー:

【緊急時の対処】機内の酸素マスク 親子どっちが先? - 08月16日(水)19:46  newsplus

NHK8月16日 19時22分 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170816/k10011101861000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002 もしあなたが小さなお子さんと一緒に飛行機に乗っている最中、機体のトラブルで酸素マスクが下りてきたらどうしますか?実は8月12日に全日空機で実際に起きた同じようなトラブルに対し、ネット上で「お子様連れは保護者が先!子どもが嫌がって時間がかかると大人が意識を失う」という指摘があり、驚きの声が次々と寄せられています。本当にそうなの?国や航空会社に聞いてみました。 12日、...
»続きを読む
カテゴリー:

羽田行き1便欠航 15日、佐賀空港 - 08月15日(火)18:40 

15日午前6時35分に佐賀空港を出発する予定だった全日空羽田便が機体の不具合で欠航した。佐賀空港事務所によると、搭乗予定だった160人は福岡発の別便に振り替えられた。
カテゴリー:

【日航機墜落32年】12日の全日空機緊急着陸と「日航機墜落事故」の日時・航路が完全一致 霊能者「犠牲者の霊が守ってくれた」 - 08月14日(月)19:09  newsplus

今月12日、羽田空港から大阪・伊丹空港に向かっていた全日空37便が、機体トラブルのため、羽田空港に引き返した。 270人余りの乗客乗員は無事だったが、この事故に関してオカルト界では恐ろしい噂が流れている。 なんと、ちょうど32年前に起こった日本最大の航空事故と異常なまでにシンクロしていたというのだ! ■日時、目的地、墜落時刻…「日本航空123便墜落事故」との一致 日本最大の航空事故とはもちろん、1985年8月12日、群馬県・御巣鷹の尾根に墜落し、乗員乗客524名のうち520名が死亡した「日本航空123便墜落事故」である。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「全日空」の画像

もっと見る

「全日空」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 全日本空輸...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる