「全国紙」とは?

関連ニュース

大川隆法氏の守護霊インタビューで星野源の霊は恋愛テク披露 - 02月25日(土)16:00 

 清水富美加(22才)が刊行した『女優・清水富美加の可能性 ~守護霊インタビュー~』で話題になった、宗教団体・幸福の科学が行っている守護霊インタビュー。 「守護霊インタビューと呼ばれるもので、大川隆法総裁のもとに守護霊が降りてきて、大川総裁の口から対象人物の“本心”が語られるとされています」(全国紙記者)  歴史上の人物から、存命の有名人や政治家まで、これまでに出版された守護霊本はこの5年半で約400点を数える。出版活動は教団にとってどういった意味を持つのか。宗教学者の島田裕巳さんは、次のように解説する。 「対外的には布教活動、信者に向けては“うちの教団はこんなに面白い本を出している”と共通の話題を提供して結束力を高める意味もあるでしょう。本の売り上げが直接教団の資金にもなります」  2014年7月、ドラマ『HERP』(フジテレビ系)の第2期放送の直前に木村拓哉(44才)の守護霊インタビュー本を発売。SMAPメンバーについて、 《あれだけ個性が強いとさあ、もうバラバラで、みんな、それぞれが主役をやって、別なドラマとか、映画とかに出てたらさあ、本当はあんなグループなんていうのは存在できないもんだよ》  人気絶頂だった2000年の工藤静香(46才)との結婚については《よく考えたの。あんまり美人と結婚すると、人気が落ちると思って、ほどほどで抑えたところが、人気が落ちず……。》と明かしてい...more
in English
カテゴリー:

安倍晋三小学校の疑惑は「国有地8億円値引き」だけではない! 認可プロセスも異常すぎ…な内実とは? - 02月21日(火)06:00 

相場から約8億円引きで国有地を手に入れ、新しく小学校を建設中の学校法人「森友学園」。 政界と学校の不正な取引を疑われる同学園は、地元大阪では“愛国幼稚園”の母体であり、園児の保護者とたびたびトラブルを起こすことで知られていた。その内実を取材してみると…これはマジでアカンやつだった! * * * 今どきの園児に教育勅語や軍歌を唱和させる――。 そんな愛国教育で地元では知られる塚本幼稚園幼児教育学園(大阪市淀川区)の経営母体、森友学園が、この4月に開校予定の「瑞穂(みづほ)の國記念小學院」でスキャンダルに揺れている。 昨年6月、森友学園は学校用地として大阪府豊中市の国有地8770平方メートルを購入したのだが、その払い下げ価格が近隣の国有地(9492平方メートル)の売却額の10分の1ほどの激安価格だったことが発覚した。 この問題を追及する木村真・豊中市議が説明する。 「この土地はもともと、豊中市が防災公園として整備しようと、国に貸与を打診していたんです。しかし、国は市に買い取りを求めたため、仕方なく敷地の半分を買って公園にしたという経緯があります。 ところが昨年、森友学園が残り半分を買い取ったと聞き...more
in English
カテゴリー:

【芸能】マギー“不倫スルー”にベッキー激怒! 金髪ヘア“全裸抗争”勃発必至 - 02月20日(月)20:32 

 昨年12月の暮れの19時にバンド『Hi-STANDARD』横山健がマギー(24)のマンションを訪ねて数時間滞在したことをスクープされながらもスルーし続けているマギーにベッキー(32)が大激怒。その余波でハーフタレント2人の“全裸抗争”勃発必至と言われている。  「マギーは、1月13日発売の『フライデー』で横山健との不倫疑惑や、別のミュージシャンも含めた二股疑惑が報じられたのですが、釈明もせず無視を決め込んでいる。後追いするメディアも少なかった。日本テレビ系のレギュラー番組『ヒルナンデス!』への出演も続け、ブログも平然と更...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【社会】毒カレー「林真須美」が無罪に? 京大教授が鑑定に異論 ★3 - 02月20日(月)14:11 

メディアを席巻した毒婦は今、大阪拘置所で“ある決定”を待っている。 1998年7月、夏祭りで振舞われたカレーにヒ素が混入、67人の死傷者を出した「和歌山毒カレー事件」。 死刑判決が確定している林真須美(55)は再審請求中で、結果如何では“地獄からの生還”もあり得るのだが――。  *** 4人を殺害し、63人を殺そうとした罪に問われた真須美は、一審二審ともに死刑判決。 2009年5月には、最高裁で刑が確定した。 「その年の7月に和歌山地裁になされた再審請求について、昨年6月、地裁から弁護団に『最終補充書を9月16日までに...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「ライバルは早慶」 近畿大の“ぶっ飛び広告”に賛否両論 今年も見せた大胆戦略 - 02月19日(日)13:00 

 近畿大学(大阪府東大阪市)が、1月3日付の全国紙やスポーツ紙など計10紙に掲載した大胆な全面広告が話題を集めている。「早慶近」の文字を前面に出し、日本の3大私立大は早稲田大、慶応義塾大、近畿大になったと“主張”したのだ。インターネット上などでは賛否両論が巻き起こり、近大側にも抗議の声も少なくないというが、それは織り込み済み。逆に予想以上の反響で、世間の注目を集めたことに手応えを感じている。2月から始まった一般入試でも、4年連続で出願者数日本一になるのもほぼ確実だ。
in English
カテゴリー:

トランプ大統領の「正しい取り扱い方」とは - 02月22日(水)12:30 

 持ち上げたかと思えば突き落とす! 世界の“台風の目”とどうつきあうべきなのか!? 正解はコレだった!  2月10日、トランプ政権になって初となる日米首脳会談が行われた。「各国首脳の中で、イギリスのメイ首相に次いで2番目にトランプ大統領と会談することができた」(官邸筋)と歓迎ムードだが、相手はなかなか手ごわい。  会談前には、「日本は為替操作をして円安に誘導している!」と発言して安倍晋三首相や麻生太郎財務相を真っ青にさせたかと思えば、「3日に訪日したジェームズ・マティス国防長官は、尖閣諸島について“日米安保条約の適用範囲だ”と明言し、日本側を安堵させました。アメとムチを織り交ぜてくるため、先が読めない。対応には細心の注意が必要なんです」と、いまだに外務省関係者は警戒を解いていない。  だが、「接し方次第では、日本が利する展開もありえる」(全国紙国際部記者)と期待する向きも――。「中国のように敵と見なした国にはとことん厳しい姿勢を貫く一方、ロシアには経済制裁解除をチラつかせイスラエルの肩を持ち、台湾には大接近。前例を無視した“トランプ流”外交では、得する国と損する国の明暗がハッキリ分かれます。日本が“得”のほうに回れるかが重要です」(前同)  やり方次第で、トランプ大統領は意外と“使える奴”とも言えそうだ。そこで気になるのが、正しい使用法。日本に有利な条件を引き出すための、“トリセツ...more
in English
カテゴリー:

【芸能】清水富美加の出家告白文書は教団の「勧誘ビラ」のようなもの - 02月20日(月)20:40 

 2月12日、清水富美加(22才)は《ファンの皆様・報道関係者の皆様へ》と題した手書きの文書で芸能界から姿を消すことを明かした。清水の“出家告白文書”は、『幸福の科学』の会見の場で報道陣に配られたものだ。この文書について、宗教学者の島田裕巳氏はこう分析する。 「出家の部分がいちばん大きな文字で綴られているのは“とにかく芸能界を離れたいんだ!”という叫びにとれる。さらに、メッセージには今後の具体的なことは一切記されていない。彼女自身、ただただ芸能界を離れたいだけであって、この先教団で何をしたい、していく...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

清水富美加の出家告白文書は教団の「勧誘ビラ」のようなもの - 02月20日(月)16:00 

 2月12日、清水富美加(22才)は《ファンの皆様・報道関係者の皆様へ》と題した手書きの文書で芸能界から姿を消すことを明かした。清水の“出家告白文書”は、『幸福の科学』の会見の場で報道陣に配られたものだ。この文書について、宗教学者の島田裕巳氏はこう分析する。 「出家の部分がいちばん大きな文字で綴られているのは“とにかく芸能界を離れたいんだ!”という叫びにとれる。さらに、メッセージには今後の具体的なことは一切記されていない。彼女自身、ただただ芸能界を離れたいだけであって、この先教団で何をしたい、していく、ということをまだ決めていないように思えます」  大川隆法氏が1986年に設立した『幸福の科学』は、現在世界に約1200万人の信者がいるという。 「その中で、人に教えを説いたり、瞑想や祈願を指導する立場になることを、“出家”といいます。ただ、希望すれば全員ができるわけではなく、全信者のうち出家しているのは2000人ほど。22才という彼女の年齢で出家するのは珍しいことです」(全国紙記者)  それではなぜ、彼女は“天命”となる抜擢を受けたのか。前出の島田氏が続ける。 「どの宗教団体にとっても、信者を増やすことは常に大きな目的であり課題の1つです。教団は清水さんをシンボルに据え、話題性にあやかって若返りを図りたいのでしょう。  現在、教団員は50~60代の世代が多いといわれています。...more
in English
カテゴリー:

【社会】毒カレー「林真須美」が無罪に? 京大教授が鑑定に異論 ★2 - 02月19日(日)14:06 

メディアを席巻した毒婦は今、大阪拘置所で“ある決定”を待っている。 1998年7月、夏祭りで振舞われたカレーにヒ素が混入、67人の死傷者を出した「和歌山毒カレー事件」。 死刑判決が確定している林真須美(55)は再審請求中で、結果如何では“地獄からの生還”もあり得るのだが――。  *** 4人を殺害し、63人を殺そうとした罪に問われた真須美は、一審二審ともに死刑判決。 2009年5月には、最高裁で刑が確定した。 「その年の7月に和歌山地裁になされた再審請求について、昨年6月、地裁から弁護団に『最終補充書を9月16日までに...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【社会】毒カレー「林真須美」が無罪に? 京大教授が鑑定に異論 - 02月19日(日)06:34 

メディアを席巻した毒婦は今、大阪拘置所で“ある決定”を待っている。 1998年7月、夏祭りで振舞われたカレーにヒ素が混入、67人の死傷者を出した「和歌山毒カレー事件」。 死刑判決が確定している林真須美(55)は再審請求中で、結果如何では“地獄からの生還”もあり得るのだが――。  *** 4人を殺害し、63人を殺そうとした罪に問われた真須美は、一審二審ともに死刑判決。 2009年5月には、最高裁で刑が確定した。 「その年の7月に和歌山地裁になされた再審請求について、昨年6月、地裁から弁護団に『最終補充書を9月16日までに...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「全国紙」の画像

もっと見る

「全国紙」の動画

Wikipedia

全国紙(ぜんこくし)とは全国向けにニュースを報じる新聞である。このうち、首都に本社が置かれる新聞は中央紙ともいわれる。対義語は地方紙。日本の全国紙は主に5紙であるとされるため、日本では全国紙を称して、五大紙とも呼ばれる。大手紙(おおてし)とも。

各国の全国紙 日本の全国紙 概要

日本では、読売新聞朝日新聞毎日新聞日本経済新聞産経新聞の5紙が全国紙と称され読売新聞広告ガイド早稲田大学図書館、五大紙とも呼ばれる。それぞれテレビ局のキー局と密接な資本関係若しくは提携関係を持ち、日本経済新聞以外はスポーツ新聞をグループ会社もしくは本体より発行している(日経は経済紙なのでスポーツ新聞社を持たないただし、委託印刷を行っている...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる