「全国紙」とは?

関連ニュース

【悲報】安倍晋三、前文部次官の証言に大発狂 官邸記者「今までに見たこと無いくらい」 - 05月25日(木)03:17 

「総理のご意向文書は本物」文春の前次官証言報道で新聞・テレビが一斉取材へ! 一方、官邸は「口封じ逮捕」で恫喝 https://news.nifty.com/article/domestic/society/12218-6244/ この「週刊文春」の前川氏の告白や、「週刊新潮」の路線転換を受けて、 前川氏の実名証言をつぶしていた新聞やテレビの空気も変わりつつある。 実はいま、前川氏のもとには新聞、テレビの取材が殺到しているのだという。 前川氏の代理人や知人を通じたアプローチはもちろん、世田谷区の住宅街にある前川氏の自宅に行ってみると、 多くの新聞、テ...
»続きを読む
カテゴリー:

日本郵政、400億円超え赤字転落 「西室泰三」の大罪 - 05月22日(月)13:30 

 2007年の民営化以降、日本郵政が連結決算で初の赤字に転落した。当初、3200億円の黒字を予想していたものの、蓋を開けてみれば400億円超の大赤字。社内では、その“元凶”は西室泰三前社長(81)だと囁かれている。  ゴールデンウィーク前の4月25日、日本郵政の長門正貢社長(68)は記者会見でこう語っていた。 「負のレガシーを断ち切り、攻めの経営のスタートラインに立つ」  長門社長が口にした負のレガシー(遺産)とは、2年前の上場前に6200億円で買収した豪州の大手物流会社「トールホールディングス」を指す。記者会見に出席した全国紙の経済部記者によれば、 「トールHDは世界50カ国以上に1200カ所の拠点を持つ世界有数の物流会社ですが、買収前より経営が悪化しています。そこで日本郵政はトールHDの企業価値を切り下げる“減損処理”に踏み切り、約4000億円もの特別損失を一括償却したことで赤字に転落したわけです」  どこかで聞いた話だが、 「昨年12月末に巨額損失が発覚した東芝のウェスチングハウス買収も、当時は東芝の相談役だった西室さんの強い意向でした」  こう指摘するのは、経済ジャーナリストの福山清人氏だ。 「日本郵政が傘下のゆうちょ銀行、かんぽ生命と同時上場する際、郵便事業の収益性が疑問視されていました。そこで当時、日本郵政の社長だった西室さんが、物流事業の目玉としてトールHD買収を取締...more
カテゴリー:

【サッカー】<欧州各国メディア>乾貴士(エイバル)のバルサ戦2発に衝撃!「信じられない!」「サプライズ起こした」 - 05月22日(月)06:02 

敵地カンプ・ノウで躍動! バルサ相手にゴールを奪った初めての日本人選手に  エイバルMF乾貴士がバルサ相手に挙げた2ゴールは、欧州各国に衝撃を与えているようだ。乾貴士は現地時間21日、リーガ・エスパニョーラ最終節バルセロナ戦に先発出場。日本人史上初となる対バルサ戦での得点となる先制ゴールを含む2得点をマークした。この大活躍に、スペインをはじめとした各国メディアが速報で扱っている。  乾はこの日も左サイド2列目でキックオフの笛を聞いた。すると前半7分、MFアンデル・カパが上げた右サイドのクロスに対して、...
»続きを読む
カテゴリー:

95歳夫君引退 91歳エリザベス女王の進退は - 05月20日(土)05:58 

 英王室の高級スタッフに緊急招集がかけられた――。5月4日、英メディア各社は一気に緊張した。 「誰もが“どっちだ?”とまずは考えたはずです」  と話すのは、ある全国紙の外信部デスク。 「エリザベス女王91歳、フィリップ殿下95歳。王室の突発事態として可能性が一番高いのは、やはり夫妻の体調急変ですからね」  結果的に肩透かし……などとはさすがに辛口の英紙も書かなかったが、バッキンガム宮殿から公表されたのは、エジンバラ公フィリップ殿下の今秋以降の〈公務からの引退〉だった。  90歳を超えてからは何度か病気入院もしている殿下。だが、発表直後にあった昼食会でも、立ち話をしながら引退を話題に「あんまり立ち上がれないし……」とジョークを飛ばすほど矍鑠(かくしゃく)として、昨年も219件の公務をこなしている。 「その分、自分の弱いところを世間に見せたくない気持ちも強い。それが引退の本当の理由でしょう」  と見るのはある在英ジャーナリスト。実際、引退は殿下本人の鶴の一声で決まり、公益団体の後援者(パトロン)や会員(メンバー)としての活動は今後も続けると発表された。  しかしそれならば、いずれは女王も同様に段階的な引退となるのだろうか。 「あり得ないですね。それどころか、殿下引退の穴を埋めてチャールズ皇太子やウイリアム王子など王室メンバーが交代で女王の公務に同行するための組織〈チーム・ウインザー〉が...more
カテゴリー:

「ヤマトの仕打ちは琉球人として許せない!薩摩侵攻から続く仕打ちを次世代に残させない」東京都民語る - 05月16日(火)12:01 

「ヤマトの仕打ちは、琉球人として許せないよ」。 米軍普天間飛行場の名護市辺野古沖への移設に反対する団体「沖縄意見広告運動」に在京委員として携わる読谷村出身の山内勝規さん(66)=東京都三鷹市=は、基地建設現場の対岸で開かれた集会の後方に立ち、政府への憤りを隠せずにいた。 集団就職で東京に渡って50年近く、常に沖縄を思いながら生活し、意見広告運動には2010年の立ち上げから関わっている。 全国紙や在米紙、県内の新聞などに意見広告を掲載し新基地建設反対を訴える。 意見広告運動の賛同金は個人は1...
»続きを読む
カテゴリー:

故人を偲ぶ言葉を毎日綴る葬儀司会者が伝授、上手い文章を書く方法 - 05月23日(火)20:14 

葬儀司会者として、故人を偲ぶ素晴らしい文章を日々書かれている瑠璃さんのメルマガ『瑠璃の葬送日記&葬儀ナレーション例文』。今回は、読者の方から寄せられた「文章を上手に書くためには何をすればいい?」という相談に、瑠璃さんが「文章をスラスラ書くために習慣にしていること」について、わかりやすく解説。さらに、意外と知らない「新聞の違い」という豆知識についても教えてくれました。 読者からの質問 私は文章を書くことが苦手で、何とか苦手を克服したいと思いメールします。 実は、葬儀司会が文章を多く書くということを知らなかったので、勉強しなければいけないと思います。 アナウンス、ナレーション、事務所への報告書、寺院メモ、担当様スタッフさんのお礼、申し送りの書類、とにかく書くことが多いので驚いています。私は文章を書くのが苦手でストレスです。 =中略= 瑠璃さんや他の司会の方のブログは綺麗な文章ばかりですごいです。 どのような勉強をすればよいか、教えてもらえましたら嬉しいです。 瑠璃さんからのお返事 いつもご愛読ありがとうございます。 拙者の場合は、とにかく書くことを癖付けています。 日常的にこのメルマガの記事を書いたり、お仕事ではナレーション原稿を書いたり、ブログは・・・けっこうサボってますけど、指導用のテキストやら受講生さんの質疑応答など、何かしら文章を書いています。 拙者はそれがストレスにはなっ...more
カテゴリー:

【サッカー】<欧州各国メディア>乾貴士のバルサ戦2発に衝撃!「信じられない」「バルサ相手に初めてゴールを決めた日本人」★2 - 05月22日(月)09:53 

敵地カンプ・ノウで躍動! バルサ相手にゴールを奪った初めての日本人選手に  エイバルMF乾貴士がバルサ相手に挙げた2ゴールは、欧州各国に衝撃を与えているようだ。乾貴士は現地時間21日、リーガ・エスパニョーラ最終節バルセロナ戦に先発出場。日本人史上初となる対バルサ戦での得点となる先制ゴールを含む2得点をマークした。この大活躍に、スペインをはじめとした各国メディアが速報で扱っている。  乾はこの日も左サイド2列目でキックオフの笛を聞いた。すると前半7分、MFアンデル・カパが上げた右サイドのクロスに対して、...
»続きを読む
カテゴリー:

日本郵政、400億円超え赤字転落 「西室泰三」の大罪 - 05月22日(月)05:56 

 2007年の民営化以降、日本郵政が連結決算で初の赤字に転落した。当初、3200億円の黒字を予想していたものの、蓋を開けてみれば400億円超の大赤字。社内では、その“元凶”は西室泰三前社長(81)だと囁かれている。  ゴールデンウィーク前の4月25日、日本郵政の長門正貢社長(68)は記者会見でこう語っていた。 「負のレガシーを断ち切り、攻めの経営のスタートラインに立つ」  長門社長が口にした負のレガシー(遺産)とは、2年前の上場前に6200億円で買収した豪州の大手物流会社「トールホールディングス」を指す。記者会見に出席した全国紙の経済部記者によれば、 「トールHDは世界50カ国以上に1200カ所の拠点を持つ世界有数の物流会社ですが、買収前より経営が悪化しています。そこで日本郵政はトールHDの企業価値を切り下げる“減損処理”に踏み切り、約4000億円もの特別損失を一括償却したことで赤字に転落したわけです」  どこかで聞いた話だが、 「昨年12月末に巨額損失が発覚した東芝のウェスチングハウス買収も、当時は東芝の相談役だった西室さんの強い意向でした」  こう指摘するのは、経済ジャーナリストの福山清人氏だ。 「日本郵政が傘下のゆうちょ銀行、かんぽ生命と同時上場する際、郵便事業の収益性が疑問視されていました。そこで当時、日本郵政の社長だった西室さんが、物流事業の目玉としてトールHD買収を取締...more
カテゴリー:

日本郵政の「野村不動産」買収に飛ぶ怨嗟 - 05月17日(水)16:59 

 日本郵政の長門正貢社長(68)が、驚きの一手に出た。豪州の物流会社「トールホールディングス」の経営悪化で約4000億円もの大損を公表したばかりだが、今度は野村証券グループの「野村不動産ホールディングス」を買収しようというのだ。果たして、この買収は反転攻勢の第一歩か、それともいつか来た道か。  日本郵政の野村不動産HD買収が報じられたのは、5月12日のこと。全国紙の経済部デスクによれば、 「すでに、両者で買収額の最終調整段階に入っているようで、金額が折り合えば正式発表するはずです」  野村不動産HDの2017年3月期連結決算を見ると、売上高は5696億円で、当期純利益が470億円。いずれも、前期比でほぼ横ばいと堅調に推移している。準大手証券会社の幹部の解説では、 「野村不動産HDの親会社『野村ホールディングス』は絶好調。17年3月期決算の最終利益は前期比82%増の2396億円で、11年ぶりの高水準を記録しました。ですが、“トランプ相場”による海外債券取引の儲けが大きく、今後もそれが続くとは限らない。そこで好調なうちに不動産事業を高値で売却し、本業強化にその資金を注ぎ込むのでしょう」  一方の日本郵政は、 「マイナス金利の影響で傘下のゆうちょ銀行、かんぽ生命が苦戦し、新たな収益事業に見据えているのが不動産事業。基本的にはJRが成功させたビジネスモデルの猿真似です。4年前、初の商業ビ...more
カテゴリー:

福島の山火事で放射性物質拡散はデマ? 大手メディアの危うい報道姿勢 - 05月14日(日)06:00 

帰還困難区域内にある福島県浪江町の十万山(じゅうまんやま、標高448.4m)で4月29日に起きた山火事は12日間燃え続け、5月10日午後にようやく鎮火した。焼失面積は50ヘクタール以上。人が立ち入れない区域だけに消火活動も難航した。 火災の大きさと同時に今回、クローズアップされたことがある。それは山火事で放射性物質が飛散するかどうかだ。 ことの発端は、和歌山県の地方紙「紀伊民報」の5月2日付のコラム。知人から届いたというメールを紹介する形で浪江町の山火事についてこう書かれている。 『放射能汚染の激しい地域で山火事が起きると、高濃度の放射性物質が飛散し、被ばくの懸念がある。(中略)政府も全国紙も、この現実にあまりにも鈍感過ぎるのではないか』 浪江町の一部は今年3月31日に避難指示が解除され、住民が戻ってきている。もし、山火事が原因で住民が被曝をしたら大変だと注意を促した内容だ。 ところが、この記事に読売新聞と産経新聞が反応した。読売の記者は8日の内堀雅雄・福島県知事の定例会見で「紀伊民報に掲載されたコラムは、一部の方々にとっては不愉快な内容だ。(紀伊民報は)新聞協会に加盟している報道機関なので、何か対応する考えはあるのか?」と質問。知事が「県がやることは正確な情報発...more
カテゴリー:

もっと見る

「全国紙」の画像

もっと見る

「全国紙」の動画

Wikipedia

全国紙(ぜんこくし)とは全国向けにニュースを報じる新聞である。このうち、首都に本社が置かれる新聞は中央紙ともいわれる。対義語は地方紙。日本の全国紙は主に5紙であるとされるため、日本では全国紙を称して、五大紙とも呼ばれる。大手紙(おおてし)とも。

各国の全国紙 日本の全国紙 概要

日本では、読売新聞朝日新聞毎日新聞日本経済新聞産経新聞の5紙が全国紙と称され読売新聞広告ガイド早稲田大学図書館、五大紙とも呼ばれる。それぞれテレビ局のキー局と密接な資本関係若しくは提携関係を持ち、日本経済新聞以外はスポーツ新聞をグループ会社もしくは本体より発行している(日経は経済紙なのでスポーツ新聞社を持たないただし、委託印刷を行っている...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる