「全国最少」とは?

関連ニュース

ごみ排出量、全国最少はあの県 1人当たり量で2年連続 - 04月18日(火)07:35 

 長野県の1人1日当たりの一般ごみの排出量は836グラム(2014年度比2グラム減)で、2年連続で全国最少だったことが環境省の調査でわかった。県資源循環推進課は「各自治体がごみの削減に積極的に取り組み…
in English
カテゴリー:

【厚生労働省】50年後の人口8800万人 自治体「消滅」回避へ奔走、若者定住・出生率増図る - 04月11日(火)07:54 

厚生労働省が10日公表した推計で、約50年後の日本の人口は約8800万人になる。 大幅に縮小する社会に備え、全国の自治体では人口減を防ぐ鍵となる若者の定住と出生率の上昇を目指し、 懸命の取り組みを進める。  平成27年の国勢調査で、 全国最少の人口57万3千人だった鳥取県。日本創成会議の推計では、 県内の半分に当たる13自治体が「消滅可能性都市」とされた。 県は「出生率は上昇傾向だが、全国と比べ高齢化が進行し、高齢者の死亡で自然減が続く」と危惧する。  子育て環境の整備と県出身者のUターン...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【医療】メンタルヘルス新規受け入れ休止/青森県立中央病院...増え続ける精神疾患の患者に常勤医2人だけでは対応できず... - 04月12日(水)15:06 

4/12(水) 11:12配信  青森県立中央病院(青森市)メンタルヘルス科は4月から、新規外来患者の受け入れを休止している。増え続ける精神疾患の患者に常勤医2人だけでは対応できなくなったことが主な理由。内科・外科など一般病棟に入院している患者が認知症を発症したり、がん患者らが心の病を患うケースも増えており、入院患者の心のケアに力を入れる狙いもある。これまでの患者は引き続き診療を行っている。  同科の鈴木克治部長によると、2013年度の同科診療担当患者は1日平均66人だったが、15年度は76人と2年で10人増加。現在は80...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「全国最少」の画像

もっと見る

「全国最少」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる