「全国和牛能力共進会」とは?

関連ニュース

「和牛日本一」PR合戦 鹿児島=総合、宮崎=肉牛、大分=種牛 「幾つあるの」戸惑いも - 01月15日(月)06:00 

5年に1度の「和牛五輪」と呼ばれ、2017年9月に開かれた全国和牛能力共進会(全共)で、好成績を収めた鹿児島、宮崎...
カテゴリー:

「全国和牛能力共進会」の画像

もっと見る

「全国和牛能力共進会」の動画

Wikipedia

全国和牛能力共進会(ぜんこくわぎゅうのうりょくきょうしんかい)は、全国和牛登録協会京都市)が主催して、5年に1度、全国持ち回りで開催される全国規模の和牛黒毛和種牛)の品評会。通称「全共」(ぜんきょう)。別名「和牛のオリンピック」。

概要

牛の改良の成果を競う「種牛の部」と、牛肉の肉質を競う「肉牛の部」からなり、全国から約500頭の牛が集結する。

開催費用の開催地負担は数億円に上る全国和牛能力共進会開催事業(岐阜県)重要事業の概要(明細)(岐阜県)黒毛和牛の全国品評会 宮城で2017年度初開催(河北新報 2010年6月29日)が、品評会に合わせて開催地の農業観光文化などをアピールするイベントも開かれるため、開催地には多大な経済効果があるとされている。

開催地 脚注 関連項目

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる