「全国和牛能力共進会」とは?

関連ニュース

<全共宮城大会>栗原牛の健闘喜び 出品者が市役所表敬 - 09月16日(土)10:34 

全国和牛能力共進会(全共)宮城大会に出品した栗原市の畜産農家ら9人が15日、市役所を訪れて千葉健司市長に結果を報告した。上位入賞を喜びつつ、今後のさらなる躍進を誓った。 若雌の2(3区)で優等賞4席に
カテゴリー:

県産牛、飛躍への課題(下)他産地の技術分析を - 09月14日(木)12:30 

 「飛躍的に向上したどころの話じゃない。こんなに改良が進むなんて」。10日、仙台市の夢メッセみやぎで開かれた「全国和牛能力共進会(全共)」の審査会場。主催した全国和牛登録協会(京都市)の向井文雄会長が…
カテゴリー:

<全共宮城大会>白石市が地元農家らの健闘たたえ感謝状 - 09月13日(水)20:32 

白石市は13日、全国和牛能力共進会(全共)宮城大会で上位入賞した仙南和牛改良推進組合の白石市の畜産農家3人と1団体に、市民に感動を与えたとして市役所で感謝状を贈った。 繁殖能力から枝肉の質までを競う総
カテゴリー:

和牛日本一「いいね!」 鹿児島県フェイスブック閲覧3万件 - 09月12日(火)23:45 

 全国和牛能力共進会で鹿児島県が総合1位になったことを紹介する県のフェイスブックの閲覧数が12日、3万件を突破し、過去最多を更新した。見た人が気に入ったことを示す「いいね!」も1000件を超えた。
カテゴリー:

和牛五輪、島袋さん2位 目利き競う女性の部 - 09月12日(火)11:05 

 9月7日から仙台市で開かれた第11回全国和牛能力共進会(全共)は最終日の11日、和牛の目利きを競う審査競技会で文三牧場(うるま市)の島袋愛里さん(28)が女性の部2位に当たる優秀賞を受けた。審査協議会で県勢が上位入賞するのは初めてで「選ばれると思わなかったのでとても驚いている」と島袋さんは喜び...
カテゴリー:

「祝!和牛日本一!鹿児島黒牛」 鹿児島県のFB投稿に「おめでとう」「いいね!」続々と - 09月15日(金)17:00 

2017年9月7日から9月11日まで宮城県仙台市で開催されていた「第11回全国和牛能力共進会」で、鹿児島県が総合優勝となる「団体賞」に輝いた。宮崎県が2位、大分県が3位となり、九州勢が上位を独占した。鹿児島県の公式フェイスブックからは11日、日本一を報じる地元紙「南日本新聞」の号外を添えて、「【祝!日本一!鹿児島黒牛】」というタイトルの記事が投稿された。これには、1300を超える「いいね!」があった。「おめでとうございます」「鹿児島の誇りですね!!」鹿児島県公式フェイスブックには次のようなコメントが寄せられている。「おめでとうございます。ほんとにおいしい鹿児島の和牛。日本一、認められましたね。うれしいです」「おめでとうござい。嬉しいね もっと鹿児島知られて欲しいですね」「鹿児島の誇りですね!! 鹿児島が一番って嬉しいですし間違いないんだって気持ちになりますね」「後は焼酎で頑張りましょう?」フェイスブックだけではない。ツイッターにもこんな声が......。 わーい\(^^)/わーい\(^^)/全国和牛品評会で鹿児島県が1位になったって!NEWSで流れたーーー!!щ(゜▽゜щ)\(^^)/わーい\(^^)/わーい- じょに (@goukwwlteritory) 2017年9月11日 第11回全国和牛能力共進会が昨日閉幕し、鹿児島県が総合1位の団体賞を獲得したというニュースを耳にしました...more
カテゴリー:

日本一鹿児島牛 笑顔の凱旋 5年後は“ホーム” 決意新た - 09月13日(水)23:30 

 第11回全国和牛能力共進会(全共)で総合1位の団体賞を獲得した鹿児島県の代表牛や出品者が13日、開催地の仙台市から地元に帰り着いた。念願の日本一を果たした“チーム鹿児島”を、住民や関係者は拍手で祝福し、出品者らは次回2022年の鹿児島大会に向け決意を新たにした。
カテゴリー:

快挙!!鳥取和牛が「第11回全国和牛能力共進会 宮城大会」で初の肉質1位! - 09月13日(水)17:34 

[鳥取県] [画像1: https://prtimes.jp/i/10422/56/resize/d10422-56-366515-2.jpg ] [画像2: https://prtimes.jp/i/10422/56/resize/d10422-56-982357-4.jpg ] [画像3: https://prtimes.jp/i/10422/56/resize/d10422-56-...
カテゴリー:

<全共宮城大会>11日閉幕 東北の代表牛が上位入賞 - 09月12日(火)11:12 

11日閉幕した第11回全国和牛能力共進会宮城大会では、地元宮城のほか、東北各県の代表牛が上位進出を果たした。各出品区で優等賞を受賞した出品者、団体は以下の通り。(東北関係分) 【若雄】3席 岩手県農業
カテゴリー:

大分、宮崎両県が最高賞 和牛五輪、県勢に特別賞 - 09月12日(火)09:21 

仙台市で開催されている和牛の品評会「第11回全国和牛能力共進会」は最終日の11日、最高賞に当たる「内閣総理大臣賞」が発表され、体形や毛並みの良さを評価する「種牛の部」は大分県代表、肉質を比較する「肉牛…
カテゴリー:

もっと見る

「全国和牛能力共進会」の画像

もっと見る

「全国和牛能力共進会」の動画

Wikipedia

全国和牛能力共進会(ぜんこくわぎゅうのうりょくきょうしんかい)は、全国和牛登録協会京都市)が主催して、5年に1度、全国持ち回りで開催される全国規模の和牛黒毛和種牛)の品評会。通称「全共」(ぜんきょう)。別名「和牛のオリンピック」。

概要

牛の改良の成果を競う「種牛の部」と、牛肉の肉質を競う「肉牛の部」からなり、全国から約500頭の牛が集結する。

開催費用の開催地負担は数億円に上る全国和牛能力共進会開催事業(岐阜県)重要事業の概要(明細)(岐阜県)黒毛和牛の全国品評会 宮城で2017年度初開催(河北新報 2010年6月29日)が、品評会に合わせて開催地の農業観光文化などをアピールするイベントも開かれるため、開催地には多大な経済効果があるとされている。

開催地 脚注 関連項目

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる