「全国和牛能力共進会」とは?

関連ニュース

宮崎牛のローストビーフが500円! 数々の賞を受賞した「日本一の肉」を破格で - 11月19日(日)18:30 

イタリアンレストラン「匠のローストビーフ キッチンフォーク」では"いい肉の日"を記念し、2017年11月22日から29日までの期間限定で、宮崎牛のサーロインを使用したローストビーフが500円で提供されます。 通常980円→ワンコインに 宮崎牛は日本食肉格付協会の格付け検査において肉質等級が「4等級・5等級」にランクされた2種のみしか称することができない貴重な肉。全国和牛登録協会主催の和牛の全国大会「全国和牛能力共進会」では2連覇、肉牛の部門では内閣総理大臣賞を3大会連続で受賞しています。 期間中は、そんな宮崎牛を使った通常980円のスモールサイズのローストビーフが500円で、通常1280円のレギュラーサイズが1129円で提供されます(いずれも税別)。脂の甘みはもちろん、旨味をギュッと凝縮した繊細で芳醇な味わいが楽しめます。 いずれも数量限定なので、お早めに。場所は、東京都台東区根岸2‐21‐14 金子ビル1階。 詳細は、「匠のローストビーフ キッチンフォーク公式食べログ」へ。 イオンの「ブラックフライデー」再び! 4日間のセールを見逃すな あしながおじさん、cava cava...more
カテゴリー:

【宮崎県小林市】ふるさと納税の返礼品に子牛の命名権、別にロース肉400gも - 11月17日(金)14:57  newsplus

http://yomiuri.co.jp/economy/20171117-OYT1T50052.html 宮崎県小林市は、ふるさと納税の返礼品に採用している地場産「宮崎牛」について、子牛の命名権をメニューに加えた。  市によると、子牛の命名権の返礼品は全国で初めて。さらに、9月に行われた全国和牛能力共進会(全共)で内閣総理大臣賞を受賞した牛肉も返礼品に加え、「畜産のまち」の知名度アップを図っている。(小園雅寛)  命名権は9月に導入した。2万円を寄付すると、小林市で生まれた子牛1頭に名前を付けられる。識別番号を教えてもらい、成長を追跡できる。...
»続きを読む
カテゴリー:

「全国和牛能力共進会」の画像

もっと見る

「全国和牛能力共進会」の動画

Wikipedia

全国和牛能力共進会(ぜんこくわぎゅうのうりょくきょうしんかい)は、全国和牛登録協会京都市)が主催して、5年に1度、全国持ち回りで開催される全国規模の和牛黒毛和種牛)の品評会。通称「全共」(ぜんきょう)。別名「和牛のオリンピック」。

概要

牛の改良の成果を競う「種牛の部」と、牛肉の肉質を競う「肉牛の部」からなり、全国から約500頭の牛が集結する。

開催費用の開催地負担は数億円に上る全国和牛能力共進会開催事業(岐阜県)重要事業の概要(明細)(岐阜県)黒毛和牛の全国品評会 宮城で2017年度初開催(河北新報 2010年6月29日)が、品評会に合わせて開催地の農業観光文化などをアピールするイベントも開かれるため、開催地には多大な経済効果があるとされている。

開催地 脚注 関連項目

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる