「全国各地」とは?

関連ニュース

【社会】「欲望に素直、カッコいい」バブル時代に憧れる若者たち★6 - 05月29日(月)17:48 

1980年代後半から90年代前半にかけて、地価や株価の異常な高騰をともなう好景気を背景に、独特の文化が生まれた「バブル時代」。そのファッションやライフスタイルに注目する動きが広がるが、企画者の中には当時を知らない若者も多い。なぜなのか。(沢木香織、大貫聡子) バブル時、全国各地で若者が集ったディスコ「マハラジャ」。バブル崩壊にともない閉店したが、ここ数年、東京や名古屋で相次いで復活している。1号店があった大阪・ミナミでも今年3月、25年ぶりに「マハラジャ ミナミ」が復活した。コンセプトは「原点...
»続きを読む
カテゴリー:

【電車通勤なら必須】加入急増「逃げるより、まず弁護士を」【痴漢冤罪保険】 - 05月29日(月)15:38 

 電車などで痴漢の疑いをかけられた人に迅速に弁護士を派遣し、相談費用も補償する保険サービスの契約件数が急増している。 痴漢容疑者が線路に逃げてトラブルが拡大する事例が相次ぐ中、「逃げるよりも、まず弁護士を呼んだ方がいい」との認識が広がっていることが 背景にあるとみられる。  このサービスは、ジャパン少額短期保険(東京都千代田区)が2015年9月に始めた「痴漢冤罪(えんざい)ヘルプコール」。交通事故などの際、 弁護士への相談費用を補償する年6400円の保険に特典として付く。この特典目当ての加入...
»続きを読む
カテゴリー:

思わず納得。シニア世代が「Facebook」を好む、明快な理由 - 05月29日(月)15:15 

SNS(ソーシャルネットワークサービス)は若者を中心にここ10年ほどで急速に普及し、今では数多くのサービスが登場しています。以前は「若者のモノ」というイメージも強かったSNSですが、最近はシニア世代にも人気です。離れ離れになった友人との再会や同窓会、趣味の共有などに使われているようです。シニア世代で一番人気のSNSはやはり「Facebook」。その人気の理由に思わず納得!シニア世代がSNSに求めるものとは一体何なのでしょうか? シニアに一番人気のSNSは「Facebook」。理由は文字で語りたいから シニアに最も利用されているSNS(ソーシャルネットワークサービス)はFacebookという説が定着しています。これを裏付けるデータのひとつに、ソニー生命保険が2013年9月に発表した「シニアの生活意識調査」があります。この調査では、回答した50~70代の26%がFacebookを使っていて、2位のTwitter14.2%を大きく引き離しています。 仕事の関係で、私も様々なSNSに登録していますが、日常的に利用しているのはやはりFacebook。他のTwitterやInstagram、mixiなどはほったらかし状態です。この傾向は、どうも私だけではないようで、60代後半の男性がこんなことを言ってきました。 「私のTwitterをフォローしたとのことですが、ツイッターは付き合いきれないと...more
カテゴリー:

漢字に隠れているひらがな、わかりますか?アーティスト・浦上秀樹の創作の日々 - 05月29日(月)14:35 

5月29日(月)の『ハートネットTV』(Eテレ、毎週月~木曜20:00)は、「こころ文字アーティスト・浦上秀樹」と題して、独創的なアートで人気を博す浦上秀樹(うらかみ・ひでき)さん(44)の創作の日々に密着する。「風」という漢字の中に、「ゆ・め・に・む・か・っ・て」というひらがなが隠れている。ひとつの漢字に別の意味を持つ言葉を掛けあわせ、新たなメッセージを生みだす“こころ文字”。この独創的なアートで人気を博すのが今回の主役・浦上秀樹さん。これまで600近い作品を創作。全国各地で50回に及ぶ個展を開いてきた。浦上さんは大学時代、徐々に筋肉が衰える進行性の難病・遠位型ミオパチーを発症。日常の自由を次々と奪われていった。それでも弱音を吐かず、病気と格闘。「今できることをやろう」と、動かなくなった手の代わりに口を使ってパソコン操作、あらゆることに挑戦してきた。そんな中で希望を見いだしたのは7年前、“文字アート”との偶然の出会いだった。浦上さんは無我夢中で口に筆をくわえ、それまで溜めこんできた思いを文字にぶつける。今では「体が不自由になるほど心が自由になる」という浦上さん。さらに自分らしい文字を追い求め、創作に意欲を燃やす姿に密着。一文字に人生を込めるアーティスト、浦上さんのブレイクスル―に迫る。 関連リンク 番組公式サイト
カテゴリー:

【JAF三重】イオンタウン津城山でJAFデー&特別優待を開催します! 楽しい&おトクな1日 - 05月29日(月)11:49 

[一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】] JAFでは“JAFデー”と称し、毎月全国各地でさまざまなイベントを開催しています。 本イベントでは、交通安全クイズに答えて本物の免許証そっくりなカードがもらえる「子ども安全免許証の発行」(...
カテゴリー:

【視聴熱】チャン・グンソク出演のあのバラエティーが2位に! 5/22-28ウィークリーランキング - 05月29日(月)16:51 

webサイト「ザテレビジョン」では、5月29日に「視聴熱(※)」ウィークリーランキング(対象期間=5月22日~28日)を発表した。 【写真を見る】1位の番組は? 5月22日~28日“視聴熱”ウィークリーランキング バラエティー部門 ■ 人物ランキング きゃりーぱみゅぱみゅとJAXAがコラボ! 1位 きゃりーぱみゅぱみゅ/2位 乃木坂46/3位 嵐 きゃりーぱみゅぱみゅ…ラジオ局「J-WAVE」と筑波大学が6月3日(土)に共同開催する「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2017」(通称:イノフェス)で、きゃりーぱみゅぱみゅが宇宙航空研究開発機構(JAXA)とコラボしたスペシャルライブを実施することが発表された。JAXAの宇宙映像ときゃりーの身ぶりが双方向で反応し、バーチャル宇宙空間ライブを楽しめる仕掛けに。また、8月に開催の「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」などにも出演予定。 ■ ドラマランキング 「―直虎」柳楽優弥演じる謎の男の正体とは? 1位 貴族探偵/2位 リバース/3位 おんな城主 直虎 おんな城主 直虎…5月28日放送の第21回「ぬしの名は」は、柳楽優弥演じる謎の男の正体が明らかに。方久(ムロツヨシ)と商人の町・気賀を訪れた直虎(柴咲コウ)は、子供に財布を盗まれたあげく、監禁されてしまう。そんな直虎の前に現れたのは、盗賊団の...more
カテゴリー:

漢字に隠れているひらがな、わかりますか?アーティスト・浦上秀樹の創作の日々 - 05月29日(月)15:21 

5月29日(月)の『ハートネットTV』(Eテレ、毎週月~木曜20:00)は、「こころ文字アーティスト・浦上秀樹」と題して、独創的なアートで人気を博す浦上秀樹(うらかみ・ひでき)さん(44)の創作の日々に密着する。「風」という漢字の中に、「ゆ・め・に・む・か・っ・て」というひらがなが隠れている。ひとつの漢字に別の意味を持つ言葉を掛けあわせ、新たなメッセージを生みだす“こころ文字”。この独創的なアートで人気を博すのが今回の主役・浦上秀樹さん。これまで600近い作品を創作。全国各地で50回に及ぶ個展を開いてきた。浦上さんは大学時代、徐々に筋肉が衰える進行性の難病・遠位型ミオパチーを発症。日常の自由を次々と奪われていった。それでも弱音を吐かず、病気と格闘。「今できることをやろう」と、動かなくなった手の代わりに口を使ってパソコン操作、あらゆることに挑戦してきた。そんな中で希望を見いだしたのは7年前、“文字アート”との偶然の出会いだった。浦上さんは無我夢中で口に筆をくわえ、それまで溜めこんできた思いを文字にぶつける。今では「体が不自由になるほど心が自由になる」という浦上さん。さらに自分らしい文字を追い求め、創作に意欲を燃やす姿に密着。一文字に人生を込めるアーティスト、浦上さんのブレイクスル―に迫る。 関連リンク 番組公式サイト
カテゴリー:

【経済】「欲望に素直、カッコいい」バブル時代に憧れる若者たち - 05月29日(月)15:06 

1980年代後半から90年代前半にかけて、地価や株価の異常な高騰をともなう好景気を背景に、独特の文化が生まれた「バブル時代」。そのファッションやライフスタイルに注目する動きが広がるが、企画者の中には当時を知らない若者も多い。なぜなのか。(沢木香織、大貫聡子)  バブル時、全国各地で若者が集ったディスコ「マハラジャ」。バブル崩壊にともない閉店したが、ここ数年、東京や名古屋で相次いで復活している。1号店があった大阪・ミナミでも今年3月、25年ぶりに「マハラジャ ミナミ」が復活した。コンセプトは「...
»続きを読む
カテゴリー:

【損保】痴漢冤罪保険 加入急増「逃げるより、まず弁護士を」 特約で弁護士相談費用を補償 - 05月29日(月)13:10 

電車などで痴漢の疑いをかけられた人に迅速に弁護士を派遣し、相談費用も補償する保険サービスの契約件数が急増している。 痴漢容疑者が線路に逃げてトラブルが拡大する事例が相次ぐ中、「逃げるよりも、まず弁護士を呼んだ方がいい」との認識が広がっていることが背景にあるとみられる。 このサービスは、ジャパン少額短期保険(東京都千代田区)が2015年9月に始めた「痴漢冤罪(えんざい)ヘルプコール」。 交通事故などの際、弁護士への相談費用を補償する年6400円の保険に特典として付く。この特典目当ての加入が大半だ...
»続きを読む
カテゴリー:

5000人初夏の島路疾走 小豆島オリーブマラソン 増田明美さんゲスト参加 - 05月29日(月)09:48 

初夏の島路を市民ランナーが駆け抜ける「小豆島オリーブマラソン全国大会」(同大会推進会など主催)が28日、小豆島町の坂手港町営広場を発着点に行われ、青空の下、全国各地からエントリーした約5千人が心地よい…
カテゴリー:

もっと見る

「全国各地」の画像

もっと見る

「全国各地」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる