「全国初」とは?

関連ニュース

警視庁、全国初の介護用留置室を公開 1月24日から運用 - 01月21日(土)10:56 

警視庁、全国初の介護用留置室を公開 1月24日から運用
in English
カテゴリー:

要介護者の留置室新設 - 01月20日(金)18:29 

警視庁は20日、留置施設に新設した「介護室」を報道機関に公開した。全面的にバリアフリーの対応を施した部屋で、主に自分では動けない要介護者の留置に使う。全国初の導入=東京都北区の警視庁西が丘合同庁舎
in English
カテゴリー:

入間市 認知症徘徊の身元特定用に高齢者の爪にQRコードを貼らせる (^ν^;額に焼き鏝で刻印しろよ - 01月20日(金)09:55 

【埼玉】認知症徘徊者の早期発見へ 爪に身元特定シール 入間市が全国初導入 2017年1月20日 入間市が導入した「爪Qシール」写真 入間市は、認知症による徘徊(はいかい)で行方が分からなくなった高齢者の早期発見につなげようと、 高齢者の爪に貼るQRコード(二次元バーコード)付きシール「爪Qシール」を導入した。 行方不明の高齢者を発見した人が、スマートフォンなどでQRコードを読み取ると、 事前に割り当てられた身元特定のための番号と市役所の電話番号が表示される仕組み。 こうしたシールの導入は全国の...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

大阪府「時給1000円で女児らの服装や行動をチェックする簡単なお仕事はじめませんか?」 - 01月19日(木)21:42 

大阪府は子供の貧困対策として、地域の高齢者や教員OBらによる「子どもの未来応援チーム(仮称)」を結成する方針を固めた。  地域の人材を活用し、支援が必要な子供を早期に見つけ、見守っていくのが狙いで、府によると、都道府県では全国初の取り組み。 新年度から府内の1自治体で試行したい考えだ。  府によると、チームには、地域で子供たちに食事を主に無料で提供している「こども食堂」の運営者らにも加わってもらう方針。  「衣服が汚れている」「地域活動に参加しない」などの異変に自ら気づいたり、学校や行政か...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【大阪の迷走】市民に悪影響なのに 大阪市水道民営化のなぜ? - 01月18日(水)11:22 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170106-00010002-socra-pol  今、大阪市では大阪維新の会の市長が打ち出している水道事業の民営化を巡って、市議会が紛糾している。 民営化されれば全国初だが、品質の維持や安定供給できるのかなどを巡って議論は紛糾、可決には至らず、 継続審議案件となった。「貧乏人は水も飲めんようになるのか」という反発も広がっている。  大阪市の水道民営化の出発点は2008年にさかのぼる。タレント弁護士から転身して大阪府知事に就任したばかりの 橋下徹・前府知事が、大阪府守口市の淀川沿いに...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

要介護者の留置室新設=全国初、バリアフリー-警視庁 - 01月20日(金)18:43 

 警視庁は20日、留置施設に新設した「介護室」を報道機関に公開した。全面的にバリアフリーの対応を施した部屋で、主に自分では動けない要介護者の留置に使う。全国初の導入。高齢化社会で必要性が高まることに備えた。 介護室は、東京都北区西が丘の女性専用の留置施設に1部屋つくった。最も広い5人収容の居室を2部屋つぶして改装し、35平方メートルを確保。車椅子や介護ベッドを使えるよう、出入り口も広くしてスロープを設けた。トイレは温水洗浄便座を付けた。容疑者が男性でも使用する。トイレ介助の必要性や体調の急変に気づけるよう常時監視する。 留置管理1課によると、体の自由が利かずに逃亡の恐れがない場合でも、証拠隠滅の恐れがあると判断されれば勾留される。こうした例が実際にあり、今後増えることも予想されるため導入した。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

全国初の介護用留置室、警視庁 高齢化に対応 - 01月20日(金)18:15 

高齢などで介護が必要な留置人に対応するため、警視庁は20日、東京都北区の本部留置施設西が丘分室に、バリアフリー化し...
in English
カテゴリー:

ビープラスグループ 接客業で全国初の「安全衛生優良企業」に - 01月20日(金)05:00 

 パチンコ店をチェーン展開するビープラスグループ㈱はこのほど、厚生労働省が展開する「安全衛生優良企業」制度の認定を受けた。28年12月に大分労働局で開かれた認定式に出席している=写真。 同制度は、過去3年間に労働法関係の法違反がなく、社員の健康づくりや長時間労働・メンタルヘルス対策を強力に推進している企業を認定する仕組み。接客業での認定は全国で初めてだ。 同社は安全への取り組みとして、ハラスメント……[続きを読む]
in English
カテゴリー:

認知症不明者、歯型で特定 全国初、大阪府警など導入へ - 01月19日(木)00:18 

 認知症による徘徊(はいかい)などで、警察や自治体に保護された人たちの身元を、歯型や治療痕のデータで特定する取り組みを、大阪府警と大阪府、府歯科医師会が検討している。認知症が原因とされる行方不明者は大…
in English
カテゴリー:

「禁煙条例」法制化加速。全国初「神奈川方式」の影響はどうだったのか? - 01月18日(水)08:52 

「この強化案の方向性に異論を唱えているわけではない。多様性が魅力の産業内で同質の規則を設けるのは乱暴ではないか――」  1月12日、東京都内で「受動喫煙防止強化に対する緊急集会」が開かれ、日本フードサービス協会の菊池唯夫会長は、受動喫煙防止の法制化の流れが加速していることについてこう疑問を投げかけた。  IOC(国際オリンピック委員会)やWHO(世界保健機関)が「タバコのない五輪」を推進していることから、政府は昨年1月に検討チームを設置。これを受け厚労省は、2020年の東京五輪・パラリンピック開催に向けて、飲食店やホテルなどの建物内での喫煙を一律禁止とし、違反した場合、施設の管理者や喫煙者に罰金を課す案を提示していた。  反対集会が開かれたこの日、塩崎恭久厚労相は会見で「平成20年以降、五輪・パラリンピックのすべての開催国では、罰則付きの受動喫煙禁止措置を採っている。日本が今後、大勢の外国人を呼び込むなかで、『日本には受動喫煙はありません』という国に変えていく使命がある」と話し、今月20日に召集される通常国会に法案を提出する考えを示唆。2010年に全国で初めて受動喫煙防止条例が施行された神奈川県では、飲食業界をはじめとした関連団体が徹底抗戦の構えを見せるなど喧々囂々の議論が繰り広げられたが、1ステージ上の「法制化」という局面にもかかわらず、議論らしい議論が行われないまま一気に...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「全国初」の画像

もっと見る

「全国初」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる