「全会一致」とは?

関連ニュース

イラン核合意:存続を求めEU外相が共同声明 - 10月17日(火)12:22 

 【ブリュッセル八田浩輔】米国のトランプ大統領がイラン核合意の再検討を表明したことを受け、欧州連合(EU)は16日の外相会議で「核不拡散の柱である合意を守ることを固く決心する」との共同声明を全会一致で採択し、米国に合意存続を働きかけることで一致した。
カテゴリー:

沖縄ヘリ炎上事故 地元村議会 米軍への抗議と意見書可決 - 10月17日(火)11:50 

沖縄でアメリカ軍の大型ヘリコプターが緊急着陸して炎上した事故を受け、17日、地元の東村の議会が「これ以上の基地負担は我慢できず、満身の怒りをもって抗議する」とした抗議決議と意見書を全会一致で可決しました。
カテゴリー:

CH53Eの即時配備撤回求める 東村議会が抗議決議を全会一致で可決 原因解明までの飛行停止も要求 - 10月17日(火)10:47 

 【東】米軍普天間飛行場所属のCH53E大型ヘリコプターの東村高江での炎上事故を受け、東村議会(安和敏幸議長)は17日、臨時会を開いて抗議決議と意見書を全会一致で可決した。  意見書では、過去にCH53Eの前機種となるCH53Dヘリコプターも沖国大に墜落して炎上した事故が発生していることに触れ「欠...
カテゴリー:

ヘリパッド使用禁止求める 高江米軍ヘリ炎上 県議会3本の抗議決議を可決 - 10月16日(月)16:46 

 東村高江で米軍大型輸送ヘリコプターCH53Eが不時着、炎上した事故を受け、県議会(新里米吉議長)は16日、9月定例会最終本会議で、抗議決議と意見書案を全会一致で可決した。決議と意見書は米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の使用禁止、民間地上空および水源地上空の米軍機の飛行訓練の中止...
カテゴリー:

ヘリパッド使用禁止を=米軍ヘリ炎上で抗議決議-沖縄県議会 - 10月16日(月)12:45 

 沖縄県東村で米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属のCH53E大型輸送ヘリコプターが炎上、大破した事故を受け、県議会は16日、同村高江周辺に建設された6カ所のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の使用禁止を求める抗議決議を全会一致で可決した。民間地や水源地上空での飛行訓練中止も要請した。 【時事通信社】
カテゴリー:

人工島:帰属問題、都の調停案を拒否 大田区議会委員会 - 10月17日(火)12:02 

 東京都臨海部の人工島「中央防波堤」の帰属問題で、大田区議会の総務財政委員会は17日、江東区に86.2%、大田区に13.8%を帰属させるとした都の調停案を受け入れない方針を全会一致で可決した。近く臨時会を招集し、議決する方針。
カテゴリー:

CH53E、オスプレイ即時飛行中止を要求 高江米軍ヘリ炎上で宜野湾市議会 - 10月17日(火)10:57 

 【宜野湾】東村高江で米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリコプターが炎上した事故を受け、宜野湾市議会(大城政利議長)は17日午前、臨時会を開き、原因究明や再発防止策の公表を求める抗議決議と意見書を全会一致で可決した。  相次ぐ輸送機オスプレイの墜落や緊急着陸にも触れ、CH53Eとオスプレイ...
カテゴリー:

ヘリ炎上へ抗議決議、自民も賛成 衆院選への影響懸念 - 10月16日(月)20:00 

 沖縄県東村(ひがしそん)高江周辺のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)6カ所の使用禁止を求める抗議決議を、沖縄県議会が16日、全会一致で可決した。米軍の大型輸送ヘリCH53Eが民有地に不時着、炎上した事…
カテゴリー:

沖縄県議会:米軍ヘリパッド使用禁止求め抗議決議案を可決 - 10月16日(月)13:39 

 沖縄県東村高江の民間地に米軍の大型輸送ヘリコプターが不時着、炎上した事故で、沖縄県議会は16日、高江周辺の米軍ヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設後、民間地上空での訓練が激化したとして、日米両政府にヘリパッド6カ所の使用禁止などを求める抗議決議案と意見書を全会一致で可決した。
カテゴリー:

沖縄県議会、不時着炎上に抗議 全会一致、ヘリパッド禁止も - 10月16日(月)12:43 

沖縄県東村高江の民間地に米軍の大型輸送ヘリコプターが不時着、炎上した事故で、沖縄県議会は16日、高江周辺の米軍ヘリ...
カテゴリー:

もっと見る

「全会一致」の画像

もっと見る

「全会一致」の動画

Wikipedia

全会一致(ぜんかいいっち、英語unanimity)とは、ある集団において反対論者を一人も出さずに意見をまとめ、採用すること。満場一致とも言う。

概説

集団によっては、全会一致で認められた結論のみを議決として採用する全会一致の原則を採用していることがある。

「全会」の解釈については、当該集団の所属者全員の完全な一致(欠席・棄権を認めない)とする場合もあれば、所属者のうち欠席者・棄権者を除いた(意思表明をした)者の一致で足りるとする場合もある。日本の例で言えば、閣議は前者であり、国会の採決は後者となる。後者の例は「総員」という用語にも当てはまり、たとえば国会の採決で反対派が抗議の欠席をし定員の6割の議員しか出席していなくても、採決時にその全員が賛成(起立)すれば記録上は「起立総員」であり「全会一致で可決」として扱われる。

ただし、議決は多数決によるとしながらも、全会一致の場合は、議決を無効にし、議論を振り出しに戻す制度もある。全員が賛成、あるいは反対という場合には、どこかで少数派が自己の考えを放棄し、多数派に同調したと考えられるからである。

日本の国会などでの“異議無し採決”なども「全会一致」にあたる。

全会一致の原則が採用されている(されていた)例

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる