「入荷量」とは?

関連ニュース

【やさい】野菜相場急落 過去5年比16%安 - 04月13日(金)09:17  newsplus

野菜の日農平均価格と販売量の推移 高騰していた野菜相場が、4月に入って急落した。上旬の野菜全体の日農平均価格(大手7卸のデータを集計)は1キロ135円で、過去5年平均(平年)を16%下回り、3月と比べると2割安と落ち込んだ。好天と気温上昇により生育が前進傾向で、ハクサイやレタスといった結球類やキュウリなどの果菜類を中心に入荷が潤沢なためだ。上旬の販売量は2万9534トンと過去5年間で最も多い。今後も増量が見込まれ、卸売会社は「売り込みを掛けているが、想定以上に入荷量が多い。月内は下げ基調が続く」と見通す。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【紅茶】揺れるインド銘茶「ダージリン」の里 くすぶる自治要求、「茶摘みスト」で品薄懸念も - 03月30日(金)14:59  newsplus

 世界三大銘茶の1つである「ダージリンティー」の産地で昨秋、大規模なストライキが起き、その余波が続いている。ストの影響から生産者者側の資金難が深刻でボーナス不払いが続出。今の時期からのファーストフラッシュ(春摘み紅茶)の摘み取り作業に影響が出る可能性がある。芳醇な香りで「紅茶のシャンパン」とも言われる銘茶をめぐる混乱は続きそうだ。(ニューデリー 森浩) ■年間生産量9000トン  世界中で愛されているダージリンティーだが、その歴史が始まるのは英国統治時代の1840年代だ。中国から持ち込まれた茶...
»続きを読む
カテゴリー:

【お野菜】3月までは異例の高値だったハクサイの相場急落 輸入在庫残り圧迫 好天で出回り潤沢 - 04月06日(金)17:38  newsplus

 ハクサイの相場が急落している。4月上旬の日農平均価格(5日まで、各地区大手7卸のデータを集計)は1キロ43円で、過去5年平均(平年)の5割安。好天続きで生育が進み、出回りが潤沢なためだ。気温高による消費の落ち込みや輸入物の増加で、業務・加工筋や小売りの引きが弱く販売は苦戦している。5月前半までまとまった入荷が続く見込みで、卸売会社は「軟調な取引がしばらく続く」と見通す。  ハクサイの取引は3月上旬まで寒波の影響などで異例の高値が続いた。ただ、中旬以降は気温の上昇で生育が回復し、価格は平年並みに落ち着い...
»続きを読む
カテゴリー:

「入荷量」の画像

もっと見る

「入荷量」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる