「入国制限」とは?

関連ニュース

アカデミー賞のアフターパーティを「反トランプの集会に」!? オンライン嘆願が話題 - 02月25日(土)23:30 

 アカデミー賞のアフターパーティをトランプ政権に対する反対集会にすべきだというオンライン嘆願キャンペーンが話題を集めていると、米LAウィークリー紙が報じた。  トランプ大統領がテロ対策を理由にシリア難民の受け入り拒否と、イランやイラクなどイスラム圏7カ国からの入国を一時禁止にする大統領令に署名したことをきっかけに、「セールスマン」で外国語映画賞にノミネートされているイランのアスガー・ファルハディ監督がアカデミー賞授賞式への欠席を表明する事態に発展。その後、連邦地裁による入国制限差し止め措置の取り消しを求めたトランプ政権側の上訴を、連邦高裁が却下したことにより、入国管理は元通りになっているものの、ハリウッドのクリエイターやセレブリティの多くがトランプ政権への批判を口にしたり、デモに参加したりしている。  先日、ファルハディ監督が所属するハリウッドの有名エージェンシー、ユナイテッド・タレント・エージェンシー(UTA)が、アカデミー賞前の恒例となっていたパーティを、移民支援のための資金集めパーティに切り替えると発表したばかり。そんな中、米オンライン嘆願書サイトCare2に「バニティ・フェアにお願い。トランプに抵抗するために、アカデミー賞パーティを資金集めの集会に変えて」というキャンペーンがアップされた。  バニティ・フェア誌が主催するアカデミー賞のアフターパーティといえば、アカデミ...more
in English
カテゴリー:

【高論卓説】トランプ政権の責任転嫁に警戒 流動化する世界秩序 日本も覚悟が必要 - 02月20日(月)06:25 

 米国の大統領令に基づく入国制限は、司法の判断に委ねられ、見通しがつかなくなってきた。大統領令の一時執行停止により、正規ビザを取得していた者の米国への入国が続いているが、半数近い米国民が入国制限を支持しており、移民国家の根幹に関わる事柄に米国民一人一人が向き合い、明確な態度を示さなければならないところまできているように思う。
in English
カテゴリー:

【世論調査】衝撃の結果、欧州10カ国が移民に「NO!」★7 - 02月18日(土)17:13 

 調査結果は、英王立国際問題研究所が2月7日に発表した 「What Do Europeans Think About Muslim Immigration?と題したリポートだ。 その名の通り、欧州10カ国の国民約1万人に、イスラム圏から欧州に流入する 移民についての考えを聞いている。  調査項目はただ一つ。「イスラム圏からの、これ以上の移民流入を停止するべきか」 というものだ。これに対し、10カ国平均で実に55%が「停止すべき」と答えた。 「衝撃の結果だった」 今回の調査で対象としたのは、英国、フランス、ドイツ、ベルギー、ギリシャ、スペイン、 イ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【世論調査】衝撃の結果、欧州10カ国が移民に「NO!」★6 - 02月18日(土)06:20 

 調査結果は、英王立国際問題研究所が2月7日に発表した 「What Do Europeans Think About Muslim Immigration?と題したリポートだ。 その名の通り、欧州10カ国の国民約1万人に、イスラム圏から欧州に流入する 移民についての考えを聞いている。  調査項目はただ一つ。「イスラム圏からの、これ以上の移民流入を停止するべきか」 というものだ。これに対し、10カ国平均で実に55%が「停止すべき」と答えた。 「衝撃の結果だった」 今回の調査で対象としたのは、英国、フランス、ドイツ、ベルギー、ギリシャ、スペイン、 イ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【これはマジキチだwww】 トランプ「入国制限の新大統領令を出す これで俺の勝ちだ ざまあww」 - 02月18日(土)01:13 

入国制限、新大統領令で復活へ…再び混乱か トランプ米大統領は16日の記者会見で、「国の安全を徹底的に守るため、新たな大統領令を来週出す」と述べた。 イスラム圏7か国からの入国などを制限した大統領令の効力が裁判所の判断で一時差し止められていることを踏まえ、 内容を修正した新たな大統領令で効力復活を目指す方針だ。各地で再び混乱が起きる恐れがある。  トランプ氏は裁判所の一時差し止めについて、「ひどい法廷で、国の安全にとって悪い決定だった」と改めて批判した。 http://www.yomiuri.co.jp/world/2017...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

トランプ大統領の「正しい取り扱い方」とは - 02月22日(水)12:30 

 持ち上げたかと思えば突き落とす! 世界の“台風の目”とどうつきあうべきなのか!? 正解はコレだった!  2月10日、トランプ政権になって初となる日米首脳会談が行われた。「各国首脳の中で、イギリスのメイ首相に次いで2番目にトランプ大統領と会談することができた」(官邸筋)と歓迎ムードだが、相手はなかなか手ごわい。  会談前には、「日本は為替操作をして円安に誘導している!」と発言して安倍晋三首相や麻生太郎財務相を真っ青にさせたかと思えば、「3日に訪日したジェームズ・マティス国防長官は、尖閣諸島について“日米安保条約の適用範囲だ”と明言し、日本側を安堵させました。アメとムチを織り交ぜてくるため、先が読めない。対応には細心の注意が必要なんです」と、いまだに外務省関係者は警戒を解いていない。  だが、「接し方次第では、日本が利する展開もありえる」(全国紙国際部記者)と期待する向きも――。「中国のように敵と見なした国にはとことん厳しい姿勢を貫く一方、ロシアには経済制裁解除をチラつかせイスラエルの肩を持ち、台湾には大接近。前例を無視した“トランプ流”外交では、得する国と損する国の明暗がハッキリ分かれます。日本が“得”のほうに回れるかが重要です」(前同)  やり方次第で、トランプ大統領は意外と“使える奴”とも言えそうだ。そこで気になるのが、正しい使用法。日本に有利な条件を引き出すための、“トリセツ...more
in English
カテゴリー:

【国際】入国制限の新大統領令、永住権保持者は対象外 米紙報道 - 02月20日(月)06:23 

入国制限の新大統領令、永住権保持者は対象外 米紙報道 2017/2/19 19:06 http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM19H18_Z10C17A2FF8000/  【ニューヨーク=高橋里奈】トランプ米政権が近く発表予定のイスラム圏7カ国からの入国を制限する新大統領令について、永住権(グリーンカード)保持者を対象から外すとみられることが明らかになった。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が米国務省の内部資料による情報として報じた。  新大統領令は21日にも発表される見通しだという。トランプ大統領による現行の大統領令で...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【日経ビジネス】衝撃の結果、欧州10カ国が移民に「NO!」 - 02月18日(土)08:27 

 調査結果は、英王立国際問題研究所が2月7日に発表した 「What Do Europeans Think About Muslim Immigration?と題したリポートだ。 その名の通り、欧州10カ国の国民約1万人に、イスラム圏から欧州に流入する 移民についての考えを聞いている。  調査項目はただ一つ。「イスラム圏からの、これ以上の移民流入を停止するべきか」 というものだ。これに対し、10カ国平均で実に55%が「停止すべき」と答えた。 「衝撃の結果だった」 今回の調査で対象としたのは、英国、フランス、ドイツ、ベルギー、ギリシャ、スペイン、 イ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

入国制限で新たな大統領令 トランプ氏方針 高裁異議に対応 - 02月18日(土)05:00 

 トランプ米大統領は16日の記者会見で、移民に関する新たな大統領令に来週署名する方針を明らかにした。イスラム教徒が大部分を占める7カ国からの入国を一時禁止した先の大統領令に対する連邦高裁の異議に対応した内容になるとしている。
in English
カテゴリー:

【世論調査】衝撃の結果、欧州10カ国が移民に「NO!」★5 - 02月18日(土)01:07 

 調査結果は、英王立国際問題研究所が2月7日に発表した 「What Do Europeans Think About Muslim Immigration?と題したリポートだ。 その名の通り、欧州10カ国の国民約1万人に、イスラム圏から欧州に流入する 移民についての考えを聞いている。  調査項目はただ一つ。「イスラム圏からの、これ以上の移民流入を停止するべきか」 というものだ。これに対し、10カ国平均で実に55%が「停止すべき」と答えた。 「衝撃の結果だった」 今回の調査で対象としたのは、英国、フランス、ドイツ、ベルギー、ギリシャ、スペイン、 イ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「入国制限」の画像

もっと見る

「入国制限」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる