「児嶋一哉」とは?

関連ニュース

フジモン「小峠のフラッシュの数多い」全方位フォロー記者会見「ドキュメンタル」シーズン2配信開始 - 04月27日(木)10:00 

司会「それではFUJIWARAの藤本敏史さんから一言ずつお願いします」宮川大輔「としふみ?」バイきんぐ小峠「としふみって言うんですか」FUJIWARA藤本「としふみやって」ノブコブ吉村「名前ダサくないすか?」下の名前を呼ばれるだけで散々な言われよう。都内で行われた『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』シーズン2の完成披露試写会。本編に参加した10名から、藤本敏史(FUJIWARA)、宮川大輔、小峠英二(バイきんぐ)、大島美幸(森三中)、吉村崇(平成ノブシコブシ) の5名が記者会見を行った。頼りになるフジモンの合いの手『ドキュメンタル』は芸人10人による「密室笑わせ合いサバイバル」。同じ部屋で過ごしながら、あの手この手で相手を笑わせるのがルール。笑ったものから部屋を去り、最後の1人まで残れば賞金1000万円を獲得できるのだ。Amazonプライム・ビデオのオリジナルコンテンツであり、地上波ではギリギリアウトな笑いも余すところなく残されている。シーズン1は吉本芸人10名によって行われたが、今回はバナナマン日村(ホリプロ)、アンジャッシュ児島(人力舎)、バイきんぐ小峠(SMA)と他事務所の芸人も参加。さらに初めて女芸人・森三中大島も乗り込んだ。大島「ずっと考えてました。女性として何ができるかなと……」藤本「なんでもできるやん……」大島「呼ばれたからには。やっ...more
in English
カテゴリー:

芸人支える妻のあり方とは? 極貧時代やネタにされる覚悟も必要 - 04月27日(木)08:40 

 女優の佐々木希とお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建の結婚が、4月9日放送『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)の3時間スペシャル番組で発表され、世間にはおおむね好意的に受け入れられたようだ。同時に注目を浴びているのが“芸人の妻”という存在。スポーツ選手の妻、梨園の妻、偉人の妻、大家族のお母さん、さらには総理大臣(政治家)の妻などなど、“〇〇の妻”は常に話題やネタになる。中でも芸人の妻となると、“笑いを取る”という特性上、自身をさらけ出す覚悟がより必要となってくる。そんな芸人の妻の“あり方”とは? ◆結婚を期にイメージ変更も “内助の功”で芸人である夫を支える芸能人妻たち  今回の渡部と佐々木の結婚では、渡部の相方である児嶋一哉には何ら事前報告がなかったと報道される一方、児嶋自身も佐々木との交際について問い質したことはないと、4月16日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で告白していた。それに対してダウンタウンの松本人志は、「あの感じ、確かにやりづらい。俺も廊下で小川菜摘(相方である浜田雅功の妻)と会うたとき、嫌やもん」とコメント。一般の視聴者たちも(何となくその気持ちわかる…)となったわけだが、小川菜摘にしても夫の不倫騒動のときには毅然とした対応を見せて“芸人の妻”の面目躍如となったし、今回の佐々木希も先の結婚発表時には、電話中継ながらもしっかりと生放送に“出演”し...more
in English
カテゴリー:

松本人志「ドキュメンタル」シーズン2にかける意気込みと手応え - 04月27日(木)04:00 

 松本人志がこのほど、Amazonプライム・ビデオで4月26日から配信が始まった新番組「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」シーズン2にかける意気込みを、映画.comに語った。  松本が命名した「ドキュメンタル」は、ドキュメンタリーとメンタルを合わせた新語。参加者10人、参加費1人100万円、制限時間6時間、同じ部屋に集まった参加者同士が、あの手この手で笑わせ合う。相手の仕掛けに笑ってしまい、レッドカードが出たら即退場。並み居る実力者たちが自らのプライドをかけてライバルを笑わせ合い、その攻撃に最後まで耐えた者が賞金1000万円を手にすることができる。  シーズン2には、シーズン1に続き宮川大輔、藤本敏史(FUJIWARA)、ジミー大西の3人が続投。さらに日村勇紀(バナナマン)、児嶋一哉(アンジャッシュ)、小峠英二(バイきんぐ)、大島美幸(森三中)、津田篤宏(ダイアン)、吉村崇(平成ノブシコブシ)、斉藤慎二(ジャングルポケット)の7人が初参戦となる。  昨年11月30日に配信されたシーズン1の好調を受け、制作が決定した新シリーズ。「わりと評判がいいと聞いていましたけどね」と語るなど、松本自身も手応えを感じていた様子だ。しかし改善点も感じていたようで、「ルールの改正は必要かなと思っていたんですよね。前のルールだと中盤くらいでピークを迎えてしまうの...more
in English
カテゴリー:

小峠英二、元カノから連絡もお金の貸し借りもなし - 04月26日(水)15:09 

4月26日よりAmazonプライム・ビデオで配信が始まった「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」シーズン2の完成披露試写会が行われ、藤本敏史、宮川大輔、小峠英二、大島美幸、吉村崇が出席した。 【写真を見る】小峠英二の目が赤いのは訳あって寝不足? 「ドキュメンタル」は、10人の芸人が自身のプライドを懸け、賞金1000万円を競う“密室笑わせ合いサバイバル”。参加費は1人100万円。制限時間6時間内で笑ってしまい、レッドカードが出たら即退場となる。笑いを仕掛け、笑いに耐え、最後まで残った一人が賞金1000万円を獲得する。 藤本は「一言だけです。第1回目のドキュメンタルより第2回目の方が数倍面白くなっておりますので、皆さん乞うご期待ということでよろしくお願いします」。 宮川は「僕も2回出させていただいているんですけど、1回目も面白かったんですが、2回目の方がすごく楽しくて。1回目と違うのが、1回目は“よしもと”だけでやったんです。それが2回目は他事務所、それもモンスター級の人を集めた。そして女性の大島も出ているという。今回の方が楽しいと思います」。 「目が真っ赤じゃないですか!」と藤本、宮川からツッコまれた小峠は「第1回目はAmazonさんで見させていただいて、面白いな、この場にいたいなと思ったらオファーをいただきまして、でも実際出させていただいたら大変で...more
in English
カテゴリー:

『中居正広の神センス☆塩センス』第5弾!有名芸能人のつまらないダジャレ連発にどうする? - 04月26日(水)05:00 

ピンチの時のあの対応は正しい神センスだったのかを語り合う、フジテレビの好評企画『中居正広の神センス☆塩センス』の第5弾が、4月26日(水)19時より放送される。「結婚式に友達を誰まで呼ぶべきなのか」という問題では、石原良純が父・慎太郎の関係者を多く呼ばなければならず、友人たちに気を遣わせないために呼ばなかったというエピソードを告白。その時、呼ばれなかった友人からは“なぜ呼ばなかったのか?”と悲しまれたことを明かす。すると、既婚者の劇団ひとり、児嶋一哉、西村知美らから活発に意見が飛び交う。横澤夏子は、婚活パーティーで素敵な男性に出会うと「初めてパーティーに参加した」と偽ってしまうと悩みを打ち明ける。異性の前で自分を繕ってはいけないのか、議論は白熱していく。劇団ひとりは、麻雀仲間でもある有名芸能人が、麻雀の間、つまらないダジャレを連発するのがつらいと打ち明ける。このつまらないダジャレを放置してよいのか悩んだ末に、結局先輩には注意できなかったそう。梅沢富美男は大先輩、三船敏郎と同席した際の失敗談を語りスタジオ中を驚かす。さらに皆の意外なこだわりについて語り合う新企画「こだわりのセンス」がスタート。ここからは陣内智則らが進行に加わり、カップラーメンの中で自分が“これぞ!”と思う逸品について大いに激論を戦わせる。 関連リンク プチエロで話...more
in English
カテゴリー:

松本人志が絶賛!「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」最新作の内容とは? - 04月27日(木)09:00 

Amazon プライム・ビデオでは、日本オリジナル・シリーズとして人気の高い松本人志によるバラエティー・シリーズ「『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン2」を4月26日より見放題独占配信中。 【写真を見る】松本を大爆笑させた参加者とは?/(C)2017 YD Creation 本シリーズは、個性豊かな10人の芸人たちが芸人のプライドを懸け、賞金1000万円を競う “密室笑わせ合いサバイバル”。参加費は1人100万円! 笑ってしまい、レッドカードが出たら即退場となる。笑いを仕掛け、笑いに耐え、見事、この激しい攻防をくぐり抜け、最後まで残った1人が賞金1000万円を獲得する。 参加者はシーズン1に引き続き参加となる宮川大輔、藤本敏史、ジミー大西の3人に加え、日村勇紀、児嶋一哉、小峠英二、大島美幸、津田篤宏、吉村崇、斉藤慎二の7人が初参戦! 先日、配信に先立ち、松本の合同取材会が行われた。 ――シーズン1の手応えと周りの反響はいかがですか? 割と評判はいいと聞いていましたが、ちょっとルールの改正は必要だなと思いました。中盤くらいに一番ピークを迎えるので、終盤に向けて最後をいかにエキサイティングにしていけるかというのがあったのですが、シーズン2ではルールを改正して、うまくいったかなと思います。 (シーズン2は)ポイント制を導入して、ボクシングじゃな...more
in English
カテゴリー:

藤本敏史「ヘトヘトになる」ドキュメンタルシーズン2配信中 - 04月27日(木)05:30 

4月26日からAmazonプライム・ビデオにて独占配信中の「『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン2」。一人100万円の参加費を手に、賞金1000万円獲得を目指して“密室笑わせ合いサバイバル”が繰り広げられている。 【写真を見る】周りからルール違反と指摘されたジミー大西のメーク/(C)2017 YD Creation シーズン2の今回は、藤本敏史、宮川大輔、小峠英二、大島美幸、吉村崇、ジミー大西、日村勇紀、児嶋一哉、津田篤宏、斉藤慎二の10人が登場する。 シーズン1では、宮川、藤本、ジミーの他、くっきー、ハチミツ二郎、久保田和靖、斎藤司、アントニー、川原克己、大地洋輔の10人が参加。シーズン1での微妙な結末を受け、今回シーズン2ではルール改正を実施。制限時間6時間以内に決着がつかない場合には、“ポイント制”により優勝者を決定するという。 シーズン2に臨んだ藤本は「終わった後、ヘトヘトになるんですよ。全身全霊、精神力も体力も使うんでヘトヘトなんです。こんなお仕事ほかではないですよ。1回目よりもヘトヘトになりました。ただ心地いいんですよ」とまさに体験した者にしか分からない感情をぶちまけた。 【関連記事】 ・小峠英二、“元カノ”から連絡もお金の貸し借りもなし ・指原莉乃、逮捕の坂口杏里に「裏切ったのはすごく悲しい」 ・松本人志の「ドキュメンタル...more
in English
カテゴリー:

バイきんぐ小峠、元カノ質問に困惑 「お金の貸し借りは?」に「ないです!」 - 04月26日(水)18:28 

 Amazonオリジナル「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」シーズン2の完成披露イベントが26日、東京都内で行われ、出演者の小峠英二(バイきんぐ)、宮川大輔、藤本敏史(FUJIWARA)、大島美幸(森三中)、吉村崇(平成ノブシコブシ)が登壇した。 小峠は、元交際相手のタレント坂口杏里が、知人のホストから現金3万円を脅し取ろうとしたとして恐喝未遂容疑で逮捕され、21日に釈放されたばかり。そんなこともあり登場早々、報道陣からフラッシュを浴びた小峠は、芸人仲間から「目が赤い」「ドーベルマンにしか見えない」などと“不調”を突っ込まれ苦笑い。藤本からも「なんか緊張して寝られへんかったん? それとも、気合いでバキバキになっているんかな?」とイジり倒されたが「まあ、両方違いますけどね」と冷静に返して、会場の笑いを誘った。 退場間際には、報道陣からも「杏里さんと連絡を取っていますか?」「お金の貸し借りはありませんか?」などと質問が飛んだが、小峠は「ないです。ないです!」とこれを否定。坂口に対するアドバイスを求められると、困惑した表情を浮かべながら、そのまま会場を後にした。 この番組は、個性豊かな10人の芸人たちが、自ら参加費と芸人のプライドを賭け、賞金1000万円を競う“密室笑わせ合いサバイバル”。参加費1人100万円、制限時間6時間、同じ部屋に集まった参加者同...more
in English
カテゴリー:

バイきんぐ小峠、元カノ坂口杏里容疑者イジリに苦笑 フジモンはニヤニヤ - 04月26日(水)13:47 

 お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二が26日、都内で行われたバラエティー・シリーズ『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』のシーズン2の完成披露試写会に参加。知人ホストから現金3万円を脅し取ろうとして恐喝未遂容疑で逮捕され、21日に釈放された元カノのタレント・坂口杏里について、芸人たちからイジられた。  小峠は、なぜか目が真っ赤な状態で登場すると、ドキュメンタル出演について「すごく刺激的で楽しい時間だった」とあいさつ。元カノが逮捕された直後ということで、報道陣から無数のフラッシュを浴びていると、イジりたくてしょうがなかったFUJIWARAの藤本敏史はニヤニヤ。宮川大輔からツッコまれた藤本は「緊張して、昨日寝られなかったのかなとか、気合でバキバキになっているのかな」と目が赤いことにかけて、とぼけた質問。あきれた苦笑いを浮かべながら小峠は「どっちも違いますけどね」と返していた。  イベント終了時、報道陣から坂口と連絡を取ったかと声をかけられると小峠は「ないです、ないです」。重ねて、お金の貸し借りについての質問が飛んだが同じく「ないです、ないです」と苦笑い。坂口へのアドバイスを問われたが、申し訳無さそうな表情で答えることなく会場を後にした。そんなやり取りを見ていた平成ノブシコブシの吉村崇は「すごい! 初めて見た、こういうの」と1人テンションが上がってい...more
in English
カテゴリー:

『中居正広の神センス☆塩センス』第5弾!有名芸能人のつまらないダジャレ連発にどうする? - 04月25日(火)19:55 

ピンチの時のあの対応は正しい神センスだったのかを語り合う、フジテレビの好評企画『中居正広の神センス☆塩センス』の第5弾が、4月26日(水)19時より放送される。「結婚式に友達を誰まで呼ぶべきなのか」という問題では、石原良純が父・慎太郎の関係者を多く呼ばなければならず、友人たちに気を遣わせないために呼ばなかったというエピソードを告白。その時、呼ばれなかった友人からは“なぜ呼ばなかったのか?”と悲しまれたことを明かす。すると、既婚者の劇団ひとり、児嶋一哉、西村知美らから活発に意見が飛び交う。横澤夏子は、婚活パーティーで素敵な男性に出会うと「初めてパーティーに参加した」と偽ってしまうと悩みを打ち明ける。異性の前で自分を繕ってはいけないのか、議論は白熱していく。劇団ひとりは、麻雀仲間でもある有名芸能人が、麻雀の間、つまらないダジャレを連発するのがつらいと打ち明ける。このつまらないダジャレを放置してよいのか悩んだ末に、結局先輩には注意できなかったそう。梅沢富美男は大先輩、三船敏郎と同席した際の失敗談を語りスタジオ中を驚かす。さらに皆の意外なこだわりについて語り合う新企画「こだわりのセンス」がスタート。ここからは陣内智則らが進行に加わり、カップラーメンの中で自分が“これぞ!”と思う逸品について大いに激論を戦わせる。 関連リンク プチエロで話...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「児嶋一哉」の画像

もっと見る

「児嶋一哉」の動画

Wikipedia

児嶋 一哉(こじま かずや、1972年7月16日 - )は、日本お笑いタレント俳優お笑いコンビアンジャッシュのボケ(キレ芸のときはツッコミ)担当。東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。

略歴

小学校では当時八王子で一番強いサッカークラブでキャプテンだった。中学校では陸上部(1500メートル)に所属。

ジャニーズ事務所履歴書を送ったことがある。その後、お笑いを目指そうと思っていたが、当時東京にお笑いの...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる