「免疫細胞」とは?

関連ニュース

アトピーに効果がある薬とは - 05月21日(日)08:15 

アトピー性皮膚炎は、皮膚のバリア機能が衰えることによって、炎症や乾燥、かゆみなどの症状が現れるといいます。そのようなアトピー性皮膚炎の症状の改善に効果がある薬について、詳しく解説します。アトピーの症状人の皮膚に備わる機能には、熱や痛みを感じる役割を担う知覚作用や、発汗などによって行われる体温調節機能、細菌などの外敵やさまざまな刺激が体内に入り込まないように防御したり、体の中から体液が出ないように守ったりするバリアとしての役割などがあると考えられます。表皮のいちばん外側に存在する角層が皮膚のバリア機能を担っていますが、アトピー性皮膚炎の皮膚はこのバリア機能が衰えているといわれます。また、アトピー性皮膚炎の皮膚は、細胞間を埋める脂とされる角質細胞間脂質や水分を抱えこむ天然保湿因子などが減少していることが多く見られます。バリア機能が衰えた状態の皮膚では、水分が体の中から蒸散しやすく、本来なら体内に入ってこない有害な抗原刺激が体の外側から侵入しやすい状態になっていることが考えられます。その抗原刺激が、異物の侵入を察知した免疫細胞と結びつくことでアレルギー性の炎症を生じさせる物質を生成し、アトピー性皮膚炎の炎症を起こすとされています。そのうえ、バリア機能が衰えている皮膚はかゆみを感知する知覚神経が表皮まで到達し、少しの刺激にもかゆみを感じて掻き壊しやすくなります。掻くことによって、バリア機能...more
カテゴリー:

【医療】「HIV感染は不治の病」今や昔の話 寿命は非感染者とほぼ同じに - 05月17日(水)12:37 

2017年5月11日、BBCは「ヒト免疫不全ウイルス(HIV)」感染者の平均余命が感染していない人と変わらない状態になっているとする英ブリストル大学の研究結果を報道した。 完治は困難で治療薬の服用を一生継続しなければいけないが生存率は改善され続けており、1981年にHIVが発見された当時の「高確率で死亡する不治の病」といったイメージは大きく変わりつつあるようだ。 ■抗レトロウイルス療法の効果が年々向上 HIVは免疫細胞を破壊して免疫不全を起こすウイルスで、感染することで「後天性免疫不全症候群」、いわゆるエイズを発症...
»続きを読む
カテゴリー:

【サプリで認知症予防&健康長寿】日本人にありがちなコレステロールの誤認識 がん退治する免疫細胞の材料なのに… - 05月17日(水)07:30 

日本人だけがコレステロールが健康に悪いと信じています。タコ、イカ、エビ、それに卵、脂肪たっぷりのステーキ…。コレステロール値が上がりそうですね。一昨年、厚生労働…
カテゴリー:

今年の注目のスーパーフードはズバリこれ!!! - 05月15日(月)17:58 

夏に向けて薄着になるためダイエットをしなければと焦っている女性は多いのではないでしょうか。様々なダイエット方法がある中で、無理せず継続的に続けることがダイエットを成功させるために重要です。 そこで今回は、ダイエットの基本である”食事”に注目し、現在食事ダイエットをしている、全国の20歳~59歳の女性400人を対象に総合マーケティング支援を行なうネオマーケティングが「食事ダイエットに関する調査」を行ないました。 ■食事ダイエットで健康的に痩せる食べ物のイメージは!? 食事ダイエットをしているときにとる食事について、重要だと思う要素をお聞きしたところ、最も多い回答が「体に良い」で81.0%という結果となりました。次いで、「飽きない」64.0%、「カロリーが低い」63.3%の順となりました。 また、食事ダイエットをしているときに食べるものについて、〈満腹感を得られそう〉〈味のアレンジがしやすそう〉〈健康的に減量できそう〉の3つのイメージにあてはまるものをそれぞれお聞きしました。 〈満腹感を得られそう〉のイメージにあてはまるもので最も多い回答が「おかゆ」で42.8%、次いで「バナナ」36.8%、「ダイエットフード」28.3%という結果となりました。 昨年の同調査と比較をしても上位3位は同じ順位となりました。 〈味のアレンジがしやすそう〉のイメージにあてはまるものは...more
カテゴリー:

子どもの抜け毛の原因は何が問題? - 05月14日(日)05:58 

もともとの薄毛とは異なり、「最近、子どもの抜け毛が増えてきた気がする」「気づいたら十円ハゲができていた」などといった、子どもの「抜け毛」に悩むママがいる。 子どもの抜け毛の原因とは? 横浜労災病院皮膚科部長の齊藤典充先生は言う。 「子どもの抜け毛の多くは、円形脱毛症です。2~3歳など、幼児にも見られます。ストレスがきっかけのことももちろんありますが、原因はそればかりではありません。インフルエンザがきっかけになることや、本人的には思い当たるきっかけがない、原因不明のものが多いのです」(齊藤先生 以下同) 子どもに円形脱毛症ができると、幼稚園や親がストレスを与えているのではないかと心配する人が多いそうだが、自分や誰かを責める必要はないという。 ●免疫が自分自身の髪を攻撃して起こる「円形脱毛症」 では、円形脱毛症はなぜできてしまうのか。 「円形脱毛症は、『自己免疫疾患』のひとつといわれており、免疫が自分自身の髪を攻撃してしまうことで起こります。免疫細胞 のTリンパ球が毛根を敵(異物)とみなして攻撃することで、毛根周辺で炎症が起き、毛が抜けるというメカニズムです。ただし、なぜそうなるのか原因はわからない場合が多いのです」 ほかに、全体が薄くなって円形脱毛症ができる場合には、亜鉛などの栄養不足で起こるケースもまれにあるそう。 また、高熱で一時的に消耗し、栄養がとれずに脱毛症にな...more
カテゴリー:

身体にいいことがいっぱい! 腸内環境を整えるメリットとは? - 05月20日(土)20:00 

腸内環境を整えることは、健康や美容にとても良いといわれています。具体的にはどんなメリットがあるのでしょうか? 今回は、腸内環境を整えるメリットについて医師に詳しい話を聞いてきました。 腸内環境を整えるメリットは? 便秘の改善 腸内環境を整えると、善玉菌が優勢の環境を作ることができます。善玉菌が生産する物質によって大腸を適度に刺激し、便通が整いすっきりと便が出る可能性が高くなります。 太りにくくなる 腸内細菌の働きによって、エネルギーを燃焼しやすい体になるといわれています。 疲労の軽減 善玉菌が、疲労を改善するといわれる「ビタミンB」を多く産生します。 免疫力が高まる 腸管には人間の免疫にかかわる免疫細胞が非常に多くあるため、下記のようなメリットが期待できます。 ・風邪やインフルエンザにかかりにくくなる ・がん予防 ・花粉症、食物アレルギーの改善 また、ニキビや吹き出物など、肌トラブルの改善にも効果があるとされています。 腸内環境を整えるためには 食事に気をつける 乳酸菌、ビフィズス菌を含む食品を積極的に摂取するようにしましょう。 ・ヨーグルト ・ぬか漬け、キムチなど、発酵食品 ・バナナ、牛乳、玉ねぎなど、オリゴ糖を含む食品 オリゴ糖を含む食品としては 「オリゴ糖シロップ」なども発売されています。手に...more
カテゴリー:

キウイの緑と黄、どっちが美容にいい?マンゴー、サクランボも色で違う - 05月17日(水)09:02 

 美容効果が高いのは、どっち?  キウイ、マンゴー、サクランボ。味はもちろんのこと、高い美容効果を期待できる才色兼備な3フルーツが旬を迎える季節になりました。この3つ、最近では海外産・国産モノという違いだけでなく、色や品種も豊富になっているので、果たしてどれを選ぶべきか、味や栄養面で悩んでしまうことも。  そこで今回は、美容面を考えた場合に、どれを選ぶべきなのか? というお話。栄養効果や味を最大限に活かすポイントなども合わせてご紹介します。 ◆(1)マンゴー 【結論】 強い抗酸化作用を持つβ-カロテンが豊富なため、アンチエイジング効果が期待できる。イエロー、レッドの違いによるβ-カロテン含有量を示したデータは見当たらないが、豊富な証は、濃いオレンジ色にあり。熟に近づくほどβ-カロテン量が増えるため、レッド・イエロー共にしっかりと完熟させてから食べるべし。糖度や味(甘味・酸味)のバランスを重視するなら、レッド。 ⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=702247  マンゴーには、強い抗酸化作用を持つオレンジ色の色素である「β-カロテン」が豊富に含まれています。ペリカンマンゴーのような「イエロー」と、アップルマンゴーのような「レッド」でこの含有量を比較したいところですが、明確な数値を出しているデータは見当たらず。そのため...more
カテゴリー:

「悪玉」免疫細胞の元を発見=がん増殖を促進-医科歯科大 - 05月17日(水)02:31 

 通常は免疫細胞として働くのに、がんの増殖や転移を促進する「悪玉」に変化するマクロファージの元になる細胞を、東京医科歯科大の研究チームが発見した。論文は16日付の米科学誌イミュニティ電子版に掲載された。 マクロファージは免疫細胞の一種で、白血球の一種「単球」から変化して細菌の排除などの役割を果たす。しかし、がん細胞周囲では腫瘍関連マクロファージ(TAM)に変化し、がん細胞を攻撃するT細胞などを抑制したり、転移を促進したりするなどの「悪玉」に転じる。 単球はこれまで、GMPと呼ばれる単一の前駆細胞から分化すると考えられてきたが、同大の樗木俊聡教授らが詳しく調べたところ、細胞表面にあるたんぱく質の違いで、cMoPという別の前駆細胞の存在が判明。cMoPが単球を経るとTAMになることが分かった。 研究チームは、cMoPの働きを一時的に抑制できれば、単球やTAMの生成が抑えられて新たな治療法につながるとみており、候補となる物質の探索を進めている。 【時事通信社】
カテゴリー:

メディネットのフィスコ二期業績予想 - 05月15日(月)05:58 

メディネット<2370> 3ヶ月後 予想株価 130円 免疫細胞療法総合支援サービスを中心に細胞医療支援事業を展開。
カテゴリー:

美容と健康に悪影響!肥満や便秘を引き起こすむくみ腸とは - 05月11日(木)10:00 

むくみ腸の特徴と原因 ●むくみ腸とは むくみ腸とは、その名の通り、むくんだ腸のことをいいます。むくみ腸になると、腸の中に水分や老廃物が蓄積することから、腸内細菌の悪玉菌の活動が活発になります。すると、悪玉菌から腸内ガスが放出されるようになり、ガスによるお腹の張り、腸内環境の悪化による便の質の低下、血行不良による基礎代謝の低下などによって、ぽっこりお腹や慢性的な便秘、太りやすい体質へとつながってしまうのです。 ●腸がむくむ仕組み むくみ腸は、本来、大腸の腸壁を通じて吸収されるはずの水分が何らかの原因によって腸内に停滞することから引き起こされる症状です。主な原因は腸の血行障害で、腸の血流の悪化に伴って水分の流れも悪くなってしまうことから水分が腸管の中に蓄積し、むくみが引き起こされてしまうのです。 ●むくみ腸の原因 むくみ腸の原因には、腸の血行障害が関与しています。まず、便秘です。便秘になると、老廃物を豊富に含んだ便が腸の中に停滞することから、それを吸収した血液の中にも老廃物が多くなります。すると、血液の流れが悪くなり、腸の血行障害が引き起こされてしまうのです。 また、下剤の使用も腸の血行障害を引き起こします。下剤を使用すると、下剤に含まれる成分の刺激によって、腸粘膜に炎症が起こりやすくなります。その結果、腸内機能が低下し、腸の血行障害へとつながってしまうのです。 このほか...more
カテゴリー:

もっと見る

「免疫細胞」の画像

もっと見る

「免疫細胞」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる