「免疫細胞」とは?

関連ニュース

質の悪い睡眠は美容と健康の天敵!睡眠の質を高める方法とは? - 03月24日(金)10:00 

睡眠の質って何? 多くの人は、十分な睡眠時間をとっていれば、美容と健康の上で問題がないと認識しがちです。しかし、睡眠で大切なのは、時間だけではありません。いくら睡眠時間が長くても、睡眠の質が悪ければ、睡眠障害と同じような不調が身体にあらわれてしまうのです。以下では、睡眠の質について解説していきます。 ●そもそも睡眠の必要性とは? 日常生活において、私たちの脳や身体は常にフル回転しています。睡眠には、そんな日常生活で蓄積された脳や身体の疲れを解消する効果があります。 また、睡眠は身体の発育やアンチエイジングにも効果をもたらしてくれます。睡眠中に分泌される成長ホルモンには、身体の成長を促す働き、傷ついた皮膚やその他器官を修復する働きがあるのです。 このほかにも、睡眠にはストレスを緩和させる効果、病気を予防する効果、記憶を定着させる効果などがあり、健やかな身体活動を送る上で必要不可欠なものとなっています。 ●睡眠本来の効果を得るためには時間と質の両方が重要 上記でご紹介した睡眠の効果を得るためには、まず、十分な睡眠時間を確保することが大切です。睡眠時間が不十分で睡眠不足になると、ストレスや肥満、慢性疲労や情緒不安定など、身体に様々な不調が起こるようになります。 では、睡眠時間をしっかり確保できれば、睡眠本来の効果を得ることができるのかといわれると、そうではありません。睡眠本来の効...more
in English
カテゴリー:

オーラルセックスで感染する病気5選 - 03月21日(火)11:00 

初めてのセックスパートナーを相手にする時は病気のことなど考えていない人が多いでしょう。しかし、オーラルセックスだけであっても感染する性病は多くあります。誤った知識を持っていると性病にかかってから後悔することになりかねません。ここでは症例の多い性病についてご紹介していきます。 オーラルセックスで感染する病気について知ることの重要性 オーラルセックスで感染する病気でよく知られているのはHIVや淋病、クラミジアです。しかし他にもヘルペスや梅毒トレポネーマなど様々な感染症があります。たとえ名前だけ知っていたとしても、その感染経路や原因、治療方法まで知っている人はごくわずかです。 感染する性病を英語の略称でSTDと呼びますが、今のうちにSTDに対する理解を深め、性病を予防するためにできることを知っておくことは大切です。自分が性病にかからなかったとしても、性病について学習しておけば、友人や家族などに性病について教えてあげることもできます。 オーラルセックスで感染する病気その1・淋菌 淋病の原因となる淋菌は基本的には粘膜に生息しているとされています。喉に淋病が感染している人にフェラチオをされると尿道に淋菌が感染することがあり、排尿時に激しい痛みを伴うようになります。 また、何日か経つと免疫細胞の死骸である白・黄色の膿も尿道から排出されるようになるため...more
in English
カテゴリー:

アルツハイマー進行抑制に成功=免疫細胞回復、マウス実験で-名古屋大 - 03月21日(火)06:39 

 アルツハイマー病患者の脳内に蓄積するペプチドを分解する免疫細胞の能力を回復させ、症状の進行を遅らせる実験にマウスで成功したと名古屋大大学院医学系研究科の門松健治教授と内村健治特任准教授らのグループが20日、発表した。研究成果は米国科学アカデミー紀要(電子版)に掲載された。 アルツハイマー病は、加齢と共に脳内でペプチドが凝集して毒性を持ち「老人斑」という構造体を作ることで、神経細胞をつなぐシナプスが脱落して発症する。ペプチドは脳内の免疫細胞が分解処理することで除去されるが、症状が進行すると免疫細胞の表面に糖鎖が発生し分解能力を低下させる。 研究グループのマウスを使った実験で、免疫細胞に発生する糖鎖は「シアル酸修飾ケラタン硫酸糖鎖」であることが判明。この糖鎖が、免疫機能を調整する酵素によって合成されることも確認した。マウスからこの酵素を取り除くと糖鎖が消失し、免疫細胞のペプチド分解能力が回復した。 アルツハイマー病患者の脳でも免疫細胞表面の糖鎖と、糖鎖を合成する酵素の増殖が確認された。研究グループは今回の発見で、アルツハイマー病の治療法の確立や新薬開発が期待できるとしている。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

スギ花粉症 花粉成分含む「緩和米」を食べる治療法に期待 - 03月13日(月)07:00 

 日本人の4人に1人が罹患しているとされるスギ花粉症は、今はまだ症状を軽減する対症療法が主流だが、最近では根治も可能な「舌下免疫療法」が注目を集めている。日本医科大学教授で同付属病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科部長を務める大久保公裕さんが説明する。 「スギ花粉の原因抗原を含むシダトレンを、毎日少量ずつ、舌の裏側の付け根に垂らしていくことで、長期間かけて少しずつアレルギー反応を抑えていく方法です。花粉症のアレルギーに深く関係するリンパ節は鼻の奥にあるので、舌下からエキスを吸収させることで届けやすくなる」  花粉の中のアレルギー原因物質を少しずつ体内に取り入れる免疫療法は1960年代から行われてきたが、従来は皮下注射によるもので、患者の負担が重く、治療を行う病院も限られていた。  その点、舌下免疫療法は自宅でも簡単にできるのが大きなメリットだ。2014年に公的医療保険の適用が始まったばかりだが、口コミなどを通じて広まり、2016年末までに6万2000人が治療を受けているという。ただしスギ花粉シーズンは治療を始められないので、「試してみたい」という人は来シーズンからになる。 「治療期間は2年ほどかかりますが、7~8割の人が効果を感じています。しかも一度治れば、その後は何もする必要がありません」(大久保さん)  舌下免疫療法が根治につながる理由は、免疫細胞の一種である「制御性T細胞(通称・Tレグ...more
in English
カテゴリー:

車洗ったのに、すぐにまっ黄色! - 03月07日(火)19:51 

花粉症の人にはつらい季節になった。「鼻水」や「くしゃみ」と並ぶ自覚症状「目のかゆみ」は、 QOL(生活の質)を大きく低下させる。近年、かゆみを抑える対症療法に加え、 体を花粉に慣らす「減感作療法」の選択肢が増え、広く行われるようになってきた。(平沢裕子) 花粉症による目のかゆみはアレルギー性結膜炎によるもので、 目が花粉に過剰に反応することで起きる。目の結膜は、白目の表面と 上下のまぶたの裏側を覆う膜。直接外界に接していてアレルゲン(アレルギーの原因物質) が入りやすいことや、アレルギーの反...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

ANK免疫細胞療法の治療経過を学会発表 - 03月23日(木)09:00 

[リンパ球バンク株式会社 ] 先進的ながん免疫細胞療法をサポートするリンパ球バンク株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:藤井真則)が運営する細胞培養センターを利用し、ANK免疫細胞療法を提供する医師が、細胞培養を実施する...
in English
カテゴリー:

【科学】アルツハイマー進行抑制に成功=免疫細胞回復、マウス実験で-名古屋大 - 03月21日(火)06:53 

アルツハイマー病患者の脳内に蓄積するペプチドを分解する免疫細胞の能力を回復させ、 症状の進行を遅らせる実験にマウスで成功したと名古屋大大学院医学系研究科の門松健治教授と内村健治特任准教授らのグループが20日、発表した。 研究成果は米国科学アカデミー紀要(電子版)に掲載された。 アルツハイマー病は、加齢と共に脳内でペプチドが凝集して毒性を持ち「老人斑」という構造体を作ることで、神経細胞をつなぐシナプスが脱落して発症する。 ペプチドは脳内の免疫細胞が分解処理することで除去されるが、症状が進行する...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

カラダの冷えも…大敵!「腸内環境を悪くする」生活習慣4つ - 03月14日(火)21:00 

あなたの腸内環境は正常ですか? 腸内環境が悪いと便秘などの問題だけでなく、免疫力などにも影響を及ぼすと言われているので、なるべくいい環境にしておきたいものです。今回は、健康運動指導士で管理栄養士の藤田朋子さんに、“腸内環境を悪くしてしまう生活習慣”について聞いてみました。腸内細菌は消化・吸収・排泄にとって大事 腸内には善玉菌や悪玉菌などの腸内細菌がすみついており、腸内細菌は腸内での消化・吸収や排泄といった身体を整えるために必要な働きや、ヒトが合成できない一部のビタミンを合成し、栄養学的な面から支える働きをしているといいます。 しかし、腸内細菌のバランスや働きに異変が起きてしまい、腸の働きが悪くなってしまったり腸内が汚れてしまったりすると腸内環境が悪い状態となります。では、腸内環境が悪くなってしまう原因は、一体何なのでしょうか?   原因1:食生活の乱れ 腸内環境が悪くなってしまう原因は様々ですが、実はほとんどが食生活の乱れによるそうです。 腸内の善玉菌は食物繊維をエサにして増殖し、ヒトにとって良い働きをします。しかし、暴飲暴食を繰り返したり、不規則な食事やバランスの悪い食事を摂っていると、腸の負担が大きくなり善玉菌よりも悪玉菌が増えてしまいます。 「悪玉菌は、腸内のたんぱく質を腐敗させ、有害なガスや発がん性物質を作ってしまったり、腸の働きや動きを弱らせる善玉菌を減らすとい...more
in English
カテゴリー:

【育毛速報】適度に刺激を与えると組織が再生することが判明 - 03月11日(土)06:11 

ほどほどの炎症が大切―組織の再生と炎症の意外な関係を解明― 2017.02.28 要点 ・魚類はさまざまな組織を再生できる驚異的な能力を持つ ・マクロファージを欠損するゼブラフィッシュ変異体はインターロイキン1βの亢進と過度の炎症によって、再生細胞が細胞死を起こす ・過剰な炎症が細胞死を起こす一方、炎症そのものも組織再生の開始に必要 ・組織の炎症応答は「諸刃の剣」として、組織再生を制御している 概要 炎症[用語1]は、あまりありがたくないものと考えられてきたが、炎症と組織再生の意外な関係が明らかになった...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【医療】患者1人に1億円かかっていた!?…再生医療のコスト、初の調査 - 02月10日(金)14:47 

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)などを用いる再生医療の治療コストについて、京都大学iPS細胞研究所の八代嘉美・特定准教授を中心としたチームが初の実態調査を始めた。  治療に取り組む10程度の大学や企業に聞き取り、3年かけて報告書をまとめる。再生医療は多額の費用がかかる点が懸念されており、実態を明らかにし、今後の研究開発に役立てる。  再生医療は、細胞の培養や加工などで従来の治療より費用や手間がかかる。理化学研究所などが2014年に行ったiPS細胞による目の難病治療では、患者1人に約1億円かか...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「免疫細胞」の画像

もっと見る

「免疫細胞」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる