「免疫細胞」とは?

関連ニュース

体がかゆくなる意外な生活習慣とは? 不快なかゆみ原因と予防法 - 08月17日(木)10:30 

虫に刺されていないのに肌がかゆくなることはありませんか?そのかゆみの原因は、栄養不足状態によるものかもしれません。 スキンケアはズボラでいい!? 皮膚科医に聞いた「お疲れ顔が“極上肌”に生まれ変わるポイント」 ダイエットのため極端に食事制限をしたり、偏食で必要量の栄養素を摂取できていなかったりすることが肌のかゆみを誘発している可能性があります。 栄養不足による肌のかゆみは、日々の生活習慣に原因が隠れていることが多いといわれています。今回は、栄養不足による不快なかゆみについて、管理栄養士の筆者がご紹介します。 そもそも、かゆみを感じるメカニズムとは? 肌にかゆみを感じるメカニズムには、ヒスタミンが関係しています。 ヒスタミンとかゆみに関して、医療法人小田原博信会 理事長で医学博士の岡村信良先生に伺いました。 「ヒスタミンは、体の中で様々な臓器に影響を与える物質で、アレルギー反応との関連も強く正常な量の分泌であれば何の問題もなく働いてくれる成分です。 しかし、ヒスタミンが必要以上に分泌されることで肌はかゆいと感じます。かゆみの原因は、アレルギーから肌のバリア機能の低下、入浴等の温度変化によること等様々なことが考えられます。 かゆみを感じるメカニズムは下記になります。」 かゆみを感じるメカニズム 肌に何かしらの害が生じるものが触れる。肌を保護する働きを担っているヒス...more
カテゴリー:

【研究】「ストレスで突然死」仕組み解明…マウスで確認 血中の特定の免疫細胞が炎症/北大 - 08月16日(水)14:17  newsplus

慢性的なストレスが胃腸炎や突然死を招く神経メカニズムをマウスで確かめたと、北海道大の村上正晃教授らのチームが15日、オンライン学術誌「イーライフ」で発表した。 ストレスが体の不調を引き起こす仕組みを解明したのは初めてで、ストレス性疾患の新たな治療法の開発が期待できるという。 研究チームは、飼育箱の底に水をためて熟睡させないなどストレスを与えたマウスを使って実験。脳内のストレス中枢が活性化すると、血中の特定の免疫細胞が脳内血管に集まり、小さな炎症が発生することを確認した。 さらに、神経を通じて...
»続きを読む
カテゴリー:

【科学】「病は気から」の仕組み、マウスで解明 北海道大 - 08月15日(火)22:14  newsplus

2017年8月15日21時21分  ストレスで胃腸の病気や突然死を招くメカニズムを、北海道大の村上正晃教授(免疫学)のチームが解明し、15日付のオンライン科学誌イーライフで発表した。ストレスで起こる脳内の炎症が関わっていた。「病は気から」の仕組みが裏づけられ、ストレス性の病気の予防や診断への応用が期待される。  チームは、睡眠不足など慢性的なストレスをマウスに与えた。そのマウスのうち、自分の神経細胞を攻撃してしまう免疫細胞を血管に入れたマウスの約7割が、1週間ほどで突然死した。一方、ストレスを与えただけ...
»続きを読む
カテゴリー:

【iPS】脳の「掃除細胞」作製…アルツハイマー治療に光 - 07月23日(日)16:03  newsplus

http://yomiuri.co.jp/science/20170723-OYT1T50011.html  人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、脳内の不要物を取り除く免疫細胞を作製することに成功したと、京都薬科大とシンガポール科学技術研究庁などのチームが発表した。  アルツハイマー病などの治療に役立つ可能性があるという。  この免疫細胞は、脳内の「掃除細胞」として知られるミクログリア。アルツハイマー病の原因とされる「アミロイドβベータ」などの異常たんぱく質を食べ、発症や進行を抑える働きがあると考えられている。  同大の高田和幸准教授(病態...
»続きを読む
カテゴリー:

北大、「病は気から」の分子メカニズムを解明-ストレス性疾患の根本治療へ - 08月16日(水)16:34 

北海道大学は、同大学遺伝子病制御研究所 所長の村上正晃教授らの研究グループが、マウスに慢性的なストレス(睡眠障害等)をかけたあと、脳内に病原性の免疫細胞を移入すると、脳の血管に微小な炎症が誘導され、消化器や心臓の機能障害による突然死が起こることを発見したことを発表した。
カテゴリー:

【甘え】「病は気から」の仕組み、解明される 北海道大 - 08月15日(火)23:06  news

「病は気から」の仕組み、マウスで解明 北海道大:朝日新聞デジタル  ストレスで胃腸の病気や突然死を招くメカニズムを、北海道大の村上正晃教授(免疫学)のチームが 解明し、15日付のオンライン科学誌イーライフで発表した。ストレスで起こる脳内の炎症が関わってい た。「病は気から」の仕組みが裏づけられ、ストレス性の病気の予防や診断への応用が期待される。  チームは、睡眠不足など慢性的なストレスをマウスに与えた。そのマウスのうち、自分の神経細胞を 攻撃してしまう免疫細胞を血管に入れたマウスの約7割が...
»続きを読む
カテゴリー:

解熱剤を使う? 子どもが風邪の時、判断の仕方【ママ女医と娘の○○な日常 vol.6】 - 08月11日(金)08:00 

子どもが風邪で熱を出すと心配ですよね。「解熱剤をもらってきたけど……あまり薬は飲ませたくないし、でも、熱が高くて心配だし……」そんな風に悩んだことはありませんか? 今回は「解熱剤の上手な使い方」のコツについてお話します。 記事の著者   のんびり子育て中のママ女医   HAL 内科医。大学病院研修中にうつ病を発症し、数年間療養生活を経て復帰。その後、病気の間支えてくれた医者の夫と結婚し、娘を出産。現在は田舎で夫、3歳の娘と暮らす。自身の出産・育児の日々をもとに、医学的なエビデンスを交えて育児情報・ニュースなどをブログで発信。またTwitterでは、娘との会話や、ほっこりあたたまる育児エピソードも紹介し、注目を集めている。 http://halproject01.blogspot.jp/ https://twitter.com/halproject00 風邪をひくとなぜ熱が出るの? ウイルスなど病気の元(病原体)が体に入ってくると、ウイルスをやっつけるために、免疫細胞がさまざまな物質(サイトカイン)を出します。このサイトカインに反応して、体は発熱物質を作ります。すると熱が上がります。 解熱剤は、発熱物質を作るのを抑える働きがありますが、ウイルスをやっつけたりする作用はありません。つまり、解熱剤が効いている間は、...more
カテゴリー:

「免疫細胞」の画像

もっと見る

「免疫細胞」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる