「免疫細胞」とは?

関連ニュース

高橋一生 15年間1日1食…秘訣はおディーンさま級のこだわり - 12月13日(水)11:00 

「身体の限界というか、エネルギーが切れてしまっている瞬間があって。その瞬間以外で食べるとお腹がモタモタしちゃうので……」 11月28日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)でそう語ったのは、高橋一生(36)。スレンダー体型のイケメンで知られる彼だが、なんと約15年間も1日1食の生活を続けていると明かしたのだ!そこで気になるのは「いったい、いつ何を食べているのか」ということ。その“秘密”について、高橋を知る芸能関係者がこう明かす。 「撮影期間中の高橋さんはロケ弁などには手をつけず、いつもスタジオ内にある食堂で“野菜たっぷりのタンメン”を食べていました。夕方ごろにきて『今日は何も食べていない』と言っていましたね。しかも彼はいつも、お酢やコショウなどの調味料を独自の比率で入れるんです。その“高橋スペシャルブレンド”を、必ず守っているようでした。普段、自宅では自炊もしているようです。1日1食とはいえ、かなりこだわりがあるみたいですよ」 食に強いこだわりのある芸能人といえばディーン・フジオカ(37)が有名だが、高橋もまたおディーンさまばりのポリシーがあるようだ。 「彼は『あまり食べると眠くなるし頭もさえない。1日1食のほうが体調もいい』と言っていました。それに彼は役作りのため短期間で体重を...more
カテゴリー:

【話題】 日本人の8割が知らない 「がんの新常識」 - 11月24日(金)06:50  newsplus

医学の世界は「日進月歩」。少し前まで当たり前だった療法や診断が、今では時代遅れの場合もあるという! 日本人の2人に1人が生涯で1回はがんになり、男性の4人に1人、女性の6人に1人が、がんで命を落とす時代。 81年から日本人の死因のトップを独走しているこの疾病、ナノテクノロジーやコンピュータ解析技術などの進歩で、 この十数年、診断法や治療法なども飛躍的に進歩している。 たとえば抗がん剤。かつては「副作用が死ぬほどきついわりには、効果がそれほど期待できない」というのが一般的な印象だったかもしれな...
»続きを読む
カテゴリー:

免疫力アップのために。帰宅後はウイルスの侵入を徹底ガード! - 12月13日(水)06:30 

【写真を見る】室内の乾燥や温度管理に注意 インフルエンザシーズンの到来。気温が下がり、空気の乾燥が進むにつれ、風邪をひきやすくなります。今からできる予防法を、南雲久美子先生に教えていただきました。   ■ 食事、睡眠など生活習慣を見直す 「風邪は通年かかりますが、インフルエンザの発症は一般的に12月~3月がピーク。有効な予防策は、ワクチンの接種です。ワクチンは接種してからおよそ1カ月後に最大効果を発揮し、5 カ月程度持続するといわれています。ですから、流行する1カ月前、遅くとも12月中には予防接種をすませておきたいですね」(南雲先生)。 ですが、予防接種をしていても、インフルエンザにかかってしまう場合もあります。 「ウイルスの型が一致していないということもありますが、そもそも免疫力が低下したり、体力が衰えたりしている状態では、100%の効果が発揮されるとはいえません。風邪などの感染症にもかかりやすくなります。自分でできる予防策として、食事や睡眠、体を冷やしやすい習慣などを見直し、免疫力を高める生活を心がけてみましょう」。   ■ 帰宅後は、ウイルスの侵入を徹底ガード 外から持ち込まれたウイルスを、部屋にも体にも侵入させないことがミッション。ウイルスが活動しにくい室内づくりもポイント。   ■帰宅後はうがい、手洗いを念入りに うがいは菌を流す目的であれば、消毒液を使わず、水道水でO...more
カテゴリー:

「免疫細胞」の画像

もっと見る

「免疫細胞」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる