「免疫細胞」とは?

関連ニュース

もう便秘薬を使わなくてもOK?根本的に便秘を改善する方法とは - 06月21日(水)18:00 

便秘薬は根本的な改善にはならない? 便秘になってしまった時、どうしていますか?便秘薬を飲んで対処している人も多いと思いますが、飲み続けることはオススメできません。 食べたものは胃や十二指腸で消化されますが、便として排出されるまでには、なんと約9mもの消化器官を通っていくそうです。そのうち腸だけでも8mほどの長さがあり、たくさんの免疫細胞が集中しているため、とても重要な臓器なのです。小腸で栄養素が吸収され、大腸では消化されなかったものから水分を吸収して便をつくります。 便は直腸に到達すると便意を催すセンサーの仕組みがあり、薬を使い続けているとこのセンサーの働きが機能せず、便が直腸に停滞して便秘を引き起こすことがあると言われています。便秘薬の使用は、根本的な改善にはならないことがあるため、飲み方には注意が必要ですね。 筋力の低下で起きる弛緩性便秘 便秘の原因として考えられるのは、主に腸の状態が良くないことにあると言われています。 たとえば、腸の筋力が弱く、排出能力が低下しているためスムーズな排便ができない弛緩性便秘。筋力の低下が原因とされており、特徴として硬くコロコロとした便で、トイレに入ってから排便に時間がかかったり、出ても残便感が残ったりした場合にこのケースの可能性があるそうです。 弛緩性便秘の改善法は、腹筋を鍛えることが便秘解消への近道と言われています。激しい腹...more
カテゴリー:

【医学】「脱毛」の真の原因は「免疫細胞」の異常だった! 円形脱毛症の治療にも光明が - 06月11日(日)17:17 

http://healthpress.jp/2017/06/post-3046.html 2017.06.09 この記事のキーワード : 円形脱毛症制御性T細胞(Treg)毛包幹細胞脱毛 免疫細胞の異常が「脱毛」の真因だった(depositphotos.com)  米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)のMichael Rosenblum助教授らの研究チームは、ノックアウトマウスを用いた実験を行い、炎症を制御する免疫細胞の「制御性T細胞(Treg)」の働きが「毛包幹細胞」による発毛の促進に欠かせない要因である事実を確かめ、『Cel』オンライン版に発表した(「HealthDay News」2017年5月2...
»続きを読む
カテゴリー:

顔の美容鍼灸・針治療の内容と効果 - 06月18日(日)08:15 

美を損なう諸問題を「損容性疾患」としてとらえる美容鍼灸と言えば、全身の美を追求するもので、痩身なども含まれてきますが、ここでは特に顔への美容鍼灸について掘り下げてご紹介します。顔への美容鍼灸について語る際に、触れておきたいのが「損容性疾患」という言葉です。中医学で使われる言葉で、重篤な症状ではないが、外見の美しさを損なうような症状、および周囲に不快感を与えてしまう症状を称した用語です。損容性疾患には、シミ、ニキビ(吹き出物)、肥満、若年性脱毛症、若白髪、眼瞼下垂などが含まれ、またシワ、たるみ、くすみ、むくみ、眼の周囲のくま、といった症状も含まれます。これらをケアすることが中医美容学の目的として定められています。損容性疾患の治療の例上記のような損容性疾患について、どのように治療するのか、いくつか例をご紹介します。ニキビ例えばニキビ(吹き出物)に悩む人は、決まって肝臓や胃腸といった内臓が反応するようです。これらの共通する臓器の状態を通常レベルにまで回復させることで、ニキビの解消に繋がります。内臓を元気にすることにより、今後もニキビのできにくい体質に変えられます。シミ・くすみシミやくすみの治療においては、シミやくすみの気になる部分に直接鍼を打つことで、滞っている血の巡りを改善し、メラニンの排出を促進することでケアをしていきます。鍼を表皮の下にある真皮に刺すことで、身体は異物侵入を察知し、...more
カテゴリー:

「免疫細胞」の画像

もっと見る

「免疫細胞」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる