「光石研」とは?

関連ニュース

『おんな城主 直虎』、信康の罪を一身に引き受けようとする瀬名 かくまおうとする直虎 - 11月18日(土)12:30 

 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』にて先週放送の第45話「魔王のいけにえ」では、家康(阿部サダヲ)を狙った間者が嫡男・信康(平埜生成)の家臣だったことが判明し、信康の家臣の岡崎衆は一斉に罰せられた。【関連】『おんな城主 直虎』第46話フォトギャラリー そんななか家康の側室には新たな男子が誕生し、信康の立場は弱くなる。焦る母・瀬名(菜々緒)は直虎(柴咲コウ)に信康の嫡男を得るため側室の候補を探してほしいと依頼するが、信康の正室・徳姫の父にあたる織田信長(市川海老蔵)に知られてしまう。そんななか信長の使者として明智光秀(光石研)が岡崎城を訪れ、信康に官位を授かってはどうかと持ちかけるが作意を感じた信康は断る。酒井忠次(みのすけ)は信長から信康と武田の内通疑惑を突きつけられる。織田の言いがかりに逆らえない家康は信康を捕らえる。 今週放送の第46話「悪女について」では、武田との内通を理由に嫡男・信康の首を差し出すよう信長から要求された家康は、信康の幽閉先を移しながら時間を稼ぎ、裏では北条と結ぶことで武田を追い詰め、その代わりに信康の助命を願い出ようと奔走する。 織田がいらだち始めた頃、瀬名は武田との密通の証である書状を残して姿を消す。直虎は瀬名が信康の罪を一身に引き受けようとしていることを知り、井伊谷でかくまおうとするが…。 優秀さゆえに信長より命を脅かされることとなった信康。信康の助...more
カテゴリー:

ユースケ・サンタマリア、織田裕二を追い抜く部下に!「踊る」青島&真下を彷彿 - 11月17日(金)12:00 

 織田裕二が主演する「連続ドラマW 監査役 野崎修平」の追加キャストが発表され、ユースケ・サンタマリア、瀧本美織、駿河太郎、西田尚美、宇梶剛士、光石研ら16人の出演が明らかになった。織田は、「ユースケと『踊る大捜査線』の青島と真下という役以外で一緒にやるのは『ロケットボーイ』以来なので、 久しぶりです」とコメントを寄せている。  原作・周良貨氏、作画・能田茂氏による経済漫画を、連続ドラマW「沈まぬ太陽」「アキラとあきら」の権野元監督がドラマ化。バブル経済が崩壊し、大規模な金融制度改革“金融ビックバン”に直面した銀行業界を舞台に、あおぞら銀行の監査役に就任した野崎修平(織田)が、銀行が抱える“究極の闇”に立ち向かう姿を描く。  追加キャストはユースケ、瀧本、駿河、西田、宇梶、光石をはじめ、小林且弥、三浦誠己、利重剛、松尾諭、小市慢太郎、本田博太郎、勝部演之、田島令子、山本圭、甲本雅裕の16人。ユースケが演じるのは、野崎の元部下・阿部龍平。阿部は出世した結果、先輩である野崎の上司になるため、ユースケは2人の関係性を「『踊る大捜査線』シリーズとはまったく違う物語ですが、今回の阿部役も『踊る』の真下と同じく、織田さんの後輩だけど、出世して役職的に彼を追い抜いて行くという構造で、当時を彷彿とさせる役柄なんですよね」と織田との共演作に例えて説明する。  一方の織田は、「撮影の序盤で気心が...more
カテゴリー:

織田裕二主演『監査役 野崎修平』、ユースケ・サンタマリアら追加キャスト16名発表 - 11月17日(金)12:00 

 織田裕二が主演を務めるWOWOW『連続ドラマW 監査役 野崎修平』から、ユースケ・サンタマリアほか総勢16名の豪華追加キャストが発表された。ユースケは『踊る大捜査線』シリーズで共演していた織田との再共演について「かなり長い期間、一つの作品に一緒に携わっていたので、携わっていた人間にしかわからない連帯感があり安心感というのはありますね」と語っている。【関連】追加キャスト「瀧本美織」フォトギャラリー 原作・周良貨、漫画・能田茂による経済漫画『監査役野崎修平』を基にする本作は、1990年代末を舞台に、強い正義感と厚い人情の持ち主である銀行員・野崎修平(織田)が、銀行の不正を徹底究明すべく、行内の抵抗勢力に戦いを挑む姿を描く。発表された追加キャストは、ユースケ、瀧本美織、駿河太郎、小林且弥、三浦誠己、利重剛、松尾諭、小市慢太郎、本田博太郎、勝部演之、田島令子、山本圭、甲本雅裕、西田尚美、宇梶剛士、光石研の16名で、ユースケが演じるのは、野崎のかつての部下で、現在は上司となっている阿部龍平だ。 ユースケは織田との共演について「『踊る大捜査線』シリーズとは全く違う物語ですが、今回の阿部役も『踊る』の真下と同じく、織田さんの後輩だけど、出世して役職的に彼を追い抜いて行くという構造で、当時を彷彿とさせる役柄なんですよね。織田さんとしっかりとお芝居ができることが、出させていただく大きな理由です」と...more
カテゴリー:

生田斗真&瑛太共演「友罪」に佐藤浩市、夏帆ら実力派キャスト集結! - 11月17日(金)07:00 

2018年5月に全国ロードショーされる、生田斗真・瑛太共演の映画「友罪」より、追加キャストが発表された。 生田斗真の“生徒”広瀬すずのかわい過ぎる純白ウエディングドレス姿 本作は、デビュー作で江戸川乱歩賞を受賞するなど、ミステリー界の若手旗手として注目される作家・薬丸岳が2013年に発表した同名小説を、瀬々敬久監督によって映画化された作品。友人がかつて日本を震撼させた連続児童殺傷事件の犯人ではないかと疑心や後悔と向き合い、葛藤する男の姿を描く。 今回発表されたキャストは、息子が過去に犯した事件がきっかけで一家離散し、日々贖罪に向き合うタクシー運転手・山内修司役に、「64-ロクヨン―前編/後編」(2016年)以来、4作品目の瀬々敬久監督作品出演となる佐藤浩市。 逃れられない十字架を背負いながら、物語の中でどのように交わっていくのか、そして息の合った瀬々監督作品で再び魅せる重厚な演技に期待が高まる。 あるきっかけで鈴木(瑛太)に助けられ、次第に好意を抱いていく藤沢美代子役に若手実力派として数多くの作品に出演し、「海街diary」(2015年)では、第39回日本アカデミー賞優秀助演女優賞受賞した夏帆。過去にAV出演を強いられた過去を持つ女性、という難役に挑んだ。 そして益田(生田)の元恋人であり、彼のジャーナリストとしての再起を願う杉本清美役に、モデルとしてだけでなく「ピーチガール」(2...more
カテゴリー:

【TBS/連ドラ】『陸王』、役作りなしの小藪に「顔を見るだけでムカつく」と嫌悪の声殺到 - 11月14日(火)07:57  mnewsplus

『陸王』、役作りなしの小藪に「顔を見るだけでムカつく」と嫌悪の声殺到  文=絢友ヨシカ/ライター2017.11.13 http://biz-journal.jp/i/2017/11/post_21339.html ドラマ『陸王』公式サイトより  12日放送の連続テレビドラマ『陸王』(TBS系)第4話が、平均視聴率14.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。 地上波初放送となった映画『シン・ゴジラ』が裏で放送されていたものの、0.5ポイントを下げるだけにとどまり、根強いファンを獲得していることが証明された。  同ドラマは、老舗足袋屋「こはぜ...
»続きを読む
カテゴリー:

織田裕二、ユースケ・サンタマリアと「踊る」シリーズ以来の共演! - 11月17日(金)12:00 

2018年1月14日(日)よりWOWOWプライムで放送される「連続ドラマW 監査役 野崎修平」(毎週日曜夜10:00-終了時間未定)。今回新たにユースケ・サンタマリア、瀧本美織、駿河太郎、小林且弥、三浦誠己、利重剛、松尾諭、小市慢太郎、本田博太郎、勝部演之、田島令子、山本圭、甲本雅裕、西田尚美、宇梶剛士、光石研の16人が出演することが明らかとなった。 【写真を見る】「踊る」シリーズをほうふつとさせる織田裕二とユースケ・サンタマリアの共演シーン! 原作は、周良貨・能田茂の同名経済漫画。バブル経済が崩壊し、“金融ビッグバン”に銀行業界が直面した1990年代末を舞台に、正義を貫くため奮闘する一人の銀行員・野崎修平(織田裕二)の活躍を描く物語。 織田演じる野崎修平のかつての部下で、現在は上司となる阿部龍平役のユースケ・サンタマリアと野崎修平を演じる織田からコメントが届いた。 ■ ユースケ・サンタマリア コメント 織田さんとの共演も出演を決めた一つの大きな理由です。僕が演じる阿部は野崎さんの後輩だけど、先輩の彼より出世しているという「踊る」をほうふつとさせるスパイスとして見てもらえたらと思います。そんな僕と織田さんのシリアスながらも丁々発止のやりとりがある、粋な芝居も楽しんでいただければと思います。 ■ 織田裕二 コメント ユースケと「踊る大捜査線」の青島と真下という役以外で一緒にやるのはド...more
カテゴリー:

織田裕二とユースケ・サンタマリアが共演 『踊る』を彷彿とさせる役柄 - 11月17日(金)12:00 

 俳優のユースケ・サンタマリアが、WOWOW『連続ドラマW 監査役 野崎修平』(2018年1月14日スタート、毎週日曜 後10:00、全8話※第1話無料放送) に出演していることが、明らかになった。主演の織田裕二とは、映画『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』(2012年)以来の共演となる。 【写真】同ドラマでは松嶋菜々子とも共演  ユースケが演じるのは、織田演じる野崎修平のかつての部下で、現在は上司となる阿部龍平。ユースケは「『踊る大捜査線』シリーズとは全く違う物語ですが、今回の阿部役も『踊る』の真下と同じく、織田さんの後輩だけど、出世して役職的に彼を追い抜いて行くという構造で、当時を彷彿とさせる役柄。 織田さんとの共演も出演を決めた一つの大きな理由です」と、リスペクトを込めた。  同ドラマは、大手銀行の監査役が活躍する経済漫画『監査役野崎修平』(原作:周良貨・作画:能田茂/集英社)が原作。監査役とは取締役の職務執行が正しく行われているかどうかを監査する役職のこと。  舞台はバブル経済が崩壊し、金融当局が従来の政策を大転換させる“金融ビッグバン”に銀行業界が直面した1990年代末。当時の日本社会では、不良債権をひた隠す銀行、汚職に手を染めてでも権力を欲する政治家、株主総会にのさばる総会屋が幅を利かせ、まさに金と権力が渦巻いていた。このドラマは、そんな時代におい...more
カテゴリー:

ユースケ・サンタマリア、織田裕二を“追い抜く”部下に!「踊る」青島&真下を彷彿 - 11月17日(金)12:00 

織田裕二が主演する「連続ドラマW 監査役 野崎修平」の追加キャストが発表され、ユースケ・サンタマリア、瀧本美織、駿河太郎、西田尚美、宇梶剛士、光石研ら16人の出演が明らかになった。織田は、「ユー...
カテゴリー:

佐藤浩市&夏帆&山本美月&富田靖子!生田斗真×瑛太「友罪」に豪華キャスト結集 - 11月17日(金)07:00 

 生田斗真と瑛太が共演する瀬々敬久監督作「友罪」に佐藤浩市、夏帆、山本美月、富田靖子らが出演していることがわかった。日本映画界を支える豪華な面々が、それぞれの過去と現在が絡み合い、疑心や後悔が渦巻く人間模様を体現していく。  犯罪被害者と加害者の間に横たわる途方もない溝や、少年犯罪など重厚なテーマを扱う作家・薬丸岳氏が、実際の事件に着想を得て執筆し、かつて世間を震撼させた少年犯の“その後”を描いた渾身の一作。ジャーナリストの夢に破れ町工場で働き始めた益田(生田)は、同じタイミングで入社した鈴木(瑛太)という男と出会う。鈴木は周囲との交流を避け、過去を語らない影のある人物だが、同い年の2人は次第に打ち解け心を通わせていく。しかしある行動をきっかけに、益田は「鈴木は17年前の連続児童殺傷事件の犯人ではないか」と疑いを持ち始める。  第40回日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞を受賞した佐藤が、息子が過去に犯した事件をきっかけに一家離散し、日々罪に向き合うタクシー運転手・山内修司役。瀬々監督作への参加は「感染列島」「ヘヴンズストーリー」「64 ロクヨン 前編」「64 ロクヨン 後編」に続く4度目となる。逃れられない十字架を背負う修司が物語とどう絡むのか、そして佐藤と瀬々監督のコンビネーションにも期待が高まる。  そして「海街diary」「22年目の告白 私が殺人犯です」などの夏帆は、...more
カテゴリー:

【直虎】第45回「魔王のいけにえ」主人公ほぼ不在の新境地 - 11月13日(月)06:00 

 12日にNHKで放送された大河ドラマ『おんな城主 直虎』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)第45回「魔王のいけにえ」が「名作回」と評判だ。この日は午後9時からテレビ朝日系で映画『シン・ゴジラ』が地上波初放送されたのだが、その放送中も「ゴジラ」関連のワードに混じって、「#おんな城主直虎」がツイッターのトレンド上位に居続ける反響が見られた。 【場面写真】ゲーム&アニメキャラっぽい海老蔵の信長が怖い  第45回は、家康(阿部サダヲ)の命を狙った間者が嫡男・徳川信康(平埜生成)の家臣だったことが判明し、信康の家臣である岡崎衆らは一斉に罰せられる。さらに家康の側室に新たな男子が誕生し、信康とその母・瀬名(菜々緒)の立場はいっそう弱くなる。焦る瀬名は直虎(柴咲コウ)に書状を出し、信康の嫡男を得るため側室の候補を探して欲しいと依頼する。  しかしその動きは、信康の正室・徳姫の父にあたる織田信長(市川海老蔵)の知るところとなってしまう。そんな中、信長の使者として明智光秀(光石研)が岡崎城を訪れ、信康に官位を授かってはどうかと持ちかけるが、織田の作意を感じた信康は丁重に断ったのだが…。信長は、信康が武田と内通していると言いがかりをつけ、逆らえない家康は信康を斬ることを決断する――という内容だった。  ツイッターでは、森下佳子氏の脚本を称賛する投稿が目についた。「今川傘下の井伊家に起きた出来...more
カテゴリー:

もっと見る

「光石研」の画像

もっと見る

「光石研」の動画

Wikipedia

光石 研(みついし けん、1961年9月26日 - )は、日本の俳優福岡県北九州市八幡西区出身。東海大学付属第五高等学校卒業。鈍牛倶楽部所属。身長173cm、体重63kg。血液型はA型。

来歴・人物

高校在学中の16歳の時に博多っ子純情のエキストラのオーディションを受けたところ、いきなり主役に抜擢されてデビュー。

淡々とした物言いと独特の笑顔が特徴。

癖のある役からおっとりとした役まで、多様なキャラクターを演じられる名脇役の1人。

既婚名脇役・光石研の気取らない俳優哲学 33年ぶりに主演あぜ道のダンディ(後編) - 日刊サイゾー。

地元の北九州市で開催される第4回北九州マラソンにゲストランナーとして参加、フルマラソンを完走した。http://kitakyushu-marathon.jp/guest/ おもな出演

テレビドラマ NHK

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる