「光浦靖子」とは?

関連ニュース

成宮寛貴ひそかに帰国のムキムキ姿/新垣結衣、男子高生に神対応【今週の見逃しニュース】 - 10月21日(土)15:46 

 東京では10月なのに15℃に届かず、46年ぶりの冷え込みを記録しました。かと思いきや南からは台風がやってきて、お天気も政治もしっちゃかめっちゃかですね。とりあえず今週も振り返りましょう。どうでもいい芸能ニュース。 ◆①成宮寛貴、ひそかにインスタ再開 「ついに日本に帰ってきた」「吉野家で泣いてしまった」 JCASTニュース 10/17(火)配信  昨年末、違法薬物の吸引疑惑が報じられ芸能界を引退した成宮寛貴さん(35)がインスタグラムの更新を再開していたと、雑誌「女性自身」が報じました。  記事によると、仲間内しか閲覧できないページの他に一般公開している「hiroshige_narimiya」というアカウントがあり、今年の8月から再び投稿が始まったのだそう。  というわけで見てみると、滞在先と思われる海外の美しい風景の他に、ムキムキにビルドアップされた肉体を自撮りする姿や、9月28日に成田空港で帰国を記念して撮った1枚などが載っていました。  それにしても成宮さんへのエールであふれるコメント欄の穏やかなこと。“帰国後に逮捕か!?”なんて言われていた去年の騒ぎは何だったんでしょう。 ◆②新垣結衣、高校生告白の練習台に「初めてが私でいいんですか?」と神対応 ORICON NEWS 10/18(水)配信  新垣結衣(29)が映画『ミックス。』のイベントに参加し、男子高校...more
カテゴリー:

蒼井優、「私は程よい顔」 美人評価の風潮に「苦手なんです…」 - 10月18日(水)04:40 

 女優の蒼井優(32)が17日、東京・ヴィレッジヴァンガード渋谷本店で行われた映画『彼女がその名を知らない鳥たち』(28日公開)トークイベントに出席。原作者の沼田まほかる氏のファンだというオアシズの光浦靖子(46)から「 […]
カテゴリー:

蒼井優&阿部サダヲ、「かの鳥」ファンの光浦靖子とラストの解釈を討論? - 10月17日(火)21:00 

 沼田まほかる氏の人気小説を映画化した「彼女がその名を知らない鳥たち」の公開を記念し、10月17日にヴィレッジヴァンガード渋谷本店でトークイベントが開催。主演の蒼井優、阿部サダヲ、白石和彌監督、そして原作の大ファンという光浦靖子が来場した。 ・「彼女がその名を知らない鳥たち」トークイベントの模様はこちら!  “共感度ゼロ”の最低女・十和子(蒼井)と下劣な同棲相手・陣治(阿部)ほか、救いようのない人間たちの愚かさと愛に迫っていく本作。ヴィレッジヴァンガード渋谷本店の店員が蒼井、阿部、白石監督、そして沼田作品の大ファンということでダメ元でオファーをしたところ、このトークイベントが実現したという。  原作および、沼田ファンを公言する光浦は映画について「正直に、面白かった。原作を読んでて気づかなかったけど、十和子ってキレイだったんだ!と気づいた」と語る。陣治のみならず、竹野内豊演じる元恋人の黒崎、松坂桃李扮する妻子持ちのゲス男・水島など、次々と男たちが魅了されるとあって、十和子が魅力的であることは不思議ではないが「原作でも容姿についてほとんど書かれてないんですけど、(映画を見て)謎が解けました」と納得の表情。このコメントに照れ笑いを浮かべた蒼井は「“程よい”顔だと思います(笑)。芸能界にいそうでいない……。女優をしてると『キレイ』と言わないといけない空気があって、それがすごく苦手なん...more
カテゴリー:

読書芸人・光浦靖子、沼田まほかる原作の実写版『かの鳥』を「正直面白かった」と告白。蒼井優も虜になったことを明かす - 10月17日(火)17:31 

白石和彌監督、蒼井優、阿部サダヲ、光浦靖子 いよいよ10月28日に公開が迫った沼田まほかる原作、蒼井優&阿部サダヲW主演で贈る実写版『彼女がその名を知らない鳥たち』。映画公開を前に、渋谷のヴィレッジヴァンガードにてトークショーが開催され、蒼井と阿部、監督の白石和彌、さらに特別ゲストとして“読書芸...
カテゴリー:

蒼井優、美人だと言われて否定「ほどよい顔です」 - 10月17日(火)17:02 

沼田まほかるの小説を蒼井優、阿部サダヲのW主演で映画化した『彼女がその名を知らない鳥たち』(10月28日公開)のトークイベントが、10月17日にヴィレッジヴァンガード渋谷本店で開催。蒼井優、阿部サダヲ、白石和彌監督、沼田まほかるのファンである光浦靖子が登壇した。光浦が「(蒼井優が演じた)十和子ってきれいだったんだなと。美人じゃないとつじつまが合わないと初めて知りました」と蒼井の美貌を称えた。 【写真を見る】蒼井優、花柄のワンピースの全身ショット 蒼井は恐縮して「ほどよい顔です」とコメント。「こういう顔は芸能界にいそうで、あまりいない。本当に美人さんが来たらもっと幸せになってると思うから、ほどよい顔かな。女優をやっていると『きれい』って言わなきゃいけない空気があって、そういうのが苦手で」。 白石監督は「そんなことはないです。十和子を陣治(阿部サダヲ)が好きになる理由が原作にはそこまで描かれていない。2人の関係性の中で作らないといけなかったから、ほどほどでもダメで、すごく魅力的な人じゃないといけなかった」と蒼井のキャスティング理由を述べた。 また、白石監督は阿部について「汚くならなきゃいけない役だったけど、目は汚せないんだと思った。瞳が美しい」と称えると光浦も「茶目がすごいきれい。だから家康に選ばれたんだなと。肖像画も茶目なので」と、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の家康役のキャスティン...more
カテゴリー:

【芸能】よゐこ濱口が経験した過酷ロケBEST5 「無人島0円生活」は2位 - 10月21日(土)15:16  mnewsplus

AbemaTV(アベマTV)にて20日に放送された『芸能義塾大学』で、よゐこ・濱口優がこれまでの経験から「過酷ロケBEST5」を発表した。 濱口は『いきなり!黄金伝説』(テレビ朝日系)で10年以上レギュラー出演をし、「無人島0円生活」などの過酷なロケを経験してきており、芸能界きっての“サバイバル芸人”と評されている。 5位は『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(日本テレビ系)の「ドーバー海峡横断部」だ。 これは、フランスとイギリスの間を流れる幅34kmのドーバー海峡を6人が1時間ずつ交代で泳ぐというもの。 泳ぎ切る...
»続きを読む
カテゴリー:

蒼井優&阿部サダヲ、「かの鳥」ファンの光浦靖子とラストの解釈を討論? - 10月17日(火)21:00 

沼田まほかる氏の人気小説を映画化した「彼女がその名を知らない鳥たち」の公開を記念し、10月17日にヴィレッジヴァンガード渋谷本店でトークイベントが開催。主演の蒼井優、阿部サダヲ、白石和彌監督、そ...
カテゴリー:

蒼井優「ほどほどの顔で女優をしている」 「こういう顔って芸能界にいそうでいない」 - 10月17日(火)17:39 

 映画『彼女がその名を知らない鳥たち』の公開記念トークイベントが17日、東京都内で行われ、出演者の蒼井優、阿部サダヲ、白石和彌監督、特別ゲストとして原作者・沼田まほかる氏の大ファンを公言する光浦靖子が登壇した。  本作は、沼田氏の人気ミステリー小説を映画化。クレーマーで自分勝手な十和子(蒼井)、不潔で下劣な上に、十和子に異様な執着を見せる陣治(阿部)、一見誠実そうだが軽薄な水島(松坂桃李)、十和子の元カレの黒崎(竹野内豊)らが織りなす人間模様を描く。  映画の感想を問われた光浦は「十和子ってきれいなんだな…と。やっぱり十和子は美人じゃないとつじつまが合わない。原作では容姿については書かれていないけど、映画を見て謎が解けました」とコメントした。  それを聞いた蒼井は「私、程よい顔だと思うんですよ。こういう顔って芸能界にいそうでいなかったりする。本当の美人さんが(十和子を)やったら、もっと幸せになるだろう…となるし。(そういう意味では)程よい顔なのかなと思います」と語った。  さらに「女優という仕事をしていると『きれい』って言わなきゃいけない空気があって、それが私は苦手で…。ほどほどの顔で(女優を)やらせてもらっています」と笑った。  また、劇中で披露する関西弁のせりふは「完璧」と評されている蒼井だが「両親が大阪で(関西弁には)耳なじみがあった。私は福岡出身なんですが、普段福岡でしゃべ...more
カテゴリー:

【芸能】蒼井優、美人だと言われて否定「ほどよい顔です」 - 10月17日(火)17:09  mnewsplus

沼田まほかるの小説を蒼井優、阿部サダヲのW主演で映画化した『彼女がその名を知らない鳥たち』(10月28日公開)のトークイベントが、10月17日に ヴィレッジヴァンガード渋谷本店で開催。蒼井優、阿部サダヲ、白石和彌監督、沼田まほかるのファンである光浦靖子が登壇した。 光浦が「(蒼井優が演じた)十和子ってきれいだったんだなと。美人じゃないとつじつまが合わないと初めて知りました」と蒼井の美貌を称えた。 蒼井は恐縮して「ほどよい顔です」とコメント。 「こういう顔は芸能界にいそうで、あまりいない。本当に美人さんが来...
»続きを読む
カテゴリー:

蒼井優、自身の顔は「ほどほどの顔」と分析 美人評価の風潮に「苦手」 - 10月17日(火)16:41 

 女優の蒼井優(32)が17日、東京・ヴィレッジヴァンガード渋谷本店で行われた映画『彼女がその名を知らない鳥たち』(28日公開)トークイベントに出席。原作者の沼田まほかる氏のファンだというオアシズの光浦靖子(46)から「(蒼井が演じた)十和子ってキレイだったんだ」と原作とのイメージの違いを伝えられると、「私は“程よい顔”なんだと思います」と分析した。  蒼井が演じた十和子は、自堕落な生活を送る“嫌な女”ながらも、男性たちと関係を持つという役どころ。光浦は「原作について読み直すと、十和子の容姿についてはほとんど書かれていない。でも映画を見て、(男性たちが引かれる)謎が解けました。美人っていうか、味があるというか、魅力がある」とすっきり。  申し訳なさそうに「私は程よい顔」と話しだした蒼井は、「こういう顔、いそうで芸能界にもあまりいなかったりもする。本当の美人さんだったら(十和子は)もっと幸せになっているだろうし、程よい顔なんだろうなって思っています」と恐縮。  続けて、「女優っていう仕事をしていると、『キレイ』って言わないといけない空気があって、私はそれが苦手というか…」と困りだし、「“ほどほどの顔”でやらせてもらっています。次の話題にいってください」とテーマ変更を促した。  同作は、同居する相手の稼ぎに依存しながらも彼を嫌い、家庭のある男性とも関係を持つ女と、彼女に執着する...more
カテゴリー:

もっと見る

「光浦靖子」の画像

もっと見る

「光浦靖子」の動画

Wikipedia

ドラマ

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる