「光文社」とは?

関連ニュース

錦織圭、モデル彼女の超贅沢生活に「タマより女を見る目を養うべき」の声も - 07月26日(水)21:00 

女性週刊誌『女性自身』(光文社)が25日、プロテニスプレーヤー・錦織圭(27)の近況について報じた。 錦織は12日に都内で練習を行っていたが、2年以上交際しているモデル・観月あこ(25)も練習に同伴。 観月は時折練習の様子を見に行くが、近くの駐車場で高級外車を止め、後部座席で涼んでいたという。 2人の交際、特に観月の行動については、かねてよりテニス関係者などから苦言が呈されていた。 関係者によると、ジュネーブ・オープンでも観月は同行した際に70万円ほどもする高級バッグを購入したり、先日帰国した際には、4、5人の友人を引き連れて築地の高級すし店へ行き、10万円を超える会計もブラックカードで精算したという。 また、都内の超一流ホテルのスイートルームに2週間ほど宿泊していた際も、錦織は練習やイベントなどで忙しかった一方で、観月は友人を呼んだりして遊んでいたことも報じている。 ◆彼女というだけで贅沢ざんまい 観月はさほど目立ったモデル活動をしていないにもかかわらず、贅沢ざんまいの生活であり、その多くは錦織選手が負担していると推測される。 女性向けネット掲示板「ガールズちゃんねる」では、観月に対して非難の声が多く集まっている。 「たかってる感がしてしまう」 「金遣い荒い人ってなんかヤダ。自分で稼いだから別にいいんだけどね」 「嫁でもないのに、あつかましい」 結婚の約束をしている訳でもなく...more
カテゴリー:

【芸能】小林麻央さんの闘病中に密会か 海老蔵に浮上する”女性スキャンダル” 出せば大スクープで世間の評価もガラリ★5 - 07月24日(月)22:57  mnewsplus

今年6月に妻・小林麻央さん(享年34)と死別した歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)。 7月20日発売の『女性自身』(光文社)では、市川海老蔵が妻の通っていた病院に対して訴訟を起こす可能性を報じている。 「同誌によると、海老蔵は麻央さんが亡くなった後、病院の検診や治療方針に誤りがなかったのか疑問を抱くようになり、病院側に治療が適正であったか否かの再検証を求めているとのこと。 また、海老蔵は再検証の結論が出るまでの間、麻央さんの入院や治療に掛かった総額3000万円以上の支払いをストップさせ、十分な検証がされなけれ...
»続きを読む
カテゴリー:

蛭子能収のゆるゆる人生相談「彼女を金持ちに寝取られた」 - 07月24日(月)11:00 

「読むと心が軽くなる」「蛭子さんなのに、またいい話してる」「安定の競艇オチ」……とネット上で話題を呼び、たちまち4刷というヒットとなった単行本『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(光文社・630円+税)。その好調な売れ行きに、「え、あの本が?信じられない……」と驚く蛭子能収(69)が、本誌読者からの相談に答える! 【Q】「彼女を“金持ちリーマン”に寝取られました。金を稼いだ者が成功者という世の中。金を出しても買えないものってあるんですか?金さえあれば、人の心だって買えますよね!!」(ボンビー鈴さん・19・学生・福岡県) 【A】「人の心はお金じゃ買えないが、オレの心はお金で買えます!」(蛭子能収) 明日、久しぶりに平和島競艇場に行きますが、今朝、電子マネーの「Suica」を落としました。7,000〜8,000円も入っていたんです。ただでさえ小遣い減らされているのに……。あれがあったら3レースは遊べましたよ。憂うつな気分だから、あまり相談は受けたくないですね。 19歳の男性の悩みですか……。オレが19歳のときは、20歳になるまで競艇ができなかったから、ずっと我慢していました。ようやく誕生日に競艇場に行きましたが、あの感動と興奮は今でも覚えています。そ...more
カテゴリー:

まめちゃん本人登場!『まめ日和』サイン会で褒められまくる - 07月22日(土)20:00 

7月22日、リブロ パルコブックセンター調布店にて『まめ日和』(光文社)の著者・横峰沙弥香さん(33)のサイン会が行われました。 これは、7月19日に発売した沙弥香さんの新作『まめ日和』の出版を記念したイベント。 沙弥香さんは当日、事前予約や当日販売、店舗用も含めおよそ60冊にサインしました。署名の横には、特製の“まめちゃんスタンプ”もサービス。 さらに参加者には特典として、まめちゃんマグネット、読み切りチラシ、そしてばあばの特製よだれかけの3点セットが沙弥香さんから手渡されました。 今回のイベントには、まめちゃん(2)本人も参加。会場に現れるやいなや、参加者から「かわいい……」「イケメン!」と褒められまくりで、ご満悦の様子。 動画ではみんなに笑顔を運んだサイン会の様子をお届け。そして、WEB女性自身では“初公開”のまめちゃん本人映像が!【関連記事】インスタフォロワー32万人「まめちゃん」の新しい魅力は“ズルかわ”!パパ、わけがわからなくなる 『まめ日和』第78回コメント支えに…山根も続ける“育児インスタ”の魅力
カテゴリー:

ブログ記事が無断転載され、弁護士を通じて損害賠償を払ってもらった方法について(常見藤代・イスラム通信) - 07月22日(土)16:00 

今回は常見藤代さんのブログ『常見藤代・イスラム通信』からご寄稿いただきました。 ブログ記事が無断転載され、弁護士を通じて損害賠償を払ってもらった方法について(常見藤代・イスラム通信) ネット上にアップした写真や文章を勝手に使われて、くやしい思いをした人は多いでしょう。めんどくさいからとそのままにしてしまったり、裁判を起こすにもお金がかかるから泣き寝入り、というケースも少なくないと思います。 私もブログの文章を無断で転載され、弁護士を通じて損害賠償金を払ってもらいました。法律の専門家を通すことで良い方向に解決することもあります。くやしい思いをしている方の参考になればと、経緯をご紹介します。 パクリサイトを発見 今年4月、なにげなくネットを見ていたら、ある記事が目に止まった(今は消されているけど)。どこかで読んだ文章だな〜と思っていたら、、、 ●私のこの記のコピーだった。⇒ *1:「日本人が知らないイスラム(1)婚前交渉が禁止されたイスラムは「禁欲的」なのか?」2016年01月01日 『常見藤代・イスラム通信』 http://www.f-tsunemi.com/blog/islam-woman-travel/11016/ *2:「日本人が知らないイスラム(2)イスラム圏にセックスレスがない理由」2016年01月03日 『常見藤代・イスラム通信』 http://www.f-ts...more
カテゴリー:

松居一代の実の息子がブログにつづる騒動への思い 「言いたい事は、山ほどあり」 - 07月25日(火)17:00 

離婚騒動が激化する夫で俳優の船越英一郎と妻でタレントの松居一代だが、松居の1人息子の近況について、発売中の「フラッシュ」(光文社)が報じている。 同誌によると、松居の息子...
カテゴリー:

「小さく豊かな暮らし方」を実例で紹介--日本の新しい小屋暮らしとは? - 07月24日(月)16:31 

光文社は7月19日、「小さな暮らし」を軸にさまざまなプロジェクトを展開するYADOKARIによる、より身近でカジュアルに小屋を活用した11件の豊かな小屋暮らしの国内例と、国内で購入できる小屋の例をまとめた『ニッポンの新しい小屋暮らし』を発売した。 欧米だけでなく、日本でも広まりつつあるという新しいムーブメント「小屋暮らし」。同書では、取材先を国内のみに限定し、身近な誰かがやっている等身大の実例をじっくり紹介する。 同書で紹介する実例は、名古屋市から車で1時間の場所に建てられた仲間でシェアする「"秘密基地"小屋」や、ホームセンターの資材を活用した建築費用約54万円の「"セルフビルド"小屋」、廃材を活用した「ゼロコスト小屋」、自宅の庭につくった「『はなれ』小屋」などの11件。また、自分も小屋が欲しいと思ったときにすぐ検討できるよう、組み立て式の小屋キットなど6種を掲載している。 同書の出版にあたりYADOKARIは、「3.11 震災直後からYADOKARIの活動を始めて約6年が経過する中で、日本でも『小さな暮らしのムーブメント』が大きくなっていると感じています。カウンター・カルチャー的な側面がありながらも、小屋に馴染みのある日本人は身の丈にあった住まいを各々が楽しみながら豊かな暮らしを育んでいる姿が印象的です」とコメントしている。 『ニッポンの新しい小屋暮らし』の定価は、税別1...more
カテゴリー:

【世界陸上】クレームを入れた陸連に猛批判!?織田擁護の声溢れる『別に茶化してない』 - 07月23日(日)14:50  mnewsplus

織田裕二「世界陸上テンション」禁止の陸連に猛批判!? 「織田あっての世陸」である理由 http://biz-journal.jp/gj/2017/07/post_3905.html  21日、俳優の織田裕二とフリーアナウンサーの中井美穂が、『世界陸上ロンドン』(TBS系)の制作発表会見に出席。  織田と中井のコンビは「アジア大会」「世界陸上」の定番コンビ。織田の「ハイテンション」は芸人がモノマネにするほど印象的で、中井がそれを時折いさめるというのが定番化している。  その一方、最近では織田が「大人しくなった」という声も聞かれている。この件に関し...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】小林麻央さんの闘病中に密会か 海老蔵に浮上する”女性スキャンダル” 出せば大スクープで世間の評価もガラリ★4 - 07月22日(土)19:30  mnewsplus

今年6月に妻・小林麻央さん(享年34)と死別した歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)。 7月20日発売の『女性自身』(光文社)では、市川海老蔵が妻の通っていた病院に対して訴訟を起こす可能性を報じている。 「同誌によると、海老蔵は麻央さんが亡くなった後、病院の検診や治療方針に誤りがなかったのか疑問を抱くようになり、病院側に治療が適正であったか否かの再検証を求めているとのこと。 また、海老蔵は再検証の結論が出るまでの間、麻央さんの入院や治療に掛かった総額3000万円以上の支払いをストップさせ、十分な検証がされなけれ...
»続きを読む
カテゴリー:

【皇室】‪ダンス好きの「佳子さま」うまい棒もらって大喜びの過去 - 07月22日(土)06:53  news

‪ダンス好きの「佳子さま」うまい棒もらって大喜びの過去 | Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ https://smart-flash.jp/sociopolitics/22517 皇室のアイドル・佳子さま(22)。姉が婚約したら、次は妹もと思うのは人情。佳子さまの交際に注目が集まるのは仕方ないところだ。 中略 佳子さまは、過去に一度だけロマンスが報じられたことがある。「女性セブン」2015年4月9日号の記事『佳子さま 花婿候補はあの大財閥の御曹司』だ。 山梨県の富士急行・堀内光一郎社長の長男でメガバンク勤務のAさ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「光文社」の画像

もっと見る

「光文社」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる