「光文社」とは?

関連ニュース

【生活】なぜ若い女子たちはお金を使わなくなったのか? ★2 - 01月23日(月)20:41 

「若い女子たちがお金を使わなくなったと言われる昨今、その背景にあるのは、非正規雇用の増加です」と語るのは消費行動に詳しいアナリストの久我尚子氏。 「今、若い女性の約4割が非正規雇用者です。給料は上がらず、年金など社会保障への不安も拭えない。このような状況では、お金を使おうと思っても使えません」 内閣府のデータによると、女性の非正規雇用者は、15~24歳が36.2%、25~34歳が42.1%となっている。 「しかし、お金を使わなくても充実した生活が送れるようになりました。 ファストファッションやファストフード...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【生活】なぜ若い女子たちはお金を使わなくなったのか? - 01月23日(月)17:06 

「若い女子たちがお金を使わなくなったと言われる昨今、その背景にあるのは、非正規雇用の増加です」と語るのは消費行動に詳しいアナリストの久我尚子氏。 「今、若い女性の約4割が非正規雇用者です。給料は上がらず、年金など社会保障への不安も拭えない。このような状況では、お金を使おうと思っても使えません」 内閣府のデータによると、女性の非正規雇用者は、15~24歳が36.2%、25~34歳が42.1%となっている。 「しかし、お金を使わなくても充実した生活が送れるようになりました。 ファストファッションやファストフード...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

この人もう無理かも…!「困った人とのコミュニケーション」のコツ3つ - 01月23日(月)07:45 

多くの働く女性が頭を悩ませている、“人間関係”の問題。 こちらとしては「仲良くやりたい、誠心誠意対応したい」と思っているのに、相手がそれに応じてくれないということが多々ありますよね。 自分の主張を強引に押し通そうとしてきたり、気分次第で意地悪をしてきたり。コミュニケーションが万事その調子では、真面目に関わろうとするほど精神的に疲弊してしまいます。 かといって、同じように横暴で意地悪な態度をとって仕返しをしてしまうと、今度は自分自身を相手と同じレベルにまで下げてしまうことに。 そのような困った人には、どのように対処すべきでしょうか?   ■1: まずは、冷静に頭の中で境界線を引いてみる 真面目で優しい人ほど、コミュニケーションでトラブルが生じると、「自分にも悪いところがあったのでは」「自分が努力すれば改善するかも」と考えがち。けれども、世の中にはひたすらに理不尽で他罰的な人もたくさん存在しています。 そのような人の性格上の問題まであなたが抱えこんで責任を感じる必要はありません。 人気カウンセラーの斎藤芳乃氏も、著書『もっと私らしく生きる最高の方法~愛、お金、人間関係のすべてを自動的に手に入れる自尊心ルールズ~』(大和書房)の中で次のように説明しています。 <どんなに自分がいい人で、相手に誠心誠意、接したとしても、問題がある人は、自分の機嫌や都合で誰に対しても意地悪をします。...more
in English
カテゴリー:

注目の新カプセルホテル「グランパーク・イン横浜」はここが進化系! - 01月19日(木)11:00 

2016年末、業界を驚かすカプセルホテルが横浜駅至近の立地にグランドオープンした。この「グランパーク・イン横浜」は、カプセルホテルの"進化系"として人気を博してきた、「グランパーク・イン北千住」の系列店となる。北千住店は男性専用だが、横浜店では女性専用エリアを設けたことも特徴だ。 ○2017年はカプセルホテルに注目 例年、年初にホテル評論家としてオファーを受けるテーマが「注目のホテル」。今年で言えば"2017年注目のホテル"ということになる。すなわち、注目の新規開業やリニューアルホテルを紹介せよというオファーである。2017年はズバリ「カプセルホテル」だ。 2016年夏あたりから多彩なスタイルやコンセプトの施設が増加、2017年は新規開業や業態の垣根を越えた施設も増えることが見込まれており、今の宿泊業界では最も活気ある業態のひとつと言える。 ○数千冊の漫画の側にレストラン 早速、グランパーク・イン横浜を紹介しよう。エントランスから入ってまず驚くのが「ロビー&ライブラリー」。数千冊の漫画をそろえたライブラリーとマッサージチェアがあるリラクゼーションエリアだ。ロビー&ライブラリーに面してレストラン「The Book Cafe」がある。朝はバイキングスタイルの朝食、ランチや夕食なども館内で気軽に楽しめる。 手段としての食堂的スタイルも特徴と言える旧態型施設と比...more
in English
カテゴリー:

【芸能】天海祐希、石田ゆり子へ「人前ではやめて」“変わらない関係”明かす - 01月18日(水)05:34 

2017-01-17 13:10 女優の天海祐希が17日発売の雑誌「美ST」3月号の表紙に登場。インタビューでは女優の石田ゆり子との関係を明かした。 同誌2度目の表紙となる今回は、ツヤ感のあるメイクで美しさを輝かせた天海。ブラックのベストやストライプのブラウス、ツイード地のワンピースなどを次々を着こなし、誌面を彩った。 ◆天海祐希、石田ゆり子と変わらぬ関係 「今は恋愛や結婚よりも1人が幸せなんですよね」という天海。とは言え友達は多いそうで、女優の石田ゆり子の名を挙げると「宝塚時代からの友達で、昔から私のことを『ア...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

蛭子能収のゆるゆる人生相談「トランプで世界はどう変わる」 - 01月23日(月)17:15 

「読むと心が軽くなる」「蛭子さんなのに、またいい話してる」「安定の競艇オチ」……とネット上で話題を呼び、たちまち4刷というヒットとなった単行本『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(光文社・630円+税)。その好調な売れ行きに、「え、あの本が?信じられない……」と驚く蛭子能収(69)が、本誌読者からの相談に...
in English
カテゴリー:

なぜ若い女子たちはお金を使わなくなったのか? - 01月23日(月)15:55 

 「若い女子たちがお金を使わなくなったと言われる昨今、その背景にあるのは、非正規雇用の増加です」と語るのは消費行動に詳しいアナリストの久我尚子氏。 「今、若い女性の約4割が非正規雇用者です。給料は上がらず、年金など社会保障への不安も拭えない。このような状況では、お金を使おうと思っても使えません」  内閣府のデータによると、女性の非正規雇用者は、15~24歳が36.2%、25~34歳が42.1%となっている。 「しかし、お金を使わなくても充実した生活が送れるようになりました。ファストファッションやファストフード、LCCなどが台頭し、安価で品質の良いサービスが溢れているからです。加えて、モノに対する価値観も大きく変わってきています」  大きなきっかけがインスタグラムやツイッターなどのSNSの登場だという。 「そもそも、若い世代はモノが溢れた社会で育ち、昔のようなお金の使い方は珍しくなっています。さらに、SNSを使って生活の充実度をアピールする人は増えていますが、ブランド物よりも、例えばカラーランなどの珍しい体験のほうがシェアされやすかったりします」  このように、若い女性がお金を使わない状況はこのまま続くのだろうか。 「現在、政府が非正規雇用の処遇改善を押し進めていますが、雇用が安定すれば消費は増えるでしょう。ただし、大きくは変わらないと予想しています。今の生活でも十分質...more
in English
カテゴリー:

混迷するイラクのリアルを伝える――作家・石井光太×フォトジャーナリスト・林典子 - 01月19日(木)18:00 

 1月15日(日)に、作家の石井光太さんとフォトジャーナリストの林典子さんがトークイベントを行った。  2016年12月に著書『砂漠の影絵』を刊行したばかりの作家・石井光太さんは、ノンフィクション作品を中心に幅広いジャンルで活躍を続けている。今回発表した『砂漠の影絵』は、イラクで実際に起こった日本人人質事件をモチーフに執筆された小説。物語は、人質となった日本人被害者、彼らを救おうと奔走する家族や友人、そしてテロリストという三方向から描かれている。 そんな石井さんの対談相手となったのは、昨年末に写真集『ヤズディの祈り』を刊行した林典子さん。人気テレビ番組『クレイジージャーニー』で、IS(イスラム国)に故郷を追われた少数民族「ヤズディ」や、キルギスに今も残る風習「誘拐婚」を紹介して注目を集めている気鋭のフォトジャーナリストだ。  石井さんは、これまでに行ってきた海外取材の集大成となる小説として、林さんは滅びに瀕する民族宗教を撮影することで、ともに中東の現実を伝えている。時を同じくして混迷を極めるイラクをテーマとした作品を発表した2人は、一体どんな話を聞かせてくれるのだろうか。 *****  公開対談イベントの会場となった三省堂西武池袋本店書籍館4Fイベントスペース<Reading Together>には、2人の話を聞こうと多くのファンが詰めかけ、満員でのスタート。対談のホスト...more
in English
カテゴリー:

STORY人気スタイリスト川田亜貴子さん直伝! イタリアの工房とコラボしたストールの巻き方を動画で6パターン解説 - 01月18日(水)13:14 

[株式会社光文社] [画像1: https://prtimes.jp/i/21468/15/resize/d21468-15-393195-0.jpg ] 女性ファッション誌『STORY』は、2017年2月号において、イタリアのストールメーカー「Ottotredici」×STORY人気スタイリスト川田...
in English
カテゴリー:

【芸能】上田竜也「KAT-TUNを早く再開させたい」相次ぐ脱退に本音も - 01月18日(水)05:31 

2017-01-17 14:42 KAT-TUNの上田竜也が17日発売の雑誌「美ST」3月号にて、グループへの熱い思いを明かした。 ブラックのパンツにブラックのトップスを合わせたカジュアルファッションで誌面に登場した上田。インタビューでは「『ブレない心』の育て方」をテーマに自身との向き合い方や、目標、モットーなどを語った。 ◆上田竜也、KAT-TUN再開へ熱意「絶対成し遂げたい」 現在“充電期間”中のKAT-TUN。個人活動に専念している上田は「ソロ活動に全身全霊で打ち込んでいるのも『KAT-TUNを早く再開させたい』という明確かつ絶対成し...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「光文社」の画像

もっと見る

「光文社」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる