「先進国」とは?

関連ニュース

中国でEVビジネス過熱 政府、補助金など支援 日米欧勢を「一気に追い抜く」 - 04月21日(土)06:08 

 中国で電気自動車(EV)ビジネスが過熱している。ガソリン車の技術やブランドでは日米欧にかなわず、「EVで先進国の自動車産業を一気に追い抜く」(中国工業情報省)作戦だ。政府は法整備や補助金でメーカーや消費者を後押しする。世界EV市場の半分近くを抱え、自信を深めている。
カテゴリー:

【書評】日本人は知らない、中国が経済成長で失った「正しさ」 - 04月20日(金)03:56 

お隣の国のことでも知らないことは多くあるようです。今回、無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんが紹介するのは、20年で40回中国に足を運んだ著者が、中国内部のことを詳しく綴った一冊。中国という国の大きすぎる歪み、そしてその原因は一体何なのでしょうか? 『戸籍アパルトヘイト国家・中国の崩壊』 川島博之・著 講談社 川島博之『戸籍アパルトヘイト国家・中国の崩壊』を読んだ。著者は東京大学大学院農学生命科学研究科准教授、専門は環境経済学、開発経済学。世界の食料生産についての研究で、世界各国の農村を取材して回った。この20年間で40回ほど中国を訪問している。留学生を通訳代わりにして、農村を訪ね歩いたフィールドワークをもとに書いた一冊である。 中国を13億人の国とみてはいけない。先進国形の消費社会に住んでいるのは4億人だけなのだ。中国は、都市戸籍を持つ4億人と、農民戸籍を持つ、搾取される側の9億人からなる国、「戸籍アパルトヘイト国家」である。「戸籍アパルトヘイト」を止められない中国の失速は目前に迫っている、というのだ。この本では、農民戸籍と都市戸籍をキーワードにして、中国の近未来を語る。 中国政府は国民を都市と農村に2つに区別、それぞれを上位から下位まで5ランクに分け、各層の平均所得を発表している。この感覚は日本人には理解できない。これがアパルトヘ...more
カテゴリー:

【米国】アメリカ人女性の出生率に異変 急激に低下 - 04月19日(木)09:53  newsplus

アメリカ人女性の出生率が急激に低下している。人口統計情報を提供する会社「デモグラフィック・インテリジェンス(Demographic Intelligence)」の予測チームがはじき出した推計では、2016年に約395万人だった出生数は2017年には384万人に減る。この傾向は今後も進み、女性たちが希望するファミリーサイズをさらに下回りそうだ。 アメリカ疾病管理予防センター(CDCP=連邦政府保健福祉省所管の感染症対策の総合研究所で、ジョージア州アトランタに本部がある)の最新データによると、20...
»続きを読む
カテゴリー:

【移民】働かせるが定住はダメ…政府が「技能実習の延長版」創設へと動く狙い - 04月18日(水)17:39  bizplus

人口減少が進む日本で、労働力不足は大きな課題である。近年ではコンビニ等で見られるように外国人労働者が急増し、移民に関する議論も盛んになってきた。 しかし、外国人技能実習制度の問題もたびたび指摘されている。そんな状況で、日本政府は新たな在留資格をつくろうとしている。 日本の移民文化・移民事情を伝えるウェブマガジン「ニッポン複雑紀行」編集長・望月優大氏が、その狙いを解説し、問題点を整理する。 外国人労働の本格拡大にカジを切る 政府が来年4月に「特定技能」という新しい在留資格の創設を検討していることが...
»続きを読む
カテゴリー:

「EVシフトの先進国」中国が抱える2020年問題 囁かれる「官製バブル」の崩壊リスク | 自動車最前線 | 東洋経済オンライン - 04月18日(水)08:00 

自動車業界「100年に一度の大転換」といわれるEVシフト。ガソリン車などの従来車から電気自動車にシフト…
カテゴリー:

「愛国心」育成狙う日本政府の危うい教育方針 海外メディアは日本をこう伝えている | 学校・受験 | 東洋経済オンライン - 04月21日(土)06:00 

「技術先進国」「誰もが親切なきちんとした国」「過労死大国」――。日本は海外でさまざまなイメージを持…
カテゴリー:

仮想通貨が流行したワケ 飛びついたのは新興国、その事情とは...... - 04月19日(木)11:40 

はじめまして。ひろぴーです。株式や外国為替証拠金(FX)取引をはじめ、差金決済取引(CFD)や仮想通貨などのアクティブ運用を得意とする個人トレーダーです。しかも、「わたし、負けません」(笑)。 さて、今回のテーマは「仮想通貨」。いまや知らない人はいませんよね。でも、仮想通貨の流出や詐欺まがいの事件が起こり、「大丈夫かな」「どうせギャンブルでしょ」といった印象を抱いて二の足を踏んでいる。その半面、「安全・安心であれば、やってみたい」なんていう人も少なくないと思います。そこで...... まだ、間に合います! ただ、仮想通貨のこと、きちんと理解しておいてください。わたしが、伝授します!法定通貨とビットコインの送金・決済の違い 2017年は仮想通貨元年といわれ、ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨に注目が集まり、その価格が何十倍にも上昇しました。価格の上昇ばかりに目が向いてしまいがちですが、今回は仮想通貨、なかでもビットコインの技術が注目され、世界的に使われるようになりはじめたワケを、説明しましょう。 まず、米ドルや日本円などの法定通貨と、ビットコインとの送金・決済の違いを簡単にみていきましょう。 【決済】 法定通貨:現金や電子マネーで支払います。支払い時間は数秒で完結 ビットコイン:ウォレットから店舗側のQUコードでアドレスを読み込み、金額を確認し送金。30秒から1分ほどの時間を要...more
カテゴリー:

日本の「腐敗指数」は先進国で中の下、独立財政機関が必要!? - 金融市場異論百出 - 04月19日(木)05:02 

今年2月に世界の「腐敗認識指数2017」(トランスペアレンシー・インターナショナル)が公表された。世界180の国と地域において、専門家とビジネスパーソンにアンケートを行い、「公的部門が腐敗していると感じている」と答えた人の割合を指数化したものである。ランキングが上位ほど清潔で、下がるほど腐敗度が高い。
カテゴリー:

日本とイギリス、TV番組に見る「大きな違い」 - 04月18日(水)15:00 

多くの課題を抱えながらも、英国の経済状況はここ20年間右肩上がり。人口や資源において優位とは言えないはずのこの国が、なぜ国際社会においてこれほど高い地位を維持できるのでしょうか?書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫ります。第5回となる本記事は、少し変わったイギリスのテレビ番組事情について。※前回の記事はこちら東京とロンドン、「路上ライブ」の違いテレビ受信料不払いは罰金?まず、イギリスでテレビを見るには、30ポンド(約5,000円)くらいのアンテナを一緒に買って、年間受信料(カラーは145.50ポンド=約23,000円、白黒は49ポンド=約8,000円)を払わないといけません。「白黒テレビの家なんて今時あるの?」という疑問がただちに浮かぶのですが、もしかしたらそういう家庭もちょっとありそうな気もするのがイギリス。ちなみに受信料の不払いは違法で、かなり高い罰金が課されます。こちらの支払いを経て見られるチャンネルは、BBC1、BBC World、itv、 channel4などをはじめ、ざっと30チャンネル以上あります。BBC Oxfordのように、コンテンツの何割かをそれぞれの地方に合わせたチャンネルもあります。今週の見どころなどを紹介する「週刊TVガイド」のような雑誌も50...more
カテゴリー:

相次ぐ常識派の更迭でイエスマンだけのトランプ政権…あらゆるパワーバランスが崩れていく! - 04月18日(水)06:00 

『週刊プレイボーイ』本誌で「モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、イエスマン一色となりそうなトランプ政権の危うさについて語る! * * * 自分とソリの合わない人間は排除するーー「トランプらしい」と言えばそれまでですが、こうした動きが中長期的に見てアメリカの外交上の利益、そして国際社会の安定に及ぼす影響は計り知れません。 3月13日、トランプ大統領はティラーソン国務長官の更迭を発表。また、安全保障問題を担当するマクマスター大統領補佐官も4月9日付で解任した。イラン核合意や北朝鮮問題に関して、国際協調も見据えながらジワジワと状況をチューニングしていきたい“現実派”の彼らの声はトランプには受け入れられなかったのでしょう。 一方、次期国務長官に任命されたポンペオ前CIA長官は、中絶反対、LGBT反対、銃規制反対…という過激な右派。北朝鮮やイランに対しても強硬で、トランプへの“忠誠心”も高い人物です。また、マクマスターの後任となったボルトン元国連大使も、イランや北朝鮮の核問題について「先制攻撃論」を主張する強硬派。政権の暴走を食い止めるストッパーを外し、加速装置を取りつけるような人事です。 加えて...more
カテゴリー:

もっと見る

「先進国」の画像

もっと見る

「先進国」の動画

Wikipedia

先進国(せんしんこく、)とは、高度な工業化を達成し、技術水準ならびに生活水準の高い、経済発展が大きく進んだ国家のこと。後進国(現在では開発途上国、発展途上国の呼称が一般的)に対して、こう呼ばれることがある。

概説

工業技術で先行し、経済的に比較的豊かで、政治的に安定している。大国超大国を含む)と同義の使われ方をすることもあるが、先進国は国の規模より経済力に重点を置いた場合であることが多い。対義語は開発途上国(後進国の呼称は侮蔑的とされ使われなくなった)。 先進国のうちアメリカ合衆国グレートブリテン及び北アイルランド連合王国フランス共和国、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる