「先輩芸人」とは?

関連ニュース

千原ジュニア、“不思議な人”板尾の不倫疑惑に持論 - 11月19日(日)20:36 

お笑い芸人の千原ジュニア(43歳)が11月19日、紀伊國屋書店新宿本店で開催された「これにて、便所は宇宙である」(扶桑社)出版記念サイン会に出席。先輩芸人・板尾創路(54歳)の“不倫疑惑”について持論を述べた。
カテゴリー:

【芸能】小木博明が若林正恭の素顔を暴露「気持ち悪いヤツ」 - 11月19日(日)16:02  mnewsplus

19日放送の「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系)で、おぎやはぎ・小木博明が、オードリー・若林正恭の素顔を暴露した。 番組では、オードリーがゲストで登場。その最中、親しい先輩芸人である、おぎやはぎがVTR出演し、知られざる素顔を証言した。 なんでも、おぎやはぎはオードリーがブレークする前から、その面白さに注目していたとか。 一方で、オードリーとのからみについて、小木は「今でも、会っても全然話してくれない!」のだと漏らす。 数カ月前、若林とトイレで一緒になった際、小木は「どういう接し方、するのかな?」...
»続きを読む
カテゴリー:

学歴社会なんて関係ない!? すごちゅうさんに学ぶ成功の秘訣 - 11月19日(日)12:00 

11月19日(日)の「EXD44」(テレビ朝日系)は、高校を卒業せずとも社会で華々しく活躍している“すごい中卒の人たち”=“すごちゅうさん”から成功の秘訣(ひけつ)を学ぶ企画『すごちゅうさんから学んだ7の教え』を放送する。 【写真を見る】社員12人の会社で8億を売り上げるネットショッピングの会社の秘密とは?/(C)テレビ朝日 今回は、学歴社会が叫ばれる昨今にもかかわらず、中卒で成功を収めた“すごちゅうさん”をピックアップ。『すごちゅうさんから学んだ7の教え』と題し、その成功の秘訣を学んでいく。 社員12人の会社で8億を売り上げるネットショッピングの会社を営む関さん。若手社長ならではの新しい感性で成功を収める関さんが、自ら高校中退を選んだ驚きの理由が明らかに。 7500万円の借金を抱えた状態から年収1億へと大成長した42歳の会社社長・五島さんの自宅を訪れると、ちょうど超高級車で出勤する五島さんの姿が。「苦しい時期もあったが、高校を中退していたからこそ続けられた」という彼が営むビジネスと、そこに隠された戦略性とは? また、高校中退ながらも胃腸科クリニックの院長として年間1500人の患者を看ている大竹さん。たくさんの著書も持つ彼はどのようにして医師免許を取得したのか。医師になるまで、そしてそこから内視鏡医師として成功を収めるまでの人生の歩みを明らかにしていく。 これまで、2人の先輩芸人が...more
カテゴリー:

【芸能】千鳥・大悟が10年近く謝罪できなかった先輩芸人を明かす - 11月16日(木)10:59  mnewsplus

15日深夜放送の「イッテンモノ」(テレビ朝日系)で、千鳥の大悟が、10年近く謝罪できなかった先輩芸人の実名を告白した。 番組では、ゲスト出演した女優・飯豊まりえがテレビドラマの監督を怒らせたエピソードを披露。 その流れで出演者たちが誰かを怒らせた経験を明かしていた。 大悟は、所属事務所の先輩、ブラックマヨネーズの吉田敬を激怒させた経験を明かした。 千鳥が新人だったころ。MCをブラマヨが務める番組のオーディションに合格したという。 ブラマヨと初対面した際、吉田が「それにしても、お前、汚え靴履いてんな...
»続きを読む
カテゴリー:

菅田将暉、芸人役は「難しいなんてもんじゃない」 板尾創路監督は2丁拳銃川谷とのコンビを絶賛 - 11月09日(木)10:46 

 映画『火花』完成披露試写会が8日、東京都内で行われ、出演者の菅田将暉、桐谷健太、木村文乃、川谷修士(2丁拳銃)、三浦誠己と板尾創路監督が出席した。  本作は、第153回芥川賞を受賞したピース・又吉直樹の初純文学作品を映画化。菅田はお笑い芸人・徳永を演じた難しさを「難しいなんてもんじゃない」と語り、「板尾監督がOKを出してくれたらもうええやんっていう安心感と、横にいる修士さんがツッコんでくれたらいかなる状況でも笑いが起きると信じて」と役柄を振り返った。  ツッコミ役には経験者を入れたいという板尾監督のこだわりで、スパークスの山下として菅田と漫才コンビを組んだ川谷は「板尾さんに選んでいただいたのは、めちゃめちゃうれしかった」と喜び、「菅田さんとホンマにコンビ組みたい。菅田さんが素晴らしくて、元のコンビに戻りたくない」と笑わせた。  実際に、川谷が言葉をかんだ瞬間に菅田が「滑舌が悪いねん。なんて?」と反応良くツッコみを入れ、「すぐ怒るやん。20(歳)ちゃうねんぞ」とやり取りする姿は本物のコンビのよう。板尾監督は「菅田さんが同級生に見せようと、修士に対してものすごく上からいく。同じ目線にならなきゃいけないという、ある意味での礼儀。俳優として素晴らしい姿勢だし、これ以上ない敬意だと思う」と2人のコンビぶりを絶賛した。  一方、桐谷は、徳永の師匠となる先輩芸人・神谷を熱演。三浦演じる大林と漫...more
カテゴリー:

【芸能】ポップな心霊論 「霊のいる場所にイルミネーションをつけたら」 - 11月19日(日)16:20  mnewsplus

その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(26)。 『ポップな心霊論』は、彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載! 【クリスマスイルミネーションを霊のいる場所にとりつけたら】 寒さが本格化してきて、街も少しずつクリスマス模様に変わってきましたね。 そこで今回はイルミネーションにまつわる話をひとつ。 くわしい場所は教えられませんが、都内のとあ...
»続きを読む
カテゴリー:

【ポップな心霊論】「霊のいる場所にイルミネーションをつけたら」 - 11月19日(日)16:00 

その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(26)。『ポップな心霊論』は、彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載! 【クリスマスイルミネーションを霊のいる場所にとりつけたら】 寒さが本格化してきて、街も少しずつクリスマス模様に変わってきましたね。そこで今回はイルミネーションにまつわる話をひとつ。 くわしい場所は教えられませんが、都内のとある住宅街に細長い形をした公園があります。実はそこ、タクシー運転手さんの間でかなり有名な心霊スポット。深夜には絶対近付いちゃいけないといわれているような場所なんです。 それが一昨年の冬のこと。どこからか話を聞きつけてきた先輩芸人に誘われて、夜中にその公園を訪れることになったんです。実際に足を踏み入れてみると、もうめちゃくちゃ嫌な感じがするんですよ。とにかく1秒たりともこの場にいたくないと思いました。 そして「ここ、マジでヤバいです」と先輩の方を振り向いたとき、元凶を見つけてしまったんです。立っていたのは、小学生くらいの男の子。ものすごく力の強い霊で、先輩に取り憑いて連れて行こうとしていたんです。 猛ダッシュで逃げましたが、先輩は公園を出るまでずっと、首を締められ...more
カテゴリー:

桐谷健太、渋谷の道玄坂をほふく前進した過去が!? - 11月16日(木)20:28 

映画「火花」夢を追う“あほんだら”試写会が行われ、桐谷健太、三浦誠己、板尾創路監督が出席した。 【写真を見る】即興で一発芸を披露する桐谷健太 本作は、又吉直樹の芥川賞受賞作を板尾創路監督が映画化したもの。漫才の世界を志して、もがき続けた青年・徳永(菅田将暉)と徳永の師匠となる先輩芸人・神谷(桐谷健太)の10年間を描く。 映画の内容にちなんで下積み時代のエピソードを聞かれた桐谷は、「高校卒業して大学進学のために上京して、オーディションを何回やっても受からなかった。何をやってもダメな時期で、月10回くらい金縛りにあっていた。起きていてもつらいことばかり考えてしまうから、現実逃避のため1日17時間くらい寝ていた」と明かした。 また、売れていない時代に、目立つために東京・渋谷の道玄坂をほふく前進していたというスタッフからの情報が紹介され、三浦と板尾監督から「アホやなぁー」とツッコまれる一幕も! また、神谷の相方役・大林を演じた三浦は、「お金がなかったんで、ひたすら即席ラーメンを食べていました(笑)。ラーメンのみそ、しょうゆ、塩と米をほぼ2年間、毎日食べていました。1日2食(苦笑)」と若手時代を振り返った。 そんな2人とは対照的に、板尾監督は「僕、取材とかでよく聞かれるんですけど、苦労したことないです。大阪で芸人をやっていたということもあるんですけど、ほんと大阪の人に育ててもらった感じです。...more
カテゴリー:

菅田将暉&桐谷健太、たけし名曲「浅草キッド」カバー配信開始 - 11月15日(水)10:00 

 俳優で歌手の菅田将暉(24)と桐谷健太(37)がW主演を務める映画『火花』(23日公開)の主題歌「浅草キッド」の配信が15日、開始された。劇中でお笑い芸人を演じた2人が、いつか売れる日を夢見てもがく若手芸人の気持ちをつづったビートたけしの名曲をカバーした。 【動画】「浅草キッド」を熱唱する菅田将暉&桐谷健太  同作は、『第153回芥川賞』を受賞したお笑いコンビ・ピースの又吉直樹が執筆した小説を、自身もお笑い芸人であり、映画監督の板尾創路が実写化。漫才の世界に身を投じるも、結果を出せずに底辺でくすぶっている青年・徳永を菅田、強い信念を持ち、徳永の師匠となる先輩芸人・神谷を桐谷が演じる。  主題歌は板尾監督たっての希望で、菅田と桐谷が「浅草キッド」をカバー。板尾は「2年前に『火花』を監督することが決まった時から頭の中に『浅草キッド』がすでにあって、この曲ありきで脚本を作りました」と明かし「この楽曲をエンドに使うことで、東西の芸人の世界がつながり、より大きなテーマを持った作品になりました」と満足する。  8月下旬に行われたレコーディングは、劇中の神谷と徳永のように、桐谷が菅田をリード。2人で何度もテイクを重ね、熱く歌い上げた。なお、映画公開後の29日からはオリジナルサウンドトラックの配信もスタートする。 【関連記事】 【写真】菅田将暉らの場面カット 木村文乃は金髪に 菅田将...more
カテゴリー:

菅田将暉、漫才のプロから芸人役を絶賛! - 11月09日(木)10:26 

映画『火花』の完成披露試写会が11月8日に東京国際フォーラムで行われ、W主演をつとめる菅田将暉と桐谷健太、木村文乃、川谷修士(2丁拳銃)、三浦誠己、板尾創路監督が登壇した。菅田は、劇中でコンビを組んだ川谷や板尾監督から俳優としての素晴らしさを絶賛されると「芸人の役は難しいなんてもんじゃないけれど、板尾監督のOKを信じて演じました」と清々しい表情で語った。 本作は、お笑いコンビ、ピース又吉直樹による第153回芥川賞受賞作品を映画化。泣かず飛ばずだった若手芸人の徳永(菅田)が、営業先の熱海で出会った型破りな漫才を披露する先輩芸人・神谷(桐谷)に影響を受け、弟子入りすることから大きく変わっていく芸人人生を、涙と笑いで描いた青春物語だ。 劇中、菅田は川谷とともに臨場感たっぷりの漫才を披露しているが、芸暦20年以上のキャリアを持つ川谷は「菅田くんの立ち方を含めた芸人としての立ち振る舞いがすごくて、ホンマのコンビみたいに思っていました。元のコンビに戻りたくない」と最大級の賛辞を送ると、菅田も「修士さんが突っ込んでくれれば、絶対に笑いが起こると信じて演じていました」と川谷に絶大な信頼を置いていたことを明かす。 さらに菅田は「クライマックスの漫才のシーンで見せる修士さんの、感情があるのかないのかわらからない切なさと本気の顔は忘れられない。長年漫才をやってきたからこその人の顔でした。墓場まで持...more
カテゴリー:

もっと見る

「先輩芸人」の画像

もっと見る

「先輩芸人」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる