「先行販売イベント」とは?

関連ニュース

あ、安部礼司が本屋さんに!?~マガジンハウス担当者の今推し本『平均的サラリーマンの最強の生き方  なぜかうまくいってる人が大切にしている7つのこと』 - 04月21日(金)22:50 

こんにちは、マガジンハウスです。みなさんは、神保町と聞いて、何をイメージしますか? 「本の街」と答えた方…まっとうな方ですね。うん、普通、普通。「大日本ジェネラル」と答えた方…わかってらっしゃる! そう、ここ神保町が誇る典型的な中堅企業といえば、大日本ジェネラルですね。今回は、そこに勤務する一人の男が、なぜかビジネス本を出版することになり、あろうことか先行販売イベントまで開催してしまったというので、レポートしてみたいと思います。 きわめて平均的なサラリーマン、安部礼司とは何者? まずは全国180万人の安部礼司ファンの皆さまにはちょっと我慢していただいて、ご存じない方に説明しますね。安部礼司さんというのは、毎週日曜17:00~17:55にTOKYO FMをはじめとするJFN37局ネットで放送中の大人気ラジオドラマ『NISSAN あ、安部礼司~BEYOND THE AVERAGE~』の主人公です。ルックスも経歴もスキルもコネクションもさして特筆すべきことのない、極めて平均的(アベレージ)なサラリーマン…なんだけど、そこは10年以上も続く人気番組のメインキャラ。不思議と惹かれる魅力があるんですよね~。なんだかんだいって恋愛も仕事もそこそこうまいことやってるし、安部礼司の周りにいる人もいつも楽しそうだし。なんていうか、結婚してもいいかなって思われる勝ち残り系男子ってこういうタイプなのかなあ...more
in English
カテゴリー:

「あ、安部礼司」が地元神保町で村上春樹超え! - 04月16日(日)17:50 

人気ラジオドラマ番組「NISSAN あ、安部礼司~beyond the average~」から生まれたビジネス本「平均的(アベレージ)サラリーマンの最強の生き方~なぜかうまくいってる人が大切にしている7つのこと~」の先行販売イベントが4月16日、東京・三省堂書店 神保町本店にて開催された。 【写真を見る】この満面の笑顔! 安部礼司役を務める小林タカ鹿が“村上春樹超え”達成に歓喜 毎週日曜日夕方5:00からオンエアされている「あ、安部礼司」は、'71年生まれの平均的サラリーマン・安部礼司(※英語の「アベレージ」をもじったもの)を主人公に、彼を取り巻く同僚や友人、家族たちの日常がコミカルに描かれるラジオドラマ番組。リスナーを招いてのイベントもたびたび開催されており、毎回全国からファンが多数集まることで話題にもなっている。 この日のイベントでは、同番組で安部礼司役を務める小林タカ鹿が朝10時から夜まで、集まったファンに書籍を手渡しで販売した。そして昼2時半ごろ、書籍の売上数が538冊に到達。村上春樹の「騎士団長殺し」を超えて、三省堂書店神保町本店での2017年発売初日売上記録となり、小林とスタッフがくすを割って祝い合った。 「番組が始まって10年以上になりますが、ドラマの舞台になっている神保町でイベントをやるのは初めてになります」と感慨深けだった小林は、書籍の内容について「“最強の生き方...more
in English
カテゴリー:

「先行販売イベント」の画像

もっと見る

「先行販売イベント」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる