「先発投手」とは?

関連ニュース

大リーグ:先発投手の大谷、今季最速163キロ - 04月25日(水)16:47 

アストロズ戦  米大リーグは24日、エンゼルスの大谷がヒューストンでのアストロズ戦に先発し、5回3分の1を投げて1本塁打を含む6安打4失点、7三振5四球で3勝目(1敗)を逃した。チームは8-7で競り勝った。
カテゴリー:

「松坂さんに負けないように」横浜高出身者が躍動した夜 - 04月20日(金)05:07 

 先発投手3人に、サヨナラ安打を放った選手も。19日のプロ野球は、横浜高出身の選手が躍動した。 ナゴヤドームをわかせたのは、中日の37歳、松坂大輔だ。7回2失点で敗戦投手になったが、その熱投にファンは…
カテゴリー:

大リーグ:エンゼルス大谷、18日先発 開幕3連勝なるか - 04月17日(火)15:48 

 米大リーグ、エンゼルスで投打の「二刀流」に挑む大谷翔平(23)が17日午後7時7分(日本時間18日午前11時7分)開始予定の本拠地アナハイムで行われるレッドソックス戦で開幕3連勝を目指し、3度目の先発に臨む。日本の先発投手でメジャーデビューからの3連勝は2016年の前田(ドジャース)以来、5人目と
カテゴリー:

【愛すべき助っ人列伝】謎の引退のバンチに誘拐のエルビラ!? ノーヒットノーラン達成の助っ人たち - 04月13日(金)12:00 

 プロ野球の歴史を彩る助っ人外国人選手たちを紹介する列伝企画。第2回は先発投手としての栄誉、ノーヒットノーランを達成した投手を紹介したい。◎最初の達成者はスタルヒン 1937年に外国人投手として初めて…
カテゴリー:

中日、3連勝で借金完済目前 先発陣が5戦連続好投、吉見も続けるか!? - 04月12日(木)13:46 

◆ 期待の先発陣が本領発揮!?  中日は11日、ヤクルトとの2回戦(ナゴヤドーム)に勝利し、今季初の3連勝をマークした。過去5戦で見ても、4勝1敗と上昇ムード。この間は先発投手がしっかりと役割を…
カテゴリー:

KBC未来、初戦突破 高校野球春季九州大会 4ー2でれいめい(鹿児島)下す - 04月21日(土)17:45 

 高校野球の春季九州大会(第142回九州大会)は21日、福岡県の久留米市野球場を主会場に行われた。県代表として初出場したKBC未来は1回戦で鹿児島県のれいめいと対戦し、4―2で快勝した。  先発投手の宜保翔が五回まで無失点に抑える中、打線は初回に相手失策などで1点を先制。4回には3番神里志温がソロ...
カテゴリー:

J・ラミレスが右肘手術=米大リーグ・エンゼルス - 04月19日(木)13:04 

 【アナハイム時事】米大リーグで、大谷翔平投手が所属するエンゼルスは18日、右肘を痛めて故障者リスト(DL)入りしていたJC・ラミレス投手が内側側副靱帯(じんたい)の再建手術を受けたと発表した。手術は17日に行われ、成功したという。通常、復帰まで1年以上を要する。 先発投手のJ・ラミレスは、今季2試合に登板して2敗を喫した。7日の試合を2回で降板し、翌日にDLに入った。 [時事通信社]
カテゴリー:

大谷翔平が「二刀流を捨てる日」 - 04月16日(月)06:30 

 やはり、背番号17の“赤いサムライ”は別次元の存在だった。今季からメジャーリーグ・エンゼルスに移籍した大谷翔平(23)が、ファンを熱狂させている。3月30日(日本時間=以下同)のアスレチックスとの開幕戦に、8番DHで先発し、メジャー初打席初安打。4月2日には、投手としてメジャー初先発で初勝利を挙げた大谷。「開幕戦に野手で先発出場し、開幕10試合以内に投手でも先発登板というのは、ベーブ・ルース以来99年ぶりのこと。大谷の名前が歴史に刻まれました」(在米ジャーナリスト)  そして、メジャー初本塁打は、4日のインディアンス戦だった。1回裏二、三塁で大谷がバットを一閃すると、白球は天高く舞い上がり、右中間のスタンドに飛び込んだのだ。「ビッグフライ! オータニサン!」と現地のテレビ解説者が絶叫し、観客が総立ちで熱狂する中、大谷はダイヤモンドを一周。ベンチで彼を迎えたのは、新人が初本塁打を放ったときの“お約束”、サイレントトリートメントだった。両手を挙げる大谷にチームメートはソッポを向き、数秒間、誰も相手にしない。たまらず、大谷が「ねえねえ」と言わんばかりに一人の背中にしがみつくと、それを合図に、エンゼルスの全選手が熱烈に若武者を祝福した。「いやー、大谷、かわいかったですね(笑)。あの光景から、どれだけ彼がチームメイトから信頼され、愛されているのかが分かります」(スポーツ紙記者)  ...more
カテゴリー:

スカウトたちが注目していたのは東邦だった? 夏の100回大会で大阪桐蔭の脅威となるのは… - 04月13日(金)11:00 

「史上最強」との前評判も高かった大本命、大阪桐蔭の優勝で幕を閉じた今年の“センバツ”春の甲子園。 結果的にその評判通り、高校野球史にその名を刻む史上3校目の大会連覇となり、初導入された話題のタイブレークこそ実現せずに終わったものの逆転勝ちや延長戦、サヨナラ本塁打と熱戦、接戦の連続に平成以降、最多となる観客54万人を動員する盛り上がり。 早くも次は、夏にやってくるメモリアルな第100回大会を見据え、大阪桐蔭の強さは本物か、敗れ去ったライバル校の本音は――前編記事に続き、現場での取材を終えた恒例の座談会メンバーが大会を総括! A:スポーツ紙アマチュア担当記者 B:高校野球ライター C:高校野球専門誌編集者 * * * B 決勝戦で根尾(昴、あきら)を打ち崩せずに準優勝に終わった智辯和歌山ですが、かつて甲子園を席捲してきた強力打線が復活しましたね。準々決勝(対創成館)で5点差をひっくり返して延長10回、11-10のサヨナラ勝ち。準決勝(対東海大相模)では1試合の中で4点差と5点差を二度逆転して、やはり延長10回の末に12-10で勝ち、とんでもない粘りを見せて“挑戦者決定戦”の山を勝ち抜き、大阪桐蔭への対戦切符を手にしました。 C 準決...more
カテゴリー:

【野球】初登板で25%も使用「大谷翔平」を蝕む「死の球」スプリット★2 - 04月11日(水)21:09  mnewsplus

 大谷翔平(23)の快進撃が止まらない。だが、長いシーズンを乗り切るうえで、大谷の体が悲鳴を上げると警告する声が上がっている。  かつて大谷は、「投手のほうが楽しい」と語っていたが、その投球スタイルに元メジャー投手は「決め球にスプリットを投げすぎ。スプリットは速球に比べて肩、肘への負担が大きい。蓄積疲労で怪我を誘発する」と苦言を呈す。  確かに初登板となったアスレチックス戦では92球のうち、速球が40球、スプリットは23球と、日本での投球よりはるかに割合が高くなっている。  スプリットが、メジャーで...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「先発投手」の画像

もっと見る

「先発投手」の動画

Wikipedia

先発投手(せんぱつとうしゅ)とは、野球ソフトボールクリケットの試合開始時にスターティングメンバーとして最初に投球する投手をいう。スターターとも。1球でも投じた後に他の投手へ交代した場合、その交代投手を救援投手という。本項においては野球の先発投手について記述する。

概要

一般的に先発投手には、なるべく長いイニングを投球することが求められる。野球においては、先発投手が勝利投手となる権利を得るには最低5イニングを投球する必要があることから職業野球当時の日本はこの規定が曖昧で、先発投手が5イニング以上投球し、且つ先発投手の登板中に自チームがリードして、自チームがリードを最後まで守りきって勝った場合でも、勝利投手の記録がリリーフについたケースも存在していた。、先発投手は大量失点せずに5イニング以上投球するべきだと考えられている。メジャーリーグでは後述の100球で交代する状況において、6イニング以上を3自責点...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる