「元駐韓大使」とは?

関連ニュース

邪魔なら兄をも殺す国を隣に、韓国の絶望的な危機感欠如 - 元駐韓大使・武藤正敏の「韓国ウォッチ」 - 02月20日(月)05:00 

自分の兄である金正男氏さえ無慈悲に殺害するほど、自分の統治に邪魔になるものはことごとく排除するのが北朝鮮の最高指導者である。そんな北朝鮮にとって韓国の繁栄は、絶大な脅威であり、それを許すはずがない。にもかかわらず韓国の政治家、国民に危機感が感じられない。是非冷静に現在韓国が置かれている状況を考えてほしい。
in English
カテゴリー:

「韓国人に生まれなくて良かった」元駐韓大使が心底思う理由 - 元駐韓大使・武藤正敏の「韓国ウォッチ」 - 02月14日(火)05:00 

韓国は過酷な競争社会である。大学の受験戦争、就職難、結婚難、老後の不安、OECDの中で最も高い自殺率……。加えて男性が虐げられた社会である。元韓国大使である武藤正敏氏は、「私は韓国人に生まれなくて本当に良かったと思う」と語る。
in English
カテゴリー:

元駐韓大使「韓国人に生まれなくてよかった」 → 韓国人「正直いい気はしないが、反論もできない」 - 02月18日(土)00:04 

元駐韓大使・武藤正敏氏のコラムが、韓国で注目を浴びている。コラムのタイトルは「『韓国人に生まれなくてよかった』元駐韓大使が心底思う理由」。 2月14日、ビジネス情報サイト「DIAMOND online」に掲載されたものだ。  韓国人の立場からすると、かなりかんに障るような内容だろう。何しろ、自国の問題点を細かくあげつらっているのだ。 案の定、多くの韓国メディアが当コラムの内容を報じ、ネット民からは「われわれも、あなたが韓国人じゃなくてよかった」「お互いさまだ」といった声が寄せられている。  しかし、コラムに...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【慰安婦】慰安婦問題、朝日新聞の自虐社説と“バッシングに感謝”の植村隆 - 01月23日(月)21:22 

相も変わらぬ……  その「無法国家」韓国の、とりわけ慰安婦問題についての“代弁者”となってきたのが、「朝日新聞」とそのOB・植村隆元記者である。「日韓合意」の危機を受けても、「誤報コンビ」は自らを省みることなし。「この親にして、この子あり」を改めて示してくれた。  ***  まずは、「親」の朝日から。 〈韓国との外交 性急な対抗より熟考を〉と、“如何にも”な社説を掲載したのは、日本がスワップ協議中断などの「対抗措置」を発表した翌日、1月7日のことである。  朝日によれば、〈ここまで性急で広範な対抗措...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「元駐韓大使」の画像

もっと見る

「元駐韓大使」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる