「元記事」とは?

関連ニュース

超弩級EV──ビジョン メルセデス・マイバッハ 6 - 09月26日(火)08:00 

貴重なヴィンテージカーが一堂に会し、華麗さや時代考証の確かさなどを競うイベントを「コンクール・デレガンス」と言う。クルマが文化として根付いている欧米では盛んに行なわれているイベントだ。そのコンクール・デレガンスの頂点に君臨するのが、カリフォルニア州モントレーで開催される「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」である。近年はコンクールやオークションだけではなく、高級車ブランドがコンセプトカーをお披露目することも増えてきた。今年のペブルビーチで注目を集めたのは、メルセデス・ベンツが発表した『ビジョン メルセデス・マイバッハ 6 カブリオレ』という途轍もないコンセプトモデル。ラグジュアリーの極みというべき、2人乗りのEVオープンカーである。 息を呑むようなスタイリングの『ビジョン メルセデス・マイバッハ 6 カブリオレ』 メルセデス・ベンツを擁するダイムラーAGのチーフデザインオフィサー、ゴードン・ワグナー氏は、『ビジョン メルセデス・マイバッハ 6 カブリオレ』をこう表現する。 「現代的なラグジュアリーさを究極の領域にまで昇華させており、我々のデザイン戦略を完全に体現している。息を呑むようなプロポーションと豪華な“オートクチュール”インテリアの組み合わせが、究極の体験を作り出す」 この言葉の通り、一見しただけでもそのスタイリングのインパクトはかなりのもの。驚かされるのは、2シータ...more
カテゴリー:

中古車販売会社‥実は春を売る商売 19歳~20代の女性10数人を従業員として雇用し1万円~5万円で売春させていた経営者らを逮捕・札幌 - 09月26日(火)07:03  newsplus

中古車販売従業員に売春させたか *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/sapporo/7004230211.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 札幌市中央区の中古車販売会社の経営者の男ら2人が、インターネットの出会い系サイトを通じて 従業員の女性らに売春させたとして警察に逮捕されました。 逮捕されたのは中古車販売会社の社長で札幌市中央区北3条西20丁目の 津坂直孝容疑者(50歳)と同じ会社に勤める旭川市の45歳の男の2人です。 警察の調べによりますと津坂容疑...
»続きを読む
カテゴリー:

ジョギング中の女性に後ろから近づき、「コロスゾ」 夜の田んぼに引きずり込む・川越 - 09月25日(月)19:02  newsplus

ジョギングの女性乱暴か男を逮捕 http://www3.nhk.or.jp/lnews/saitama/20170925/1100000160.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 埼玉県川越市でジョギング中の女性を近くの田んぼに引きずり込み 乱暴したとして、21歳の大学生が逮捕されました。 周辺では同じような手口の事件が3件、相次いでいて警察は関連についても調べることにしています。 逮捕されたのは、埼玉県内の私立大学の学生で、群馬県高崎市に住む高山一弥容疑者(21)です。 警察の調べによりますと、去年12月の夜8時すぎ...
»続きを読む
カテゴリー:

口臭の原因「ドライマウス」をその場で改善するためのエクササイズ - 09月25日(月)18:00 

自律神経と健康との関係は、今では広く知られるようになっています。ただ、不規則な生活や睡眠不足、ストレスなどによって、自律神経のバランスはいつのまにか乱れてしまっていることが多いもの。その結果、体に変調をきたしてはじめて本人がその乱れに気がつくということになりがちです。■自律神経の乱れは「唾液」にあらわれる『自律神経は1分で整う! ──人生が変わるお口の健康と自律神経の話』(今野清志著、自由国民社刊)によると、自律神経のバランスがきちんと取れているかのバロメーターは、口の中の唾液の量。唾液の分泌をコントロールしているのは自律神経である以上、きちんとはたらいていないと唾液が少なくなり、口の中が常に乾いたりねばついたりする「ドライマウス」になりやすいといいます。唾液には食べた物の消化を助け、ウイルスの体内への侵入を防ぎ、口内を清潔に保つなどの役割があり、健康と直結します。だから、ドライマウスは単に口だけの問題ではなく、免疫力や体全体の健康にかかわる問題。もちろん口臭や歯周病の原因にもなります。どうすれば予防したり、改善したりすることができるのでしょうか。■その場でできる 唾液の分泌を促進するエクササイズ原因が自律神経の乱れである以上、ドライマウスの改善には生活習慣の見直しが必須。ただエクササイズでも、唾液が分泌されやすくする状態を作ることは可能なのだとか。本書では、そのための様々なエクサ...more
カテゴリー:

「一時停止標識があったのでいったん泊まったあと交差点に進入した」車とバイクが衝突 バイクの45歳死亡 見通し悪くない交差点で・益田 - 09月25日(月)13:13  newsplus

交差点で衝突 バイクの男性死亡 *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/matsue/4034227021.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 24日、益田市の交差点で軽乗用車とバイクが出会い頭に衝突し、 バイクに乗っていた45歳の男性が死亡しました。 24日午後3時40分ごろ益田市市原町の市道の交差点で、 いずれも直進していた軽乗用車とバイクが出会い頭に衝突しました。 この事故で、バイクを運転していた益田市乙吉町に住む高橋保成さん(45)が 胸を強く打って病...
»続きを読む
カテゴリー:

勝手に動き出した車を運転席の窓から中に手を伸ばして停止させようとし、誤って車ごと用水路に転落か 用水路の中で車の下敷きに・岡山 - 09月26日(火)07:19  newsplus

用水路に車転落し女性重体 http://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024238361.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 25日午後、岡山市南区の用水路に近くに住む50歳の女性がライトバンごと転落しました。 女性は搬送されましたが、意識不明の重体です。 25日午後3時ごろ、岡山市南区西高崎で「用水路に車が落ちている」と、 近くを通った人から警察と消防に通報がありました。 警察や消防が駆けつけたところ、幅が2メートルほどの用水路の中にライトバンが 運転席のある右側から斜めに転落...
»続きを読む
カテゴリー:

灯油をかぶって自分に点火 命助かり部屋全焼(1月) 回復した無職を逮捕・下関 - 09月25日(月)19:27  newsplus

自宅に放火 63歳夫を逮捕 http://www3.nhk.or.jp/lnews/yamaguchi/4064237161.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を ことし1月、下関市の自宅のマンションで妻と口論になり 灯油をかぶって火をつけて部屋を全焼させたとして、63歳の夫が放火の疑いで逮捕されました。 逮捕されたのは、下関市の無職・柳井一孝容疑者(63)です。 警察によりますと、柳井容疑者はことし1月8日、当時住んでいた 下関市みもすそ川町のマンションの5階の部屋で妻と口論になり灯油をかぶって 自分の衣服に火を...
»続きを読む
カテゴリー:

「文学的失語」に見舞われた芥川賞作家 6年ぶりの新作を語る(1) - 09月25日(月)19:00 

作家は、大きく分けて2種類いる。速ければ年に数作ものペースで新作を量産できるタイプと、一つの作品を仕上げるのに長い時間を要する寡作なタイプである。8月に『岩塩の女王』(新潮社刊)を刊行した諏訪哲史さんはまちがいなく後者。2007年に『アサッテの人』で群像新人文学賞と芥川賞を受賞し、華々しくデビューした諏訪さんだが、前作『領土』を2011年に刊行して以降、実に6年もの間、小説の発表がなかった。この「沈黙の6年」をどのように過ごし、新作『岩塩の女王』を書き上げたのか。諏訪哲史、新刊JPにも6年ぶりの登場である。(インタビュー・記事/山田洋介)――まずお聞きしたいのは、諏訪さんが陥っていたという「文学的失語」についてです。前作『領土』を書いた後、小説の言葉がまったく出てこなくなってしまったそうですが、これはどういう状態だったのでしょうか。当時のインタビューでは語られなかったことだけに驚きでした。諏訪:『領土』が出た時、僕自身はこれからも書ける、とやる気満々でした。ただ、当時のインタビューで「次は恋愛小説の長編を書きたい」と話したと思うのですが、取りかかってみるとこれがまったくうまくいかなかったんです。書けないかというとそんなことはなくて、初めはどんどん書けて一時は300枚近くにもなったのですが、どの時点で読み返しても納得がいかない。しかもどんどん悪く見えてくる。今回の本に収録されている「...more
カテゴリー:

一箱古本市とは何か? - 09月25日(月)18:00 

全国各地で一箱古本市というイベントが行われています。これは、ダンボール一箱分の中に、古本を詰めて、各出品者が店主となって古本を売るイベントです。省スペースでできることから、全国各地で行われるようになりました。 どんな世界がある? 一箱古本市は、上野のそばにある不忍ブックストリートではじめられました。地域の店舗の軒先を借りて古本を売るイベントです。参加者は、街を歩き回って古本をながめながら、地域のお店で買い物をしたり、あるいは寺社や名所などをめぐって街の歴史を感じたりといった複合的な体験が可能です。そんな一箱古本市を始めた人物によって書かれた本が 南陀楼綾繁による『一箱古本市の歩きかた』(光文社新書)です。 個性がある一箱古本市 本書は一箱古本市を東京ではじめた著者が、全国各地で行われるようになった一箱古本市をめぐるルポルタージュです。福岡や名古屋、仙台といった大都市はもとより、地元に本屋がない追分・小布施といった場所まで、全国をめぐっています。一箱古本市とともに、現地の古本屋をめぐったりと、とにかく本に関わることならば全国のどこへでもでかけてゆくフットワークの軽さが感じられます。 能動的な読者 本書で著者が提唱するのは能動的な読者です。確かに出版物は、出版社が作ってそれを売って、読者は受け取るだけという一方通行な関係にあります。しかしながら、一箱古本市は、店主と買い主が、きっち...more
カテゴリー:

1億3000万円余りの所得を隠した疑い 「株式会社第一建設」と会社の実質的経営者の朴取締役を告発 - 09月25日(月)12:54  newsplus

所得隠したか 内装工事会社告発 *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/shutoken/20170925/1000000948.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 外国人観光客が増加する中、ホテルの改装などで売り上げを伸ばしている東京の内装工事会社が 架空の外注費を計上するなどの手口で1億3000万円あまりの所得を隠したとして 法人税法違反などの疑いで東京国税局から告発されました。 告発されたのは、東京・豊島区の「株式会社第一建設」と会社の実質的経営者の朴慶洙取締役(5...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「元記事」の画像

もっと見る

「元記事」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる