「元服」とは?

関連ニュース

【視聴率】大河「西郷どん」第2話15・4% 子役の熱演に反響「泣けた」 - 01月15日(月)10:17  mnewsplus

俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)の第2話が14日に放送され、平均視聴率は15・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが15日、分かった。  第1話=15・4%から横ばい。第1話→第2話と下がらなかったのは、2016年「真田丸」第1話=19・9%→第2話=20・2%以来2年ぶり。近年の17年「おんな城主 直虎」(16・9%)、15年「花燃ゆ」(16・7%)、13年「八重の桜」(21・4%)は「初回視聴率が番組最高視聴率」に終わっただ...
»続きを読む
カテゴリー:

鈴木亮平「チーム『大人西郷どん』始動じゃっど!」 - 01月14日(日)17:29 

徳川幕府を転覆させ明治維新を成し遂げた武士の一人・西郷隆盛の生涯を、“笑いと愛と波乱”という視点から描いていく「西郷どん」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)。 【写真を見る】鈴木亮平は「これが『チーム大人西郷どん」じゃあ!」とアピール 1月7日に放送された第1回では、薩摩の大自然でのびのびと育つ西郷の幼少期をドラマチックに描き、堂々のスタートを切った。薩摩藩の跡継ぎである島津斉彬(渡辺謙)との運命的な出会いは、西郷の幼少期・小吉役の渡邉蒼の熱演も相まって、SNSなどで大きな話題を呼んだ。 14日(日)放送の第2話では、いよいよ鈴木亮平演じる西郷吉之助が登場する。放送に先立って13日、鈴木は自身の公式ブログを更新し、大久保正助役・瑛太らとの集合ショットを公開した。 鈴木はブログの中で、小吉役の渡邉ら子役たちの好演が光った第1話について「子役たちの熱演に皆さんからの感想をたくさんいただき、本当に嬉しいです。僕もちょくちょく現場に見学に行ってたのですが、本当に頑張ってましたもの、彼ら」とつづり、渡邉との2ショットも披露した。 そして、「さあさあ、そんな蒼くんたちからのバトンをしっかりと受け取って…明日からはいよいよ…チーム『大人西郷どん』始動じゃっど!左から、大久保正助役・瑛太くん!大山格之助役・北村有起哉さん!西郷吉之助役・私鈴木亮平!有馬新七役・増田修一朗さん!赤山...more
カテゴリー:

『西郷どん』第2話、いよいよ鈴木亮平登場 吉之助は弱い立場の民のため奔走 - 01月13日(土)12:30 

 NHK大河ドラマ『西郷どん』、今週放送の第2話「立派なお侍」からはいよいよ鈴木亮平が登場。薩摩という国のため、民のために奔走する吉之助の姿を描く。 小吉は元服して吉之助(鈴木亮平)と名乗り、年貢の徴収を行う役人の補佐役をつとめていた。そこで年貢が払えず、借金取りに娘を売られそうになっている百姓・平六(鈴木拓)と出会う。 吉之助は斉彬(渡辺謙)が藩主になれば、藩の悪しき農政の仕組みを変えてくれると願うが、斉彬の父・斉興(鹿賀丈史)とその側室・由羅(小柳ルミ子)が実権を握っていた。役人たちに怒り心頭の吉之助は、斉興の家老・調所広郷(竜雷太)に直訴しに行くが…。 鈴木は第2話の見どころの一つとして、「農民の娘・ふきちゃんの名演技」を挙げ、「吉之助として、強烈に心が動かされました」とコメントしている。【写真】『西郷どん』第2話フォトギャラリー 先週放送の第1話『薩摩のやっせんぼ』では、天保11年、少年時代の西郷小吉(渡邉蒼)は、仲間たちと学問や剣術を切磋琢磨する日々を過ごしていた。藩の行事「妙円寺詣り」で小吉は斉彬と運命的な出会いを。しかし、小吉は恨みを持った他の町の少年から刀で肩口を切られ、二度と剣が振れなくなってしまう…という内容だった。 NHK大河ドラマ『西郷どん』第2話「立派なお侍」は、NHK BSプレミアムにて1月14日18時、総合テレビにて20時放送。 ■関連記事「鈴木亮...more
カテゴリー:

気持ち新た15歳の元服式 変わらぬ教え胸に刻む 大船渡 - 01月09日(火)06:05 

大船渡市赤崎町で成人の日の8日、江戸時代末期から地域で続く伝統の「元服式」があり、15歳となる地元の中学3年生15人が緊張した表情で臨んだ。 佐野契約会が主催し、今年で168回目。節目を迎えたのは男子
カテゴリー:

【ドラマ】『西郷どん』序盤から“泣ける大河”に…深み持たせた“子役たちの熱演” - 01月14日(日)22:55  mnewsplus

[ 2018年1月14日 21:27 ] 「西郷どん」序盤から“泣ける大河”に 深み持たせた“子役たちの熱演”  俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)第2話が14日に放送された。 初回放送後から鹿児島弁が注目を集めるが、子役の熱演も「泣ける」と話題になっている。  第2話。鈴木演じる西郷小吉は元服して吉之助と名乗り、年貢の徴収を行う役人の補佐役を務めていた。 そこで、年貢が払えぬ農民の子で、借金の形にされた娘・ふきと出会う。吉之助の努力も空しく、ふきは身売り...
»続きを読む
カテゴリー:

鈴木亮平「すばらしい」と自負!西郷隆盛、か弱き民のために奔走『西郷どん』第2話 - 01月14日(日)05:00 

鈴木亮平が主演するNHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合、毎週日曜20:00)。1月14日の第2話は、「立派なお侍」を放送する。原作・林真理子、脚本・中園ミホでおくる『西郷どん』は、極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(鈴木)が、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく物語を描く。第2話「立派なお侍」では、西郷は、元服して吉之助(鈴木)と名乗り、年貢の徴収を行う役人の補佐役を務めていた。そこで年貢が払えず、借金取りに娘を売られそうになっている百姓・平六(鈴木拓/ドランクドラゴン)と出会う。吉之助は、斉彬(渡辺謙)が藩主になれば、藩の悪しき農政の仕組みを変えてくれると願うが、斉彬の父・斉興(鹿賀丈史)とその側室・由羅(小柳ルミ子)が実権を握っていた。役人たちに怒り心頭の吉之助は、斉興の家老・調所広郷(竜雷太)に直訴しに行くが……。 公式ホームページの“西郷どんの目線”では、鈴木が「はっきり言います。第2回、すばらしいです。薩摩という国のため、か弱き民のために奔走する吉之助がいますが、おのずとそうしたくなる後押しとなるのが、農民の娘・ふきちゃんの名演技!吉之助として、強烈に心が動かされました。だからこそ吉之助は、ひたすら懸命に、走る、走る、走る……!」とコメント。吉之助の奔走ぶりに注目だ。 ...more
カテゴリー:

《国内唯一の大学行事》奈良・平安時代の成人式を渋谷で再現!第11回 成人加冠式 - 01月11日(木)11:00 

[國學院大學] [画像1: https://prtimes.jp/i/19966/16/resize/d19966-16-920727-1.jpg ] 絢爛な衣装で彩る伝統美が女子学生に人気!  「加冠式」は元服(げんぷく)とも呼ばれ、古来より年の初めに、一人の人間を「大人...
カテゴリー:

「元服」の画像

もっと見る

「元服」の動画

Wikipedia

元服(げんぶく、げんぷく)とは、奈良時代以降の日本に於いて成人を示すものとして行われる儀式のことであり、通過儀礼の一つである。

「元」は首(=頭)、「服」は着用を表すので、「頭にをつける」という意味。加冠とも初冠(ういこうぶり)とも言われる。なお、公家の女子の成人式は裳着(もぎ)と言う。民間においては褌親(へこおや・ふんどしおや)の元で、初めてふんどしを付け、性に関する知識を授かる褌祝(ふんどしいわい)と呼ばれる儀式がある。

男性の元服

おおよそ数え年で12 - 16歳の男子が式において、氏神の社前で大人の服に改め、総角角髪(みずら))と呼ばれる子供の髪型を改めて大人の髪(冠下の髻(かんむりしたのもとどり))を結い、冠親により冠をつける。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる