「元担当」とは?

関連ニュース

【お馴染みのCM】🦐やめられない、とまらない! キャッチコピー“生みの親”がカルビーを提訴 - 12月14日(木)06:16  mnewsplus

かっぱえびせん「やめられない、とまらない!」を考えたのは私 生みの親がカルビーを提訴 社会週刊新潮 2017年12月21日号掲載 https://www.dailyshincho.jp/article/2017/12131659/?all=1  1964年の発売以来のロングセラー「かっぱえびせん」。そのお馴染みのキャッチコピーをめぐり、生みの親がカルビーを訴えた。  *** 「えびせんをつまみながら、企画を考えていました。一袋目を食べ、もう一袋を開けようとした時、“思わず手が出る やめられない とまらない”といったフレーズが閃いたのです」  と語るのは、当時、か...
»続きを読む
カテゴリー:

かっぱえびせん「やめられない、とまらない!」を考えたのは私 生みの親がカルビーを提訴 - 12月13日(水)23:11  news

デイリー新潮2017年12月13日 16時59分 http://news.livedoor.com/article/detail/14024124/  1964年の発売以来のロングセラー「かっぱえびせん」。そのお馴染みのキャッチコピーをめぐり、生みの親がカルビーを訴えた。  *** 「えびせんをつまみながら、企画を考えていました。一袋目を食べ、もう一袋を開けようとした時、“思わず手が出る やめられない とまらない”といったフレーズが閃いたのです」  と語るのは、当時、かっぱえびせんのCM制作を請け負った広告代理店「大広」の元担当者・日高欽治氏(80)である。こ...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】かっぱえびせん「やめられない、とまらない!」を考えたのは私 生みの親がカルビーを提訴★2 - 12月14日(木)00:32  newsplus

デイリー新潮2017年12月13日 16時59分 http://news.livedoor.com/article/detail/14024124/  1964年の発売以来のロングセラー「かっぱえびせん」。そのお馴染みのキャッチコピーをめぐり、生みの親がカルビーを訴えた。  *** 「えびせんをつまみながら、企画を考えていました。一袋目を食べ、もう一袋を開けようとした時、“思わず手が出る やめられない とまらない”といったフレーズが閃いたのです」  と語るのは、当時、かっぱえびせんのCM制作を請け負った広告代理店「大広」の元担当者・日高欽治氏(80)である。このC...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】かっぱえびせん「やめられない、とまらない!」を考えたのは私 生みの親がカルビーを提訴 - 12月13日(水)21:55  newsplus

デイリー新潮2017年12月13日 16時59分 http://news.livedoor.com/article/detail/14024124/  1964年の発売以来のロングセラー「かっぱえびせん」。そのお馴染みのキャッチコピーをめぐり、生みの親がカルビーを訴えた。  *** 「えびせんをつまみながら、企画を考えていました。一袋目を食べ、もう一袋を開けようとした時、“思わず手が出る やめられない とまらない”といったフレーズが閃いたのです」  と語るのは、当時、かっぱえびせんのCM制作を請け負った広告代理店「大広」の元担当者・日高欽治氏(80)である。このC...
»続きを読む
カテゴリー:

「元担当」の画像

もっと見る

「元担当」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる